2019年10月 1日

2019年10月01日 (火)

どんな味がするの...?「南郷の青トマト」

 

こでらーの皆さん、こんにちは。佐藤彩乃です。3週間ぶりに、ぺんぎんナッツのふたりとお届けした月曜日。

 

 『んめぇ~なふくしま』では、JA会津よつば みなみ地区の「南郷トマト」を味わいました。

 

豪雪の地の利を活かし、雪むろで一晩熟成されて出荷される南郷トマトは、全国でも屈指の評価を得ています。

 

 

s-IMG_3142.jpg

 

あれ…トマトが青い!?食べられるのかしら…と思いませんでしたか?

 

実は、今回ご紹介したのは、南郷トマトの中でも珍しい「青トマト」と呼ばれるもの。糖度が高く、実がぎっしりと詰まっているため、しっかりとした食感が楽しめます。

 

かつて青トマトは「収穫時期を過ぎて、畑に残ってしまったもの」として捨てられていました。

 

しかし、とある生産者さんが食べてみたところ、なんとびっくり!とても甘くておいしいことに気がついたのです。

 

昼夜の気温差が大きくなる9月からのトマトは、糖度が高くなります。

 

捨てるのは「もったいない」、このおいしさを活かさないのは「もったいない」という思いから、様々な料理を作りはじめたことが、青トマトを広めるきっかけになったそうです。

 

きょうは、そんな青トマトを使って、3種類の料理を作ってもらいました!

 

「青トマトとツナのサラダ」「青トマトのフライ」、それに「青トマトの漬物」の、青トマト豪華三本立てです!!(中村さん・いなのさん「おおーっ!!」)

 

s-IMG_3154.jpg

 

【青トマトとツナのサラダ】

~材料~

●青トマト…2~3個 ●玉ねぎ(中玉)…1/2個

●ツナ缶…1缶    ●マヨネ-ズ…適量

●塩・こしょう…適量

 

~作り方~

①玉ねぎを薄切りにして、塩もみする。

②トマトは、薄いいちょう切りにする。

③塩もみしておいた玉ねぎを水洗いして、よく水気をとる。

④トマト、玉ねぎ、ツナを合わせマヨネ-ズであえる。

⑤塩、こしょうで味をととのえる。

※むらさき玉ねぎを使うと彩りがきれいです。

 

s-IMG_3148.jpg

 

【青トマトのフライ】(4人分)

~材料~

●青トマト…2~3個 ●塩・こしょう…少々

(フライ用) ●卵…1個 ●パン粉…適量 ●小麦粉…適量

 

~作り方~

①    トマトは1cmの厚さの輪切りにする(トマトは厚い方がおすすめ)。

②トマトに塩・こしょうをし、小麦粉をまぶす。

③といておいた卵をトマトにからめ、パン粉をまぶす。

④油でサッと揚げる。火加減は、中火の強。

 

s-IMG_3145.jpg

 

【青トマトの漬物】(4人分)

~材料~

●青めのトマト…2~3個 ●そうめんかぼちゃ(キンシウリ)…100gくらい

<合わせ調味料>

●酢…50cc ●醤油…大さじ1 ●みりん…大さじ1

●梅干(つぶし)…適量 ●塩…少々

 

~作り方~

①そうめんかぼちゃ(キンシウリ)は、3cmくらいの薄切りに。塩をまぶしておく。

②トマトは、いちょう切りにする。

③そうめんかぼちゃをさっと水洗いし、キッチンぺ-パ-などで水気を取る。

 ④トマトとそうめんかぼちゃ、合わせ調味料を混ぜ合わせる。

一晩、冷蔵庫で冷やしておきますが、即席で食べてもおいしいですよ。

 

十分に糖度を蓄えたこの時期だからこそ楽しめる、青トマト。ぜひ一度味わってみてくださいね。

 

s-IMG_3157.jpg

 

JA会津よつば みなみ地区女性部 南郷支部の、森 三喜子さんに伺いました。おいしい料理をごちそうさまでした!

 

 

☆Today’s Music☆

 ・Runner/爆風スランプ

 ・キミはともだち/平井 堅

 ・コール・ミー/ブロンディ

 ・Follow Me/E-girls

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:14:11 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲