2019年5月

2019年05月31日 (金)

帰ってきました!久々の大喜利~♪@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお届けしている金曜日。大喜利で盛り上がりました。

 

大相撲中継が明けて久しぶりの大喜利。たくさんの作品をお寄せいただき、ありがとうございました。

 

きょうのお題は…“こんな海外旅行はいやだ!”

「クイズに正解しないと強制帰国」とか「原稿用紙10枚以上の感想文提出!」とか…もう!!楽しくない!!

 

栄えあるベストこでらーさんの作品は、コチラから!

https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html(※オンエア翌日の更新を予定しています)

 

次回のお題は…「こんなアイドルはいやだ!」です。

さらに、来週のメッセージテーマも「教えて!あなたのアイドル」。あなたの好きなアイドルをお送りいただくのに加えて、ひとつ、こでらー大喜利にも作品をお願いします…(笑い)

 

s-IMG_2630.jpg

「みんなー!きょうは私たちのために来てくれてありがとー!」

 

今週も『こでらんに5』にお付き合いいただき、ありがとうございました。それではまた来週!

 

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル/ユーリズミックス

 2曲目 アラウンド・ザ・ワールド~八十日間世界一周~/ビクター・ヤング

 3曲目 エイリアンズ/AWESOME CITY CLUB

 4曲目 FOR YOUR LOVE/柳ジョージ

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:07 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年05月30日 (木)

開沼さん、後輩たちの活躍はいかがですか『磐城高校』 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

木曜日は、社会学者の開沼 博さんと一緒にお届けしています。

 

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、

その学校の魅力や特色を、高校生自身の声と視点で紹介してもらう

「Go! Go!ハイスクール」。

 

きょうは、開沼さんの母校!磐城高校を紹介しました。

創立1896年で、123年もの歴史をもつ学校です。

 

磐城高校の同窓生は、実に3万6000人。

その中には、詩人の草野心平さんや、指揮者の小林研一郎さんといった著名人もいます。

 

現在は、873人の生徒が、文武両道を目指して活動。

多くの部活動が優秀な成績を収め、全国大会に出場しています。

 

生徒会役員で2年生の有働凜太郎(うどう・りんたろう)さんは、

磐城高校が「福島スーパーイノベーションハイスクール」に指定されていることを

学校の自慢として語ってくれました。

 

震災と原発事故で被害を受けた浜通りに、新たな産業を作り出そうという

「福島イノベーションコースト構想」にもとづいて指定されたもの。

 

教室に、電子黒板が設置されていたり(!!)、

生徒全員に1人1台のタブレット端末が貸し出されていたり(!!!)と先進的。

 

有働さんは、学校の魅力について

「最先端技術に触れながら、福島の未来について考えることができる」と、元気よく話してくれました。

 

(開沼さん:「僕たちのころとは違って、いいですねぇ」)

 

さて、あすは金曜日!お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けします。

「こでらー大喜利」が久しぶりに帰ってきます!!!

作品募集は、まだまだ受け付けています。

作品の投稿は【あす(31日・金)の正午まで!】

 

お題は・・・「こんな海外旅行はいやだ!」

開沼さんのお答えは…こちら!!!

「無料なんだけど、寝た時点で帰国しなきゃならない」(私、絶対寝ないので。by 佐藤)

s-IMG_2623.jpg

(その顔大丈夫…?)

 

(しかし、努力のかいもむなしく帰国。)

s-IMG_2621.jpg

応募は、1人5作品までです。

番組の休み中にためたエネルギーを、大喜利で発揮していただけたらうれしいです!

 

そして、今週のおたよりテーマ「青空の下で、コレ食べたい!」も、募集中です♪♪

大喜利とあわせて、みなさんお送りください! 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 真っ赤な太陽/RAMMELLS(ラメルズ)

2曲目 CYCLING/プリズム(インストゥルメンタル)

3曲目 チェンジ・ザ・ワールド/エリック・クラプトン

4曲目 ブルースカイブルー/西城秀樹

 

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年05月29日 (水)

雨上がりの気持ちよさ!@丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

昨夜の雨で街中の空気が洗われて、とても気持ちよく過ごせた一日でした!

みなさんは、どんな一日を過ごしましたか?

 

では、きょうの番組を振り返りましょう♪

前半は、いまの福島の気になる話題を徹底調査する「ふくしまクエスト」!

 

今度の土日・6月1日2日に「東北絆まつり」が福島市で開催されます。

その見どころについて、クエスト!!!

「東北絆まつり」の前身は「東北六魂祭」。

「六魂祭」は「東日本大震災からの復興と鎮魂」をテーマに、東北各県持ちまわりで開催。平成25年は、福島市が会場になりました。

それから6年、待ちに待った地元福島での「東北絆まつり」!

「東北絆まつり」は「東北の魅力や元気な姿の発信」ということに、より重きを置いています。

まつり当日は、メイン会場をはじめ、サブ会場やパレード会場など、行きたいところが複数あります。その中でも、見どころはやはりパレード!

他県のまつりはもちろん気になりますが、なんと地元のまつりが“熱い!”

新しい福島わらじまつりの披露や、相馬野馬追の騎馬武者行列も登場するんです♪

 

せっかくの“地元”ということで、福島わらじまつり実行委員会、座組局長の齋藤嘉紀さんに電話をつないで、わらじまつりのどこが新しくなったのか、いろいろと伺いました。

お話の最後に、「他のおまつりを地元に迎えて共演することを楽しみにしている!ぜひ、会場に見に来て~」と、意気込みも聞かせてくれましたよ。

齋藤さん、電話インタビューで番組に参加していただき、ありがとうございました!

まつり当日の活躍も、楽しみにしております♪

 

後半は、映画や本の人気ランキングを紹介する「こでランク」。

きょうは映画。福島市内にある映画館の支配人、映画の達人、阿部泰宏さんの登場です。

s-IMG_2617.jpg

※番組終了後のひとコマ

「きのうの夜、仙台で試写会に参加!番組のために、ホットな情報を仕入れてきたよ!」

 と、阿部さん。

 

最近の映画館の様子は~?というと、“超大型10連休”で映画業界は潤った!そこから、揺り戻しに入って、いまは、落ち着いているんですって。この機会にスタッフのみなさんも一息つけそうとのこと。連休中がいかに忙しかったのか、わかるエピソードですね。

 

達人イチ押しの映画は、来月公開予定の作品。90年代に人気を集めたアニメーションの、実写リメイク版です。魔法のじゅうたんに乗った主人公たちが、ペルシャの月夜の街並みを空中ランデブーするあれです、あれ!(笑)

 

『えー、実写で大丈夫なの?』と、思う人もいるかも知れませんが、達人が言うには、

『最初のカットから違和感なく受け入れられるし、若々しくて美しくて生命力にあふれている。そして、なんといってもウィル・スミスが、見事に“魔人”に扮している!』ですって。作品への期待が高まります♪

阿部さん、きょうも素敵なお話、ありがとうございました!

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

番組のメッセージテーマは、引き続き「青空の下で、コレ食べたい!」で、お待ちしています。

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※ほぼシリーズ化!?)

きょうのお題は「取り急ぎ・・・」。

s-DSC_0810.jpg

※冷蔵庫にあった材料で、どうにか「取り急ぎ・・・」(笑)

 牛肉とたまねぎの炒め物・トマト・ご飯 

 「ああ、きょうこそは食材を買いに行かなくちゃ(涙)」

 

【きょうの音楽】

1曲目 Only You 君と夏の日を / TUBU

2曲目 長く短い祭 / 椎名林檎

3曲目 A WHOLE NEW WORLD / ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル

4曲目 ノルウェーの森 /  プリシラ・アーン

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:20:13 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年05月28日 (火)

Fライブ:MASATO AWAKEさん登場!@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

火曜日は、RAG FAIRの引地洋輔さんと一緒にお届けしています。

 

福島ゆかりのアーティストを応援する「ふくしまSONGS」。きょうはスタジオでの生演奏でお楽しみいただく「Fライブ」でお届けしました。

 

歌声を届けてくれたのは、二本松市・岳温泉在住のシンガーソングライター、MASATO AWAKE(マサト・アウェイク)さん。アコースティックギター1本で、レゲエの音楽を奏でています。

 

s-IMG_2602.jpg

 

中学2年のときに、お兄さんと友達の4人でバンド「AWAKE(あうぇいく)」を結成。その後、解散しましたが、AWAKEという名前を残しつつ、MASATO AWAKEとしてソロ活動に移行。23歳にしてふるさとの力になりたいと、岳温泉でイベントを主催したり、ライブをしたりと、精力的な音楽活動を続けています。

 

(引地さん:「最近、高い声のアーティストが多い中で、低い音域で歌い上げるMASATOさんはすごい!」)

 

MASATOさんは「岳温泉は泉質もとてもいい。もっと同世代の人に岳温泉に来てもらうためにも、自分自身が有名になって地元を盛り上げていきたい!」と、熱く意気込みを語ってくれました。すばらしい歌声をありがとうございました。

 

s-0529.jpg

 

あすは、『こでらんに5W』!田中朋樹アナウンサーと丹野なな子さんのコンビでお届けします。どうぞお楽しみに♪

 

 

☆Today’s Music☆

 <Fライブ>

  ・STEP UP!!

  ・Step by step

  ・いろは

 

1曲目 l’LL BE BACK/SPECIAL OTHERS

2曲目 不思議なピーチパイ/竹内まりや

3曲目 Water Under The Bridge/Adele

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:04 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年05月28日 (火)

バーガーはバーガーでも?「小野町」@佐藤彩乃

 

今月から、毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 

きょうは「小野町」の話題をお伝えしました。

小野町は、標高700メートルを越える山々に囲まれていて、町の中央には、夏井川が流れる自然豊かな町です。

そんな小野町で、様々なイベントで賞を受賞している「おのまち小町アイスバーガー」が人気を呼んでいます。あつあつに焼いたバンズ(パン)に冷たいアイスをはさんだもので、不思議な食感のスイーツです。

 

小野町商工会青年部長 亀田 理(かめだ・おさむ)さんによると、いまからおよそ30年前、あるお店によって子どもたちに提供されていたそう。亀田さんはじめ、商工会の青年部が学生の頃から食べていたそうですが、震災をきっかけにして、町をより元気にしようと、アレンジを加えて開発されました。

 

引地さんは、バーガーの食感に興味津々。「いつもの流れだったらスタジオに用意してあるのに…!?」と話していましたが、小野町に足を運ぶからこそ味わえるというもの!私も出かけてみたくなりました。

 

現在は、小野町内にある3つのお店で食べることができます。

詳しいことは、小野町商工会 電話:0247-72-3228 まで!

 

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」でお届けするのは・・・!

 

s-IMG_2606.jpg

 

【田村市】の話題です!あら、小野町とも近いですね…!

(引地さん:「中通りが続く…!すごろくでずっと1を出し続けているみたい…!(笑)」)

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:59 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク | コメント(0)


2019年05月27日 (月)

なっ、中村さん!私たちの分は...!?@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

『こでらんに5』、大相撲中継によるお休みから戻ってきました!どうぞお付き合いください。月曜日は、ぺんぎんナッツとともにお届けしています。

 

番組前半のコーナー「んめぇな~ふくしま」で紹介したのは、福島地区で育てられた「きぬさや」です。

JAふくしま未来女性部 福島地区本部役員の茂木生子(もぎ・いくこ)さんに、たっぷりお話を伺いました。

 

s-IMG_2590.jpg

 

福島地区の「きぬさや」は、まさにいまが“旬”!さやごと食べられるのが特徴です。緑黄色野菜で栄養価も高く、食物繊維も豊富なのがうれしい!

今回茂木さんには「きぬさやとツナの炒め物」と、「きぬさやのピーナッツ和え」を作っていただきました!

 

s-IMG_2588.jpg

 

【きぬさやとツナの炒め物】材料(4人分)

●きぬさや・・・200g(80さやぐらい)

●ツナ・・・1缶     ●卵・・・1~2個

●塩・コショウ・・・適量

 

 ~作り方~

①きぬさやは、つめをとる。

②ツナを缶詰の油ごとフライパンに入れる。

③火をつけて、きぬさやを入れて一緒に炒める。

④卵を溶いてフライパンに入れて混ぜる。

⑤しお・コショウで味を調える。

 

s-IMG_2587.jpg

 

【きぬさやのピーナッツ和え】材料(4人分)

●きぬさや・・・100g(40さやくらい)

●ピーナッツ(あらびき)・・・大さじ2

●砂糖・塩・・・少々 お好みの味に調えて下さい。

 

 ~作り方~

①きぬさやは、つめをとり、茹でる。

②ピーナッツ(あらびき)の粉末に砂糖と塩を入れ、味を調える。

③茹で上がったきぬさやと、味を整えたピーナッツを合わせ、混ぜる。

胡麻和えでも◎!

 

 

あまりのおいしさに、用意していただいた分の料理をペロッと平らげた中村さん。あれ…私たちの分は!?

(中村さん:「だって、気づいたら全部食べちゃってたんだもん!!!」)

 

それだけおいしかったってことですね。茂木さん、生産者さん、ごちそうさまでした!

今週のメッセージテーマは「青空の下で食べたいきぬさや…」もとい、「青空の下でコレ食べたい!」です。お待ちしています。

 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 やってみよう/WANIMA(わにま)

2曲目 散歩道/JUDY AND MARY

3曲目 Let’s go far away/Sowelu

4曲目 Summer Clouds, Summer Rain/畠山美由紀

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:21:36 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年05月10日 (金)

番組お休み前のひと笑い!!@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお届けしている、金曜日の「こでらんに5」。

時代が令和になって初めての大喜利、たくさんの力作をありがとうございました!!

 

きょうのお題は…“新元号「令和」にあやかって、人気急上昇!何が?”

 

確かに街を歩いていると、パッケージに令和の文字が入った商品が売られていたり、お店がキャンペーンをしていたりと、盛り上がっていることを実感します。

 

オヤジギャグあり、「令和」にかけた新製品を開発しようとしたこでらーさんもあり、たくさん笑わせていただきました!ありがとうございました。

 

栄えあるベストこでらーさんの作品は、コチラから!

https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html

(※オンエア翌日の更新を予定しています)

 

さて、来週からの『こでらんに5』の放送は、大相撲中継のため、しばらくお休みをいただきます。次回のこでらー大喜利は、5月31日の予定です。

 

お題は…「こんな海外旅行はいやだ!」

放送がお休みの間に、たんまり考えて送ってくださいね~♪

 

メッセージテーマは、「青空の下でコレ食べたい!」です。

 

s-IMG_2582.jpg

 

(食べたいよね~青空の下で銀シャリおむすび!)

 

今週も『こでらんに5』にお付き合いいただき、ありがとうございました。

では、5月27日(月)にお耳にかかりましょう~♪

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 アンマー/かりゆし58

 2曲目 Flower/L’Arc-en-Ciel

 3曲目 Just You and I/安室奈美恵

 4曲目 ママへ/AI

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:22 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(1)


2019年05月09日 (木)

剣舞の伝統つなぎ135年『会津高校』@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

木曜日は、社会学者の開沼 博さんと一緒にお届けしています。

 

メッセージテーマ「おかあちゃん」にちなみ、母の日のカーネーションとともに。

s-IMG_2580.jpg

開沼さん、よく似合って…います?

 

* * *

 

番組後半にお送りしたのは「Go! Go!ハイスクール」。

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、その学校の魅力や特色を、高校生自身の声と視点で紹介してもらうコーナーです。今日は、県立会津高校をご紹介しました。

 

生徒会副会長、3年生の田中 大地(たなか・だいち)さんに登場してもらいました。

学校創立129年の会津高校には、伝統校らしい特色がいくつもあります。

 

なかでも特徴的なのは、「剣舞委員会」という組織があることです。

「ん?委員会活動で、剣舞…!?」と思ったそこのアナタ。いいところに気がつきました!

なんと会津高校では、各クラスから1人が役員として剣舞委員会に所属。規律委員会や美化委員会などと同様に「委員会」として成り立っているのです!

 

剣舞は、詩を吟じる「吟者(ぎんじゃ)」がいて、戊辰戦争で自刃した白虎隊士に扮した19名の男子生徒が、隊士の思いなどを吟じられる詩にあわせて舞います。

 

委員会では、飯盛山の白虎隊の墓前で春と秋に剣舞の奉納をしています。先月も、墓前祭で舞を奉納してきたばかりだとのことです。

 

お話を聞いた田中さんも剣舞委員会に所属しているのですが「本当は図書委員になりたかったんですけど、じゃんけんで負けてしまってしぶしぶ入りました(笑い)」と話しながらも、今では練習が楽しくて仕方ないと、明るい声で話してくれました。

 

明治17年から135年間受け継がれる伝統、これからも未来につなげていってほしいですね。

 

* * *

 

さて、あすは金曜日!お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けする「こでらー大喜利」への作品募集は、まだまだ受け付けています。

 

作品の投稿は【あす(10日・金)の正午まで!】

お題は・・・「『新元号“令和”にあやかって、人気急上昇!何が?」

開沼さんのお答えは…こちら!!!

 

「マナー教室(礼は、こうするのよ…)」(もしかして、礼は、れいは、れいわ… by 佐藤)

 

応募は、1人5作品までです。あなたからの投稿、お待ちしています!

 

☆Today’s Music☆

1曲目 トランジスタ・ラジオ/RCサクセション

2曲目 アイル・ビー・ゼア/ジャクソン5

3曲目 ライラック/美波

4曲目 愛の季節/アンジェラ・アキ

 

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:36 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年05月08日 (水)

これぞ○○晴れ!@丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

きょうは、絵に描いたような青空が広がりましたね♪

日なたを歩くと、汗ばむほどでした。みなさんのところは、いかがでしたか?

 

新元号『令和』が始まって、一週間。

自分の生活の中で、目に見えて何かが変わったわけではありませんが、

心地よい5月を過ごしていきたいですね。

 

では、きょうの番組の振り返りです。

前半は、いまの福島の気になる話題を徹底調査する「ふくしまクエスト」!

まずは、写真から!

s-IMG_2563.jpg

※スタジオが「即席のお花屋さんや~♪笑」

 

月に一度の市場の話題。きょうは、お花です。間もなく「母の日」ということで、

カーネーションについて取り上げました!

s-IMG_2575.jpg

※福島市公設地方卸売市場協会から 花き専門の橋本栄市さん(中央)

 

最近の市場の動きとしては、全国的に「国産の切花のカーネーション」の入荷が少ないとか。春先の天候不順が影響したと、見られています。ということは・・・、切花のカーネーションは、価格上昇!?

「花を贈りたい!という気持ちにこたえるべく、花関係者は尽力していますよ!」と、

橋本さんの力強い言葉。

 

きょうは価格が安定していて、長い期間お花を楽しめる鉢物のカーネーションを、

スタジオにご用意いただきました。

s-IMG_2570.jpg

s-IMG_2569.jpg

s-IMG_2572.jpg

s-IMG_2573.jpg

 

「プレゼントのお花を選ぶなら、実際に花を見て決める!というのが、いいのかもしれませんね。県内でもたくさんの鉢物カーネーションが栽培されています。地元の素敵なお花を選んでね♪」と、橋本さん。

そうですね!育て方のアドバイスなども、実際のお花を見ながら教えてもらえるのもいいですね!

 

「プレゼントでもらった鉢物、きれいなラッピングをほどくのがもったいないけれども、

お花のためには、すぐに外してあげてくださいね」とも、話していましたよ。

ぜひこでらーのみなさんも、実践してくださいね!

 

橋本さんも、「母の日」にはお花をプレゼントする予定だそうです♪

きょうも、素敵なお花を紹介していただき、ありがとうございました。またお待ちしています!

 

後半は、ラジオで県内の温泉をめぐる「こでらんに温泉」。

きょうは中通り南部「石川町の温泉」を紹介。

石川町観光物産協会の甲斐さんに、電話でお話を聞きました。

 

町内には、大きく分けて4つの温泉(母畑温泉・猫啼温泉・片倉温泉・塩ノ沢温泉)が。

また「日本三大鉱物産地」の一つでもある石川町だからこそ、ラジウム温泉が湧き出るそうですよ。へー。そうなんだ!

 

歴史が深く、自然に恵まれた石川町の温泉。この新緑の季節も『心と体』をいやした~い!

これからの時期は、散策&温泉が、おススメだそうです♪

「立ち寄り温泉」や「足湯」もあるそうですから、自分のスケジュールに合わせてお出かけできそうですね!

 

詳しくは、石川町観光物産協会 

電話 0247-26-9113 に、お問い合わせください。

 

甲斐さん、業務お忙しい中、電話インタビューにこたえていただき、ありがとうございました!

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

番組のメッセージテーマは、引き続き「おかあちゃん」です。

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※勝手にシリーズ化!?)

きょうのお題は「なんちゃって」。

s-DSC_0797.jpg

※家にある材料で作った、『なんちゃってガパオご飯』

 ふたを開けたら・・・、卵が張り付いていて、表面が欠けちゃいました(涙)

 

【きょうの音楽】

1曲目 タイムマシンにお願い / サディスティック・ミカ・バンド

2曲目 ごはんができたよ / 槙原敬之

3曲目 新しいラプソディー / 井上陽水

4曲目 You Make Me /  マンデイ満ちる

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:19:36 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年05月07日 (火)

やってみますか!?地引網『郡山市』@佐藤彩乃

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介している“ふるさとツアーズ3“。

 

きょうは「郡山市」の話題をお伝えしました。きょう番組でご一緒した、音速ラインの藤井敬之さんのホームグラウンドでもあります。

 

きょうご紹介したのは、子どもたちに自然の豊かさ、命の大切さを学んでほしい、という取り組みです。猪苗代湖のほとり、郡山市・湖南町のNPO法人 『江湖村(えこむら)』は、自然との共生・共存をテーマに、エネルギーの自給自足や、化学肥料を使わない農業など、里山の自然を守るための活動を行っています。

 

NPO法人 江湖村 理事長の渡辺永喜(わたなべ・えいき)さんに、お電話で伺いました。          

 

この団体は、猪苗代湖畔で自然を守る活動や生物の生態系調査などを行うとともに、子どもたちが里山の生物に触れるきっかけとなる「鬼沼の森と湖の自然楽校(しぜんがっこう)」を開いています。

 

先月開かれた「さとやま編」には県内の親子60人が参加し、水田近くの水路を調べて、ドジョウやヤゴなどを捕まえたり、観察して絵を描いて図鑑を作ったり…子供たちからは、初めてふれあった生物に歓声が上がったそうです。

 

渡辺さんは「子どもたちに、小さな生き物たちから生命の大切さを学んでほしい。そして、湖南町の豊かな自然を後世に残して行くために、小さなことから少しずつでも意識を向けて欲しい」と話していました。

 

(藤井さん:「五感を使って自然に触れるのは、本当にいいこと!」)

 

次回は7月に「湖編」。8月には「山編」も予定されています。

7月の『湖編』では、猪苗代湖での地引網体験もできるそうです。

スタジオの藤井さんと佐藤で「どうする!?参加してみる!?」と盛り上がりました。

 

◎「鬼沼の森と湖の自然楽校」

▽7月20日(土)「湖編」、8月24日(土)「山編」

▽参加の申込みや問い合わせ 電話:024-992-1071

 

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」でお届けするのは・・・!こちらです!

 

 s-IMG_2560.jpg

【小野町】です!どんな話題か楽しみです♪

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:49 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク | コメント(0)


2019年05月07日 (火)

音速ライン 藤井敬之さんとお届け♪@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、ご無沙汰しておりました~!佐藤彩乃です。

大型連休、いかがお過ごしでしたか?ゆっくり過ごせた方も、はたまたお仕事だったという方も、ゆるりと今週のこでらんに5にお付き合いください。

 

いつもだと、火曜日はRAG FAIRの引地洋輔さんとご一緒していますが、きょうはお休み。そこで、スペシャルパーソナリティ・音速ラインの藤井敬之さんとともにお送りしました。

 

s-IMG_2556.jpg

(今週のメッセージテーマ「おかあちゃん」にちなんで、母への愛を表現)

 

番組前半は「ふくしまSONGS」。福島ゆかりのアーティストを応援しています。

きょうお話を聴いたのは、山岡トモタケさんです。

 

山岡さんと藤井さんとは「結構長い付き合い」だそうで、プライベートでもお酒を酌み交わす間柄!放送では、仲のよさが垣間見えるやりとりが続きました。

 

二本松市出身の山岡さんは、高校3年生の時、友人にバンドに誘われてキーボードを弾いたことがきっかけで本格的に音楽活動をスタート。

進学のため上京し、大学のサークル内のメンバー4人で組んだバンド『ホワイト・アッシュ』のギタリストとして、2013年にメジャーデビューを果たします。

 

バンド解散後、去年4月には2人組アコースティックバンド『sotto(ソット)』を結成。山岡さんはボーカルとギターを担当し、現在は東京を拠点に、福島県内でも定期的にライブ活動を行っています。

 

「sotto」の由来は、イタリアの音楽記号sotto=小さい音でというところから。日本語の「そっと」心に寄り添う音楽を表現しようという意味も込められています。

 

結成1周年を迎えて、山岡さんは「バンドの名前のとおり、みんなに寄り添った歌声で、背中を押せるような存在になりたい」と話していました。

 

そんな山岡さんの歌声を聞けるチャンスがあります。ぜひ足を運んでみてください。

 

F.A.M in SENDAI~フクシマ・アコースティック・ミーティング~

   ▽5月13日(月)仙台市・ライブハウス「マカナ」

   ▽午後6時半開演 ※福島にゆかりの5組のアーティストが出演。

   ▽詳しくは、sottoのtwitterをご覧ください。新しいアルバムも発売予定!

 

あすは、『こでらんに5W』!田中朋樹アナウンサーと丹野なな子さんのコンビでお届けします。どうぞお楽しみに♪

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 MILESTONES/MILES DAVIS

2曲目 ありがとね(album edit)/音速ライン

3曲目 ツバメ/DEPAPEPE

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:42 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


ページの一番上へ▲