2019年4月15日

2019年04月15日 (月)

このパリパリ感がたまりません@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

月曜日は、ぺんぎんナッツのお二人とご一緒しています

 

* * *

 

「月曜といえば、おいしいものが食べられる日」として定着しつつある、今月から始まった新コーナー「んめぇな~ふくしま」。県内の旬の食材を取り上げ、その食材を使った料理をご紹介しています。

 

きょうは、須賀川の「きゅうり」をご紹介しました。

 

福島県のきゅうりの生産量は、およそ4万トンで全国4位。さらに、夏場の7月~9月のシェアは、福島県が1位なのです。3月から12月中旬まで出荷があり、およそ7,400トンのきゅうりが全国へ向けて出荷されていて、全国有数の産地となっています。

 

そんなきゅうりについて教えてくれたのは、JA夢みなみ・すかがわ岩瀬地区女性部長の吉成シヅイ(よしなり・しづい)さんです。(地元の食材を使った料理を作り続けて50年近く、きゅうり料理の研究に余念がありません。「きゅうり料理といえば吉成さん!」と慕われているとか!)

 

こちらが、吉成さんお手製の「きゅうりの佃煮」です。

 s-IMG_2472.jpg

(中村さん:「厚みもちょうどいい…お米に最高に合いますね!」)

(いなのさん:「シヅちゃん、いまからごはん持ってきてもらってもいいかなぁ」)

 

~きゅうりの佃煮~ 

<材料>

・きゅうり:3kg   ・塩:ひとにぎり

(事前に輪切りにして、一晩漬けておきます)

・しょうが:1かけ  ・しょうゆ:150cc 

・砂糖:150g ・みりん:50cc ・酢:200cc

 (以上の材料を煮詰めます)

・塩こんぶ:50~60g  ・とうがらし:お好みで

 

<作り方>

(下準備)一晩塩で漬けたきゅうりは、固く水気を絞っておきます。

①調味料ときゅうりを鍋に入れ、強火で煮る。

②きゅうりが茶色になったら、火を止め、冷水で冷やす。

③少し冷めたら、塩昆布を入れて混ぜて完成!

 

 ★吉成さんからのワンポイントアドバイス★

  火を止めた後に「鍋を冷水で冷やす」こと!

  ボウルに冷水を張り、鍋の底を冷やすようにするとよいでしょう。

きゅうりがグニャッとならず、パリパリ感が残ってこそ、

「きゅうりどころすかがわ」ならではの佃煮です!

 

吉成さんはじめ、須賀川の生産者の方々が作ったきゅうりは、こちらでお求めになれます。

◎ファーマーズマーケット「はたけんぼ」

東北自動車道・須賀川インターチェンジから近い場所にあります。

ここでは新鮮なきゅうりはもちろん、手作りの加工品なども販売しています。

◎しらかわ地区の「り菜(さい)あん」

◎あぶくま石川地区の「安心館」

 

きょうもおいしい料理をごちそうさまでした!番組では、まだまだ県内の旬の食材の魅力を発信していきますよ~!

 

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 明日へのYELL/Hey!Say!JUMP

2曲目 桜の時/aiko

3曲目 想い出がいっぱい/H2O

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:39 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


ページの一番上へ▲