2019年8月28日

2019年08月28日 (水)

この夏を振り返ろう! @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

このところの朝晩は「グググン」と涼しくなりました。

ずいぶん過ごしやすくなりましたね♪

ゆく夏を惜しみながら、くる秋を楽しみに過ごしています。みなさんは、どうですか?

 

さて、今週のメッセージテーマは「この夏どうだった?」。

私は、率直に「よくぞこの暑さに耐えた!」と、自分をほめてあげたいくらい。

そして、過ごしやすくなった頃に、夏の疲れを自覚するんですよね。…それが、いま。

どうぞ、みなさんもお気をつけください!

 

では、きょうの番組の振り返りです。

前半の「ふくしまクエスト」ではスタジオに、

福島県司法書士会の副会長、伊藤栄紀さんを迎えて

「相続や終活の相談は、司法書士へ!」という話。

 

お盆で家族が顔を合わせた際に、家の問題に気づいた人も多いのでは?

s-IMG_3065.jpg

伊藤さん

「司法書士は、国家資格。不動産や会社の登記など、本人の代理人として手続きをします。」

 

弁護士による無料相談会と司法書士による無料相談会、どう違うの?とか、

県内では司法書士にどんな相談が多いの?などといった質問にも、

具体的な事例を示しつつ、わかりやすく答えてもらいました。

 

司法書士の無料相談会では、土地の相続や遺言書に関する相談が多いそうです。

また、実際に相談する場合に用意しておくと、相談が速やかにできる書類についても、

教えてもらいましたよ。

 

福島県司法書士会の無料相談会、基本的には、県内で、毎月行われています。

詳しいことは、福島県司法書士会のホームページにあります。

また、相談予約の電話番号は、0120-81-5539です。

 

伊藤さん、「かかりつけのお医者さんがいて、具合が悪くなったら病院に行くように、

相続などで何かあったら司法書士に相談!という存在になれたらと思っています。

相続や遺言の手続きに関してご心配ごとがあれば、どうぞご相談ください。」とのこと。

伊藤さん、司法書士を身近に感じるお話、ありがとうございました。

 

番組後半は、福島の魅力を「観光情報」としてお届けする「こでらんに観光」。

番組独自にピックアップして、

「はま・なか・あいづ」それぞれの地域で、この季節に行われるイベントを紹介しました!

 

【浜通り】「東京五輪音頭-2020-を踊ろう!(Jヴィレッジ)」※9月6日(金)開催

【中通り】「川俣シャモまつりin川俣」※8月31日(土)・9月1日(日)の2日間開催

【会津】「2019たかさと棚田ウォーク秋(喜多方市)」※9月15日(日)開催

 

たかさと棚田ウォークは、実行委員会の遠藤裕二さんと電話をつないで、

イベントの魅力を詳しく教えてもらいました♪

遠藤さん、お忙しいところありがとうございました。

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

あすも、みなさんからのメッセージをお待ちしています♪

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当ですが…。あ!!!!!!!!!

写真をとり忘れていましました、きょうも…(汗)

あ~、落ち込む…(涙)

 

【きょうの音楽】

1曲目 WINDING ROAD / 綾香・コブクロ

2曲目 Listen / One OK Rock featuring Avril Lavigne

3曲目 打上花火 / DAOKO×米津玄師

4曲目 Moves Like Jagger / Maroon5 feat. Christina Aguilera

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:22:13 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年08月28日 (水)

気分はオリンピック選手!?「二本松市」

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。今回は、二本松市をとりあげました。

 

今回は、二本松市で、2020年の東京オリンピック正式種目になっているスポーツが体験できる!という話題をお届けしました。

 

その場所は「スカイピアあだたらアクティブパーク」です。

オリンピック種目のクライミング・スケートボードに加えて、スラックラインを楽しむことができます。3つの種目が同時に楽しめるのは、県内初だそうです。

 

(引地さん:「クライミング、したことある!もう、背中の筋肉痛がひどくて!笑」)

 

これら3種目の競技に共通するのは「バランス感覚が大切」だということ。特に子どもたちのバランス感覚が鍛えられるのはもちろん、できなくて悔しいと思うこと、成功させるにはどうしたらいい考える力、集中力も養えるスポーツだそうです。

 

施設の職員、佐藤奈美さんは「一度自分で競技を体験してみれば、オリンピックも身近に感じられると思います。初めての方でも、スタッフがしっかりサポートしますので安心してください」と話していました。

 

 

「スカイピアあだたらアクティブパーク」

○営業時間:平日午後1時から午後9時まで

      :土日は午前11時から午後7時まで(水曜定休)

○問い合わせ:0243(24)5066

 

 

◆ ◆ ◆

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」では、この市町村の話題です。

 

s-IMG_3063.jpg

 

『双葉町』です!ついに!中通りを抜けて浜通りに…!やったー!

(引地さん:「左手で引いた成果が出たぞ…!」)

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:13:46 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年08月28日 (水)

三谷リポーター初登場!「校歌のヒミツ」

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

火曜パーソナリティーは、RAG FAIRの引地洋輔さんです。

 

今回の『ふくしまSONGS』は、いつもと雰囲気がちょっと違う中でお届けしました。なぜかというと…?

 

s-IMG_3058.jpg

 

ニュース『はまなかあいづTODAY』の三谷咲都美リポーターが、スタジオに初登場!県内の2つの中学校の「校歌の秘密」について報告してくれました。

 

2つの中学校とは、伊達市立松陽中学校と桃陵中学校。どちらも、福島が誇る作曲家、古関裕而さんの作曲です。

 

なんと、この2つの学校の校歌は、歌詞もメロディーも全く同じ。

違っているのは、最後のほうで学校の名前を歌うところだけです。

 

その背景は、昭和62年、当時の保原中学校(現在の松陽中学校)の生徒数の増加によって新たに作られた桃陵中学校に、校歌が引き継がれたことにあります。

 

(引地さん:「ただ、新しく学校を作るとしたら、校歌も新しいものを作りそうだけど…?」)

 

そうですよね。しかし、新しく作られた桃陵中の生徒たちが「今まで歌ってきた歌を歌いたい」と熱望。生徒たちの声が形になって、いまも脈々と受け継がれています。

 

(引地さん:「子どもたちの熱意もすごいし、その声を形にした周りの大人たちもすばらしい!」)

 

あなたの学校の校歌にも、知られざる歴史があるかもしれません。私も、通っていた学校の校歌を改めて振り返ってみたくなりました。

 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 大きくなったら/FLYING KIDS

2曲目 Dreams/大橋トリオ

3曲目 夏の終り/矢沢永吉

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:13:33 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲