2020年10月 9日

2020年10月09日 (金)

きょうの放送は、まるで『ラジオ第2』!? @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

木曜日のパーソナリティーは

「おでんは、

大根・たまご・しらたきの3点セット」

という、社会学者の開沼博さんでした。

 

(開沼さんいわく

“しらたきの結び目をかみ切って、

麺のようにして食べると

満腹感がアップ”するそうです。)

 

さて、きょうの『ひろし探検隊』。

テーマは「英語」!

開沼さんに、提案してもらいました。

 

「海外に行って、

福島の現状を英語で発信したい!

けれど、リスニングに不安があって…。

語学力を高めるのに、

何かいい方法はないか?」

 

という開沼さんのお悩みを解決すべく、

心強い「先生」をスタジオに迎えました!

 

長年、小中学校で英語教育に携わり、

現在、福島市内の予備校で

英語を指導している、伊藤哲さんです。

s-IMG_5047.jpg

(伊藤さんからレクチャーを受ける開沼さん)

 

スタジオは、まるで、

ラジオ第2の語学番組を放送中?!

のような雰囲気に。笑

 

伊藤さんは、

英語の「聞く・話す」力を高めるために

『オーバーラッピング』という方法を

提案してくれました。

 

この方法は、

ひとことでいうと「重ね読み」

 

ネイティブの人が話しているスピードに、

一瞬も遅れず、完全に重ねて

同じタイミングで英文を読むことです。

 

わたしたちは、今回、

この文章を使って練習してみましたよ。

Practice makes perfect,

if one practices an activity enough,

one will eventually master it.

(継続は力なり。

練習を重ねれば、

いずれはできるようになる!)

 

最初は、ついていけなかったのですが、

何度も練習するうちに、

少しずつ言えるようになってきた気が…!

 

自分で「音読」するよりも、

お手本に合わせて読むことで、

自分が上達したように感じます。

 

伊藤さんは

「英語を聴く・話すのは、

日本人の多くは“苦手”だと話します。

ある一定の年代より上の方には、

リスニングやスピーキングの授業は

ありませんでしたから、苦手で当然!

『勉強が苦手だったから、

リスニングができない』わけではない。

ハードルが高い、と考えずに

取り組んでほしい」

と話していました。

 

急に海外の人と接することになったり、

来年に予定されている、

東京オリンピック・パラリンピックで、

福島に海外の選手を迎えたりしたとき

「福島ってこんなところです!」

と伝えられたら、かっこいいですよね。

 

それこそ「Practice makes perfect.」。

開沼さんも

「頑張って学習を続けてみよう!」と、

気持ちを新たにしていたようでした。

 

このコーナーでは、引き続き、

くらしに役立つ &

思わず実践してみたくなる情報を

“探検”していきます!

 

このコーナーで

「探検してほしい」という

みなさんからの疑問・質問を

お待ちしています。

 

そして、

今週のおたよりテーマ「おでん」。

さらに、こでらー大喜利も。 

 

福島放送局のホームページから

投稿してください!

 

~♪きょうの音楽♪~

・fight/YUI

・プレイ・ザット・

 ファンキー・ミュージック

 /ワイルド・チェリー

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:09:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲