2020年10月16日

2020年10月16日 (金)

「食品用ラップ」で体をあたためる!? @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

木曜日の曜日パーソナリティーは、

社会学者の開沼博さんです。

 

くらしに役立つ情報や、

よりよく豊かに生きるための知恵を、

開沼さんとともに「探検」する

『ひろし探検隊』。

 

今回は、

「災害時に暖をとる方法」をとりあげました。

 

大きな被害をもたらした台風19号から1年。

あのときも、

朝晩の冷え込みが厳しくなってきた時期でした。

 

そこで紹介したのが、2つの方法です。

まずは…

①使い捨てカイロを効果的に使おう!

 

災害にあい、

「暖をとることができない」と想定します。

 

みなさんは、カイロが1枚だけあったとしたら、

どこを温めますか?

 

大手カイロ製造メーカーによりますと、

温めると効果があるポイントが、

いくつかあります。

「首」「お腹」「くるぶし周辺」です。

 

まずは「首」。

「首」には、太い血管があるので、

温めることで、全身が効率よく温まります。

 

首を前に曲げたとき、

「首と背中の間に、骨が飛び出している」ところに、

全身を温めるツボがあるとされています。

s-IMG_5130.jpg 

「お腹」は

へそよりも指2本分下に、カイロをペタッ。

 

「くるぶし周辺」は、

かかとを包み込むように貼るタイプのカイロを当てると、

全身がぽかぽかと温まります。

 

放送前に、開沼さんには

カイロを貼ってもらっていたのですが

「気持ちが落ち着く…ほっとする

あたたかさに包まれますね」と話していました。

 

ただし「低温やけど」には、十分注意してください。

(1)カイロを直接肌にあてない。

(2)カイロのあたっている場所を圧迫しない。

(3)1か所に長時間カイロをあてない。

(4)熱いと感じた時は、すぐに外す

 

これらのことに気を付けて、

効果的に使ってみてくださいね。

 

②「食品用ラップ」で体をあたためる!?

災害時のための

「食品用ラップの備蓄」はよく言われますが、

それを首に巻くことで、

防風・保温の効果が期待できるのです。

s-IMG_5108.jpg

 

ラップを、1メートルくらい切って…

s-IMG_5113.jpg

首まわりに、ぐるんと1回巻き付けます。

見た目は、まるで透明なマフラーです。

 

開沼さんも、その保温性に驚いていたようでした。

(気に入った開沼さんは、コーナーが終わっても、

しばらくそのまま過ごしていました。笑)

 

いざというときの「カイロ」と「ラップ」。

ぜひご用意を!

 

~♪きょうの音楽♪~

・最終列車/くるり

・さらばシベリア鉄道/太田裕美

・ダッタン人の踊り/藤澤ノリマサ

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:32 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲