2019年6月25日

2019年06月25日 (火)

からだの内側からも外側からも元気に!「矢吹町」 @佐藤彩乃

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 

矢吹町は、町を流れる川や近隣ダムの豊富な水を利用した

豊かな農地が広がる、なだらかな地形の町です。

空港・高速道路・鉄道の交通の便もよく、各地域へのアクセスが充実しています。

 

そんな矢吹町にある健康センター「あゆり温泉」で、

新たに地元産の米の販売を始めたという話題をお届けしました。

(「あゆり温泉」はアルカリ性単純温泉で、

肌がすべすべになる「美人の湯」と呼ばれていて、日帰り温泉を楽しむこともできます)。

 

その「あゆり温泉」が、

町のオリジナルの古代米「やぶき桃米(ももまい)」を販売しています。

 

無農薬で天日乾燥している黒米で、

白米に混ぜて炊くと色鮮やかになり、もちもちしていておいしい!

2019062501.jpg 

引地さんも実際に食べてみると…?

(引地さん:「もちもちしておいしい!

お赤飯に見えるけど、もしかしたらお赤飯より好きかも…!」)

 

「あゆり温泉」統括マネージャーの坂本輝政さんは

「矢吹町は、みどころがたくさんあるところ。

お米を食べて、温泉に入って、元気になってほしい」と話していました。

 

施設へのアクセスは、JR矢吹駅から車で3分、

東北自動車道・矢吹インターチェンジから車で10分、

阿武隈高原道路の中央インターから車で3分です。

 

詳しいことは「矢吹町健康センター」 0248-42-2615 までどうぞ。

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」では、この市町村をとりあげます。

s-IMG_2860.jpg 

『中島村』です!

(佐藤:「引地さん、矢吹の隣ですよ…(笑)」)

(引地さん:「隣の町のボールを引く男、引地洋輔です」)

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:21:20 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年06月25日 (火)

いわきから、音楽の力で復興の後押しを @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

火曜日は、RAGFAIRの引地洋輔さんとご一緒しています。

 

きょうの「ふくしまSONGS」では、

いわき市のライブハウスの店長でバンドのボーカルを務める、

三ヶ田圭三さんと電話をつなぎました。

 

三ヶ田さんは、秋田県鹿角市の出身。

中学時代からバンド活動を始め、いわき市の大学に進学します。

大学の軽音楽部に所属し、8人組のフォークロックバンド「あぶらすまし」を結成。

 

卒業後、いったん音楽とは違う道に進みました。

その後、学生時代に出演していたライブハウスのオーナーに

「店長にならないか?」と声をかけられ、12年前に転職。

店長を務めながら、音楽活動を続けています。

 

東日本大震災発生直後は、

被災したまちで、ライブハウスを再開するのに迷いがあったと話す三ヶ田さん。

 

しかし、避難所で炊き出しの手伝いをしていたとき、

避難所で演奏したアーティストの歌を、みんなが真剣に聞いていたのを目にして

「ライブハウスを再び!」と決意したそうです。

 

お客さんは来てくれるのか?ライブハウスでどのように音楽を聞くのか??…。

悩みながら開催したライブに来てくれた人たちが、音楽にふれて喜んでいた。

その姿が、三ヶ田さんが今も頑張る原動力になっています。

 

歌声を聴いた引地さんは「目の前で聴いていたら、泣いている気がする。

すっと身体に入ってくる歌詞とメロディです」とひとこと。

音楽の力で福島をより元気にするべく、三ヶ田さんの挑戦はまだまだ続きます。

 

あすは『こでらんに5W』!

田中朋樹アナウンサーと丹野なな子さんのコンビでお届けします。

 

あすも引き続き、メッセージテーマは「クセ」です。

自覚しているクセ、家族や友人、はたまた会社の上司の気になるクセなど、ぜひお寄せください。

 

☆Today’s Music☆

1曲目 ティコ・ティコ/グラント・グリーン

2曲目 今日もわたしは/ココロオークション

<「ふくしまSONGS」>

曲①

「もう僕は終わりを考えたりしない」(あぶらすまし)

曲②

「子どもたちに贈るうた」(タテタカコ・三ヶ田圭三)

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:21:09 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲