2020年02月10日 (月)

白菜料理でぽかぽか & 「正しい手の洗い方」は?

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

ぺんぎんナッツのふたりと楽しくお届けした月曜日!内容盛りだくさんでした。

 

前半の『んめぇ~なふくしま』で紹介した食材は「白菜」

 

11月から2月の、寒さが厳しくなるいまが、まさに旬です。

 

s-IMG_3858.jpg

 

白菜について詳しく教えてくれたのは、JAふくしま未来・安達地区女性部部長の伊藤かおるさんです。

 

s-IMG_3868.jpg

 

(いなのさん、もう料理を食べようとしている!)

 

伊藤さんによると「茎に黒い斑点があることがあるけれど、あれはポリフェノールの一種なので、気にせず食べてくださいね」とのこと。

 

それを聞いた中村さんといなのさんは「そうだったんだ!」と、驚いていました。

 

おいしい白菜を使って作っていただいた料理は「とろとろ白菜スープ」です!

 

s-IMG_3862.jpg

 

【とろとろ白菜スープ】(4人分)

▼白菜の葉…4枚  ▼しいたけ…4枚    ▼卵…2個

▼水…600ml   ▼中華だし…小さじ2  ▼片栗粉…小さじ2 

▼塩・こしょう・長ネギ・しょうが・クコの実…適量

 

~作り方~

①白菜、しいたけは、食べやすい大きさに切っておく。

②鍋に水を入れ、煮立ったら、白菜、しいたけを加える。

③中華だし、塩・こしょうで味を調え、長ネギとしょうがのみじん切り、クコの実を加える。

④水溶き片栗粉を回し入れてから、最後に「とき卵」を加えて、できあがり♪

 

冬の定番「白菜」にネギやしょうがを加えることで、薬膳風のスープになります。

 

家庭にある野菜や春雨を加えるなど、幅広くアレンジできる一品です。

 

ぜひ、このスープで身も心もぽかぽかにしてくださいね。

 

◆ ◆ ◆

 

後半の『ぺんナツのサバイバル塾」でお伝えしたのは、「県内のインフルエンザの情報と正しい手の洗い方」でした。

 

スタジオでは、いなのさんが「正しい手洗い」に挑戦!

 

mask-s-IMG_3873.jpg

 

手についたウイルスを洗い流すためには、以下の項目を、30秒ほどかけて、ていねいに行います。

 

①指先を流水でぬらす

②石けん液を適量取り出す

③手のひらをこすり合わせ、よく泡立てる

④両手の指の間をこすり合わせる

⑤手の甲をもう一方の手のひらでこする(両手)

⑥指先でもう一方の手のひらをこする(両方)

⑦親指をもう一方の手で包み、こする(両手)

⑧両手首までていねいにこする

⑨流水ですすぐ

⑩ペーパータオルなどでよく水気をとる

 

普段、念入りな手洗いを欠かさないという、いなのさんでも「意外ときちんと洗えていなかった…手首は盲点だった!」とポロリ。

 

しっかり手を洗って、ウイルスから身を守りましょう。

 

◆ ◆ ◆

 

今週のメッセージテーマは「あまい思い出、にがい記憶」です。

 

こう見ると「恋愛」のエピソードを想像する方も多いと思いますが、もちろんそれ以外でも大歓迎です。

 

子供のころや、仕事でのエピソードなどもお寄せいただいています。

 

月曜日は「いなのさんの苦い思い出3連発」で盛り上がりました…(笑)

 

気軽にメッセージくださいね。お待ちしています。

 

 

~きょうの音楽~

・チョコレート / 家入レオ

・花束 / back number

・100万回の「I love you」 / Rake

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:43


ページの一番上へ▲