2020年10月19日

2020年10月19日 (月)

皆さんの「秋の味覚」は?

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

朝晩の冷え込みがぐっと厳しくなってきましたが、元気に過ごしていますか?

 

こんなときこそ、しっかり食べて、毎日健康に過ごしたいもの!

 

ということで、今週のメッセージテーマは

「秋の味覚」です。

 

(食べすぎが心配、ですって?いいんです。だって、秋ですから!笑)

 

おたよりでは「秋の味覚はサツマイモ」という声がたくさん寄せられたのですが、

 

『んめぇ~なふくしま』で紹介したメニューにも、サツマイモが登場しましたよ~!

 

s-IMG_5140.jpg

 

「サツマイモご飯」、おいしそうです♪

 

s-IMG_5146.jpg

 

福島学院大学短期大学部・食物栄養学科1年生の、石井百合さんたちが作ってくれました。

 

(後列 右から2番目が石井さん)

 

サツマイモは、伊達市・霊山の大石地区で育てられたものです。

 

なぜ、石井さんたちがこの地域の作物を使っているのかというと、

 

高齢化・過疎化が進む大石地区で、新しい郷土料理を作り、

地域を元気にしようと研究しているからなのです。

 

今年度は、大石地区の高齢者の方たちが作った新鮮な農作物を使って

「お弁当作り」に取り組んでいます。

 

s-IMG_5143.jpg

 

おかずは、全部で5品。

これらのメニューは、さらに試作を重ね、12月ごろにお弁当として販売される予定です!

 

今回は、お弁当の中から2品、

特別にレシピを教えてくれました。

どちらも、大石地区で秋に収穫できるものを使ったメニューです。

 

「サツマイモご飯」(4人分)

~材料~

▼お米・・・2合

▼水(浸水用)・・・440ml

▼サツマイモ・・・100g

(◎調味料)

▼みりん・・・20m

l▼酒・・・20ml

▼塩・・・1g

▼黒ゴマ・・・1g

▼大根の葉・・・12g

  

~作り方~

1.お米をといで、30分浸水させる。

2.サツマイモを1cm角の角切りにしたら、水にさらす。

3.お米を浸水し終えたら、◎の調味料を加え、やさしく混ぜ合わせる。

4.3の上にサツマイモを広げ、炊飯器でご飯を炊く

5.炊き上がったら、サツマイモを取り出し、ご飯をほぐす。

6.ほぐしたご飯を盛り、取り出したサツマイモ、ゴマ、刻んでさっと茹でた大根の葉を添えたら完成。

 

s-IMG_5138.jpg

 

「白菜とハムのコールスロー」(4人分)

▼白菜・・・120g

▼きゅうり・・・40g

▼ハム・・・20g

▼パプリカ・・・20g

(◎調味料)

▼マヨネーズ・・・25g

▼塩・・・1g

▼こしょう・・・少々

 

~作り方~

1.白菜は千切りにして、きゅうりは、ななめの千切りにする。

パプリカも、千切りにして水にさらす。

2.水気を絞る。ハムは半分に切り、千切りにする。

3.◎の調味料とあわせ完成。

 

s-IMG_5150.jpg

 

はしが止まらない、いなのさん。おいしくたいらげていました。。

 

話を聞いた石井さんは「将来、高齢者福祉施設で栄養士として働き、栄養面からサポートしたい」と、志をもって毎日の研究に取り組んでいます。

 

「同級生と一緒に、毎日“この方法はどうかな?ああやってみたらいいんじゃない?”と、考えながら研究できるのは、楽しい!」と、うれしそうに話してくれたのが印象的でした。

 

夢の実現、応援しています!おいしい料理を、ごちそうさまでした。

 

 

~♪きょうの音楽♪~

・木枯らしに抱かれて/小泉今日子

・おべんとうのうた/歌うキッチン

・ひといきつきながら/山本彩

(Go! Go!ハイスクールで話を聞いた、県立平工業高校・内山瑛穂さんのリクエスト)

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:12:01 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲