2019年9月 4日

2019年09月04日 (水)

秋ね...♪ @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

さっそく、きょうの番組の振り返りです!

前半の「ふくしまクエスト」は、ほぼ月に1度お送りしている市場の話題。

きょうは、水産物から「さんま」です♪

スタジオに、福島市公設地方卸売市場の小林学さんに、お越しいただきました。

s-IMG_3095.jpg

小林さん:「僕のように、丸っとした“さんま”がおいしいんだよ♪」

 

まずは、放送時に、田中アナウンサーが“おいしく試食したさんまメニュー”から!

s-IMG_3084.jpg

※上側:「簡単フライパン焼き(定番の焼きさんま)」

 下側:「さんまの梅シソロール焼き」

 

簡単フライパン焼きの作り方です。

1)フライパンにクッキングシートを敷いて(油は不要)、さんまを並べる。

2)準備ができたら、火をつける(弱火)。フタをする。

  さんまからでる水分で、蒸し焼きにする。

3)さんまの身が反ってきたら、フタを外して、

  水分が飛ぶまでそのまま焼くと、全体に火が通っている。完成!

(※もう片面にも焼き色をつけたい場合には、ひっくり返す)

s-IMG_3087.jpg

 

さんまの梅シソロール焼きの作り方です。

1)三枚におろしたさんまの長さを、半分にする。

2)身の側に“大葉・梅肉・のり(大きさを合わせた)のり”をのせ、

  さんまの皮面を外にして巻き、つまようじで留める。

3)アルミホイルを敷いたオーブントースターで、12分焼いて…完成!!

s-IMG_3088.jpg

 

どちらも簡単!

フライパン焼きは、簡単なのに、身がしっとり焼きあがるので、おススメですよ!

後片付けも、お手軽です♪

 

小林さん、「魚は、生臭いから触りたくないとか、下処理がめんどくさい!という人は、

全部、魚屋さんに任せてください(笑)食べたい料理に合わせて、半分にしてとか、  

三枚におろして!と伝えてくれれば、きれいに処理してくれますよ♪」

 

ニュースを見ていると、記録的な不漁と言われている、ことしの「さんま」。

もう少ししたら、状況も改善して、お財布にもやさしくなってくれるといいな~と願いつつ、

簡単調理のイメージトレーニングをしておきましょう(笑)

 

小林さん、今回も魚愛(さかなあい)にあふれるお話、ありがとうございました!

 

番組後半は、映画や本の人気ランキングをご紹介する「こでランク」。

きょうは、福島市内にある書店の店長、本の達人・金子瑛未さんが登場です。

s-IMG_3092.jpg

金子さん:ヘアスタイル、どんどんショートになっていきます(笑)

 

人気の本のランキングは、バラエティーに富んだラインナップ!

ビジネス書・時代小説・ミステリー作品…。あなたは、どのジャンルがお好き?

 

そして、達人イチオシの本は、先日、現役を引退した“日本が誇るバレリーナ”の本。

世界の頂点を極めたバレリーナが、どんなことを思い、日々バレエに向き合っていたのか、

バレエ人生の始まりのエピソードからいまに至るまで、とても興味深い内容です。

 

金子さん「純粋にバレエへの興味もかきたててくれるような、ステキな1冊。

バレエの世界だけでなく、どんな仕事に対しても、そして、日常の生活にも

当てはまることが多く、男女関係なく、すべての人にオススメの本です。」とのこと。

 

きょうも楽しい本のお話、金子さん、ありがとうございました!

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

 

あすも、みなさんからのメッセージ(テーマは“じいちゃん・ばあちゃん”)を、

お待ちしています♪

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※復活!?)

きょうのお題は「ゴーヤーチャンプルー」(そのまんまですよね 笑)。

s-DSC_0899.jpg

※土日に出かけた先の「道の駅」で、新鮮でお手ごろなゴーヤーを発見!

 思わず買い求めてしまいました♪

 

【きょうの音楽】

1曲目 すみれSeptember Love / 一風堂

2曲目 日々 / 吉田山田

3曲目 NEVER END / 安室奈美恵

4曲目 オレンジ / SMAP

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:21:04 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年09月04日 (水)

"心のよりどころ"再建を目指して「双葉町」 @佐藤彩乃

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 

今回は、双葉町をとりあげました。

双葉町は、東日本大震災による原発事故の影響で、

現在も、町内の全域が帰還困難区域になっています。

 

そんな中、震災で大きな被害を受けた町内にある「初発神社」を後世に残そうと、

再建に向けた活動が進められています。

初発神社・氏子総代の栗田 正さんと、電話をつないで、話を伺いました。

 

栗田さんの語り口は、まさに「THE ふくしまのおじいちゃん」!

こでらーさんからも「聴いていてほっとする声だった」との感想が寄せられました。

 

そのあたたかな声とはうらはらに、

やはり、震災・原発事故で、相当なご苦労を強いられた栗田さん。

ご自身も、避難先で生活しながら、月に2回ほど、双葉に戻る生活を続けています。

 

栗田さんによると、初発神社は、大きな揺れで、本殿が右側に傾いたため、

ワイヤーロープでつなぎとめる応急処置を施していたそうです。

 

さらに、避難指示が出ていたため、長い間手付かずに。

社殿の内部が雨風にさらされたり、石碑がひっくりかえったりと、

再建への道は遠いと思われていました。

 

しかし、栗田さんや神社の総代、

地元の役員の皆さんが「やはり、地域の心のよりどころを再建したい!」と、

クラウドファンディングにも挑戦。

 

地域の方々の気持ちが集まり、ことし5月に着工、11月に完成予定となりました。

栗田さんは「来年春には、双葉町の一部の地域で避難指示解除が予定されている。

双葉に戻れるようになったときを考えて、頑張っていきたい」と話していました。

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」は、この市町村の話題です。

s-IMG_3083.jpg

『川俣町』です!

次回の放送予定は、大相撲中継をはさんで、24日(火)です。お楽しみに!

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:12:14 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年09月04日 (水)

そのパワフルな歌声はどこから...!?「annaさん」 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

火曜パーソナリティは、RAGFAIRの引地洋輔さんです。

 

今回の『ふくしまSONGS』は、

二本松市出身のシンガーソングライター、annaさんをスタジオにお迎えしました。

 

小さいころから、歌うことが大好きだったannaさんは、

高校時代、R&Bやソウルミュージックと出会ったことをきっかけに、

歌に本格的に興味を持つように。

高校卒業後は、専門家から指導を受けながら、県内のクラブやディスコで、歌うようになりました。

 

Annaさんのオリジナル曲「HIKARI」を聴いた引地さんは…

「いい意味でのギャップがあります!とてもかわいらしい印象なのに、歌声がとても力強い!」

 

これまで福島での活動を続けてきたannaさんは、この春、一念発起。

福島に加えて、東京での活動をスタートさせました。

 

「東京って、なんだか怖いイメージがあったけれど、

あたたかい人もたくさんいるんだなと思った!」とはにかみながら、

annaさんは、これからの目標を力強く語ってくれました。

 

「東京と福島を行き来している私だからこそできる、

福島の歌を作って歌えるシンガーになりたいです。

福島の人に“東京で頑張っているよ!”って伝えることも大事だけど、

今のリアルな福島を歌わなきゃいけない、と思っています。

東京と福島の架け橋のような存在になりたい」とannaさん。

 

パワフルな歌声とキラキラとした笑顔で、

福島のファンをたくさん増やしてほしい!と心から思いました。応援しています!

 

☆Today’s Music☆

1曲目 ワインレッドの心/ケニー・ジェームズ・トリオ

2曲目 Together/MONKEY MAJIK

3曲目 夏の終り/オフコース

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:12:09 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲