2019年4月 2日

2019年04月02日 (火)

地域想うあたたかさに、ほっこり『三島町』@佐藤彩乃

 

今年度から、毎週火曜日にお届けする「ふるさとツアーズ3」!

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 今月からは、火曜日にお引越ししてお伝えします。

 

きょうは、NPO法人まちづくりみしま 代表理事の佐久間宗一さんに、お電話でお話を伺いました。佐久間さんをはじめ、25人ほどの町民の方々が町をよりよくしようと活動している団体です。

 

中でも、特に力を入れているのが「町の景色を美しくしよう」という取り組み。

 

街の雰囲気を明るくしたいと、三島小学校前の荒地を整備して菜の花畑を作りました。今年で3シーズン目です。

 

菜の花は順調に育っていて、5月下旬から6月初旬ごろにきれいな花畑がお目見えする予定だそうです。(きょうの福島民報9面には、あたたかくなるのを待つ菜の花畑の写真が載っています)

 

「地域のために少しでも恩返しできれば」と話す佐久間さんのひとことが印象的でした。

 

そして、ふるさとツアーズ3、次回の放送では【金山町】の話題を取り上げます(会津つながり!)。

 

s-IMG_2394.jpg

 

どうぞお楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:44 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月02日 (火)

オペラの歌声に圧倒されました!!@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!パーソナリティの佐藤彩乃です。

 

今年度も、火曜日はRAG FAIRの引地洋輔さんとお届けします。

 

番組前半にお届けしたのは「ふくしまSONGS」。今年度も、福島ゆかりのアーティストを応援していきます。

 

きょうご紹介したのは、福島市出身のソプラノ歌手、紺野 恭子さんです!

 

s-IMG_2390.jpg

 

福島が誇る作曲家、古関裕而の曲を次世代に歌い継ぐ活動に力を入れています。

 

紺野さんは、小学校・中学校・高校の卒業文集には必ず「将来の夢はオペラ歌手!」と書いていたそう。まさに、初志貫徹。努力を続ける姿に尊敬の念を抱きます。

 

引地さんからの「合唱とオペラの声の出し方の違いは何?」との質問に、紺野さんは「声量の違いです。マイクを通さなくても響くんですよ~」とのお答えとともに、すばらしい歌声も披露してくださいました…♪

 

そんな紺野さんの歌声を聴くチャンスがあります。もちろん、古関メロディーも聴くことができますよ。ぜひ足をお運びください。

 

『紺野恭子ソプラノリサイタル』

 2019年4月27日(土)

 於:福島市音楽堂(福島市入江町) 午後1時30分開場、午後2時開演

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 高原列車が行く/ 作曲:古関裕而 歌唱:紺野恭子

 2曲目 紅き花/作曲:古関金子 歌唱:紺野恭子

 3曲目 夜桜~yozakura~(インストゥルメンタル)/→Pia-no-jaC←

 4曲目 ピースサイン/米津玄師

 5曲目 宇宙戦艦ヤマト/RAG FAIR・INSPi

 

投稿者:北村有紗 | 投稿時間:19:54 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


ページの一番上へ▲