2019年11月 5日

2019年11月05日 (火)

菊・菊・菊『会津坂下町』 @佐藤彩乃

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 

今回とりあげたのは、会津坂下町の「菊」の話題でした。

400年の歴史を誇る大俵引きや水合戦などの伝統行事で知られている会津坂下町。

町の花が菊であることから、町内のいたるところで菊の花を見ることができます。

 

なかでも、中村地区にある遊休農地には、

来年の東京オリンピック・パラリンピックを記念して、五輪のマークをかたどった菊が!

(引地さん:「新聞に載っている写真を見ていますが、見事ですね!」)

 

中村地区・区長の生江光男さんによると、五輪のひとつの丸が、直径6メートル。

全体の大きさが縦15メートル、横が25メートルと、とても大きいのです。

                                                               毎年、直線に並べて植えたり、縦や斜めに列を作ったりする単純な図柄だったそうですが、

ことしは、自分たちで測量して菊の配置を決めるなど、苦労しながら作り上げました。

生江さんは「会津坂下町は、いま、紅葉が見ごろです。

その行き帰りに、中村地区のざる菊を見に来て、町を楽しんでほしい」と話していました。

 

 

さて、次回紹介する市町村は…

s-IMG_3308.jpg 

『会津美里町』です!

次回放送予定は、大相撲中継をはさんで、26日(火)の予定です。

お楽しみに!

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:42 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年11月05日 (火)

ふるさとの心、歌い続けて...演歌歌手・森宮真琴さん @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

 

毎週火曜日にお送りしている

福島ゆかりのアーティストを応援する「ふくしまSONGS」。

スタジオにお迎えしたのは、福島市出身の演歌歌手、森宮真琴さん。

s-IMG_3305.jpg

スタジオで一節、生で歌っていただいた「会津磐梯山」のパワーに圧倒されました。

(引地さん:「でも、どうして“演歌”ではなくて“民謡”を歌ったのでしょう?」)

 

実は、森宮さんは、民謡出身の演歌歌手なのです。

10歳から民謡を習いはじめ、高校1年生の時に、地元の民謡大会で優勝した森宮さんは、

当時の歌の師匠から

「福島で学ぶことはもうない。東京で勉強してきなさい」と背中を押され、18歳で上京。

 

その後、日本民謡協会の大会で「会津磐梯山」を歌い、

内閣総理大臣賞をとった腕前を誇ります。

 

森宮さんによると、民謡と演歌の違いは、

「民謡=伝統の型を重んじるもの」 

「演歌=喜怒哀楽を表現するもの」だそう。

 

「オリジナル曲を作ってみたい」という願いもあって、

演歌の道に転向した森宮さんは、自分の人生観を込めた作品作りを続けています。

(引地さん:「たしかに、民謡出身の歌手の方は、圧倒的に歌唱力がある気がします」)

 

引地さんは、民謡と演歌の歌い方の違いや、

海外ではどう受け止められるのかなど、興味津々の様子。

曲の間も、話はまったく尽きませんでした。

 

森宮さんは「この度の災害で、つらい思いをしている方も多いと思います。

私も、自分にできる形で支援を続けます。

一緒に前を向いて進んでいきましょう」と呼びかけていました。

 

ステキな歌声を、ありがとうございました!

 

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:37 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年11月05日 (火)

おかえりなさい、白鳥さん

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

 

お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんが、1週間ぶりに戻ってきました。おかえりなさい!

 

メッセージテーマは「ことし あと2か月」でしたが、白鳥さんに、あと2か月のうちにしたいことを聞くと…?

 

s-IMG_3300.jpg

 

“病気の子どもたちに髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」をします!”

 

長く、きれいに伸ばし続けていた髪を、ついに切る決心がついたそうです。

 

そのときの様子は、また番組でも報告してくれるとのこと。どんな風になるのか、私もドキドキします。

 

◆ ◆ ◆

 

そして、次のお便りのテーマは『文化祭』です。

 

演劇、出店、ミス&ミスターコンテスト?私たちにとっては…

 

s-IMG_3303.jpg

(佐藤:合唱コンクール! 白鳥さん:焼きそば!キャベツ多めで!)

 

皆さんには、どんな文化祭の思い出がありますか?どしどしエピソードをお寄せください。

 

さて、この2週間『こでらんに5』は、台風19号と、その後の大雨で被害を受けた地域の生活情報を中心にお伝えしてきました。少しでも、皆様のくらしのお役に立てていたら、幸いです。

 

いまなお、避難所で過ごしている方、これから慣れない生活を始める方など、さまざまな状況におかれていると思います。心よりお見舞い申し上げます。

 

『こでらんに5』では、ラジオから聞こえる声を通して、安らぎや、ほっとできる時間をお届けできるよう、努めます。引き続き、お付き合いください。

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:14:04 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲