2019年4月 8日

2019年04月08日 (月)

食べて、食べて、食べて...@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

月曜日は、ぺんぎんナッツのお二人と一緒にお送りしています。

 

突然ですが、問題です。

このお寿司のネタは、一体なんでしょうか?

s-IMG_2439.jpg 

(白身魚?)

s-IMG_2443.jpg

(わかりましたか…?)

 

正解は…「こんにゃく」なのです!

むちむち、プリプリとしていて、シャリにぴったり。初めての食感でした~!

 

県内の旬の食材を取り上げ、その食材を使った料理を紹介している「んめぇな~ふくしま」。

今回は、いわき市の「手作りこんにゃく」を紹介しました。

 

教えてくださったのは、JA福島さくら・女性部・いわき市地区本部の緑川 多賀子さん。

(こんにゃく栽培にかかわって50年!)

s-IMG_2446.jpg

こんにゃくを食べているからでしょうか、緑川さんのお肌はツヤッツヤ!

 

そんな緑川さんをはじめ、いわき市では、昔ながらの「在来種」を栽培しています。

在来種の芋で作るこんにゃくは、口当たりがよく粘りが強いのが特徴で、

県内外に根強いファンがいます。

作り手がだんだん少なくなっていることから「幻の品種」とも呼ばれるそう!

 

そんな貴重な手作りこんにゃくを使って、

緑川さんに作っていただいたのは「こんにゃくステーキ」と「こんにゃくの白和え」です。

(いなのさん)「この白和え、おいしい!2キロは食べられる!!」

 

作り方を紹介します。

s-IMG_2435.jpg

~こんにゃくステーキ~ 

<材料>(4人分)

・手作りこんにゃく・・・4丁

・鷹の爪、しょうゆ、砂糖、ゴマ油・・・適量

 

<作り方>

①こんにゃくを5cm幅に切り、味がしみ込むように切りこみを入れ、水にさらす。

 水から上げて水気をきっておく。

②フライパンにごま油をひき、こんにゃくが白っぽくなるまで炒める(5分程度)。

③しょうゆ・砂糖・鷹の爪を入れ、味がしみるまで、熱を加える。

☆こんにゃくは味が淡泊なので、味付けはしっかりするのが◎

☆しょうゆと砂糖は半々で、味がしみるようにします

 

~こんにゃくの白和え~

<材料>(4人分)

・手作りこんにゃく・・・2丁  ・豆腐・・・1丁

・ほうれん草・・・半束     ・にんじん・・・2本

・砂糖、しょうゆ、塩・・・適量

 

<作り方>

①豆腐は手でちぎってザルに入れ、水切りする

②水がきれたら、すり鉢ですり、砂糖・塩で味付け

③ほうれん草はさっとゆでて、水をきり、2cm幅に切る

④こんにゃく・にんじんは短冊に切り、塩・砂糖・しょうゆで、下味を付けておく。

 すっておいた豆腐に合わせて、できあがり!

 

手作りこんにゃくは、いわき市のJA福島さくら ファーマーズマーケット「いがっぺ」や、

いわき市内のスーパーマーケットで手に入れることができます。

(JA福島さくら・いわき市地区本部の生活福祉課でも、注文を受け付けているそうです)

 

おいしいこんにゃくと緑川さんのこんにゃくへのたっぷり愛情、ごちそうさまでした!!

 

☆Today’s Music☆

1曲目 くしゃみ/宇宙まお

2曲目 A New Day/ポルノグラフィティ

3曲目 ムーン・リバー(インストゥルメンタル)/山弦

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:22 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


ページの一番上へ▲