2021年3月 2日

2021年03月02日 (火)

山ぶどうを町の特産に『石川町』

 

福島民報社と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ4」。

 

きょうは、石川町の「石川山葡萄愛好会」(やまぶどう)の活動をとりあげました。

 

愛好会の皆さんは、耕作放棄地を活用して山ぶどうを育て、

町の特産品にしようと頑張っています。

 

山ぶどうの見た目は、デラウェアなどよりもひと回り小さめ。赤紫色をしています。

 

ポリフェノールや鉄分、ビタミンなど、栄養価も高い果実で

さらに、一次加工後のしぼりかすまで、有効に活用することができる果物です。

 

プロジェクトリーダーの角田信さんによると、

今シーズンは天候不順で、前年と比べると甘味・糖度が低くなったそう。

 

しかし、せっかく得た自然の恵みを最大限に活かそうと、

ジュースやジャム、それから「甘酒」へと形を変えて、商品化したそうです。

 

特に、100パーセント山ぶどうジュースと

県内で生産された甘酒を混ぜた「山ぶどう甘酒」は、

ワインレッドの華やかな見た目が印象的です。

 

飲んだ人からは「麹の味がまろやかになって、飲みやすい」と好評だそうですよ。

 

角田さんは

「山ぶどうの栽培は、自然相手。

思うように上手くいかないことが、かえって面白いです。

 石川町は、寒冷地と温暖地の南と北の境目の地域で、

なんでも栽培できるという立地。

 愛好会メンバーとともに、

県内の皆さんに“石川町の山ぶどう”の存在を広めていきたい」

と話していました。

 

 

<次回の『ふるさとツアーズ4』は…>

 

「南相馬市」をとりあげます。

 

3月9日(火)の福島民報の記事と、

その日の「こでらんに5」でお伝えする予定です。

お楽しみに!

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:42 | カテゴリ:ふるさとツアーズ4 | 固定リンク


2021年03月02日 (火)

引地さん、メガネからの卒業

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

火曜パーソナリティーは、

これまでのメガネから「卒業」し、新調したというRAG FAIRの引地洋輔さん。

 

(※今週のメッセージテーマは「卒業」です。)

 

「来週こそは、このメガネとともに、スタジオに行きたいです!!」

と意気込んでいました。

 

なお、これまで、火曜パーソナリティーを担当してきた引地さんは、

来年度、木曜日に「お引っ越し」となります。

引き続き、よろしくお願いします。

 

◆ ◆ ◆

 

福島ゆかりのアーティストを紹介する『ふくしまSONGS』では、

 

郡山市を中心に福島県内の音楽を発信しているレーベルの代表、髙橋晃浩さんと

電話をつなぎました。

 

もともと、郡山市出身の高橋さんは、大学進学のために上京。

 

音楽業界の業務に従事していたとき「地元発の音楽を発信できないか」と考え、

去年2月、福島ゆかりのアーティストの作品を専門に届けるレコード会社を立ち上げました。

 

新型コロナウィルスの感染拡大で、

県内のアーティスト・ライブハウス関係者などが大打撃を受けるなか、

高橋さんは、クラウドファンディングで新たな取り組みを始めました。

 

福島の音楽シーンの未来に向けて「福島にゆかりのある音楽家の音源だけ」

を収録したコンピレーションアルバムの制作です。

 

県内外で活動しているアーティスト14組を収めたCDのリリース作業が、

いま、大詰めを迎えています。

 

高橋さんは

「アーティストとして成功すること=ヒット曲を出して有名になること、

経済的に豊かになることだけだとは考えていない。

 “福島ゆかりのアーティスト”の音楽の文化を守りながら、

育んでいくことが私たちの役割」と、話してくれました。

 

お話を聞きながら

「高橋さんは、福島のアーティストを包み込む、大きな存在」だと感じました。

 

高橋さんの思いが、これからも、より多くの方に届いていきますように。

 

210302.JPG

 

(このポスターからも、間もなく「卒業」です)

 

 

~きょうの音楽~

・早春ラプソディ/RAG FAIR

・痛み・2004/クレヨン社

・HIKARI/anna

・For you/WANIMA

・卒業写真/山本潤子

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:02 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲