2020年10月 1日

2020年10月01日 (木)

「しまい洗い」、してますか?

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

木曜日のパーソナリティーは、社会学者の開沼 博さん。

 

開沼さんを隊長に、暮らしに役立つ情報を探検&お届けする『ひろし探検隊』では、

 

10月1日の「衣がえ」に合わせて、「夏服収納のコツ」を特集しました。

 

大手洗剤メーカーで「お洗濯マイスター」の称号を持つ、大貫和泉さんによると、

 

長期にわたって収納する夏服は、しっかり「しまい洗い」をすることが大切なんだそう。

 

しまい洗いが充分でないと、虫食い・色あせ・ニオイ・しわといった、大きなダメージを受けてしまうことも…。

 

開沼さん、「しまい洗い」、きちんとしていましたか?

 

開沼さん:「…したことありませんでした…。 

だから、次のシーズンに着るときに、シャツに黄ばみが残っていたのか…」

 

キレイに洗って保管したはず…と思っても、

繊維の隙間に入りこんだわずかな皮脂汚れが蓄積し、

ダメージにつながってしまいます。

 

そこで!お洗濯のプロ・大貫さんに、

簡単にできる「つけおき洗い」の方法を教えてもらいました!

 

~用意するもの~

 ・家庭用の洗濯洗剤…水量30ℓで使うときの1回分

 ・酸素系漂白剤…適量

 ・40℃くらいのぬるま湯…5ℓ程度

 

~手順~

①おけに、洗剤と漂白剤をぬるま湯に溶かし、洗濯ものを入れる。

②30分から2時間くらい「つけおき洗い」する。

③おけの中身を洗濯機に入れ、水とほかの衣類を足して、通常通り一緒に洗う。

 

ただ、気を付けてほしいこともあります。

 

★洗濯物のタグにある、取り扱い絵表示をチェック

 

s-IMG_4985.jpg

 

おけの下に線は「弱く」洗ってくださいという意味。

複数本ある場合もありますが、1本線までならつけおき洗いもOK。

 

s-IMG_4986.jpg

 

絵表示以外にも、ファスナー付きの衣類や、おしゃれ着、

タグに「長時間水につけないでください」といった表示があるものは、避けましょう。

 

★「漂白剤」の種類に注意!

 

漂白剤には「酸素系漂白剤」と「塩素系漂白剤」がありますが、

今回使ったのは「酸素系漂白剤」です。

 

ラベルをしっかり見ることや、

「キッチンでふきんなどの漂白に使う、きつい塩素のにおいのするものではない」

ことに注意してください。

 

塩素系漂白剤と洗濯洗剤と混ぜると、有害な物質が出ることがあります。

 

s-IMG_4979.jpg

 

開沼さんも、スタジオで実践!

 

「これは簡単!ひと手間加えるだけで、次のシーズンに気持ちよく着られるなら、やってみよう!」

と話していました。

 

ちなみに、この秋の衣がえで出した冬服に「収納した時にはなかったはずの黄ばみがあった!」というときにも、つけおき洗いはおすすめだそうです。

 

こでらーの皆さんも、この週末、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

~♪きょうの音楽♪~

 ・ for ロンリー with阿部真央 / Aimer

 ・ あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。 / CRAZY KEN BAND

 ・ Say Say Say / ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:11:41 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲