2019年10月

2019年10月31日 (木)

ことし あと2か月...です!

 

 「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

番組は引き続き、内容を一部変えて放送しております。

朝晩の気温が、晩秋を感じさせます。

みなさん、なるべく暖かくして、体調を崩さないように過ごしてくださいね。

 

番組の振り返りです。

前半は、台風19号や大雨で被害を受けた地域の「生活情報」をお伝えしました。

 

番組後半は、レギュラーコーナーの「こでランク」、きょうは映画のランキングです。

 

s-IMG_3296.jpg

 

阿部さん:

「映画館も台風の影響を、受けています…。みなさんも、生活が落ち着いたら、映画を!」

 

最新の人気映画ランキングは、洋画が優勢♪ここしばらく、邦画が強かったので、珍しい!

 

そして、達人のおススメ作品は、来週末から全国ロードショーの映画。

 

『I'll Be Back(アイルビーバック)』(※日本語で、『またもどってくる』の意味)、

あの決めゼリフが有名な作品が登場。

あの有名な監督が、久しぶりに制作に戻ってきたということでも、話題だそうです。

 

シリーズの1作目、2作目を公開当時に見ていた阿部さんと「Wチーム」の3人で、

スタジオはいつも以上の盛り上がり(笑)

だって、28年前の作品の続編ですよ、田中アナウンサーも私も、20代前半の頃。

それは、盛り上がりますよ♪

 

阿部さん、今回も興味深い映画の世界を紹介していただき、ありがとうございました。また次回もお願いいたします!

(それにしても…、写真の阿部さんが、渋い、渋すぎる!)

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

今週のメッセージテーマは「ことし あと2か月」です。

 

『ことし あと2か月』のお題に、

丹野は、11月中に『大掃除』を終わらせます(予定です)。

 

番組宛のメッセージは

NHK福島の番組HPのメールフォームから、

ファクシミリは 024-522-3700でお寄せください。

 

【きょうの音楽】

1曲目 ユア・ソング / エルトン・ジョン

2曲目 スリラー / マイケル・ジャクソン

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:10:30 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月30日 (水)

歴史のロマンあふれる街『伊達市』

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

今回は『伊達市』の話題でした。

 

伊達市梁川にある「梁川城」とその周辺の梁川遺跡群が、ことし6月、国指定の史跡になるという答申がありました。

 

それを記念して伊達市では、現在、梁川城から発掘された出土品が展示されています。

 

梁川地区にかつてあった梁川城は、西暦1500年代に、伊達政宗の曾祖父・伊達稙宗(たねむね)が本拠としたところです。

 

(引地さん:「伊達政宗のひいおじいちゃん!?つまりは、伊達市あってこそ、いまの東北があるわけですね!すごい!」)

 

1970年代から始まった発掘作業では、中国の陶磁器や瓦、岐阜や愛知で焼かれた瀬戸物などが出てきているとのこと。

 

出土しているものが、遠方のものや珍しいものが多く、福島県内には位の高い人が住んでいたということがわかります。

 

自身も40年以上発掘に携わってきたという、保原歴史文化資料館の学芸員・高橋信一さんは

 

「文化財の答申を受けたことは、心から喜ばしいこと。“身近にある場所が、こんなに立派なものだとは知らなかった!”と話す住民の皆さんや、市外から来る人に向けても、魅力を発信し続けていきたい」と意気込みます。

 

実際に出土品を目の前にすれば、当時の人たちの暮らしに思いを馳せられるはず。普段資料館にいる高橋さんも「よろこんでご案内します!」と話していました。

 

「陸奥国守護所 梁川城から桑折西山城へ」

 

会期:2020年1月27日(月)まで

会場:伊達市保原歴史文化資料館

(保原総合運動公園内にある、とんがり屋根の旧亀岡住宅が目印)

時間:午前9時から午後5時まで(火曜日は休み)

入館料:大人210円、小中高生100円

電話:024-575-1615

 

 

さて、次回紹介する市町村は…

 

s-IMG_3293.jpg

 

『会津坂下町』です!次回放送予定は、11月5日(火)です(もう11月!)。

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:14:58 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年10月30日 (水)

伊達市といえば...引地さんの幼き日の思い出

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

 

台風19号やその後の大雨を経て、久しぶりに登場した火曜パーソナリティーの引地洋輔さん。

 

福島市の高校に通っていた引地さんは「久しぶりに同級生たちと、メッセージのやり取りをしました。少し離れたところからでしたが、心配し続けていました」と話していました。

 

今週の『こでらんに5』も、台風19号やその後の大雨に関する生活情報を交えながら、元気にお届けしていきます。

 

* * *

 

さて、きょうの放送で引地さんやこでらーさんと一緒に盛り上がったのは「かつて存在した伊達市の遊園地」のお話。

 

引地さんが「人生で生まれてはじめて乗ったジェットコースター」を思い出のひとつとして挙げてくれました。

 

しかし、私、佐藤には遊園地の名前がさっぱり思い出せなかったのです(私も小さい頃行ったはずなのに…!)。

 

すると、こでらーさんから次々と「それはきっと、“高子沼グリーンランド”のことでは?」とのメールが!

 

皆様、ご名答です。中には、かつてその遊園地でアルバイトをしていたというこでらーさんも!電波を通じて、皆さんと一緒にわいわい会話している感覚でした。

 

今週のメッセージテーマは「ことし あと2か月」ですが、このように、どんな話題でもかまいません。ぜひ番組に、メールやファクシミリでご参加くださいね。

 

(もちろん、はがきでお寄せいただいている声もしっかり拝見しています♪いつもありがとうございます。) 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:14:54 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月29日 (火)

どうしても待ちきれなくて...「たむら地区のねぎグルメ」

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

月曜日は、ぺんぎんナッツのふたりとお届けしています。

 

県内の旬の食材の魅力を紹介する「んめぇ~なふくしま」では、JA福島さくら・たむら地区の「ねぎ」を紹介しました。

 

s-IMG_3274.jpg

 

『夏扇(なつおうぎ)』という白ねぎの品種で、柔らかくて甘みがあり、くせのない食味が特徴です。白い部分にたっぷり含まれているのは、ビタミンC。さらに、緑の部分は、βカロテン、カルシウムなどが豊富です。

 

今回は、JA福島さくら・たむら地区 滝根総支部長の佐藤佳代子さんをはじめ、女性部の皆さんが、スタジオに来てくれました。

 

s-IMG_3292.jpg

 

たむら地区は、今回の台風19号で、水田や農作物に冠水被害を受けました。

 

しかし、どんな状況にあったとしても、おいしいねぎを使った料理を食べてもらいたい!という女性部の皆さんに「けんちん汁」を作っていただきました。

 

s-IMG_3289.jpg

 

<けんちん汁(4人分)>

●じゃがいも…5個 ●ねぎ…2本 ●にんじん…1本 ●大根…1/2本

●豚こま肉…200g ●豆腐…1丁 ●ごぼう…1本

●だしの素、みそ、しょうゆ、油…適量

 

~作り方~

①じゃがいも、にんじん、ごぼう、大根、ねぎを食べやすい大きさに切る。

②鍋に油をひき、豚こま肉を炒め、じゃがいも・にんじん・ごぼうを加えて炒める。

③鍋に、沸騰したお湯、だしの素を加えて煮込む。

④火が通ったら、しょうゆ・みそを加え豆腐を手で崩しながら入れる。

⑤最後にねぎを加えて完成♪

 

また、たむら地区女性部では、子どもたちの「食育」にも力を入れています。

近年、お米を食べない若い世代にもっとお米を食べてもらいたいという思いから開発されたおやつ「手作りせんべい」も作っていただきました。

 

s-IMG_3286.jpg

 

油で揚げる前は、こんな感じ。上から時計回りに、のり味、黒ごま味、白ごま味です。

(おやおや、どーもくんが顔を出しています)

 

s-IMG_3282.jpg

 

じっくり揚げると、こんなに大きくなります。ついつい手が伸びるおいしさです。

(こちらは朝ドラの『スカーレット』が!女性部の皆さんの、粋な遊び心です)

 

<手作りせんべい(約1,400枚分)>

●もち米…2升2合 ●三温糖…1kg ●重曹…小さじ2 ●塩…小さじ2

●卵…10個 ●黒ごま…160g

 

~作り方~ 

①餅つき機でもちをついたところに、三温糖を入れる。

②卵、重曹、塩を少しずつ入れ、よく混ぜる。

(一度にたくさん入れると、餅つき機から卵が飛び出てしまうので注意)

③最後に、黒ごまを加え、菓子箱などにビニールを敷いて流し込む。

もちが乾いたら、上にビニールをかける。

④2~3日過ぎたら、約2ミリに薄く切る。

(砂糖が入っているので、固まるのに時間がかかります。

厚く切ると膨らまないので、できるだけ薄く切ります)

⑤重ならないように並べ、10日くらい干す。(片面5日ずつ)

割れてしまうので、直射日光を避け陰干しする。

⑥油(弱火で低めの温度)で、きつね色になるまで揚げたら出来上がり!

 

一度作って冷凍保存すると、何度でも揚げたての手作りせんべいが食べられます。

 

10日かけてじっくり乾かす時間がいるので、お子さんと一緒に、おせんべいの変化の様子を楽しみながら作るのもよいかもしれませんね。

 

ぺんナツのふたりは、放送中、スタジオいっぱいのねぎグルメの香りに待ちきれず、フライング試食!笑 おいしそうに平らげていました。

 

心もからだも温まるねぎグルメ。みなさんも、ぜひ作ってみてくださいね。

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:12:47 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月25日 (金)

スペシャルパーソナリティー登場!! @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

 

きょうは、金曜パーソナリティーの白鳥久美子さんがお休み。

ということで、

スペシャルパーソナリティーとして、声優の相沢舞さんをお迎えしました!

s-IMG_3264.jpg

(ようこそ『こでらんに5』へ!)

 

相沢さんは、Eテレ「福島をずっと見ているTV」のナレーションを担当しています。

“ナレーションが縁で好きになった福島の現状を見ていると、心苦しいです。

これから降る雨が心配”と、終始、福島の現状に心を寄せてくれていました。

 

そんな相沢さんとお送りした「こでらー大喜利」のお題は

「デパートのエレベーターガールが発した、“笑えるひと言”とは?」

声優さんらしく「エレガ風」に作品を読み上げてくれました♪

 

今回の放送内容は、番組ホームページでチェックすることができます。

いつもとはちょっと違った雰囲気の大喜利、聴いてみてくださいね。

s-IMG_3265.jpg

相沢さん、また福島のスタジオに遊びに来てくださいね!

 

さらに、ことし3月まで福島放送局に勤務し、

今週、福島の取材を続けていた吾妻謙アナウンサーもスタジオに登場し、

台風19号で被害を受けた方へのエールを送ってくれました。

s-IMG_3262.jpg

 

こでらーのみなさんからも、たくさんの声をお寄せいただきました。

ありがとうございました。

 

次週のメッセージテーマは「ことし あと2か月」です。

あっという間に10月も最終週。金曜日には11月に突入します。

 

ちょっと気が早いかもしれませんが、

ことし、印象に残ったことや「残り2ヶ月でこんなことをするぞ!」という宣言など、

私たちに教えてください。

 

おたよりは、メール・ファクシミリ・はがきにて、お待ちしています。

☆メール NHK福島放送局のHP「こでらんに5」

     投稿フォームから(https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/form.html

☆ファクシミリ 024-522-3700

☆はがき  〒960-8588

NHK福島放送局「こでらんに5」係

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:23 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月25日 (金)

これは強いぞ!『川俣高校』 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

木曜日の『こでらんに5』は、社会学者の開沼博さんと一緒にお届けしています。

 

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、

その学校の魅力や特色を、高校生の視点で紹介してもらう「Go! Go!ハイスクール」では、

川俣町にある川俣高校をご紹介しました。

 

生徒会の前の副会長で、3年生の松本翔太郎さんが電話で登場。

学校の魅力を話してくれました。

 

川俣高校は、創立111年の伝統校で、川俣町にある生徒数113人の学校です。

他の高校と比べて、生徒の数が少ない印象を受けますが、

松本さんは「その分生徒同士の仲がよいのですよ」とひとこと。

 

松本さんが在籍する「機械科」では、ひとクラスが15人前後だということで、

開沼さんは

「卒業まで3年間同じメンバーだと、かなり仲良くなりそうですね」と話していました。

 

そんな川俣高校の特色のひとつが「フェンシング部」があることです。

フェンシングは、平成7年の福島国体で川俣町が競技会場になったことをきっかけに、

町全体で力を入れている競技です。

 

日々の練習も、小、中、高校生が合同練習を行い、

高校生が、小学生や中学生に教えながら技術の向上を図っているとのこと。

小学校からの継続的な強化が、全国大会出場の常連になるのを支えているようです。

 

川俣高校のフェンシング部からは、

ことし、インターハイ東北大会で個人戦優勝の選手が出たり、団体戦で準優勝したりと大活躍!

 

なかには、日本代表候補に選ばれている選手もいるそうです(お見事!)。

川俣高校、そして福島の名前が、

フェンシングを通して日本全国・世界に広がっていってくれたらうれしいです。

 

さて、金曜日恒例、こでらー大喜利のお題は

『デパートのエレベーターガールが発した“笑えるひと言”とは?』

 

開沼さんのお答えは、こちら!

 

“行き先のボタンを押すと「もっと上を目指せるでしょう!?」と言われる”

(あの、3階の美容室に行きたいんです… by佐藤)

s-IMG_3257.jpg

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:50 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月23日 (水)

いかがお過ごしでしょうか? @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

番組は、先週から引き続き、内容を一部変えて放送しております。

きょう番組宛に届いたメールにもありましたが、

 

今回の台風被害については、情報が明らかになればなるほど、

その規模の大きさにがくぜんとさせられます。

 

被害にあったみなさんは『あれをしなければ、これもしなければ』と

気持ちが焦ることもあるかと思いますが、一番に体を大事にして過ごしてください。

 

そして、余裕があれば「こでらんに5」を聞いて少しリラックス、

さらに余裕があれば「心にため込んでいる思い」など、番組宛にお寄せください。

もちろん、被害がない地域からの「応援メッセージ」も、たくさんお待ちしています。

お願いいたします。

 

では、きょうの番組の振り返りです。

前半は、台風19号で被害を受けた地域の「生活情報」をお伝えしました。

 

番組後半は、いろいろな温泉が楽しめる県内をラジオで巡る「こでらんに温泉」。

県の最も西に位置し、新潟県と接している「只見町の温泉」を取り上げました。

 

町内にある「深沢温泉」。

そこにある宿泊施設の副支配人 小林晋さんに電話で話を伺いました。

すばらしい景色(高台の日帰り温泉からは、日没の時間帯の景色が最高!だとか)、

そして、郷土料理が自慢だそうですよ!

 

郷土料理、只見町で古くから、お祝い事や大みそかなどのおめでたい日に、

食卓にのぼる料理「お平(おひら)」。

地元のみなさんにとっては、年に1・2回食べられるかどうかの特別な料理。

温泉に宿泊すると~、お平をアレンジした“郷土料理会席膳”を食べられるチャンスが♪

 

また、この季節、

日中は『紅葉』、夜には『満点の星空』が楽しめる露天風呂もおすすめとのこと!

(小林さん個人的には、

冬に頭の上に雪を積もらせながらの “雪見風呂” お気に入りだそうです 笑)

 

温泉は、冬期間も休まずオープンしているそうですよ。

来月9日(土)には、「只見新そばまつり」も予定されているそうです!

…と、たくさん自慢、いや、「温泉の魅力・只見町の魅力」を教えてもらいました。

 

きょう紹介した「温泉」と「新そばまつり」については、

「深沢温泉 季の郷 湯ら里」

 電話 0241-84-2888にお問い合わせください!

小林さん、観光シーズンの忙しいところ、電話での番組出演ありがとうございました♪

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

あす・木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

 

番組宛のメッセージは

NHK福島の番組HPのメールフォームから、

ファクシミリは 024-522-3700でお寄せください。

 

【きょうの音楽】

1曲目 Believe /  May J.

2曲目 放課後の音楽室 / 葉加瀬太郎 with GONTITI

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:19:25 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月22日 (火)

最高!新米で味わう『ほっき飯』 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

月曜日は、ぺんぎんナッツのふたりとお届けしています。

 

県内の旬の食材の魅力を紹介する「んめぇ~なふくしま」では、

JAふくしま未来・そうま地区の「新米」について、

先日(今月7日)に収録したものをお送りしました。

 

そうま地区でとれるお米は「ねばりがあって、甘味が強い」のが特徴。

そんな新米を使って作っていただいたのは、「ほっきご飯」です!

(都合により、写真の掲載はお休み。

脳内イメージをふくらませて読み進めてください。笑)

 

新米と、ちょうどいま旬を迎えているほっき貝のマリアージュ…

こんなすばらしい組み合わせがあるでしょうか。

 

 

【ほっきご飯】(4~5人分)

~材料~

●米…3カップ(うるち米ともち米が9対1の割合)

●ほっき貝…10個

●しょうゆ…大さじ3 ●酒…大さじ3 ●みりん…大さじ2

●塩…小さじ1/2

 

~作り方~

①米を炊く30分前に、米ともち米を合わせて研ぎ、ざるにあげておく。 

②ほっき貝は、殻から身を外し、砂とワタを取って水洗いをする。

  水気をきって、小さく切る。

③鍋に、しょうゆ、酒、みりん、塩を入れて煮立てる。

 ②で小さく切ったほっき貝を加えて、色が変わる程度にさっと煮る。

 ざるなどにあけて、汁と身に分ける。

④炊飯器に、①と③のほっき貝を煮た汁を入れて、普通の水加減で炊く。

⑤炊き上がったら、③のほっき貝の身をのせて、10分ほど蒸らし、味をなじませる。

⑥ご飯を切るように混ぜ合わせて、できあがり!

 

★ワンポイントアドバイス★

ほっき貝を縦に開いて、ワタをきれいに取り出すことがポイント!

むき身で売られているものを使ったり、

魚屋さんで下処理をお願いしたものを使ったりすると、調理の手間が省けます。

 

 

相馬市や南相馬市、新地町などでは、台風19号の被害で、

現在も飲み水を中心に、大変な状況が続いています。

住宅の浸水や、田畑が浸水の被害を受けたという話も伺っています。

『こでらんに5』では、スタッフ一同、被災された地域の一日も早い復旧を願っています。

 

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:37 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月21日 (月)

白鳥さんからのエール&次週のお知らせ @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

 

金曜日の『こでらんに5』も、

番組の内容を変更して、台風19号で被害を受けた地域の生活情報を中心にお送りしました。

 

金曜日の曜日パーソナリティー、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんは、

「日を追うごとに、被害の全容が明らかになってきて、心を痛めています。

とにかく“自分の命を最優先”に行動してくださいね!」と呼びかけていました。

 

そして、25日(金)の放送は、白鳥さんがお休みです。

スペシャルパーソナリティーとして、声優の相沢 舞さんが登場します。

相沢さんは、Eテレ「福島をずっと見ているTV」のナレーションを担当しています。

 

また「こでらー大喜利」も、相沢さんと一緒にお届けする予定です。

 

お題は「デパートのエレベーターガールが発した、“笑えるひと言”とは?」

もしかしたら、相沢さんが、エレベーターガール風に、

みなさんの答えを読み上げてくれるかも…!?

 

たくさんの作品を、お待ちしています。

s-IMG_3250.jpg 

番組では、台風の被害にあって感じていること、また、応援メッセージを募集しています。

おたよりは、メール・ファクシミリ・はがきでお寄せください。

 

☆メール 

NHK福島放送局のHP「こでらんに5」

投稿フォームから(https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/form.html

 

☆ファクシミリ 024-522-3700

 

☆はがき  〒960-8588

NHK福島放送局「こでらんに5」係

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:12:28 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月18日 (金)

こでらーの皆様、いかがお過ごしでしょうか? @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

 

今週の『こでらんに5』は、

番組の内容を変更して、台風19号で被害を受けた地域の生活情報を中心にお送りしています。

 

木曜日のパーソナリティー、

開沼博さんの地元は、甚大な被害を受けているいわき市。周りの様子をうかがいました。

 

知り合いの中に

「東日本大震災時に楢葉からいわきに避難し、避難先の自宅が床上浸水した」という方がいるそうです。

 

“想定外の災害”から、“想定していても、

なお大変な災害”が起きたことに、心を痛めているということでした。

 

開沼さんは「起こってしまったことの検証も大切だが、

いまは目の前の泥かきや生活再建などが最優先。

助け合いながら、無理せず取り組んでほしい」と話していました。

 

s-IMG_3248.jpg

開沼さん:「週末は、雨予報も出ています。お気をつけてお過ごしください」

 

番組では、台風の被害にあって感じていること、また、応援メッセージを募集しています。

おたよりは、メール・ファクシミリ・はがきでお寄せください。

 

☆メール NHK福島放送局のHP「こでらんに5」

     投稿フォームから(https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/form.html

 

☆ファクシミリ 024-522-3700

 

☆はがき  〒960-8588

NHK福島放送局「こでらんに5」係

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:16:19 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月11日 (金)

台風への備えは万全ですか? @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお届けした金曜日。

きょうは『台風19号の影響が心配です』という、

こでらーさんからのメッセージが多く寄せられました。

 

東京駅から福島のスタジオに来た白鳥さんは

「予定を前倒ししようとしているからか、

いつもより多くの人が、きっぷ売り場で列を作っていましたよ」とひとこと。

じわりじわりと影響が出始めていたようでした。

 

“3連休の予定はすべて取り止めた”というこでらーさんからの悲しみの声に、

白鳥さんは…「おでかけの予定がなくなったとしても、

カセットコンロでおうちごはんを作ってみるのはどうかしら!」

 

カセットコンロは、万が一、ガスが止まってしまった場合も

あたたかい食事を作ることができる優れものです。

「もし次に大きな災害が起きたときに、

一度やっているのといないのとでは、違うよ~きっと!」

と、室内での過ごし方を提案してくれました。

 

そのほかにも「本を読んで過ごします」

「家の片づけをして過ごします」という声を寄せてくれたこでらーさんもいました。

最新の情報を確認しながら、準備を万全にして、台風が過ぎ去るのを待ちましょう。

念には念を。どうぞお気をつけくださいね。

 

 

さて、来週のメッセージテーマは「運動会」です!

s-IMG_3245.jpg 

(バトンよ、届け…!「リレー」です。)

みなさんの思い出の競技はなんですか?たくさん送ってください!!

 

14日(月)は「体育の日」のため、「こでらんに5」はお休みです。

15日(火)にお耳にかかりましょう!

☆Today’s Music☆

1曲目 ドリーミング・ガール(’98REMIX)/山下達郎

2曲目 アサイーボウル/BEGIN

3曲目 もう君がいない/高橋真梨子

4曲目 イングリッシュマン・イン・ニューヨーク/フェルナンド・メルリーノ・トリオ 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:15 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月10日 (木)

夢に向かって頑張る「相馬東高校」の生徒たち @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

木曜日は、社会学者の開沼博さんと一緒にお届けしています。

 

県内の1つの高校にスポットを当て、学校の魅力や特色を、

高校生の視点で紹介してもらう『Go! Go!ハイスクール』は「相馬東高校」を紹介しました。

前の生徒会長で、3年生の佐藤陸斗さんが電話で話をしてくれました。

 

創立112年の相馬東高校は、生徒数およそ500人。

陸上競技部やバレーボール部などがあり、陸上競技部が全国大会に出場するなど、活躍しています。

開沼さんが「相馬東高校の魅力」を聞くと、佐藤さんは、ユニークな部活動を挙げてくれました。

 

その名も「日本文化部」。茶道班と生花班に分かれています。

茶道班では、御点前を学び、

生花班では、さまざまな流派の特徴や歴史を学ぶとともに、実際に花を生けているそうです。

友だちどうしで披露し合うなどして、日々、技術を磨いています。

(開沼さん:「高校時代から体験できるのは、珍しいですね。貴重な経験!」)

 

さらに佐藤さんは、校舎の近くに海があることのすばらしさを、うれしそうに話してくれました。

東日本大震災を乗り越えて去年再開した「原釜尾浜海水浴場」が、学校の近くにあるのです。

佐藤さんは、この夏、友達や家族と、3回も泳ぎに行ったとのこと!

 

開沼さんも海が近くにある高校の出身ですが、当時、泳ぎに行きましたか?

(開沼さん:「いま、思い出そうとしているのですが…。笑」)

 

それはさておき…佐藤さんは、現在、看護師になることを目指して勉強中。

佐藤さんが在籍する相馬東高校の「総合学科」は、

自分の将来の夢や興味・関心に合わせて時間割を自分で作り、専門的な科目を中心に学びます。

 

ちなみに、この「総合学科」を設置している高校は、県内に8校だけ。

「将来は、福島の地域医療のために頑張りたい」と語る佐藤さんに、

開沼さんは「高校生のうちから、目標を高く持って、

自分で学ぼうとする意欲がすばらしい!」と感心していました。

 

佐藤さん、夢に向かって、がんばってくださいね!

 

 

さて、次回のこでらー大喜利のテーマは「こんな社員食堂はいやだ!」。

開沼さんのお答えは…?

 

「ごはんの粒がひとつも残っていないことを確認するまで、帰してもらえない」

(お残しは許しまへんで~!by Eテレのアニメ「忍たま乱太郎」食堂のおばちゃん)

 

投稿は、まだまだ受付中!放送当日の正午まで、ふるってご応募ください!

 

そして、メッセージテーマは引き続き「○○の秋」です。開沼さんにとっての秋は…?

s-IMG_3241.jpg 

開沼さん:「ランニングを始めました!!」 

佐藤:「おおー!!全力で応援します」

 

みなさんからのおたより、お待ちしていまーす♪♪♪

 

☆Today’s Music☆

1曲目 僕の太陽/AKB48

2曲目 Rise/Herb Alpert(インストゥルメンタル)

3曲目 とりあえず噛む/ヤバイTシャツ屋さん

4曲目 君が好き/Mr.Children

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:14 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月09日 (水)

あなたの「〇〇の秋」は? @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

県内、朝の最低気温が“ひとケタ(!)”というところも、出始めたようです。

夜、お休みの時には、布団を一枚多くしてくださいね。

(まるで、夏から急に冬になったように感じてしまうほどの、変化ですね…)

 

では、きょうの番組の振り返りです。

前半の「ふくしまクエスト」には、来月・11月23日(土)・24日(日)に、

JICA二本松を会場に開かれる「ふくしまグローバルセミナー」の担当、

JICA二本松・国際協力推進員の星明彦さんが登場しました。

s-IMG_3237.jpg

星さん:「当日は、自分も会場でみなさんをお待ちしています!」

 

「ふくしまグローバルセミナー」では、

時間帯ごとに「セッション」と呼ばれる講座が設けられていて、

その国や地域のことをよく知る出身者、そこでの生活を経験した人などが講師を担当。

 

『もっと積極的に日本以外の国や地域のことを理解しませんか?』

『国籍や民族が違っても、文化の違いを認め合って、

対等な関係をともに作り上げていくことについて学びませんか?』という内容です。

 

折しも、日本では世界的なスポーツイベントが目白押し!

先進国も途上国も、みんな同じ舞台で競い合う『みんな対等』というのを、

肌感覚で体験しているからこそ、日本以外の世界に興味が湧いてくるのでは?

 

機会をとらえて、まだ知らないことをどんどん学びに行きましょう~♪(学びの秋!)

来年の東京オリンピック・パラリンピックに関連した講座が、充実しているそうですよ!

 

「ふくしまグローバルセミナー」

日時:来月23日(土)10時~24日(日)正午ごろまで。初日のみの参加も可能

場所:JICA二本松

対象:高校生以上の人

募集人数:150人で先着順に受付、定員になり次第締め切り

     申し込みの締め切りは、今月25日(金)

問い合わせは、JICA二本松 電話:0243-24-3200

 

星さん、「こでらんに5」への3度目の出演、ありがとうございました。

また、お待ちしています!

 

番組後半は、福島の魅力を「観光情報」としてお届けする「こでらんに観光」。

「秋 福島のワイナリー巡り」と題し、番組独自にピックアップして、

「はま・なか・あいづ」それぞれの地域にある、ワイナリーを紹介しました!

 

【浜通り】いわき市の「いわきワイナリー」 電話 0246-36-0008

【中通り】郡山市の「ふくしま逢瀬ワイナリー」 電話 0120-32-0307

【会津】会津美里町の「新鶴ワイナリー」 電話 0242-23-9899

 

ことし5月にオープンしたばかりの

「新鶴ワイナリー」のスタッフ・菅家さんと電話をつないで、

ワイナリーの特徴やワイナリーで体験できること、ワイン作りにかける思いなどを伺いました。

 

『若さあふれるフレッシュなワイナリー(できたてホヤホヤのワイナリーに、

スタッフは、ワインのことを学びたてホヤホヤだそうですよ!)です!

来てくれるみなさんと、一緒に育っていきたいです』と菅家さん。

 

語り口から、“地域を大事に、そして誇りに思っていること”が、伝わってきました!

もともと、会津美里町はぶどう・ワインが特産品という土地だそうですから、

これからのワイナリーの展開が、ますます楽しみですね!(実りの秋♪)

 

ワイナリーが成長していく姿を見守れるタイミングに巡り合えたこと、私もうれしく思います。

菅家さん、業務が忙しい中、電話での番組出演、ありがとうございました♪

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

 

あすもテーマは「〇〇の秋」で、みなさんからのメッセージを、お待ちしています♪

ちなみに、田中アナウンサーは「質素な秋」(←さきざき、ゆとりが生まれるように…)

丹野は「節約・貯蓄の秋♪」(←夏場に自分を甘やかしすぎたツケが…笑)。

 

NHK福島の番組HPのメールフォームから、

ファクシミリは 024-522-3700でお寄せください。

(はがきも届いています!ありがとうございます♪)

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※しらっと、復活…?)

きょうのお題は「がっつり食べます!」。

s-DSC_0941.jpg

※お手頃な切り落とし牛肉を、玉ねぎ・シイタケと一緒に、甘辛くサッと煮てみました♪

 

【きょうの音楽】

1曲目 それが大事 / 大事MANブラザーズバンド

2曲目 ABC / Bamboo Flute Orchestra with H ZETTRIO

3曲目 Take Five   / JUJU  

4曲目 PIECE OF MY WISH / 今井美樹

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:20:01 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月08日 (火)

尾瀬×書=?「檜枝岐村」 @佐藤彩乃

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 

今回は、檜枝岐村の話題。

現在、村で開かれている「尾瀬の大自然を表現した書展」についてお伝えしました。

(引地さん:尾瀬を書で表現するとは…?)

 

気になりますよね。

この書展は、尾瀬の素晴らしさやその感動を書で表現することで、

豊かな心情を養い、伝統文化を未来につなげようと、平成24年から開催されています。

 

つまり、尾瀬に関わる文字を、その人なりの視点で認めましょうということです。

寄せられた作品は「燧ケ岳」や「残雪」、「雄大な自然」など。

(引地さん:「燧ケ岳」って!書くの大変ですよ!!うまくバランスとって書くのが難しそう!)

 

福島民報新聞に掲載された写真を見てみると、

どの作品もとてもきれいに仕上げられています(私も、あんなふうに上手に書けたらなあ…)。

 

現在、この書展では、小学生や一般の方など、

県内外から寄せられた1662点の作品のうち、厳正な審査で選ばれた157点が展示されています。

尾瀬の空気を楽しみながら、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

この展示会は、来月4日(月・祝)まで開かれています。

会場:檜枝岐村のミニ尾瀬公園内「思想館」

開園時間:午前9時から午後5時まで

お問い合わせ:尾瀬書展運営協議会事務局 0241-75-2342

 

さて、次回紹介する市町村は…

s-IMG_3234.jpg 

『伊達市』です!次回の放送予定は、15日(火)です。

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:12 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年10月08日 (火)

ようこそ、不思議な「マリンバ」の世界へ @佐藤彩乃

 

福島ゆかりのアーティストを紹介する「ふくしまSONGS」。

きょうは、スタジオでの生演奏をお楽しみいただく「Fライブ」をお届けしました。

 

スタジオにお迎えしたのは、福島市出身のマリンバ奏者・松本律子さんです。

s-IMG_3219.jpg

全身を使って、躍動的にマリンバの演奏を楽しむ松本さん!

見ていると、こちらまでわくわくしてきます。

 

このコーナー史上初!?の打楽器の登場に、引地さんは興味津々でした。

「マレット」という、2本のバチで木製の鍵盤をたたいて、音を奏でるマリンバ。

学校の音楽室でよくある「木琴」よりも、ひと回り大きいものですね。

 

きょうは「電子マリンバ」で演奏していただきました。

s-IMG_3232.jpg

電子マリンバは、コンピューターにつなぐことができ、マリンバ自体の音色はもちろん、

エレキベースや電子音など、一台でさまざまな音を出すことができます。

 

きょうは3曲披露していただいたのですが、特に引地さんが驚いていたのは「音粒」という作品。

楽器として使ったのは、電子マリンバと…

3229-1.jpg

ブリキのコップ、竹筒を半分に割ったもの。それに、梱包用のクッション袋です。

クッション袋を、マレットの柄の部分で叩き、軽快な音から曲がスタートしました。

 

デジタルとアナログの融合で生まれる不思議な世界観に、

私たちは「次は、いったいどんな音色が飛び出すのだろう?」と、終始驚き続けていました。

 

松本さんは「日々の生活で“これを叩いたら、どんな音がするだろう?

演奏に使えるかな?”と興味が尽きません」とひとこと。

「自分にしかできない演奏スタイルを作っていきたい」と意気込んでいました。

 

松本さんが、これからどのようにマリンバの世界を広げていくのか、楽しみです。

すばらしい演奏を、ありがとうございました!

s-IMG_3223.jpg

 

マレットの持ち方を松本さんに教えてもらって…

s-IMG_3227.jpg

じゃじゃーん!持てました!!

 

~松本さんのコンサート情報~

「松本律子マリンバsoloリサイタル2019」

・11月2日(土)午後1時半開場 午後2時開演

・会場:ふくしん夢の音楽堂(福島市音楽堂)

 

~きょう披露したナンバー~

・「ベラクルス」

・「音粒(おとつぶ)」

・「 もみじ 」

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:02 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月07日 (月)

籐手芸の立派な作品の数々をご紹介!

 

こでらーの皆さん、こんにちは!佐藤彩乃です。

金曜日は、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお送りしました。

 

今回の、こでらー部では、石川町で活動している「籐手芸サークル」を紹介しました。

 

サークルの代表、矢内文子さんからスタジオに送っていただいたのは、すばらしい作品の数々!

写真でご紹介します。

 

s-IMG_3191.jpg

 

籐バッグにピアス、ネックレス…どれも世界にひとつだけの作品です。

 

s-IMG_3197.jpg

 

山ぶどうのツルで、1週間かけて作った小銭入れを開くと…本格的なつくり。

 

s-IMG_3199.jpg

 

s-IMG_3201.jpg

 

白鳥さん、バッグがよくお似合いです!

 

籐手芸の材料は、インドネシアやフィリピンなどの亜熱帯の地域の籐。中には、あけびや山ぶどう、くるみなどのツルや枝を取ってきて、作品を作るメンバーもいるそうです。

 

籐手芸の魅力について、矢内さんは「作ってみたいとイメージしたものを形にするのは、なかなか難しいこと。悩んで作って、作品が出来上がった時の喜びは格別です!」と、うれしそうに話してくれました。

 

みなさんの作品は、今月27日(日)に開かれる「石川秋まつり・オータムフェスタin石川」にも出品予定です。

 

これからも、すてきな作品を作り続けていってくださいね!

 

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 生きて生きて/サンボマスター

 2曲目 花の写真/スピッツ

 3曲目 LIFE/ナオト・インティライミ

 4曲目 夢 with You/久保田利伸

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:35 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月04日 (金)

来週(10/7~)のメッセージテーマ、発表!

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

今週も『こでらんに5』の放送にお付き合いいただき、ありがとうございます♪

 

一足お先に、来週のメッセージテーマを発表します!

 

s-IMG_3190.jpg

 

「○○の秋」です!

 

少しずつ秋が深まってきた、きょうこのごろ。

こでらーの皆さんの「○○の秋」はなんですか?

スポーツ、芸術、読書といった定番の話題はもちろんのこと、「ウチでは、これをすると秋が来る!」といった“我が家ならではのエピソード”なども、教えてくださいね。

 

私にとっては「食欲の秋」!

新米の炊ける香りに、この上ない幸せを感じます。

この秋は、何種類の福島県産ブランド米を食べられるか、楽しみです。

 

おたよりは、メール・ファクシミリ・はがきで募集しています。

 

 

☆メール NHK福島放送局のHP「こでらんに5」

投稿フォームから(https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/form.html

 

☆ファクシミリ 024-522-3700

 

☆はがき  〒960-8588

NHK福島放送局「こでらんに5」係

 

もちろん、テーマ以外のメッセージもお待ちしています。どしどしお寄せください!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月04日 (金)

開沼さんは"かけこみ"ましたか?

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

木曜日は、社会学者の開沼博さんと一緒にお届けしています。

 

今週のメッセージテーマは「かけこんだ?」です。

消費税率アップと軽減税率の導入から数日。受け取ったレシートの項目の違いに「あ、本当に変わったんだなぁ」と実感している方もいるのでは?

 

開沼さんは、なにか“かけこんで”買ったものはありますか?

 

(開沼さん:「思い切って、エアコンを買いました!」)

 

おお!これは思い切ったお買い物。ちょうどエアコンが故障してしまい、9月30日、まさに増税前夜に購入を決めたそうです。(エアコンも、壊れる時期を見計らっていたのかも。笑)

 

キャッシュレス決済で、よりお得に購入できたと、うれしそうな開沼さんでした。

 

金曜日も引き続き、メッセージテーマは「かけこんだ?」です。

 

“かけこみ”投稿、絶賛募集中の『こでらー大喜利』もあります。

お題は『ニュースランキングに「菊人形」がランクイン!なんで?』

 

開沼さんの答えは…こちら!

 

「フリマアプリで、菊人形が大量出品されている」(それはダメです)

 

s-IMG_3182.jpg

 

(ポスターの私たちの写真から放たれる“菊人形”感…。)

 

“菊人形が何たるか”をよく知っている福島のこでらーさん!あなたの作品が紹介されるチャンスです!まだまだ投稿、お待ちしています。

 

☆Today’s Music☆

 

1曲目 夜風とポラリス/ねごと

2曲目 Born To Be Wild/東京スカパラダイスオーケストラ

3曲目 Aurora/BUMP OF CHICKEN

 4曲目 上を向いて歩こう feat BENI/セルジオ・メンデス

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:23 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月03日 (木)

10月ですね♪ 

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

衣替えの季節だというのに、まだ秋物・冬物に手が伸びません…。

きのうも日中は、季節外れの暑さを感じる一日でした。水分大事!

また、朝晩と日中の気温差も感じるので、くれぐれも体調を崩さないよう過ごしてくださいね!

 

では、きのうの番組の振り返りです。

前半の「ふくしまクエスト」には、

「魚のことはまかせてね!」という、福島市公設地方卸売市場の山下明彦さんに、

来てもらいました。主役は、この季節ならではの味わいがある「秋さけ」です。

 

s-InkedIMG_3180_LI.jpg

 山下さん:「秋になって、入荷する魚の種類が増えてきたよ♪」

 

ことしの秋さけは、ここまで『例年並みの水揚げ・例年なみの価格』だそうです。

身がしっとりしていて、自分の好きな味付けで食べられるところが、秋さけの良い点!

また、美容面や健康面にも良いといわれる栄養素が“たっぷり含まれている”そうで、

「Wチーム」の私たちにとって“ぴったりな食材”(笑)

 

スタジオでは、切り身で「秋さけ」と「朝の定番・塩シャケ」を、田中アナウンサーが食べ比べました。スタジオには、焼き立ての香りが満ちていましたよ(夕方の空腹を刺激…)

 

s-IMG_3173.jpg

 

家族でホットプレートを囲んでの“ちゃんちゃん焼き”、甘辛く煮付けてお弁当に、

さっぱり食べたいときには“たまねぎ”と“しょう油(またはぽん酢)”と炒めておつまみに…、とさまざまに姿を変えてくれるではありませんか!

秋の食卓のバリエーションが増えそう♪

 

山下さん、また“おいしい情報”を楽しみにしていますね!

出演、ありがとうございました。

 

 

番組後半は「こでランク」、きょうは映画のランキングです。

 

s-InkedIMG_3168_LI.jpg

 阿部さん:「消費増税の影響で、映画館もいろいろ忙しいのです…」

 

最新の人気映画ランキングは、邦画が人気!

若者の恋模様や大人のドロドロした恋愛…、かと思えば、政界を舞台にしたコメディ作品など、種類豊富でした。

達人のおススメ作品は、今週末から全国ロードショーの映画。

コミック(漫画)の映画化作品としては史上初めて、世界三大映画祭のひとつ

「ベネチア国際映画祭金獅子賞」を受賞したということで、世界中の映画関係者に衝撃を与えた話題作だとか。

“映画史に残る悪役”の誕生秘話が明かされるドラマだそうです。

…怖いけど、内容が気になる♪

 

阿部さん、きょうも奥深~い映画の世界を紹介していただき、ありがとうございました。また次回もお願いいたします!

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

 

お便りのテーマは「かけこんだ?」で、みなさんからのメッセージを、お待ちしています♪

NHK福島の番組HPのメールフォームから、

ファクシミリは 024-522-3700でお寄せください。

(はがきでもいただいております!ありがとうございます♪)

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※どうやら、復活…?)

きょうのお題は「ご飯のおとも」。

 

s-DSC_0939.jpg

※先日、総合テレビ「あさイチ」で紹介されていた、新米のおともレシピ。

 冷蔵庫にあった余り野菜(セロリ・ゴーヤ・ピーマン・大根・ニンジンなど)とひき肉

で、作ってみました。

まだ、新米を食べ始めてはいないのですが、もうすぐやってくる“その日”のために、

予行練習(笑)

 そしてきょうも“シャインマスカット”♪

 

【きょうの音楽】

1曲目 P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~ / DA PUMP

2曲目 時代 / 中島みゆき

3曲目 Smile  / Petula Clark (ペトゥラ・クラーク) 

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:10:55 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月02日 (水)

"日本一"のそばをどうぞ!「下郷町」

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。今回は、下郷町の話題をお届けしました。

 

下郷町といえば、長ネギをお箸の代わりにして食べる「ねぎそば」が有名です。

 

(引地さん:RAG FAIRのメンバーを連れて食べに行った思い出があります。)

 

きょうは、下郷町のそばを利用して、地域のコミュニケーションの場を作ろうと取り組む、阿久津有信さんに話を聞きました。

 

阿久津さんは「私が区長を務めている十文字地区は標高差があり、そばの栽培が盛ん。僕たちは“日本一のそば畑だ”と自負しています」と語ります。

 

栽培から収穫、そば粉への加工、そば打ちを、すべて地域住民で行っているのですが、その参加率に驚き!なんと、住民の90%ほどが参加しているそうです。

 

また、阿久津さんたちは地域のコミュニケーションのシンボルにしたいと、水車を新設。来年には、この水車を使ってひいたそばを、県内外から訪れる観光客に提供したいと意気込んでいます。

 

(引地さん:「水車前にたくさんの人が集まって、そばのおいしさを分かち合う…その姿が想像できますね」)

 

今月20日(日)には、「十文字新そばまつり」が開かれます。

午前9時半開始予定で、会場は「十文字元気の出る広場」です。

 

 

そして、次回の「ふるさとツアーズ3」は、この市町村の話題です。

 

s-IMG_3160.jpg

 

『檜枝岐村』です!次回放送予定は、10月8日(火)です。

左手で抽選ボールを引くと、会津地方が出る確率が高いようです。笑

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:12:21 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年10月02日 (水)

実は「あの曲」には続きが...

 

「♪午後5時から とどけ!ふくしま愛~」

 

番組冒頭、火曜パーソナリティー・引地洋輔さんの歌声で始まった『こでらんに5』。いつもとは違うスタートに、こでらーさん驚いたことでしょう。

 

きょうの「ふくしまSONGS」を”RAG FAIR特集”としてお送りしたことから、番組のために、特別に歌を作って披露してくれたのです。

 

s-IMG_3164.jpg

(ゲストポジションだからでしょうか。引地さん、なんだかいつもより背筋がしゃんとしています。笑)

 

番組でお送りした曲も、すべてRAG FAIRのナンバーで、まさにRAG FAIR祭り!

 

県内はもちろん、お隣の宮城県や、遠くは香川県からもメッセージや曲のリクエストをお寄せいただきました。とてもうれしいです。ありがとうございました。

 

放送開始25分前に完成した、できたてほやほやのナンバー。

そういえば、曲のタイトルをつけたかどうか、聞かずにお別れしてしまいました。

 

引地さん、どんなタイトルにしましょうか?来週、聞いてみようと思います。

 

きょうの隊員日誌では、引地さん直筆!歌詞カードを大公開します!

 

s-IMG_3162.jpg

 

s-IMG_3167.jpg

 

引地さんによると、きょう披露したのは「17秒バージョン」。

 

実は、この曲には「40秒バージョン」もあるそうです。

私たちも、まだ聞かせてもらっていません。

 

いつ披露されるのか…その時を待ちましょう!(笑) 

引地さん、素敵な歌声をありがとうございました!

 

 

~お送りしたRAG FAIRの曲~

・恋のマイレージ 

・告白

・ヤレホー!!

・ハレルヤ(「あけみ」さんからのリクエスト)

・あさってはSunday(「おもち」さんからのリクエスト)

・at the circle(「菜の花畑のみいや」さん、「まきまきまっきー♪」さんからのリクエスト)

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:12:11 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年10月01日 (火)

どんな味がするの...?「南郷の青トマト」

 

こでらーの皆さん、こんにちは。佐藤彩乃です。3週間ぶりに、ぺんぎんナッツのふたりとお届けした月曜日。

 

 『んめぇ~なふくしま』では、JA会津よつば みなみ地区の「南郷トマト」を味わいました。

 

豪雪の地の利を活かし、雪むろで一晩熟成されて出荷される南郷トマトは、全国でも屈指の評価を得ています。

 

 

s-IMG_3142.jpg

 

あれ…トマトが青い!?食べられるのかしら…と思いませんでしたか?

 

実は、今回ご紹介したのは、南郷トマトの中でも珍しい「青トマト」と呼ばれるもの。糖度が高く、実がぎっしりと詰まっているため、しっかりとした食感が楽しめます。

 

かつて青トマトは「収穫時期を過ぎて、畑に残ってしまったもの」として捨てられていました。

 

しかし、とある生産者さんが食べてみたところ、なんとびっくり!とても甘くておいしいことに気がついたのです。

 

昼夜の気温差が大きくなる9月からのトマトは、糖度が高くなります。

 

捨てるのは「もったいない」、このおいしさを活かさないのは「もったいない」という思いから、様々な料理を作りはじめたことが、青トマトを広めるきっかけになったそうです。

 

きょうは、そんな青トマトを使って、3種類の料理を作ってもらいました!

 

「青トマトとツナのサラダ」「青トマトのフライ」、それに「青トマトの漬物」の、青トマト豪華三本立てです!!(中村さん・いなのさん「おおーっ!!」)

 

s-IMG_3154.jpg

 

【青トマトとツナのサラダ】

~材料~

●青トマト…2~3個 ●玉ねぎ(中玉)…1/2個

●ツナ缶…1缶    ●マヨネ-ズ…適量

●塩・こしょう…適量

 

~作り方~

①玉ねぎを薄切りにして、塩もみする。

②トマトは、薄いいちょう切りにする。

③塩もみしておいた玉ねぎを水洗いして、よく水気をとる。

④トマト、玉ねぎ、ツナを合わせマヨネ-ズであえる。

⑤塩、こしょうで味をととのえる。

※むらさき玉ねぎを使うと彩りがきれいです。

 

s-IMG_3148.jpg

 

【青トマトのフライ】(4人分)

~材料~

●青トマト…2~3個 ●塩・こしょう…少々

(フライ用) ●卵…1個 ●パン粉…適量 ●小麦粉…適量

 

~作り方~

①    トマトは1cmの厚さの輪切りにする(トマトは厚い方がおすすめ)。

②トマトに塩・こしょうをし、小麦粉をまぶす。

③といておいた卵をトマトにからめ、パン粉をまぶす。

④油でサッと揚げる。火加減は、中火の強。

 

s-IMG_3145.jpg

 

【青トマトの漬物】(4人分)

~材料~

●青めのトマト…2~3個 ●そうめんかぼちゃ(キンシウリ)…100gくらい

<合わせ調味料>

●酢…50cc ●醤油…大さじ1 ●みりん…大さじ1

●梅干(つぶし)…適量 ●塩…少々

 

~作り方~

①そうめんかぼちゃ(キンシウリ)は、3cmくらいの薄切りに。塩をまぶしておく。

②トマトは、いちょう切りにする。

③そうめんかぼちゃをさっと水洗いし、キッチンぺ-パ-などで水気を取る。

 ④トマトとそうめんかぼちゃ、合わせ調味料を混ぜ合わせる。

一晩、冷蔵庫で冷やしておきますが、即席で食べてもおいしいですよ。

 

十分に糖度を蓄えたこの時期だからこそ楽しめる、青トマト。ぜひ一度味わってみてくださいね。

 

s-IMG_3157.jpg

 

JA会津よつば みなみ地区女性部 南郷支部の、森 三喜子さんに伺いました。おいしい料理をごちそうさまでした!

 

 

☆Today’s Music☆

 ・Runner/爆風スランプ

 ・キミはともだち/平井 堅

 ・コール・ミー/ブロンディ

 ・Follow Me/E-girls

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:14:11 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲