2019年7月

2019年07月31日 (水)

暑さのせいです・・・ @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

みなさん、いかがお過ごしですか?

 

丹野は最近、夕方近くなると眠気を強く感じます。

暑さのせいで、自分でも気づかぬうちに、体力を奪われているのかも知れません。

こでらーのみなさんも、

熱中症対策・夏バテ対策などしながら、健やかに過ごしてくださいね!

 

さて、きょうの番組前半は、「ふくしまクエスト」。

来年の今ごろは、東京オリンピック期間中!

(福島市でのソフトボール・野球競技は、きっと大成功で終わっている頃です。)

 

オリンピック観戦が終わってから、

福島県内各地で観光を楽しむ外国人観光客も多いことでしょう!

 

1年前のいまだからこそ、このテーマ

「日本の常識 世界の常識~外国人を迎える心構え~」を取り上げました。

 

スタジオゲストは、福島県国際交流協会の幕田順子さん。

小学校や地域の公民館などで行う「国際理解の出張講座」で、

講師をつとめることもあるそうです。

s-IMG_3010.jpg

※写真(左) 幕田さん

 

外国からのお客さんを迎えるにあたって、大切なことは?の質問に、

『世界には、多様な文化・さまざまな人々がいます。

そして“違って当たり前、違って当然”ということを分かった上で、

自分と違う人に出会った時、相手を理解しようとすることが大事』と、幕田さん。

 

日本と世界の文化の違いについて知る・気づくための具体例を挙げてもらいながら、

“違って当たり前、違って当然”の感覚を、少しだけ体感することができました。

(理屈では分かっていても、実際その場面で、

相手を理解しようという行動ができるか、少し不安・・・)

 

幕田さん、

『まずは、“こんにちは”から始めてみて、

お互いに違いに驚いて・違いに気づいて・違うと思い合う。

そこから、心の交流が始まるのでは?

一方的にどちらかが譲歩するのではなく、お互いに交流することができれば、

最高の“おもてなし”になるのではと思います。』と、締めくくっていました。

 

幕田さん、あまり難しく考えないで、まず“こんにちは!”から始めてみます♪

出演、ありがとうございました!

 

後半は、いろいろな温泉が楽しめる県内を、ラジオで巡る「こでらんに温泉」。

奥会津の玄関口「柳津町の温泉」を取り上げました。

やないづ振興公社の杉原啓輔さんと電話をつないで、

町の温泉の魅力や楽しみ方を伺いました。

 

柳津町に2つある温泉(柳津温泉・西山温泉)を、お得に楽しめる手形があったり、

温泉の浴室の中に神社があるお宿、「歩行浴」ができる浴槽がある施設、

アットホームだからこそ

“毎日”清掃・源泉100パーセントのお湯をかけ流しする温泉があったり・・・、

むむむ、柳津の温泉は奥が深そう!!!

 

来月10日(土)には、

今回で第82回の「霊(みたま)まつり流灯花火大会」も予定されているので、

ぜひ温泉と一緒に楽しんでね♪と、杉原さん。

 

杉原さんの語り口から、町への愛情を感じられる放送になりました。

忙しいところ、電話インタビューにこたえていただきました。

杉原さん、ありがとうございました!

 

紹介した「柳津町の温泉」について詳しいことは、

柳津温泉「つきみが丘町民センター」電話 0241-42-2302 に問い合わせを!

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

今週は「夏のレジャー 海派?山派?」、みなさんからのメッセージをお待ちしています♪

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※シリーズ化、で~す~よ~ね~?)

きょうのお題は「夏のスタミナ丼~野菜たっぷり編~」。

s-DSC_0858.jpg

※野菜ナムル・やみつきになる味付けのキノコ・たまごのトッピング・みそ汁

 

【きょうの音楽】

1曲目 I'm So Hot -Japanese ver.- / Momoland

2曲目 この素晴らしき世界 / ルイ・アームストロング 

3曲目 晴れたらいいね / DREAMS COME TRUE

4曲目 LIFE / キマグレン

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:20:28 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月30日 (火)

名付けて"引地みそ"実現なるか...!?「本宮市」 @佐藤彩乃

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

今週は、本宮市を紹介しました。

 

多くの川が流れていることから「みずいろの町」と呼ばれている本宮市。

豊富な水を利用して育てられる農作物を活かした、加工品作りがさかんです。

 

本宮市白沢地区の直売所「産直さわちゃん」では、

地元の特産品を作ろうと「加工みそ」を販売しています。

実際に加工みそ作りをしている、加藤和子さんに電話で話を聞きました。

 

地元・本宮市のみそ屋さんのみそをベースにして、

地元の食材を練り込んで作っています。

「にんにくみそ」「ゆずみそ」「ふきのとうみそ」「とうがらしみそ」など、

バリエーションが豊富!季節によって、作るみそが変わります。

 

(引地さん:「これはすごい種類が豊富!

これ、例えばみょうがとかしょうがを加えたら…?」)

(加藤さん;「いいですね!作ってみましょう!」)

 

引地さんの望む「さっぱり系のみそ」…。

ああ、焼きおにぎりに塗って、きゅうりにつけて、食べたいものだなあ…

はたして、引地さんのアイデアは採用されるでしょうか?(笑)

 

これからの時期は、大葉を使ったみそも作り始めるとのこと。

詳しいことは「産直さわちゃん」0243-44-4477 までどうぞ。

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」では、この市町村をとりあげます。

s-IMG_3005.jpg 

『白河市』です!またまた中通り連続記録更新!!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:07 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月30日 (火)

沖縄と福島を結ぶ歌声『普天間かおりさん』 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

火曜日の曜日パーソナリティは、RAGFAIRの引地洋輔さんです。

 

きょうの「ふくしまSONGS」では、

沖縄県出身のシンガーソングライター、普天間かおりさんに電話で話を聞きました。

 

もともと、沖縄県内でのショーやイベントなどで歌を披露していた普天間さんは、

2002年にメジャーデビュー。

リリースしたアルバムが福島県のラジオ放送局のスタッフの目に留まり、

番組に出演したことから、福島との縁ができました。

 

普天間さんの「あっはっはっは!!」という明るい笑い声を聞くと、

こちらも元気になります。

 

普天間さんは、3.11の揺れを、福島でのラジオの生放送中に経験しています。

その経験を受けて制作した曲が『Smile Again』です。

 

普天間さんは「当時、私は歌っていてもよいのだろうか?と迷いがありました。

でも、あのときのあの気持ちを忘れてはいけない、と心に留めておきたかったのです。

がんばっている人でも、がんばれないくらい辛いことを経験することもあると思います。

そんなとき『遠くから近くから、見守っているよ』ということだけでも伝えたくて、

夢中で作りました」と、制作当時の状況を話してくれました。

 

これからも、復興への道のりに寄り添い、福島での音楽活動を続けていくという普天間さん。

沖縄が生んだ透明感ある歌声で、これからも福島とつながり続けていってほしいと思います。

 

☆Today’s Music☆

1曲目 SUMMER’S/堀井勝美プロジェクト

2曲目 カゲボウシ/ポルノグラフィティ

3曲目 会いにゆこう/引地洋輔

 

<「ふくしまSONGS」>

曲① 守りたいもの / 普天間かおり

曲② Smile Again / 普天間かおり

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月29日 (月)

夏野菜の王様「○○○○」、いっただきまーす! @佐藤彩乃

 

こでらーの皆さん、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

今回の『んめぇ~なふくしま』で紹介したのは、旬の夏野菜「いんげん」でした。

私がふだん見ているいんげんより、ずっと長くて立派です。

15センチを超えるものもあります。

s-IMG_2975.jpg

いんげんについて教えてくれたのは、

JA会津よつば女性部・新鶴支部長の武藤栄子さん。

笑顔が似合う、とっても元気な女性です!(緑色のエプロンをつけて登場♪)

s-IMG_3000.jpg

ここで、武藤さんの“豆”知識!

いんげんは、年に3回、収穫できることから、

別名「三度豆」とも言われるそう(初めて知りました!)。

 

さらに、若いいんげんをさやごと食べる「さやいんげん」は緑黄色野菜で、

熟した実だけを食べる「いんげん豆」は、豆類に分類されることも教えてくれました。

食べる時期で違う野菜になるのです。おもしろいですね。

 

いんげんには

「いちず」「ステイヤー」「ビックリジャンボ」など、さまざまな品種がありますが、

今回は「鴨川いんげん」を使った料理を紹介してもらいました。

s-IMG_2980.jpg

(左:いんげんの素揚げ 右:いんげんの甘辛いため)

 

【いんげんの素揚げ】(4人分)

●鴨川いんげん…160グラム ●こめ油…適量

●しょうが…ひとかけ     ●たまねぎ…1個

(調味料)

●塩・こしょう・めんつゆ…適量

 

~作り方~

①いんげんのへたと先を切り落とす。

②こめ油で揚げる。

③油を切って皿に盛り、たまねぎとしょうがをすりおろしてできあがり。

★しょうがの代わりに、にんにくのすりおろしをかけても◎!おつまみにも!

 

【いんげんの甘辛いため】(4人分)

●鴨川いんげん…350グラム ●ごま油…大さじ4

●みそ…大さじ2       ●砂糖…大さじ2

(調味料)

●トウバンジャン…小さじ2 ●かつおだし…小さじ2 ●白ごま …大さじ1

 

~作り方~

①いんげんは、両はじを少し切り落とし、ひとくち大に切る

②フライパンにごま油をひき、いんげんを炒める。

③少ししんなりしたら、みそ・かつおだし・トウバンジャン・砂糖・白ごまで味付けする。

みそがなじんだら、完成!

 

今回の料理は、こめ油とごま油の香りがたまらない…!

暑くてちょっぴり落ちがちな食欲も、これを食べれば元気になれそうです。

 

なんと今回は、ぺんナツのふたりが、調理のお手伝いをさせてもらいました!

(中村さん:「僕は、たまねぎとしょうがを一生懸命すりおろしました!」)

(いなのさん:「僕は、みんなのことを見守ってました!」)

 

実際に調理した中村さんによると、難易度は、5段階のうち「0.5くらい!」とのこと。

5分あればできるカンタン料理です。

いなのさんも、そしてこでらーの皆さんも、挑戦してみてくださいね。

 

◆ ◆ ◆

 

今週のメッセージテーマは「夏のレジャー 海派?山派?」です。

寄せていただいたメッセージ、きょう時点では「海派」が優勢です。

あなたはどちら派ですか?たくさんのメッセージ、お待ちしています。

 

☆Today’s Music☆

・Top of the World / Carpenters

・ セロリ / 山崎まさよし

・鳥のように / 大橋トリオ

・うれしい知らせ / 栗コーダーカルテット

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:12 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月28日 (日)

ハア~イヨ~今年ゃ豊年だよ♪@佐藤彩乃

 

こでらーの皆さん、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお送りした金曜日。

県内の部活動やサークル活動を取り上げるコーナー「こでらー部」では、相馬市で活動している「相馬民謡同好会」を紹介しました。

 

「相馬民謡同好会」は、昭和21年に活動を始めた団体で、70年以上の歴史があります。「相馬盆唄」「相馬流れ山」「新相馬節」…題名に“相馬”と入っている唄が多くありますね。

 

白鳥さん:「♪ハア~イヨ~ 今年ゃ豊年だよ」っていうのは、なんの唄??

 

おお白鳥さん、見事な歌声!!電話で話を聞いた事務局長の鈴木一弘さんと「それは、相馬盆唄ですよ~笑」と、答え合わせする場面もありました。

 

鈴木さんたちは、自身が民謡を歌い継ぐだけではなく、次の世代に伝えようと活動しています。同好会のみなさんが小中学生に歌い方を指導する「子ども民謡教室」から、各地で開催されている民謡大会で優勝を飾るメンバーも出たそう!お見事です。

 

鈴木さんは、正直、子どもたちは相馬にどんな民謡があるのかよくわかっていないところもある。ただ「相馬流れ山」を聞かせると、子どもたちはちゃんと“野馬追”のことが想像できる!相馬の遺伝子が、体にきちんと入っているんですと語っていました。

 

白鳥さん:「これはすごい!一度子どもたちの歌声、聞いてみたいな~!」

 

民謡に興味がある!という方、詳しいことはこちらまでどうぞ。

「相馬民謡同好会」:事務局 090-2020-0885

 

◆ ◆ ◆

 

今週のメッセージテーマは「夏のレジャー、海派?山派?」です。

 

s-IMG_2973.jpg

 

もし、まとまった休みがとれたら、海、山、どちらに出かけて何をしたいですか?その理由もあわせて教えてくださいね。お待ちしています。

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 これが私の生きる道/PUFFY

 2曲目 Missサマータイム/平井堅

 3曲目 大地のシンフォニー/エレファントカシマシ

 4曲目 想い出のサマー・ブリーズ/シールズ&クロフツ

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:17:19 | カテゴリ:これまでの放送 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月26日 (金)

「開沼さん、この夏やりたいことは?」『○○○!』(ええーっ!?)@佐藤彩乃

 

こでらーの皆さん、こんばんは!佐藤彩乃です。

木曜日の放送は、社会学者の開沼 博さんと一緒にお届けしています。

 

今週のメッセージテーマは「この夏やりたいこと」。

開沼さんにこの夏やりたいことを聞くと…?

 

開沼さん:「マグロを釣りたいと思っています!」

佐藤:  「…?…えぇーっ!?」

 

マグロって個人で釣れるんですか!?大間のマグロ漁を思い浮かべると、ひとりでは太刀打ちできない気が…!

開沼さん:「関東で、船に乗って行くと30キロくらいのマグロが釣れるんですよ。2mちょいくらいの」。

 

へぇー!初めて知りました!びっくりです。もし釣れたら、自分でさばいて冷凍し、こでらんにのスタジオに持ってきてもらうことを、放送中に約束しました!証人は、きょうの放送を聴いていたこでらーさん…そう、そこのあなたです。(笑)そのときは、私は喜んでご飯を炊いて、すし酢を用意して待っています!あと、大葉と、しょうゆと、わさびと…(気が早い)

 

* * *

 

さて、金曜日は、お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けする「こでらー大喜利」もあります。

 

お題は・・・「こんなスタンプラリーはいやだ!」気になる開沼さんのお答えは…?

 

「だいたいスタンプインクが切れているから、みんな口で“はぁー”ってやってハンコを押している」(あるある by佐藤)

 

s-IMG_2969.jpg

 

(佐藤:「うまく押せない…」 開沼さん:「こうやって押せば…っと」)

 

作品の投稿は【26日(金)の正午まで】!

作品募集は、まだまだ受け付けています。応募は、1人5作品までです。お待ちしています。

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 エンドレス・サマー/NEWS

2曲目 ひまわり/葉加瀬太郎

3曲目 夏のペダル/吉田山田

4曲目 ココモ/ビーチ・ボーイズ

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:44 | カテゴリ:これまでの放送 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月25日 (木)

急な天候の変化にご注意ください @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

大相撲明け、久しぶりの水曜日の放送でした。

こでらーのみなさんは、お変わりないですか?

いつものみなさんから、番組中、次々にメッセージが届き、嬉しかったですよ♪

(もちろん、これまで番組宛にメールやFAXを送ったことのないという方からの

初メッセージも、お待ちしています 笑)

 

きょうの番組前半は、「ふくしまクエスト」。

今月28日が、「世界肝炎デー・日本肝炎デー」なので、「肝炎」について取り上げました。

 

適切なタイミングで治療しないと、自覚症状がないまま「肝硬変や肝がん」などの重い病気につながるそうです。逆をいえば、きちんと検査を受けて感染に早く気づけば、治療ができるということ!

B型・C型肝炎ウイルスの検査は、お近くの保健所や県が委託する病院で「無料」で受けることができます。また、職場や市町村の健診でも受けられることがあるそうです。気になる方は、お近くの保健所や保険証の交付元に問い合わせてくださいね。

 

 

後半は、映画や本の人気ランキングをご紹介するコーナー「こでランク」。

きょうは、福島市内にある書店の店長、本の達人・金子瑛未さんをお迎えして、

「夏休み特別企画」!達人おススメの「この夏読むべき5冊」、言うなれば「こでらんに5の課題図書」を発表しました。

s-IMG_2968.jpg

※(写真左)金子さん

「絵本、児童文庫、文学作品、現代小説からと、ジャンル別で選びました。大人はもちろん、お子さんにも、中高生や大人になったら読んで欲しい5作品を選びましたよ♪」とのこと。

 

コーナーのまとめで達人に、『読書は一年中出来るけれども、夏の読書と聞いて思うことは?』と質問しました。

すると達人『本自体が、思い出になると思うので、思い出作りの感覚で読書をして欲しいですね♪』とのお答え。確かに!

 

“夏は思い出作り”“夏の思い出”“思い出のために、夏はどこかに行かないと!”なんてよく聞きますけれど、自宅でも近場でもいつでもどこでも“夏の思い出は作れる!”。

(※あくまでも、「こでらんに5W」の独自の見解です 笑)

 

きょうの隊員日誌、報告はここまで~!

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

 

今週は、「この夏やりたいこと」がテーマ、みなさんからのメッセージを番組宛にお寄せください!「もうやりましたよ♪」というご報告も、お待ちしていま~す。

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※シリーズ化、していた?)

きょうのお題は「あっさり焼きうどん」。

190225.jpg

※のりたっぷりトッピングの焼きうどんです

 

【きょうの音楽】

1曲目 Summer Song/ YUI

2曲目 波乗りジョニー / 桑田 佳祐

3曲目 All By Myself(インストゥルメンタル)

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:10:54 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月24日 (水)

滝桜だけじゃないぞ!「三春町」@佐藤彩乃

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。今週は、三春町を紹介しました。

 

(引地さん:「三春といえば、滝桜!三春駒!」)

 

そうですよね。しかし、三春の魅力は春だけでなく、いまの時期にもあふれているのです。今回は、花や緑を楽しむことができる公園「ファームパークいわえ」で、田んぼに巨大な絵を描く「田んぼアート」が見ごろを迎えているという話題をお届けしました。

 

公園内には、およそ2000平米の田んぼがあり、今年の5月下旬に田植えをして、ちょうど今の時期が見ごろです。田んぼの正面にちょっとした丘があって、高台から田んぼを見おろすととってもきれい!

 

s-D-x7EzIUcAA-1gO.jpg

 

三春町のキャラクター「愛姫(めごひめ)」が躍動的に踊っている姿を描いた「おどる愛姫」の絵です。

 

ファームパークいわえ運営委員会の委員長・影山幸一さんによると、ことしは、白・茶色など、6種類の苗を分けて図柄を作っています。

 

毎年、地元の小学5年生が田植えを手伝っているということですが、ことしは田植えの日に雨がふり中止に…。

しかし、子どもたちが「どうしても田植えがしたい!!」と校長先生にお願いし、まさかの実現!バスで行く予定を変更して、歩いて田んぼまでやって来て田植えを手伝ったというから驚きです。地元の方、みんなに愛されているのですね。

 

この田んぼアートは、7月・8月がいちばんの見頃で、9月中旬ごろまで楽しめます。

お問い合わせは、「ファームパークいわえ運営委員会」024-956-2436までどうぞ。

 

◆ ◆ ◆

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」では、この市町村をとりあげます。

 

s-IMG_2961.jpg

 

『本宮市』です!中通り連続記録更新!!

(引地さん:「あれ、おかしいな…中通り以外の市町村を引く予定が…!」)

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:14:23 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月24日 (水)

この夏、子どもたちとクラシック体験を♪@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

火曜日は、パーソナリティーはRAG FAIRの引地洋輔さんです。

 

きょうの「ふくしまSONGS」では、福島出身でチェコ在住のピアニスト、朝比奈智子さんをスタジオにお迎えしました。

20年ほど前にヨーロッパへ渡った朝比奈さんは、現在、チェコの芸術大学で室内楽の講師をしながら演奏活動をしています。今回は、今度の日曜日(28日)に迫った福島でのコンサートのために帰省されました。

 

s-IMG_2960.jpg

 

朝比奈さんは、福島出身の音楽家が集まって結成された楽団「Musicians from Fukushima」の発起メンバーのひとりでもあります。

 

楽団は朝比奈さんのピアノに加えて、バイオリン、チェロ、打楽器など、様々な楽器で構成されていますが、そのメンバーの多くは福島にゆかりがあります。

福島を離れて改めて福島の魅力に触れ、大好きな地元・福島のために感謝の気持ちを伝えよう!という思いが結成のきっかけになったそうです。現在は、子どもたちのためのコンサートを年に1回のペースで福島で開いています。

 

朝比奈さんは福島のよさを「山が身近にあるところ。いま住んでいるチェコには高い山がそれほどないので、信夫山をはじめ四方を山に囲まれた福島の景色を見ると、ほっとする」と話していました。

 

今回のコンサートの第1部は「ちいさなこどもたちのための“はじめましてクラシック”」と題して、0歳から入場OK、おしゃべりや出入りも自由です。プロの演奏を、お子さんと一緒に楽しめるのはうれしいですね♪

 

「ワンコイン・コンサート」

7月28日(日)福島市の「こむこむ」わいわいホールにて

・第1部は午前11時開演

・第2部は午後2時開演

 

夏休みに入った子どもたちといっしょに、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

☆Today’s Music☆

1曲目 Return to Myself~しない、しない、ナツ。/浜田麻里

2曲目 夏はこれからだ~秦基博 全編メインバージョン/福耳

3曲目 スカーズ・トゥ・ユア・ビューティフル/アレッシア・カーラ

<「ふくしまSONGS」>

曲① テクノエチュード / 朝比奈智子

曲② もこもこ雲のテラドラゴン / Musicians from Fukushima

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:14:16 | カテゴリ:これまでの放送 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月23日 (火)

夏を乗り切るための「食」&「虫さされ対策」@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、ご無沙汰しておりました。佐藤彩乃です。

大相撲中継明け、きょうからまた、こでらんに5の放送再開です。

 

まずは、パワーは“食”からチャージしましょう!ということで、番組前半のコーナー『んめぇな~ふくしま』では、夏野菜でおなじみのトマトをご紹介しました。

 

s-IMG_2939.jpg

 

きょうは、JA夢みなみ いしかわ地区あぶくま石川女性部・部長の小林典子さんに、電話でお話を聞きました。

 

JA夢みなみ いしかわ地区は平場地区を中心に大玉トマトの栽培が盛んです。

6月上旬からの玉川地区を皮切りに出荷が開始され、浅川地区、石川地区、そして平田地区と続きます。出荷は10月下旬まで。長い期間楽しめるのですね。

なかでも古殿地区はミニトマトの出荷が盛んな地域で、15人の生産者が、愛情こめて育てています。

 

小林さんはイチ押しのトマト料理として、

トマトとたまねぎのさっぱり甘酢漬け」と

「カラフルトマトの甘酢漬け」を提案してくれました。

 

s-IMG_2948.jpg

 

<トマトとたまねぎのさっぱり甘酢漬け」(4人分)>

●トマト:中4個  ●たまねぎ:中1個

(調味料として) ●砂糖:70g  ●酢:100ml  ●塩こしょう:少々

 

~作り方~

①トマトは十字に切れ目を入れ、熱湯に2分くらい浸したら、すぐに取り出す。

冷水に入れ、皮をむき、へたを取る。

②玉ねぎは薄く輪切りにスライスする。

③ボウルに調味料を入れ混ぜる。

④ボウルに①②③を入れ、さっくりと混ぜ、冷蔵庫で1時間くらい冷やしたら、

器に盛って出来上がり。

 

<カラフルトマトの甘酢漬け」(4人分)>

●ミニトマト:300g  ●すし酢:50ml

●水 もしくは 湯冷まし:100ml  ●黒こしょう:適量

 

~作り方~

①ミニトマトのへたを取り、大きさによって半分か4分の1に切る。

②すし酢と水または湯冷ましを混ぜて、①のトマトを入れ、冷蔵庫で数時間冷やす。

③器に盛って、黒こしょうをかけて完成。

 

おいしいトマトは、石川町のJA夢みなみ直売所「ファーマーズマーケット安心館」などで購入することができます。

 

◆ ◆ ◆

 

番組後半の「ぺんナツのサバイバル塾」では、夏の虫対策をテーマにお送りしました。

なかでも、これからのレジャーシーズンに気をつけたい虫として「ヌカカ」をとりあげました。

 

米ぬかほどの小ささが名前の由来というこの虫。その小ささからは想像できないほど、刺されたときが大変です。ヌカカの中には、人や動物から吸血する種類もいて、刺されると炎症を起こし、激しいかゆみを感じます。腫れとかゆみは数日続くこともあり、蚊に刺されたときより重い症状がでる人が多くいます。

 190722.jpg

トクナガクロヌカカ 体長1.5mm  写真提供:フマキラー株式会社

 

ヌカカの幼虫は湿地帯や水田などの土中に生息しています。海岸付近の塩分を含んだ土の中から発生する種類もあり、海岸地域では被害が大きくなっています。

 

例えば、湖の近くや川で釣りをしているとき、また、早朝に散歩などをしているときなどに刺されるという被害も報告されているとのことです。

 

では対策はどうしたらよいのでしょう。以下注意点です、みなさん気をつけてください

 

①     長袖や長ズボンを着て肌を露出しないこと(一番大切な対策です!)

②     ヌカカは早朝に活発に活動するので、なるべく早朝にはヌカカの発生する場所=草むらなどに近寄らないということ。

 

レジャーを楽しい思い出にするためにも、万全の対策をして出かけたいですね。

 

◆ ◆ ◆

…ということできょうは、これから本格的に訪れる夏を楽しく乗り切るヒントをお届けしました。

今週のメッセージテーマも「この夏やりたいこと」で募集しています。ぜひ、あなたの計画を番組までお寄せくださいね。

 

夏の風物詩、すいか割り…?なのかな

s-IMG_2955.jpg

 

☆Today’s Music☆

 ・夏のお嬢さん / 榊原郁恵

 ・Life is Beautiful / 平井 大

・真夏の夜の夢 / 松任谷由実

・The Lazy Song  /  Bruno Mars

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:09:37 | カテゴリ:これまでの放送 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月06日 (土)

からまれたくないなら、○○すべし!? @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお届けしている金曜日。

こでらーのみなさんのお悩みを、

白鳥さんにやさし~く!解決してもらう『解決!久美子の部屋』では、

「変わった人に、よくからまれる」という20代・男性のお悩みを紹介しました。

 

~お悩み~

最近、お酒を飲みにいったときに、変な人にからまれるのが悩みです。

60歳くらいのおじいちゃんなのですが、ムキムキですごく酔っ払っていて、

いきなりラップをしゃべり始めるような、よく分からない人でした。

白鳥さん、変な人にからまれたときの対処法を教えてください!

 

取材したスタッフの情報によりますと、

この男性がお酒を飲みにいくのは、週に3日くらい。

そのうち、週2日くらいのペースで、変わった人に出会ってしまうそうです。

 

そんな男性の声に、白鳥さんは、いったいどんな解決策を示すのか…!?

(うーん…これは手ごわい…)

 

白鳥さん:

「20代で週に3回飲みに行くって、結構行っているほうだと思うのよね~。

もしかしたら、そのおじいちゃんは、店に、若い人がいるのがうれしくて、

テンション上がっているのでは!?“俺も若者文化を知っているぞ!”と、

共通点を見つけたくて、ラップを披露しているんじゃないかな?(笑)」

 

なるほど…たしかに、共通点を見つけることで、

話って盛り上がること、ありますからね。

 

さらに、白鳥さんはつづけて…「磁場っていうか、

ユニークな人が集まる店ってあるのよね。

本当に面倒くさかったら、店を変えるのが一番だけど…」

 

そこで、白鳥さんのお友達が実践しているという、秘伝の技を教えてくれました。

 

「どんな状況であっても「ぁかんぱ~い!」と言うことで、

会が振り出しに戻る!ゼロに戻す!それも手だと思います!

困ったときは「おじさん、ラップ紹介してくれてありがとー!

ぁかんぱ~い!」でリセット!」

 

きょうの結論。「からまれたら“ぁかんぱ~い!”でリセットせよ。

それでもダメなら店を変えろ」

お悩み、解決したでしょうか。実践してみてくださいね…(笑)

 

* * *

 

そして、次回のメッセージテーマは「この夏やりたいこと」です。

s-IMG_2931.jpg

白鳥さん:「なにかでっかいものを釣る!」佐藤:「県内の海水浴場で泳ぐ!」

 

今週も『こでらんに5』にお付き合いいただき、ありがとうございました。

来週・さ来週のこの時間は、大相撲名古屋場所の模様をお送りするため、

次回の放送は22日(月)の予定です。

2週間後、元気にお耳にかかりましょう♪

 

☆Today’s Music☆

1曲目 みんなのうた/サザンオールスターズ

2曲目 海の声/BEGIN

3曲目 When You Wish Upon A Star~星に願いを~/Hugh Lawson

4曲目 六等星の夜 マジック・ブルー・バージョン/Aimer

5曲目 透明な星座をつくる/ものんくる

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月05日 (金)

会津の魂、応援歌で響き渡る!『会津工業高校』 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

木曜日は、社会学者の開沼博さんと一緒にお届けしています。

 

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、

その学校の魅力や特色を、高校生自身の声と視点で紹介してもらう

「Go! Go!ハイスクール」。

 

きょうは、会津若松市にある会津工業高校を紹介しました。

会津工業高校は、明治35年に設立され、

ことしで117周年を迎える、歴史ある高校です。

 

生徒数は711人。

建築インテリア科・セラミック化学科・機械科・

電気科・情報技術科の5つの科があります。

 

電話で話を聞いた、生徒会会長で3年生の長谷川 真咲さんは、

建築インテリア科の生徒さん。

住環境や建築デザイン、建築の歴史など、

実習を交えて幅広い知識や技術を身につけているとのことです。

 

たとえば、設計図を作る「製図」の授業では、

建築物の設計デザインの技法や図面の書き方、

コンピュータを使った製図(CAD)などを勉強しています。

高校生でここまで本格的に勉強できるのは、すごいことですね!

 

長谷川さんが紹介してくれた会津工業高校の自慢は、「応援歌」です。

歌詞の中には「白虎の血潮、世々受け継ぎし会津魂」というフレーズが!

まさに、会津らしいキーワードですね。

 

長谷川さんは「白虎隊のイメージが重なり、

歌うたびに、かっこいいなと思っています」と、

歌声を披露してくれました!(お見事!)

 

こんなふうに、歌声をぱっと披露できるのは、

全校生徒が、厳しい応援歌練習を乗り越えているからこそなのです。

 

「応援団委員会」のメンバーから、声の大きさや歌う時の姿勢を確認され、

できていない人は残されて指導されるので、

緊張する応援歌練習は好きでなかったという長谷川さん。

 

しかし、今では「全校生徒で部活動の応援などをすると、迫力が出て、

全校生徒の気持ちが、選手に伝わるような気がします。

送り出す私たち自身も、心から『頑張ってほしい』という気持ちになれる」と、

明るい声で語ってくれました。

 

これからも歌声を響かせて、

学校、さらには地域をも元気づけていってほしいですね。

 

* * *

 

さて、あすは金曜日!

お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けする「こでらー大喜利」もあります。

 

お題は・・・「こんな海開きはいやだ!」気になる開沼さんのお答えは…?

 

「これから“海を開きますよ”っていうセレモニーをやっている奥のほうで、

もう我慢できずに、泳いじゃっている人がいる人がいっぱいいる」

(あと3分で終わるから我慢しなさい by 佐藤)

s-IMG_2929.jpg 

(佐藤:「海、開きますよー!」 開沼さん:「構わん、泳ぐぞ」)

 

作品の投稿は【あす(5日・金)の正午まで!】

作品募集は、まだまだ受け付けています。

応募は、1人5作品までです。お待ちしています。

 

今週のおたよりテーマ「七夕に願うこと」も、

みなさんからのおたよりをお待ちしています。

 

☆Today’s Music☆

1曲目 サークルゲーム/Galileo Galilei

2曲目 空に星があるように/高橋真梨子

3曲目 全力少年/スキマスイッチ

4曲目 アナザー・ラヴ・ソング/Ne-Yo

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月04日 (木)

この季節と言えば? @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

福島市は、ここ数日、日中の気温が高い日が続いていました。

引き続き、熱中症対策(水分補給・適切にエアコンを使う…など)を

しっかり、こまめに水分補給をしてくださいね!

 

昨夜、仕事帰りに通りかかった住宅街で、

「クチナシの花」の香りが漂ってきました・・・。

 

なんともいえない甘い香り。

実家の庭にもあったので、子どもの頃から大好きな香りです♪

みなさんの近くで、季節を感じる「香り」は、何でしょうか?

 

そういえば、こちらも、季節を感じる香ばしい香り!!

 

きょうの番組前半は、

いまの福島の気になる話題を徹底調査する「ふくしまクエスト」!

暑さが厳しくなるこの時期に、食べたくなる「うなぎ」の話題でした。

 

スタジオには、

「魚のことは任せてね!」という、福島市公設地方卸売市場の山下明彦さん。

s-IMG_2926.jpg

※(写真左)山下さん 

「七夕に願うことは・・・

今月中に、こでらーのみなさんがうなぎを食べてくれること♪」

うん、これぞ放送中に盛り上がった、“現実的な願い”のよい例(笑)

 

この季節にぴったりの栄養を含んでいるうなぎ。

毎年恒例(?)になりつつある、田中さんの食べ比べがあったり、

山下さんのおススメの食べ方ワンポイントがあったり~、盛り上がったうなぎの話。

s-IMG_2923.jpg

※田中さんが試食した『ミニうな丼』

 

お店で食べたり、蒲焼きになっているものを購入して、家で食べることが多いうなぎ。

『自分で用意するなら、ひと手間かけてマイうな丼

フライパンで軽く焼いて、酒蒸しに。身がふっくらします。

 ネギやサンショウ、わさびなどの薬味、

時には、オクラや山芋などのネバネバ系を合わせても♪』と、山下さん。

 

その他『ひつまぶし・手巻き寿司・

うまき・ニンニクの芽とうなぎの炒め物』なども、おススメだとか♪

(あ~、話を聞いているだけで、お腹が鳴りそう~)

 

バリエーション豊富なうなぎ。上手に食卓に取り入れたい。

山下さん、うなぎのお話、ありがとうございました!

次回は、どんな海産物が主役かな?次の登場も、楽しみにしています♪

 

s-IMG_2921.jpg

※あらら、私が準備で外している間に、

男同士の会話。どれどれ、耳を傾けてみましょう・・・

田中「やっぱりさ~、ことしの夏は山だよね(オレ、キャンプの達人!)」

山下さん「えっ!?そこは海でしょっ!」(福島の水産物、おいしいんだから 笑)

 

後半は、福島の魅力を観光情報としてお伝えする「こでらんに観光」。

きょうのテーマは「アウトドアを楽しもう♪海派?山派?」、

そろそろ「夏休みの過ごし方」を具体的に考え始める頃かしら?どうぞご参考に!

 

まずは「海派」。県内では、この夏、7つの海水浴場がオープンする予定。

このうち、震災後初めて、海開きをする海水浴場は3つ。

 

▼いわき市・久之浜・波立(ひさのはま・はったち)海水浴場

【開設期間】:今月13日(土)~来月15日(木)

いわき市では、勿来・薄磯・四倉と、あわせて4つの海水浴場が開きます。

【問い合わせ先】いわき市観光事業課 電話 0246-22-7480

 

▼新地町・釣師浜(つるしはま)海水浴場 

【開設期間】:今月20日(土)~来月19日(月)

       福島県の一番北に位置する海水浴場。

遠浅で波が穏やか、広々とした砂浜が、小さい子ども連れの家族に人気♪

【問い合わせ先】新地町観光協会 電話 0244-62-2112

 

▼南相馬市・北泉(きたいずみ)海水浴場

【開設期間】:今月20日(土)~来月18日(日)

       海水浴と合わせて、マリンスポーツが楽しめる海水浴場。

【問い合わせ先】南相馬市観光交流課 電話 0244-24-5269

 

続いて「山派」。

天神浜オートキャンプ場の運営スタッフ、遠藤和輝さんと電話をつないで、

山遊び・キャンプのいいところを教えてもらいました♪

 

『最近のキャンプ場は、気軽にキャンプが出来る設備が整っているから、

道具の準備を心配するより、みんなで手ぶらで出かけて、

野外で楽しく過ごして欲しい!』との話。なるほど!

 

こちらのキャンプ場には、

100%自然エネルギーで動かす「猪苗代野外音楽堂」があるそうで、

発電機の音がしない中で、鳥や虫の音を聞きながら音楽も楽しめるそうですよ。

 

音楽イベントを楽しみながら自然に溶け込む!

そして、日が暮れたら、キャンプも楽しむ!ぜいたくな時間になりそう。

遠藤さん、お話ありがとうございました。

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

 

大人になると、現実的になるのは仕方がない。

なので、その現実的な願いを、番組宛にお寄せください。

 

今週は、「七夕に願うこと」がテーマ♪

とにもかくにも、あす・あさっても、

こでらーさんから“たくさんのメッセージ”をお待ちしておりま~す♪

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※シリーズ化、だよね?)

きょうのお題は「野菜をもりもり」。

s-DSC_0825.jpg

※野菜のベーコン巻き・焼きカブ・にんじんしりしり風の炒め物

・サラダ(サニーレタス、ケール、大根、

しそ、しょうが、きゅうり、トマト)・スープ

 

【きょうの音楽】

1曲目  夢伝説/ スターダスト・レビュー

2曲目  ある日願いが叶ったんだ / V6

3曲目  真夏のオリオン / INFINITY16 

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月03日 (水)

引地さん:「もっと話聞きたいのに~!」『中島村』 @佐藤彩乃

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 

きょうは、中通り南部にある、中島村の話題をお届けしました。

人口およそ5400。県内の市町村で2番目に面積が小さい自治体です。

そんな中島村を拠点に活動しているのが、アイドルグループ「KKB67」。

(引地さん:け…KKB???「AKB48」じゃなくて…?)

引地さん、間違いありません(笑)。

K=中島村の「川原田地区」のK、

K=かっこいい・かわいい・こっけい、

B=ばあちゃん、の頭文字をとって、KKB。

「67」は、結成当時のメンバーの平均年齢です。

 

きょうは「KKB67」の代表、芳賀幸子さんに、電話で話を聞きました。                                                                                            もともと村の自治組織で活動していた芳賀さんを筆頭に、

女性の8人が、メンバーとして参加。

現在は、敬老会や介護福祉施設、小学校などで、歌や踊りを披露しています。

その人気ぶりは、村内にとどまりません。

茨城県の温泉施設に招かれたこともあり、

施設のお客さんからは「中島村の人はまだこないのかい?」といわれるほど!

 

芳賀さんたちが大切にしているモットーは「自分たちが喜んで生きる」。

“人を元気にするためには、まずは私たち自身が笑顔で楽しむこと!”と、

芳賀さんは、パワフルで明るい声で語ってくれました。

 

引地さんは…「これぞ、アイドルがもたらすパワーです!!

芳賀さんにもっと話聞きたかったな~

電話切っちゃったけど、もう一回つないでもいい?笑」

それくらい、私も、芳賀さんのはつらつとした声から元気をいただきました。

これからも、たくさんの方に笑顔を届けていってくださいね。

 

* * *

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」では、この市町村をとりあげます。

s-IMG_2917.jpg 

『三春町』です!

(引地さん:「抜けられなかったか…中通り」

佐藤:「ちょっと北上しましたね…(笑)」)

 

次回のふるさとツアーズは、大相撲中継をはさんで、23日(火)にお届けします。

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月03日 (水)

特別バージョン!「ふくしまSONGS」 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

火曜日は、RAGFAIRの引地洋輔さんとご一緒しています。

 

きょうの「ふくしまSONGS」は、特別バージョンでお送りしました。

先月23日(日)、相馬市で行われたNHKのイベント

「公開復興サポート 明日へ in相馬」の開場での公開収録の模様をお届けしました。

暑い中、会場にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました♪

 

NHK福島放送局と中テレ=福島中央テレビは、

ことし1月から、番組やイベントでコラボをしています。

東日本大震災と原発事故の発生から10年となる2021年、

さらにその先の未来に向けて、

民間放送と公共放送の垣根を超えて、一緒に復興を後押ししようという取り組みです。

 

これまでに、NHKの「はまなかあいづTODAY」と

中テレの「ゴジてれChu!」とのコラボ企画がありましたが、

ラジオとテレビのコラボは初めて!(光栄です!!)

 

今回は、中テレの音楽番組『二畳半レコード』と、

我らが『こでらんに5』が合体しました。

きょうの放送を聞き逃してしまった!というこでらーさんにも、

会場の雰囲気を、ちょっぴりおすそ分けです。

『二畳半レコード』の世界観に、私もおじゃましてしまいましたよ~♪

s-IMG_2761.jpg

(左から、音速ラインの藤井敬之さん、佐藤、山さん、

いしばしさちこさん、郡山のレコード店 店長の堤さん。

実は全員「こでらんに5」に出演経験がある「ファミリー」なのです。笑)

 

s-IMG_2786.jpg

ゲストにお迎えした、シンガーソングライターLOVEさんも熱唱!

 

s-IMG_2793.jpg

藤井さんと佐藤は、なぜ、こんな表情なのか…?

この秘密は、テレビで明らかになります。

なんと!今回の公開収録の模様が、テレビで放送されます。

 

*中テレ『二畳半レコード』:13日(土)深夜1時05分~1時35分

*NHK福島:20日(土)午前10時55分~11時20分

s-IMG_2825.jpg

私が中テレの画面に出ます。どうぞお楽しみに!

 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 光ノサキヘ/DEPAPEPE

2曲目 ダンシング・シスター/ノーランズ

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月02日 (火)

これは...うめぇー!~郡山・西田地区の「梅」 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは。佐藤彩乃です。

きょうから7月に突入!

月曜パーソナリティのぺんぎんナッツと元気にお届けしました。

 

きょうの『んめぇな~ふくしま』では、郡山市西田地区の「梅」をご紹介しました。

スタジオにお招きしたのは、JA福島さくら西田支部 女性部の古宮イサオさんです。

s-IMG_2912.jpg 

「西田の梅」は、添加物を一切加えず、

天然塩と地元産シソの葉を使って、昔ながらの製法で漬け込んでいます。

 

カリカリとした食感が好評の「梅漬け」と、ふっくら柔らかな「梅干し」、

そして、スッキリした味わいの「甘梅」。

どれも、西田地区の生産者のみなさんが丹精して育てた梅を使っています。

s-IMG_2909.jpg

 

そんな梅を使った料理は…!

「ハムと野菜の梅肉ドレッシング和え」と「梅汁とカリカリ梅を使ったピクルス」です。

s-IMG_2887.jpg

【ハムと野菜の梅肉ドレッシング和え】(4人分)

●スライスハム…5枚  ●きゅうり…1本  ●レタス…5枚

●梅干し(種を取って梅肉に)…5個

●酢…大さじ2  ●砂糖…大さじ2  ●オリーブ油…大さじ2

 

~作り方~

①梅肉、酢、砂糖、オリーブ油を和えて、ドレッシングを作る。

②きゅうりを縦半分にし、斜め細切りに。レタスは一口大にちぎり、

 ミニトマトは半分に切る。

③ハム、きゅうり、レタスとドレッシングを和えて盛り付け、

 切ったミニトマトを乗せて、できあがり!

 

s-IMG_2899.jpg 

【梅汁とカリカリ梅を使ったピクルス】(4人分)

●たまねぎ(大きめ)…1個  ●かぶ(大きめ)…1個

●カリカリ甘梅…5個  ●梅汁…200ml

 

~作り方~

①たまねぎ、かぶを、3mmくらいの薄さにスライスする。

②カリカリ甘梅を、食べやすいサイズにきざむ。

③たまねぎ、かぶ、カリカリ甘梅に梅汁を入れ、

 2~3時間漬け込んだらできあがり!

 

(いなのさん:「これは…うめぇーー!!」 中村さん:「やめなさいよ」)

おふたりも、仲良くペロリと平らげて、スタジオをあとにしていました(笑)

 

s-IMG_2916.jpg

西田地区の梅は、

JA福島さくらの直売所「旬の庭」や、西田支店で買うことができます。

夏バテ防止にも役立つとされる梅。

みなさんも、ぜひ作って食べてみてくださいね。

 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 天体観測 / BUMP OF CHICKEN

2曲目 見上げてごらん夜の星を / ジェイク・シマブクロ

3曲目 七月の太陽 / orange pekoe

4曲目 翼~Hoping for the FUTURE~/押尾コータロー

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月01日 (月)

こでらーの皆様、こんばんは!代打パーソナリティー@田中朋樹です。

 

 

超久々の隊員日誌が、代打によるものとは・・・(苦笑)

お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんと初タッグとなった今回の放送。

「こでらー大喜利」、

今回のお題は「日本中で超話題の日焼け止め!どんなヤツ?」でしたが、

作品発表では、白鳥さんの読み上げや効果音との呼吸を合わせられるか、

“それなりの緊張感”を胸に秘めて頑張りました(笑)。

お題が長ぁ~い!噛むおそれがあ~る!

なんとか「ノー噛み」で終えられました・・・。

今回も意欲的な作品がどっさり届きました!みなさん、ありがとうございます!

栄えあるベストこでらーさんの作品は、コチラから!

https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html

(※オンエア翌日の更新を予定しています)

 

そして、県内で部活動やサークル活動に励む皆さんを紹介する「こでらー部」では、

ふたば未来学園にオープンした「café ふぅ」をご紹介しました。

自らもお店でコーヒーを淹れたり接客したりしている高校2年生の庭瀬楓花さんに、

電話で聞きました。

高校の部活動「社会起業部」の活動から、

カフェを運営するための「一般社団法人」をたちあげ、

メニュー開発や商品の発注、経理まで高校生が担当する、この取り組み。

地域の食材を活かしたスイーツや、伝統工芸品の大堀相馬焼を食器に使うなど、

若い力で双葉郡を盛り上げていきたいという思いを、

庭瀬さんが、キラキラしたトークで伝えてくれました。

白鳥さんも「行ってみたい!」と興味津々でした。

「Café ふぅ」は、月・水木金の午前11時から午後6時の営業。

一般の方も気軽に利用できるお店ですので、ぜひ一度立ち寄ってください!

詳しいことは、ふたば未来学園のホームページで確認してください。

今週も『こでらんに5』にお付き合いいただき、ありがとうございました。

そして、来週のメッセージテーマは「七夕に願うこと」です。

白鳥さんは何を願う? 田中は代打らしく・・・。

 

IMG_2876.JPG

 

たくさんの「願い」、お待ちしています。

 

☆Today’s Music☆

1曲目 太陽のKiss/Zone

2曲目 夏は来ぬ(きぬ)/クラウン少女合唱団

3曲目 ギブアンドテイク/HOWL BE QUIET

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:07:53 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


ページの一番上へ▲