2019年4月 4日

2019年04月04日 (木)

はじめての木曜日(新コーナーも登場!)@佐藤彩乃

 

 こでらーの皆様、こんばんは!パーソナリティの佐藤彩乃です。

 

木曜日は、社会学者の開沼 博さんとご一緒します。

 

* * *

 

番組前半は「開沼Cafe」。福島のこれまでといま、そして未来について、開沼さんからじっくりお話を伺います。

 

きょうのテーマは「拠点を複数もつライフスタイルに福島を」。磐梯町で行われた「共有サテライトオフィス」のキックオフイベントの模様とこれからの可能性を、開沼さんにお話しいただきました。

 

「サテライトオフィス」と聞くと、東京の企業の支社のようなイメージもありますが、磐梯町にできるオフィスは一味違います。「本社でやっている仕事を、そのまま磐梯町でもやる」という働き方を支援するオフィスなのです。

 

近年「リモートワーク」や「二拠点居住・多拠点居住」といった働き方が注目を集めています。その中で、磐梯町のオフィスは、インターネットがあれば、場所を問わずどこでもできるような、IT・プログラミングやデザインなどの業種で使うことが期待されています。

 

開沼さんは「インターネットと交通網の発達によって、場所を選ばずに仕事ができるという職種の人も増えている。都市部の便利な生活も、人が少ない自然の中の生活もどちらも味わいたいという人もいる。一方で、縮小していく地域をどうにかしたいという人もいる。そういうニーズを、どううまくマッチさせていくのかが大事な時代の中で、貴重な実験」だと話していました。

 

引き続き、注目したいところです。

 

* * *

 

番組後半は、きょうから始まった新コーナー「Go! Go!ハイスクール」。

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、その学校の魅力や特色を、高校生自身の声と視点で紹介していただきます。

 

s-IMG_2416.jpg

*新コーナーのタイトルから、「Go! Go!」をイメージして撮りました

 

記念すべき1回目のきょうは、郡山市にある安積高校をご紹介。

3年生で生徒会長の、川松瑞季(かわまつ・みずき)さんにお話を伺いました。

 

川松さんが紹介してくれた、安積高校の自慢は…「歴史」!

 

国際的歴史学者の朝河貫一(在学中に英和辞典を暗記しては食べ、残ったカバーを桜の根本に埋めたというエピソードが!)、明治時代の日本の文芸評論家、思想家、高山樗牛など、日本・世界に誇る先輩がいます。

 

また、学校の敷地内には「安積歴史博物館」(なんと、国指定重要文化財に指定されているのです!)があり、一般の人も見学できるということです。

 

そして、なんといっても特徴的なのが「應援團(おうえんだん)」の活躍です。

今年で71代目という歴史があります。

 

應援團が送るエールのひとつ「大進撃」では、男子生徒が上半身裸になって走り回ることにびっくりする女子生徒もいるそうですが(笑)、学校全体で盛り上がれる安積高校ならでは伝統だそうです。

 

川松さんの明るい声に、私も元気をもらいました。ありがとうございました!

 

* * *

 

さて、あすは金曜日。

お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けしている「こでらー大喜利」があります!こでらーの皆様からの作品の投稿、まだまだお待ちしております!

 

お題は、「引っ越しできない人が続出!?うまい解決法を考えてください!」

 

開沼さんのお答えは…これ!!!

 

 「使った記憶がある家具とかは食べちゃう。」(豪快。by 佐藤)

 

あすの正午まで、1人5作品です。引き続きお待ちしています!!これまで送ったことがないという方も、お気軽にご参加くださいませ!

 

 

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 ラブ・ストーリーは突然に/ 河口恭吾

 

 2曲目 正解(18FES ver.)/ RADWIMPS

 

 3曲目 華麗なる逆襲/ 椎名林檎

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:25 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


ページの一番上へ▲