2020年6月23日

2020年06月23日 (火)

こりゃ「うめぇ~」!

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

月曜日は「ぺんぎんナッツ」のふたりと、楽しくお届けしています。

 

s-IMG_4511.jpg

 

県内の旬の食材などについて学ぶ『んめぇ~なふくしま』では、JAふくしま未来・福島地区女性部の駒場美千子さんがスタジオに登場。

 

「ニラ・春菊・自家製甘梅」について教えていただきました。

 

なかでもイチオシの食材は、駒場さんが漬けた「甘梅」!

 

梅干しは、早いものだと10日ほどで食べられるようになるものもあるそうですが、駒場さんは、何十倍もの時間をかけて仕上げています。

 

その工程は、手間暇がかかるもの!まず、梅雨が終わるくらいの時期から塩漬けを始めて、その後、石のようにカリカリになるまで干していきます。

 

駒場さんによると、その様子は「朝、外に出して、夕方引っ込めて…を何日も何日も繰り返します。忙しいのよ~(笑)」とのこと。

 

冬になると、カリカリの梅を水でもどし、その後、赤じそや砂糖で味付けをして、ようやく出来上がりです。

 

ていねいに作られた甘梅を活用して、駒場さんは、こんなレシピを提案してくれました。

 

s-IMG_4497.jpg

 

その名も“「うめぇ」ゼリー”!

 

さらに、「甘い」ものには、「しょっぱい」ものも欠かせないでしょう!ということで「春菊・ニラのチヂミ」もいっしょに作ってくれました。レシピを紹介します。

 

【うめぇゼリー】

~材料~(90mlのゼリー4つ分)

▼ゼリーの素や寒天の素…70g

▼お湯(80度以上)…300ml ▼甘梅…4個

 

~作り方~

①80度以上のお湯に、ゼリーの素を加えてよく溶かす。

②甘梅を入れたカップに①を注ぎ、冷蔵庫で30分くらい冷やしてできあがり♪

 

~いなのさんのひとこと~

「ゼリーがしっかりしている一方で、梅はやわらかい!食感の違いが楽しめます。これは…“うめぇ~”!」

 

s-IMG_4504.jpg

 

【ニラ・春菊のチヂミ】(2人分)

~材料~

▼長いも…200g ▼にんじん…1/3本(50g) ▼ニラ…1/2束 または春菊…50g

▼A(・小麦粉…30g ・卵…1個 ・塩…小さじ1/4 ・コショウ…少々)

▼タレ(・みそ…小さじ2 ・砂糖…小さじ1 ・酢…小さじ2)

▼ごま油…大さじ1   ※ニラと春菊はどちらかだけ使います。

 

~作り方~

①長いもをすりおろし、にんじんは細切り、ニラまたは春菊を5センチに切る。

②ボウルに、Aと①を加えてさらに混ぜる。

③フライパンにごま油を入れ中火で熱し、②を一口大の大きさで入れ、片面3分を目安に両面焼く。

④器に盛り、タレを添えて、できあがり♪

 

~駒場さんのひとこと~

「ある日、家でとれた春菊を入れて作ってみたら、意外においしかったのよ!食べてみてくなんしょ♪」

 

しっかり食べて、夏バテ予防!試してみてくださいね~!

 

 

~♪きょうの音楽♪~

・ 私の夏 / 森高千里

・ Coffee Talk / ジェイク・シマブクロ

・ 宿命 / Official髭男dism

・ Girls Just Want To Have Fun / Cyndi Lauper

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:45 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年06月23日 (火)

こりゃ「うめぇ~」!

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

月曜日は「ぺんぎんナッツ」のふたりと、楽しくお届けしています。

 

【s-IMG_4511】

 

県内の旬の食材などについて学ぶ『んめぇ~なふくしま』では、JAふくしま未来・福島地区女性部の駒場美千子さんがスタジオに登場。

 

「ニラ・春菊・自家製甘梅」について教えていただきました。

 

なかでもイチオシの食材は、駒場さんが漬けた「甘梅」!

 

梅干しは、早いものだと10日ほどで食べられるようになるものもあるそうですが、駒場さんは、何十倍もの時間をかけて仕上げています。

 

その工程は、手間暇がかかるもの!まず、梅雨が終わるくらいの時期から塩漬けを始めて、その後、石のようにカリカリになるまで干していきます。

 

駒場さんによると、その様子は「朝、外に出して、夕方引っ込めて…を何日も何日も繰り返します。忙しいのよ~(笑)」とのこと。

 

冬になると、カリカリの梅を水でもどし、その後、赤じそや砂糖で味付けをして、ようやく出来上がりです。

 

ていねいに作られた甘梅を活用して、駒場さんは、こんなレシピを提案してくれました。

 

【s-IMG_4497】

 

その名も“「うめぇ」ゼリー”!

 

さらに、「甘い」ものには、「しょっぱい」ものも欠かせないでしょう!ということで「春菊・ニラのチヂミ」もいっしょに作ってくれました。レシピを紹介します。

 

【うめぇゼリー】

~材料~(90mlのゼリー4つ分)

▼ゼリーの素や寒天の素…70g

▼お湯(80度以上)…300ml ▼甘梅…4個

 

~作り方~

①80度以上のお湯に、ゼリーの素を加えてよく溶かす。

②甘梅を入れたカップに①を注ぎ、冷蔵庫で30分くらい冷やしてできあがり♪

 

~いなのさんのひとこと~

「ゼリーがしっかりしている一方で、梅はやわらかい!食感の違いが楽しめます。これは…“うめぇ~”!」

 

【s-IMG_4504】

 

【ニラ・春菊のチヂミ】(2人分)

~材料~

▼長いも…200g ▼にんじん…1/3本(50g) ▼ニラ…1/2束 または春菊…50g

▼A(・小麦粉…30g ・卵…1個 ・塩…小さじ1/4 ・コショウ…少々)

▼タレ(・みそ…小さじ2 ・砂糖…小さじ1 ・酢…小さじ2)

▼ごま油…大さじ1   ※ニラと春菊はどちらかだけ使います。

 

~作り方~

①    長いもをすりおろし、にんじんは細切り、ニラまたは春菊を5センチに切る。

②ボウルに、Aと①を加えてさらに混ぜる。

③フライパンにごま油を入れ中火で熱し、②を一口大の大きさで入れ、片面3分を目安に両面焼く。

④器に盛り、タレを添えて、できあがり♪

 

~駒場さんのひとこと~

「ある日、家でとれた春菊を入れて作ってみたら、意外においしかったのよ!食べてみてくなんしょ♪」

 

しっかり食べて、夏バテ予防!試してみてくださいね~!

 

 

~♪きょうの音楽♪~

・ 私の夏 / 森高千里

・ Coffee Talk / ジェイク・シマブクロ

・ 宿命 / Official髭男dism

・ Girls Just Want To Have Fun / Cyndi Lauper

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:11:21 | 固定リンク


ページの一番上へ▲