2019年4月

2019年04月26日 (金)

子供たちのために「シュワッち」! @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

金曜日は、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとご一緒しています。

 

番組後半にお送りしたのは、

県内で、部活動やサークル活動に励むみなさんを紹介する「こでらー部」。

今回紹介したのは、須賀川市で活動するサークル「シュワッち」でした。

 

(白鳥さん:「シュワッチ!って…もしかして、あのキャラクター!?」)

 

白鳥さん、大正解!

須賀川市出身で、代表作であるウルトラマンをはじめ

「特撮の神様」といわれた円谷英二監督の偉業を後世に伝えながら、

須賀川を活性化していこうと活動している団体です。

 

代表の山田和由さんをはじめ、メンバーの皆さんは、

世界的に有名な円谷監督のすばらしいところを、

監督が生み出したキャラクターを通して、

多くの人、特に、子どもたちに知ってもらおうと活動中です。

 

年に1回、大規模なキャラクターイベントを主催するほかに、

月に1回、メンバーが集まって「定例会」を開いています。

しかも、手弁当の完全ボランティアで活動しているというから、驚きです。

 

定例会の話題は「福島に、どうやって人を呼ぶか?」

「どうすれば、福島のリピーターになってくれるのか?」などなど。

円谷監督が生み出したキャラクターの力を借りて、

多くの人に福島に来てほしいと、真剣に話し合いをしています。

 

山田さんは「福島の子どもたちが大きくなって、将来、県外に出ることもあると思う。

その時に『地元には、円谷監督というすばらしい人がいるよ!』と自慢できるよう、

監督の優れた仕事、偉大な功績を教えてあげたい」と熱く語ってくれました。

 

そんな「シュワッち」では、子どもたちを笑顔にするメンバーを募集中です!

「シュワッち」事務局 電話0248-73-2125までどうぞ。

 

さて、『こでらんに5』は、しばらくお休みをいただきます。

次回の放送は、大型連休明けの5月7日(火)です。

 

火曜日は、RAGFAIRの引地洋輔さんとお届けしていますが、次回はお休み。

スペシャルパーソナリティーとして、音速ラインの藤井敬之さんをお迎えします。

 

メッセージテーマは、「おかあちゃん」。

自分のお母さんの武勇伝でもよし、友達のお母さんの話でもよし、

はたまた、地域の名物かあちゃんのことなど、

あなたの「おかあちゃん」エピソードを教えてください♪

 

s-IMG_2552.jpg

「ウチの娘が、たいっっっへんお世話になっておりますぅ~!(ワントーン高め)」

 

また、次回のこでらー大喜利のお題は

『新元号「令和」にあやかって、人気急上昇!なにが?』。

 

作品は、放送当日(5月10日)の正午まで、お待ちしています。

(白鳥さん:「1日70個考えたら、10連休で700個考えられるよ!」)

 

きょうの放送を聞き逃してしまった!という方も、こちらからどうぞ。

(※オンエア翌日の更新を予定しています)

https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html

 

今週も『こでらんに5』にお付き合いいただき、ありがとうございました。

大型連休、お休みの方も、お仕事の方も、心穏やかに、新しい時代を迎えられますように!

次回、5月7日(火)にお耳にかかりましょう~♪

 

☆Today’s Music☆

1曲目 Hands/m-flo

2曲目 休みの日/Bank Band

3曲目 流れ星/スピッツ

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:46 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月25日 (木)

福島「だからこそ」できる学びを/福島明成高校をご紹介 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

木曜日は、社会学者の開沼博さんと一緒にお届けしています。

 

番組前半は「開沼Cafe」のコーナー。

きょうのテーマは「福島で学校教育を受ける意味」でした。

 

「学校教育」というと、

どんな内容を、どんなスケジュールで教えていくかが細かく決まっていて、

かつては画一的だといわれることもありました。

 

そうした中、さまざまな教育改革が行われ、

10・20年前にはなかったような取り組みもあるのです。

 

その1つが、「PBL」=プロジェクトベースドラーニングです。

分かりやすい例をあげると、農業高校で農作物を自分たちで作って、

それを加工し、商品にして実際に販売するのもPBL。

 

部活動でチームで頑張って大会で勝つことや、

文化祭で模擬店を開いて、クレープや焼き鳥を売ってみることも、PBLです。

教科を超えて、さらには教科書に載っていないことも

総合的に学べる機会というわけですね。

 

福島県は「311」や原発事故で、辛く苦しい経験をしました。

だからこそ、ほかの都道府県にはない「学びの場」を提供できるといいます。

 

県外の大学生や中高の修学旅行生が福島を訪れる「ホープツーリズム」や、

福島大学に食農学類ができるなど、

ほかの地域では学べないこと、福島だからこその学びを求めて、

全国から福島を訪れる人が増えています。

この動き、ますます広がっていってほしいと思いました。

 

そして、番組後半にお送りしたのは、「Go! Go!ハイスクール」。

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、その学校の魅力や特色を、

高校生自身の声と視点で紹介してもらうコーナーです。

 

きょうは、県立福島明成高校です。生徒数およそ720人。

生物生産科、生物工学科、環境土木科、

食品科学科、生産情報科の5つの学科がある農業高校です。

 

話を伺った、生物生産科3年の堀内晴香(ほりうち・はるか)さんは、

ことし秋に開かれる「農業クラブ全国大会」の実施委員長を務めています。

 

農業クラブとは、

全国各地で農業を学ぶ高校生で構成される、会員数およそ9万人の団体。

 

福島明成高校では、競技の一つである「農業鑑定競技会」を運営することになり、

全国から、およそ1000人の高校生が集まり、農業の専門知識を競います。

 

「この種は、何の植物の種か?」とか、写真を見て「この牛の品種は何か?」

「この面積の畑の場合、農薬をどのくらい希釈したらよいか?」など、

専門性が高い問題が出題されるそうです!

 

全国大会を成功させようと、堀内さんたちは、カウントダウンボードを作成したり、

全国から集まる選手の記念品としてしおりを手作りしたりと、準備を進めています。

 

「全国から集まる選手たちに、

福島に来てよかったと思ってもらいたい」と話す堀内さんの声は、

とてもキラキラしていました。

 

さて、あすは金曜日。

お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けする「こでらー大喜利」。

あすも、もちろん放送はありますよ~!

 

こでらーの皆様からの作品の投稿は【あす(26日・金)の正午まで!】

お題は・・・「『ことしの大型連休を楽しく過ごす方法』を考えてください」

 

開沼さんの答えは…こちら!!!

 

「日に我が身を三省する」

(1日3回反省すると、10連休で30回…なんか立ち直れなさそう by 佐藤)

 s-IMG_2548.jpg

(自省するの図。開沼さん、笑ってますけど!?)

 

応募は、1人5作品までです。

これまで送ったことがないという方も、お気軽にご参加ください♪

 

そして、今週のおたよりテーマ「なにする?大型連休」についても、

みなさんからのメールやファックスを、お待ちしていますよ♪♪ 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 地平線の向こう側へ/MISIA

2曲目 Re:Re:/アジアン・カンフー・ジェネレーション

3曲目 アイデア/星野 源

4曲目 桜の雨、いつか/松たか子

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:16 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月24日 (水)

来週のいまごろは、もう・・・@丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

福島市は、朝から生暖かい風が吹き抜けていました。

少し湿気を帯びたような、ジメッとした空気感。季節の移ろいを感じます。

 

もうすぐ大型連休!そして、来週のいまごろは『令和』がスタートしています。

そう思うと、時代の節目に立っているんだな~と、やっと実感が湧いてきました♪

s-IMG_2545.jpg

※番組のスタートを待つ、スタジオの中。

田中「この本、厚みが・・・」 

丹野「シリーズの中でも、まだこれ薄い方だそうですよ・・・」

 

では、きょうの番組の振り返りです。

前半は、いまの福島の気になる話題を徹底調査する「ふくしまクエスト」!

 

昭和から平成の移り変わりは、「自粛ムード」。

そして、平成から令和へは「奉祝ムード」が漂ってきます。

が、ここで少し気を引き締めたいという話。

 

なにか大きな動きがあるときに、気をつけなければならないのが「便乗詐欺」。

元号が変わることを口実に、キャッシュカードをだまし取られる被害が、

県内では、先月だけで『2件』発生。

2件とも、いわき市の80代の女性が同じ手口で、被害にあっています。

 

1)市役所の職員を名乗る人物から

「医療保険料」の払い戻し金があると、自宅に電話。

その時に、「使っている金融機関と暗証番号」を聞き出されている。

2)その電話を切った後、銀行の職員を名乗る人物が、家に来た。

『元号が変わると、これまでのキャッシュカードが使えなくなる。

古いカードを回収し、新しいキャッシュカードは、日を改めて届けにくる』と言われ、

銀行の口座から、お金を引き出されてしまった・・・。

 

詐欺に合わないために、こでらーのみなさんに、知っておいてほしいこと!

▽全国銀行協会や銀行員、自治体の職員が「自宅にキャッシュカードを取りに行ったり」、

「暗証番号」を尋ねることは、一切ありません。

▽また、口座の情報やキャッシュカードを送るよう、指示したりすることもありません。

▽元号が、平成から令和に変わっても「キャッシュカード」は、そのまま使えます。

「改元に伴って」という言葉に注意!

▽電話や家に訪問されたり、書類が届いたりしたとしても、

絶対に、口座情報や暗証番号を教えない!キャッシュカードや現金は渡さないこと!

知らない人には、キャッシュカードや現金を渡さない。誰に対しても、暗証番号は教えない。

▽不審な電話・家に来た・書類が届いたら、ひとりで悩まないで、警察や家族に相談を!

▽困ったら、福島県の消費生活センターへ電話。024-521-0999

(※電話の受付時間は、月曜~金曜の午前9時~午後6時半)

 

後半は、「こでランク」。

きょうもスタジオには、福島市内にある書店の店長、本の達人・金子瑛未さん。

s-IMG_2541.jpg

※写真(左)金子さん

田中「文庫本が“自立する”って???驚き~♪わぉ!」

 

人気の本のランキングや、達人おススメの本の紹介で、盛り上がりました!

人気ランキングには珍しく「週刊誌」がランクイン。

「死後の手続き」が、わかりやすくまとめられた内容だそうです。

時代がこのような情報を、求めているんですね。

 

上(↑)の写真で、われわれが驚いているのが、達人がきょうおススメした本。

ミステリー好きの金子さんが、“平成最後の番組出演”に満を持して取り上げた

「平成を代表するミステリー小説」。

 

この作者の作品の醍醐味は、何と言っても「辞書のような分厚さ」・「大長編」だとか。

(と、言われても…。書店の書棚から、この本を引き抜く・読む勇気は・・・汗)

 

金子さん『ことしの大型連休は「最大10連休」。

まとまった休みが取れた時は、読書のチャンスでもあります。

この本が、いままで気になっていたけど、

なかなか手が出せなかったという方にオススメ♪』とのこと。

たしかに、おっしゃるとおり!

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

 

番組のメッセージテーマは、引き続き「なにする?大型連休」です。

『10連休取れるよ!』という人も、『仕事があるから働きますよ!』という人も、

あなたの予定(※希望・願望・夢で構いませんよ 笑)を聞かせてください♪

 

おまけ。きょうの丹野の弁当です。(※勝手にシリーズ化、決定!?)

きょうのお題は「魚を食べたい♪」。

s-DSC_0778.jpg

※さけの塩焼き/ホウレンソウのナムル/トマトの塩こうじ和え/

梅干/ご飯/めかぶスープ

 

【きょうの音楽】

1曲目 OH YEAH !  / プリンセス・プリンセス

2曲目 時をかける少女 / 松任谷 由実

3曲目 ネバーエンディング・ストーリー / リマール

4曲目 イージュー☆ライダー /  奥田民生

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:19:18 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月23日 (火)

地域の人たちと「こころ」通わす場所を『泉崎村』 @佐藤彩乃

 

今月から、毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

きょうは「泉崎村」の話題をお伝えしました。

 

白河市の隣にある泉崎村は、

東北自動車道と国道4号線が通り、交通の利便性がよい場所。

毎年、桜の時期には樹齢230年を超える“しだれ桜”をはじめ、

3000本ほどの桜が楽しめます。

 

そんな泉崎村には、季節の野菜や果物、卵の販売を、

地域で暮らす障害者のみなさんと一緒に取り組んでいる施設

「直売・カフェ こころや」があります。

 

きょうは、「こころや」の所長、鈴木寛(すずき・ひろし)さんに伺いました。

「こころや」では、生活を営む上で一番大切な「食」をテーマに、

白河市や矢吹町など、県南地区で作られた

農薬や添加物の少ない農産物、加工品を作ったり、販売したりしています。

鈴木さんイチオシの野菜は「トマト」!冬に入荷する糖度の高いトマトが大人気だそうです。

 

「こころや」には、おいしい商品を提供するほかにも、大事な使命があります。

それは「障害のある人たちが、地域の人たちとふれあって仕事をする機会を作り出す、

社会参加のきっかけを作る」ということです。

 

「こころや」で働いたスタッフが店を卒業し、一般企業に就職しているとのことで、

鈴木さんは、久しぶりに訪ねてきた卒業生が「頑張ってやっている!」という報告を聞くのを

うれしく感じているそうです。

 

鈴木さんは「これからも、日々の生活に欠かせない”食“の大切さを地域の人たちに伝え続け、

それを支えていく仕組みづくりに力を入れたい」と語ってくれました。

 

<農産物直売所「直売・カフェ こころや」>

営業時間:直売所/午前10時~午後6時、カフェ/午前11時~午後2時

定休日:日曜日

アクセス:車の場合は東北自動車道・矢吹ICから10分ほど

     電車の場合は、JR泉崎駅から徒歩で15分ほど

問い合わせ:電話 0248-53-5568

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」でお届けするのは・・・!じゃじゃーん!

s-IMG_2536.jpg 

【郡山市】の話題です!どうぞお楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:36 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年04月23日 (火)

届け!日本一周自転車旅で磨いた歌声 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

火曜日は、RAG FAIRの引地洋輔さんと一緒にお届けしています。

 

番組前半は「ふくしまSONGS」。福島ゆかりのアーティストを応援しています。

きょうは、スタジオでの生演奏でお楽しみいただく「Fライブ」!

 

スタジオにお迎えしたのは、

会津美里町出身のシンガーソングライター・空野 大(そらの・だい)さん。

なんと、ギターを背負って、自転車で日本一周をしながら、

各地でライブを行った経験があるのです!

s-IMG_2534.jpg

空野さんは、小・中学校時代、空手で全国大会に出場!高校は、美術部!

ですが、2年生のとき、友達の影響でギターを弾き始め、曲を作り始めます。

去年、福島県で開かれた「弾き語りコンテスト」で優勝。

現在は、関東を中心に、県内でもライブ活動を行っています。

 

空野さんの声は、本当に伸びやか。

透明感のある声には、雲をかきわけて、青空をのぞかせるような力があると感じます。

 

旅先で出会った人々との出会いや、東日本大震災を通して

「生きること」をテーマに曲作りを続けている

空野さんのナンバーのひとつに「別府駅の爺さんへ」があります。

 

大分県・別府駅で出会ったおじいさんとの会話をテーマにした

この応援歌を聴いた引地さんは「これは…すごいなぁ」と、ひとこと。

歌詞のひとつひとつが、心にしみわたってきました。

 

自転車日本一周旅行での出会い、ふるさと福島への思いを胸に、

空野さんの挑戦はこれからも続きます。すばらしい歌声をありがとうございました!

 

あすは、『こでらんに5W』!

田中朋樹アナウンサーと丹野なな子さんのコンビでお届けします。どうぞお楽しみに♪

 

そして、今週のおたよりテーマは「なにする?大型連休」です。

みなさんのご予定は?みなさんからのおたよりをお待ちしてます!!

 

☆Today’s Music☆

 <Fライブ(空野 大さん)>

・自転車に乗って

・別府駅の爺さんへ

・ふるさとへ

1曲目 アルルの女/葉加瀬太郎

2曲目 花/おおたか静流

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:26 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月22日 (月)

貴重ぉ~なアスパラガス、いただきまーす! @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

月曜日は、ぺんぎんナッツとともにお届けしています。

 

週の始まり・月曜日は、県内のおいしいものを食べて、元気を出しましょう♪

「んめぇな~ふくしま」のコーナー!!

きょうは、会津地区の「グリーンアスパラガス」を紹介しました。

s-IMG_2522.jpg

ん~!しっかり、太く育っています…!

 

きょうは、JA会津よつば 女性部 いいで地区部長の庄司恵子さんに、

スタジオにお越しいただきました。

s-IMG_2526.jpg 

会津地区のグリーンアスパラガスは、まさにこれからが「旬」です。

 

雪が多い会津地区のアスパラガスは、

雪解け水に含まれる豊富なミネラルによって甘みがあるのが特徴。

会津地区での生産量は県内1位で、全国でもトップクラスを誇ります。

 

しかも、ことしは、雪の影響を受けて、例年よりも、成長がゆっくりだそう。

そんな中で、貴重なアスパラガスを持ってきていただきました。

それを使った料理が…こちら!

s-IMG_2516.jpg

うまいもんGET!!“アスパラガスの漬物(右)”と、“彩り野菜の生春巻き(左)”です。

 

“アスパラガスの漬物”<材料(4人分)>

・グリーンアスパラガス・・・細め200g  ・ニンジン・・・40g

・大根・・・40g  ・つまみ鱈・・・100g  ・乾燥キクラゲ・・・50g

・調味料・・めんつゆ(お好みで酢を入れる方も)100ml ・酒・・少々

 

<作り方>

①アスパラガスを、さっとゆでるか、熱湯をかけます。

②ニンジン・大根は短冊に切り、乾燥きくらげは水でもどします。

③材料を混ぜ、めんつゆ・酒を加え、料理用の密封できるポリ袋に入れ、

冷蔵庫で一晩ほど漬け込んだら出来上がりです。

★つまみたらの代わりに、かわはぎを入れたり、ごまや塩こんぶを入れてもおいしい!

 

~彩り野菜の生春巻き~<材料(5個分)>

・グリーンアスパラガス・・・5本

・ニンジン、大根、パプリカ、リーフレタス・・・お好みで

・サーモン・・・5枚  ・ライスペーパー・・・5枚  ・チリソース

 

<作り方>

①アスパラガスを、さっとゆでて、5~6㎝に切る。

②ニンジン、大根、パプリカは、せん切りにする。

③水で柔らかくしたライスペーパーにサーモンと野菜を彩りよくのせ、

包んで出来上がり。チリソースをつけてどうぞ!

★サーモンの代わりにエビやカニをいれれば、豪華になりますよ!

 

庄司さんたちが作るおいしいアスパラガスは、

喜多方市内のJAのファーマーズマーケット「いいでの四季」や、

女性部員の直売所「ふれあい市」で買うことができます。

 

きょうも、おいしい食材と料理をご準備いただき、ありがとうございました!

次回もどんな食材が登場するか、楽しみです♪

 

☆Today’s Music☆

1曲目 明日はきっといい日になる/高橋 優

2曲目 恋のコード/CHiCO with HoneyWorks

3曲目 Life is Beautiful/平井 大

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:44 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月19日 (金)

占いは、お好きですか?@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

金曜日は、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとともにお届けしています。

 

* * *

 

番組後半にお送りしたのは、県内で部活動やサークル活動に励むみなさんを紹介する「こでらー部」。きょうは、会津若松市で活動する「占い研究クラブ」をご紹介しました。

 

きょうは、クラブの立ち上げ当時からのメンバー、秋山智香(あきやま・ちか)さんに電話でお話を聞きました。

 

男性1人、女性6人のあわせて7人で、2年前に結成されたこのクラブ。

具体的にどんな活動をしているかといいますと…占いは専門的な知識も多く、自分たちだけでは勉強することができないため、日本易学連合会から講師の先生を迎えて勉強会をしているそうです(本格的!)。

 

秋山さんたちが勉強しているのは、「九星気学」。九つに分けられた星のどこかに、誰でも必ず属しているというのが考え方をもとに、そこに「子丑寅卯…」の十二支を加えて、1年、ひと月、一日単位で運勢を見ていくそうです(「一白水星」や「二黒土星」など、聴いた方もいるのでは?)

 

秋山さんのお話で印象的だったのは「占い研究クラブの活動で得たもの」。

活動を通して「貯金はお金だけではない。善を行い良いことをして“徳という貯金”をしておくと、自分が辛い時や困った時にその“貯金”が、自分を助けてくれる」という考えを身につけられたそうです。

 

(白鳥さん:「占いって、当たる・外れるだけだと思っていたけど、自分を知るためのアイテムなのね!占いに対する見方が変わりました!」)

 

そんな秋山さんのクラブでは、現在メンバー募集中!性別に関係なく、16歳~39歳の方ならどなたでも参加できます。

詳しいことは「会津若松市勤労青少年ホーム」電話:0242-26-6662 まで。

 

* * *

 

さて、来週のメッセージテーマは「なにする?大型連休」。

 

s-IMG_2512.jpg

さーて、どこに行く?なにする?

 

「10連休だ!やっほー!」という方も「お仕事です…」な方も、こでらーのあなたの予定を教えてください!

 

また、次回のこでらー大喜利のお題も、大型連休にかけまして…

『ことしの大型連休を楽しく過ごす方法を考えてください』。

 

作品は、放送当日(26日)の正午まで、お待ちしています。平成最後のベストこでらーの栄冠は誰の手に…!ふるってご応募ください~♪

聞き逃してしまった!という方も、こちらからどうぞ!(※オンエア翌日の更新を予定しています)https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html

 

今週も『こでらんに5』にお付き合いいただき、ありがとうございました。来週もよろしくお願いします(^^)

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 ズルい女/シャ乱Q

 2曲目 LOVEマシーン/モーニング娘。

 3曲目 However/Glay

 4曲目 Can You Celebrate?/安室奈美恵

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:18:59 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月18日 (木)

「風評」ってなんだ?/葵高校が登場@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 木曜日は、社会学者の開沼 博さんと一緒にお届けしています。

 

番組前半は「開沼Cafe」のコーナーです。きょうのテーマは「風評を掘り下げる」。

 

この4月は、大熊町の一部避難指示解除、Jヴィレッジの全面再開など、復興への第一歩につながるニュースが相次ぎました。その一方で、いわゆる「風評」の問題が残っていることも否めません。そこで今日は「風評」とはなんなのか、開沼さんの視点で深掘りしてもらいました。

 

例えば、こんな話題を耳にしたことはありませんか?「遠くの親戚に桃を贈ろうかと思うんだけど、小さい子がいるから嫌がられそうでやめている」。

 

農作物というと「農家がこんなにがんばっているけど風評があります」とか、一方で「福島産の作物を買って応援するという消費者と、買うのを避けてしまう消費者とがいる」ことも事実です。

 

一方で、「流通」はどうでしょうか?先月、農林水産省が、とある調査報告書を発表しました。平成30年度の福島県の農作物の「流通」に注目した調査です。それによると、こんなことが明らかになったそうです。

 

卸業者は「自分が良くても、加工業者は福島産にネガティブだろう」と思っている。加工業者は「自分が良くても、小売・外食産業は福島産にネガティブだろう」と思っている。小売・外食産業業者は…先ほど挙げた桃の例に共通する点があるように見えます。開沼さんはこれを「自分が良くても周りは嫌がっている感の連鎖」が起こっていると分析します。

 

開沼さんは「まずは、この連鎖が起こっているということを広く共有することが大事。風評というと、なんだかふわふわしたものに見えるが、それが広がる要因さえわかれば怖くない」と話していました。引き続き、「食」についても、このコーナーで聞いてみたいところです。

 

* * *

 

番組後半にお送りしたのは、今月から始まった新コーナー「Go! Go!ハイスクール」。

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、その学校の魅力や特色を、高校生自身の声と視点で紹介してもらうコーナーです。

 

きょうは、葵高校の生徒会副会長、3年生の佐藤亜美(さとう・あみ)さんに話を聞きました。

 

葵高校は、学校創立が今年で111年目。会津若松市にある、生徒数およそ670人の学校です。平成14年4月1日に、会津女子高校から葵高校となり、男女共学となりました。

 

佐藤さんが紹介してくれた葵高校の自慢は「葵ゼミ」です。

1年生と2年生が、週に1時間設けられている「総合的な学習の時間」を通して、課題探求型の活動を行っています。主体的に探究していく中で、考えたり、悩んだり、話し合ったりしながら、自分たちを高め地域や社会の役に立てる人になることを目指しています。

 

(開沼さん:「教科書から学ぶほかに、自分たちでいろいろテーマを見つけていくというのはいいですね」)

 

そんな葵高校ではことし、3年に1度の公開文化祭「葵祭」の開催を予定しています。「咲け、立葵~今を真っすぐに~」をテーマに、様々な催しが行われます。

3年前は、クラスごとにウェディングドレスを作って、その美しさを競う「ウェディングドレスコンテスト」なども開かれ、毎回見どころ満載!

 

9月1日(日)は、ぜひ葵高校に足を運んでみてくださいね。

 

* * *

 

さて、あすは金曜日。

お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けする「こでらー大喜利」があります。

 

こでらーの皆様からの作品の投稿は【あす(19日・金)の正午まで!】

お題は・・・「旅先で出会った“驚きのバスガイドさん”!なんで?」

開沼さんのお答えは…こちら!!!

 

 「まだガイドが始まって3分と経っていないのに、車酔いしてるっぽい」(だ、大丈夫ですか…!? by 佐藤)

 

s-IMG_2508.jpg

(乗車から3分で具合が悪くなったバスガイドの図。)

 

応募は、1人5作品までです。これまで送ったことがないという方も、お気軽にご参加くださいね♪

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 フライングゲット/AKB48

 2曲目 桜坂/福山雅治

 3曲目 One/Aimer

 4曲目 WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~/H Jungle with T

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:30 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月17日 (水)

春を通り越して、汗ばむ陽気!@丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

先週は「暖かくして過ごしてね~!」と、呼びかけていたのが“うそのような”きょうの陽気(笑)。待ちこがれていた春を飛び越して、福島市は初夏のようでした(汗)。

 

気温の上昇を待っていたかのように、身近な花々も“グングン”と勢いを増しています♪

s-DSC_0732.jpg

※福島駅東口、交番近くの植栽スペース。

 

s-DSC_0735.jpg

※冬の寒さを耐えるように身をかがめていたビオラやパンジーも、

ここ数日の陽気で丈が伸びたような・・・(笑)

 

きょうの番組は、「春の雰囲気全開!」でお送りしました(笑)

まずは、いまの福島の気になる話題を徹底調査する「ふくしまクエスト」!

3日後の20日(土)に全面再開する、

サッカーのナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」についての話題。

 

Jヴィレッジ管理グループ主任 猪狩安博(いがり・やすひろ)さんと電話をつないで、

再開当日の予定や、今後の展望について伺いました。

 

今回オープンする「天然芝のサッカーピッチ2面分」は、つなげるとラグビーのコートが公式サイズで取れるので、サッカーだけではなく、『ラグビーの練習や合宿にも使ってもらいたい!』ということや、

20日のグランドオープンでは、有名芸能人のステージイベント・福島のおいしいもの・スポーツ・eスポーツなど、内容盛りだくさんの催しが予定されていることなど、詳しくお話いただきました。

 

猪狩さん『サッカーをはじめとしたスポーツや、イベント、ビジネスなどで、この地域の

交流人口を増やしていきたい!一度でもJヴィレッジに来てもらえれば、震災・原発事故や、その後の福島に対する見方も変わると思います。この地域のいまの正しい姿・情報を、国内外に発信していきたい!』とお話しでした。

 

グランドオープン前の忙しい時期に、電話インタビューに答えていただき、猪狩さん、ありがとうございました!また、お話聞かせてください!

 

s-IMG_2506.jpg

※スタジオゲストがいないと、こんな感じ♪

 

後半は、福島の魅力を「観光情報」としてお届けする「こでらんに観光」でした。

きょうは、大型連休期間中に見ごろを迎えるであろう「花の名所」をご案内♪

番組独自に、3つ取り上げました。

新地町の「チューリップ祭り」は、今度の土曜日 20日から5月5日(日)まで。

 問い合わせは、新地町観光協会  電話 0244-62-2112

 

・塙町の「風呂山公園の山つつじ」

 問い合わせは、塙町観光協会 電話 0247-43-3400

 

・「北塩原村」の「桜峠(さくらとうげ)のオオヤマザクラ」

桜の開花状況については、ラビスパ裏磐梯 電話 0241-33-2200

 

桜はもちろん、さまざまな種類の花見を楽しむことが出来る福島♪

あなたのお気に入りの花の名所はどこですか?(番組宛に教えてください!)

花を通して福島のいいところを・福島の元気を、全世界に知らせたい♪

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

番組のメッセージテーマは「平成の思い出」。

あなたの身に起きた平成の出来事、聞かせてください(笑)

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※勝手にシリーズ化しようとしている)

「いま、家にあるのもだけで作れるお弁当!」のお題で・・・、こんな感じ(笑)

s-DSC_0736.jpg

※ねばねば丼風ごはん(山芋・オクラ・めかぶ)

/鶏肉のフレークとブロッコリー/めかぶスープ

 

【きょうの音楽】

1曲目 風になりたい  / THE BOOM

2曲目 好きになって、よかった / 加藤いづみ

3曲目 夜桜お七 / 中森明菜

4曲目 カピオラニ / 安藤まさひろ・みくりや裕二

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:19:53 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月16日 (火)

引地さん、ホクホクの笑顔になりました『西郷村』@佐藤彩乃

 

今月から、毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 

きょうは「西郷村」の話題をお伝えしました。

西郷村というと、日本で唯一「村」の中に新幹線の駅があることでも有名です(新白河駅)。

お電話で話を聞いたのは、西郷村農業公社 事務局長 遠藤貞男(えんどう・さだお)さんです。

 

村には去年(2018年)の6月、農産物産館「まるごと西郷館」がオープン。地域の住民はもちろん、国道289号線沿いということもあって、移動で訪れる観光客でにぎわっています。

 

「まるごと西郷館」では、地元の生産農家が作った新鮮な野菜や加工品、地元のみなさんの手作りクッキーやパンなども販売されています。

 

なかでも人気なのは…こちら!

s-IMG_2501.jpg

 

ポテトまんじゅう~!!!

 

絞りたての牛乳、チーズ、バターを加えた餡が、なんとも美味。味は3種類。プレーン・かぼちゃ・よもぎがあります。毎週月曜日と金曜日に100個ほど入荷するそうですが、次の入荷日を待たずに売り切れてしまうほどの人気ぶりです。

 

(引地さん:「蒸しパンみたい…ホクホクしていますね、おいしい!」)

試食した引地さんも、ほくほくの笑顔でした。

 

このほかにも、おすすめのメニューは「にしごう いいねドッグ」。

 s-IMG_2498.jpg

 

「に」にんじん、「し」しいたけ、「ご」ごぼう、「う」卯の花(おから)…そう、「にしごう いいね」の文字を、食材からひとつずつとっているのです!すばらしいネーミング!

 

遠藤さんは「もっと“西郷村”の名前が知られるように、仕掛けをしていきたい。国道289号線沿いの「ラーメン街道」めぐりとあわせて楽しんで」と話していました。

 

「まるごと西郷館」

◎営業時間:午前9時~午後6時

 ◎定休日:毎月第3火曜日

詳しくは、電話:0248-25-5007まで。

 

* * *

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」でお届けするのは・・・こちら!

 

s-IMG_2481.jpg

 

【泉崎村】の話題です!金山、西郷、泉崎と、村が続いております!!どうぞお楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:18 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年04月16日 (火)

あの曲も、この曲も@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

火曜日は、RAG FAIRの引地洋輔さんと一緒にお届けしています。

 

* * *

 

番組前半は「ふくしまSONGS」。福島ゆかりのアーティストを応援しています。

 

きょうスタジオにお迎えしたのは、郡山と仙台を拠点に活動をしている映像音楽作家、長登隆宗(ながと・たかむね)さんです。

 

s-IMG_2485.jpg

 

長登さんは、東京都出身、中学3年の時に郡山に移住。郡山高校時代は合唱部の部長を務めました。

 

卒業後は東京で、アーティストのレコーディングやコンサートのキーボード奏者として活動。その後、郡山に拠点を移し映像音楽作家に転身されました。これまでにテレビやラジオで流れた作品は、なんと1000作品を越えています(福島県民になじみのある曲も多数…私にとって「あの曲も!?」「え!これも長登さんの作品!!」と驚きの連続でした)。

 

3才の時にピアノを習い始めたのをきっかけに、音楽の道を歩みはじめた長登さん。中学生の頃、ラジオから聞こえてくる音楽を耳で聞いて再現するうちに譜面を見て演奏するのでは物足りなくなり、自分で曲を作り始めたそうです。

 

長登さんは曲作りについて「音だけで表現することは、聞き手を一瞬でさまざまな世界に連れていくことができる。ジャンルを飛び越えていける」と、その魅力を語ってくれました。

 

そんな長登さんの作品に、テレビで触れることができます。『大好き東北「定禅寺しゃべり亭」』の番組テーマ曲を制作されました!

 

この番組は、毎週土曜日 午前11時10分~11時54分、NHK仙台放送局1階の公開スペースから、毎週豪華なゲストを迎えて生放送です。もちろん、福島県内でも、NHK総合テレビで観ることができますよ。

 

いつも見聞きしているテレビ番組やラジオ番組も、音楽に注目することで、また違って見えそうですね。

 

* * *

 

あすは、『こでらんに5W』!田中朋樹アナウンサーと丹野なな子さんのコンビでお届けします。どうぞお楽しみに♪

 

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 世界に一つだけの花/SMAP

2曲目 君がいるだけで/米米CLUB

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:05 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月15日 (月)

このパリパリ感がたまりません@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

月曜日は、ぺんぎんナッツのお二人とご一緒しています

 

* * *

 

「月曜といえば、おいしいものが食べられる日」として定着しつつある、今月から始まった新コーナー「んめぇな~ふくしま」。県内の旬の食材を取り上げ、その食材を使った料理をご紹介しています。

 

きょうは、須賀川の「きゅうり」をご紹介しました。

 

福島県のきゅうりの生産量は、およそ4万トンで全国4位。さらに、夏場の7月~9月のシェアは、福島県が1位なのです。3月から12月中旬まで出荷があり、およそ7,400トンのきゅうりが全国へ向けて出荷されていて、全国有数の産地となっています。

 

そんなきゅうりについて教えてくれたのは、JA夢みなみ・すかがわ岩瀬地区女性部長の吉成シヅイ(よしなり・しづい)さんです。(地元の食材を使った料理を作り続けて50年近く、きゅうり料理の研究に余念がありません。「きゅうり料理といえば吉成さん!」と慕われているとか!)

 

こちらが、吉成さんお手製の「きゅうりの佃煮」です。

 s-IMG_2472.jpg

(中村さん:「厚みもちょうどいい…お米に最高に合いますね!」)

(いなのさん:「シヅちゃん、いまからごはん持ってきてもらってもいいかなぁ」)

 

~きゅうりの佃煮~ 

<材料>

・きゅうり:3kg   ・塩:ひとにぎり

(事前に輪切りにして、一晩漬けておきます)

・しょうが:1かけ  ・しょうゆ:150cc 

・砂糖:150g ・みりん:50cc ・酢:200cc

 (以上の材料を煮詰めます)

・塩こんぶ:50~60g  ・とうがらし:お好みで

 

<作り方>

(下準備)一晩塩で漬けたきゅうりは、固く水気を絞っておきます。

①調味料ときゅうりを鍋に入れ、強火で煮る。

②きゅうりが茶色になったら、火を止め、冷水で冷やす。

③少し冷めたら、塩昆布を入れて混ぜて完成!

 

 ★吉成さんからのワンポイントアドバイス★

  火を止めた後に「鍋を冷水で冷やす」こと!

  ボウルに冷水を張り、鍋の底を冷やすようにするとよいでしょう。

きゅうりがグニャッとならず、パリパリ感が残ってこそ、

「きゅうりどころすかがわ」ならではの佃煮です!

 

吉成さんはじめ、須賀川の生産者の方々が作ったきゅうりは、こちらでお求めになれます。

◎ファーマーズマーケット「はたけんぼ」

東北自動車道・須賀川インターチェンジから近い場所にあります。

ここでは新鮮なきゅうりはもちろん、手作りの加工品なども販売しています。

◎しらかわ地区の「り菜(さい)あん」

◎あぶくま石川地区の「安心館」

 

きょうもおいしい料理をごちそうさまでした!番組では、まだまだ県内の旬の食材の魅力を発信していきますよ~!

 

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 明日へのYELL/Hey!Say!JUMP

2曲目 桜の時/aiko

3曲目 想い出がいっぱい/H2O

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:39 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月12日 (金)

思いのままに、踊りまくれっ!!! @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!「こでらんに5」パーソナリティの佐藤彩乃です。

金曜日は、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお届けしています。

 

県内で部活動やサークル活動に励むみなさんを紹介する「こでらー部」では、

福島市を中心に“レクダンス”を楽しむ団体に注目しました。

 

こでらーのあなた!『レクダンス』ってご存じですか?

白鳥さん:「ダンスは好きだけど、“レク”がつくと、もうさっぱりですね」

 

解説しましょう!“レクダンス”とは「レクリェーションダンス」の略で、

流行のメロディや民謡にあわせて踊る、創作ダンスのことをいいます。

 

今回紹介したのは、福島中央レクダンス愛好会の「ドリーム」と「ロンド」。

2つは姉妹チームで、60代以上の女性・60人のメンバーで、

福島市の中央学習センターを拠点に活動しています。

 

お姉さんチームの「ドリーム」は、来年、活動20年を迎えます。

話を伺ったのは「ドリーム」の会長、麦倉敬子(むぎくら・けいこ)さん。

 

麦倉さんは、レクダンスの魅力を「リズムが激しかったり、逆にゆったりだったり、

また、悲しみや美しさなど、その曲の世界に浸って踊れるところが、

たまらなく楽しい♪」と熱く語ります。

 

米津玄師さんの「フラミンゴ」、三浦大知さんの「U(ゆー)」など、

最近の曲も、ばっちり踊ります。

メンバーの皆さんがレクダンスに夢中になっている様子を聴くと、まさに、大人の部活動!

 

健康のため、いつまでも若々しくあるため、

「ドリーム」と「ロンド」のメンバーたちは踊り続けます…!

 

5月の大型連休明けに、初めての人向け!無料の体験会を開催する予定です。

興味のある方は、動きやすい服装でお出かけください♪

年齢・性別を問わず、どなたでも参加できます。

 

開催予定日:

5月8日(水)・11日(土)・15日(水)・18日(土)の午前10時~正午まで

詳しくは、福島市中央学習センター 024-534-6631に

 

さて、来週のメッセージテーマは「平成の思い出」。

ちょっと気が早い?でも、平成時代はあとわずか!

s-IMG_2465.jpg 

印象に残っていること、忘れられない出来事、

はたまた忘れてしまいたいこと(笑)など、どしどしお寄せください。

 

次回のお題は『旅先で出会った“驚きのバスガイドさん”!なんで?』

作品は、放送当日(19日)の正午まで、お待ちしています。

「初めて投稿する!」という方からの投稿も増えております!

ふるってご応募ください~♪

 

聞き逃してしまった!という方も、こちらからどうぞ!

https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html

 

☆Today’s Music☆

1曲目 さくら道/Aqua Timez

2曲目 桜の木の下で/つじあやの

3曲目 Sing/カーペンターズ

 

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:19:28 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月11日 (木)

福島の未来を担う技術&高校生の姿 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

木曜日は、社会学者の開沼博さんと一緒にお届けしています。

 

番組前半は「開沼Cafe」。

「FOR福島からFROM福島へ」というテーマで、話を伺いました。

 

震災・原発事故後、

福島のために、何ができるか?どうしようか?=「FOR福島」の話題が少なくなかった中、

福島から、福島の強みやよさを発信しよう!=「FROM福島」という動きが注目されています。

 

去年6月、タイ北部の洞窟に閉じ込められ、過酷な状況の中から生還を果たした少年たちが、

先日、Jヴィレッジを訪れたことが話題になりました。

 

しかし、なぜ、この少年たちは福島にやってきたのでしょうか?

その理由は、彼らの救出に使われた「ある道具」が、福島県で製造されたものだったからです。

 

その道具とは、、、600個もの「光る石」。

電気がなくても、水の中でも発光する「蓄光磁器」です。

 

光のあるところに置いて「蓄光」しておけば、

急に暗くなっても一定の時間、新聞の字でも読めるほどに輝くもの。

これが、福島第一原発事故の後、全村避難の対象となった川内村で作られたものでした。

 

複雑な構造をした洞窟の中救出活動にあたったダイバーたちは、これを道しるべとして活用。

すべての少年の救助に成功したのです。

世界的に話題を呼んだニュースに、福島が関わっていたこと、誇らしく思います。

 

開沼さんは「“良いものなんだけど、意外と地元では知られていない”ものを

「FROM福島」として発見し、発信していくことが大事」と話していました。

 

番組後半は、今月から始まった新コーナー「Go! Go!ハイスクール」。

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、その学校の魅力や特色を、

高校生自身の声と視点で紹介してもらうコーナーです。

 

きょうは、石川町にある学法石川高校!

「がくせき」という呼び名で親しまれていますね。

 

学校法人石川高等学校は、学校創立が明治25年、生徒数859人の学校です。

生徒会長の高橋由輝(たかはし・よしき)さんは、

学校の魅力を「魚水の精神」だと話してくれました。

 

「魚水」とは、建学の精神のひとつで「師弟間の愛情が密接である」という意味だそう。

魚と水は、切っても切れない関係にあることから、

生徒と先生、先輩と後輩の関係もそうであるべきだ、という教えです。

 

学校全体がとても温かい雰囲気に包まれていて、

先輩と後輩、そして友達どうしの雰囲気、

先生方が、生徒に親身になって考える雰囲気は、まさに「魚水」だそうです。

 

そしえ、学法石川高校では、多くの部活動が全国大会で活躍しています。

昨年度、全国大会に出場した部活動は、運動部・文化部合わせて9つの部!

特に、全国駅伝大会で、男子陸上部が全国3位になったことは、記憶に新しいですね。

 

地域の方々にも見守られながら活躍を続ける、学石の生徒たち。

私たちもエールを送り続けますよ!

 

さて、あすは金曜日。

お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けしている「こでらー大喜利」があります。

 

こでらーの皆様からの作品の投稿は【あす(12日・金)の正午まで!】

まだ間に合います!!

応募は、1人5作品までです。引き続きお待ちしています!!

これまで送ったことがないという方も、お気軽にご参加ください♪

 

お題は・・・「こんな実力テストはいやだ!」

開沼さんの答えは…これ!!!

 

 「テストの回答を早く書き終わりすぎて、

「余裕だわ~」っていうところが測定される実力テスト」(やだわ~。by 佐藤)

s-IMG_2459.jpg 

(開沼さん:「ふぅ~余裕だったわ~」)

s-IMG_2460.jpg 

(教師佐藤:「開沼くんは余裕を醸し出しすぎだから、減点…っと」)

 

☆Today’s Music☆

1曲目 ウララ/ビッケブランカ

2曲目 そよ風の誘惑/オリビア・ニュートン・ジョン

3曲目 悲しみなんて笑い飛ばせ/ファンキーモンキーベイビーズ

4曲目 In the darkness(インストゥルメンタル)/fox caputure plan

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:29 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月10日 (水)

なんだか...、寒いですね。4月も2週目なのに...@丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

咲きそろった桜を見に行くのも“はばかられる”ほどの冷え込み!

先週に引き続き、「寒い!」が、口をついて出てしまいます(涙)

どうぞみなさん、かぜなどひかないよう、一度しまった冬物・冬布団を引っ張り出して、

寒くないようにして過ごしてくださいね(笑)

 

では、きょうの番組を振り返りましょう♪映画ざんまいの放送でしたよ!

まずは、いまの福島の気になる話題を徹底調査する「ふくしまクエスト」!

ステキなゲストを、スタジオにお迎えしました。

 

映画「ハッピーアイランド」の監督の渡邉裕也さん、主演を務めた俳優の吉村界人さんの二人。

s-IMG_2458.jpg

※写真(左手前)主演の吉村さん  (右)須賀川市出身の渡邉監督

 

原発事故後、風評被害に悩みながらも逃げずに懸命に生きる人々と、

「職なし・金なし・やる気なし」という東京の青年が、

福島から成長の一歩を踏み出す姿を描いた作品です。

撮影ももちろん、渡邉監督の出身地・須賀川市が舞台の中心です。

 

スタジオの中は、インタビューと言うか、座談会状態(笑)

 

「なんで、福島の現状を描くのに、東京の若者を主人公にしたの?」

「制作費、監督の私財から出したそうですが、そこまでして、どんな思いを描きたかった?」

「途中、主人公が台本なしで、須賀川のみなさんにインタビュー!なんで?」などなど、

そのシーンにまつわるエピソードや俳優さんの心境、監督の意図、撮影の裏側と、、、

聞きたいことが、山盛り!!!

 

そのひとつひとつに、

渡邉さん、吉村さんともに、率直に丁寧に、かつざっくばらんに、答えていただきました。

福島県の内外問わず、多くのみなさんに見て欲しい映画です。

 

私はこの映画から、『自然とともに暮らす人の心は、強くて優しい。

人生には、理不尽なことがあるけれども、自分の信じることをつらぬく姿勢が、

他の人の心に“種をまく”んだな』ということに気づかされました。

 

福島県内ではこの後、須賀川市と矢吹町で、上映予定です。

映画をご覧になって、直接「ハッピーアイランド」からのメッセージを受け取ってください。

上映情報は、映画の公式ホームページから!

http://movie-happyisland.com/

 

渡邉監督、主演の吉村界人さん、お忙しいところの番組出演、ありがとうございました!

s-IMG_2457.jpg

 

後半は、「こでランク」。

きょうは映画、福島市内にある映画館の支配人、映画の達人 阿部泰宏さんの登場♪

s-IMG_2455.jpg

※阿部さん(写真左)

 

最新の人気ランキングは、

春休み期間中だったことで、ファミリー層に人気の映画が上位を占めた模様。

 

また、達人おススメの映画では、最近のヒーロー映画について。

なんやら、これまでの「勧善懲悪」といった物語の展開からは変わってきていることなど、

こちらも興味深い話を聞くことができました。

阿部さん、また映画の面白さを教えてくださいね♪ありがとうございました。

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす・木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

 

番組のメッセージテーマは「お弁当」。

メッセージを、たくさん届けてくださいね。では、二人に、バトンタッチです!

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(最近、茶色い弁当に凝っています 笑)

s-DSC_0730.jpg

※厚揚げで作った、みそ味のマーボー豆腐&もち麦入りご飯 

 ブロッコリーは、大事な彩りであり、栄養源♪

 福島のブロッコリー大好きだ~!!!

 

【きょうの音楽】

1曲目 SAKURAドロップス  / 宇多田ヒカル

2曲目 空に星が綺麗 / 斉藤和義

3曲目 カラー・オブ・ザ・ウィンド / ヴァネッサ・ウィリアムス

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:20:04 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月09日 (火)

金山から世界へ!只見線の魅力を発信 @佐藤彩乃

 

今月から、毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“!

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 

きょうは「金山町」の話題をお伝えしました。

話を伺ったのは、町内の温泉旅館の専務で、

金山町観光物産協会の会長を務める坂内 譲(ばんない・ゆずる)さんです。

 

JR只見線は、2011年7月の豪雨で大きな被害を受けましたが、

2021年に、全線で運転が再開される予定です。

 

そんな只見線が、海外、特に台湾の旅行客からの人気を集めています。

きっかけのひとつが「SNSにアップロードされた画像」。

只見線沿いの絶景の写真の数々がSNSで広まり、人気になっているということです。

 

さらに、町では、台湾との交流を深めようと、

去年12月、台北市で、トークイベントや

台湾の人たちが撮影した「只見線の写真コンテスト」などを開催。

心の交流を深めています。

 

坂内さんは「奥会津は冬景色だけではなく、四季を通して美しい景色があるので、

通年で観光客を呼び込む工夫をしていきたい」と話していました。

これからの動きに注目です。

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」でお届けするのは・・・こちら!

20190409-02.jpg

ででん!【西郷村】の話題です!

さて、どんな話題が飛び出すでしょうか?どうぞお楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:24 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年04月09日 (火)

「30年続ければ、もはやプロ!」吹奏楽の響き @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

火曜日は、RAG FAIRの引地洋輔さんと一緒にお届けしています。

 

番組前半は「ふくしまSONGS」。福島ゆかりのアーティストを応援しています。

スタジオにお迎えしたのは、「福島ウインドアンサンブル」副団長の小野崎敦さんです。

20190409-01.jpg 

小野崎さんは、クラリネットの低音域バージョン=バスクラリネットを担当しています。

 

それにしても、小野崎さんは話がお上手!

それもそのはず!!定期演奏会では「MC」としても活躍されています。

さらに、楽団の情報発信・広報も担当していて…

大忙しの中、スタジオにお越しいただきました。

 

「福島ウインドアンサンブル」の結成は、昭和62年。

福島市を中心に、伊達市、二本松市などの、

高校生から50代までの40人ほどが参加している、アマチュアの吹奏楽団です。

 

(引地さん)「30年以上続けているアマチュアは、もうプロです!僕の中では!」

 

「福島ウインドアンサンブル」では、フルートやクラリネット、

トランペット、トロンボーンといった、木管楽器・金管楽器に加えて、

マリンバやシロフォン、ドラムなどの打楽器もあります。

 

それぞれの楽器の役割を担いながら、

みんなの音が1つになるアンサンブルを楽しんでいるということです。

 

レパートリーのひとつに「よってがんしょ福島」という曲が。

「福島県 県民の歌」「会津磐梯山」「相馬盆唄」「飯坂小唄」のメドレーです。

 

震災の年に、各地の避難所で出前演奏会を行ったときは

「避難所で演奏してもいいのか?」という迷いもあったそう。

しかし、その心配をよそに「自分のふるさとの曲を演奏してくれた!」と、

喜びの声が寄せられたそうです。

 

このように、地域に根ざした演奏活動を続ける

「福島ウインドアンサンブル」の定期演奏会が、今月行われます。

 今月21日(日)福島市音楽堂・大ホール

開場は午後1時30分、 開演は午後2時です。

 

小さいお子様連れの方のための「親子室」が用意されています。

また、開演15分前には「ウェルカムコンサート」も♪

 

あすは、『こでらんに5W』!

田中朋樹アナウンサーと丹野なな子さんのコンビでお届けします。

「ふくしまクエスト」「こでランク」ともに、映画の話題をお届けします。

どうぞお楽しみに!

 

☆Today’s Music☆

1曲目 桜の木の下には/ おいしくるメロンパン

2曲目 桜/ 高橋真梨子

3曲目 サムシング・ジャスト・ライク・ディス/ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:12 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月08日 (月)

食べて、食べて、食べて...@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

月曜日は、ぺんぎんナッツのお二人と一緒にお送りしています。

 

突然ですが、問題です。

このお寿司のネタは、一体なんでしょうか?

s-IMG_2439.jpg 

(白身魚?)

s-IMG_2443.jpg

(わかりましたか…?)

 

正解は…「こんにゃく」なのです!

むちむち、プリプリとしていて、シャリにぴったり。初めての食感でした~!

 

県内の旬の食材を取り上げ、その食材を使った料理を紹介している「んめぇな~ふくしま」。

今回は、いわき市の「手作りこんにゃく」を紹介しました。

 

教えてくださったのは、JA福島さくら・女性部・いわき市地区本部の緑川 多賀子さん。

(こんにゃく栽培にかかわって50年!)

s-IMG_2446.jpg

こんにゃくを食べているからでしょうか、緑川さんのお肌はツヤッツヤ!

 

そんな緑川さんをはじめ、いわき市では、昔ながらの「在来種」を栽培しています。

在来種の芋で作るこんにゃくは、口当たりがよく粘りが強いのが特徴で、

県内外に根強いファンがいます。

作り手がだんだん少なくなっていることから「幻の品種」とも呼ばれるそう!

 

そんな貴重な手作りこんにゃくを使って、

緑川さんに作っていただいたのは「こんにゃくステーキ」と「こんにゃくの白和え」です。

(いなのさん)「この白和え、おいしい!2キロは食べられる!!」

 

作り方を紹介します。

s-IMG_2435.jpg

~こんにゃくステーキ~ 

<材料>(4人分)

・手作りこんにゃく・・・4丁

・鷹の爪、しょうゆ、砂糖、ゴマ油・・・適量

 

<作り方>

①こんにゃくを5cm幅に切り、味がしみ込むように切りこみを入れ、水にさらす。

 水から上げて水気をきっておく。

②フライパンにごま油をひき、こんにゃくが白っぽくなるまで炒める(5分程度)。

③しょうゆ・砂糖・鷹の爪を入れ、味がしみるまで、熱を加える。

☆こんにゃくは味が淡泊なので、味付けはしっかりするのが◎

☆しょうゆと砂糖は半々で、味がしみるようにします

 

~こんにゃくの白和え~

<材料>(4人分)

・手作りこんにゃく・・・2丁  ・豆腐・・・1丁

・ほうれん草・・・半束     ・にんじん・・・2本

・砂糖、しょうゆ、塩・・・適量

 

<作り方>

①豆腐は手でちぎってザルに入れ、水切りする

②水がきれたら、すり鉢ですり、砂糖・塩で味付け

③ほうれん草はさっとゆでて、水をきり、2cm幅に切る

④こんにゃく・にんじんは短冊に切り、塩・砂糖・しょうゆで、下味を付けておく。

 すっておいた豆腐に合わせて、できあがり!

 

手作りこんにゃくは、いわき市のJA福島さくら ファーマーズマーケット「いがっぺ」や、

いわき市内のスーパーマーケットで手に入れることができます。

(JA福島さくら・いわき市地区本部の生活福祉課でも、注文を受け付けているそうです)

 

おいしいこんにゃくと緑川さんのこんにゃくへのたっぷり愛情、ごちそうさまでした!!

 

☆Today’s Music☆

1曲目 くしゃみ/宇宙まお

2曲目 A New Day/ポルノグラフィティ

3曲目 ムーン・リバー(インストゥルメンタル)/山弦

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:22 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月05日 (金)

人柄が 出るものですねぇ 大喜利は@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!「こでらんに5」パーソナリティの佐藤彩乃です。

 

金曜日は、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお届けしています。

 

* * *

 

きょうの「こでらー大喜利」のお題は「引っ越しできない人が続出!?うまい解決法を考えてください!」

 

白鳥さんいわく『今回の投稿は「人の力を借りる」「捨てる」「どうにか自分でやる」というパターンに分けられる!』

 

ある方は「力持ちのお相撲さんに頼む」と考え、一方で「キャンピングカーを家にする」と考える人も…投稿してくださったこでらーの方々のお人柄がよく表れる回となりました。笑

 

私、佐藤にとっては初めての大喜利でした。こでらーの皆様の頭の柔らかさに脱帽です…!

 

聞き逃してしまった!という方も、こちらからどうぞ!(※オンエア翌日の更新を予定しています)

https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html

 

次回のお題は『こんな実力テストはいやだ!!』

(白鳥さん)「本当にいやだった実力テストを書いてもいいよ!」

 

そして、来週のメッセージテーマは「お弁当」です。

 

s-IMG_2423.jpg

*白鳥さんの手には、おにぎりがあります。

 

思い出のお弁当、入っていてびっくりしたおかずなど、あなたのお弁当エピソードを教えてください。

 

リニューアルして初めての1週間を終えた『こでらんに5』。お付き合いいただき、ありがとうございました。来週もどうぞお楽しみに!

 

 

☆Today’s Music☆

 

1曲目 ハローグッバイ/ ココロオークション

2曲目 にじいろ/ 絢香

3曲目 The Flowers/ GLIM SPANKY

4曲目 桜風/ DEPAPEPE

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:33 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月04日 (木)

はじめての木曜日(新コーナーも登場!)@佐藤彩乃

 

 こでらーの皆様、こんばんは!パーソナリティの佐藤彩乃です。

 

木曜日は、社会学者の開沼 博さんとご一緒します。

 

* * *

 

番組前半は「開沼Cafe」。福島のこれまでといま、そして未来について、開沼さんからじっくりお話を伺います。

 

きょうのテーマは「拠点を複数もつライフスタイルに福島を」。磐梯町で行われた「共有サテライトオフィス」のキックオフイベントの模様とこれからの可能性を、開沼さんにお話しいただきました。

 

「サテライトオフィス」と聞くと、東京の企業の支社のようなイメージもありますが、磐梯町にできるオフィスは一味違います。「本社でやっている仕事を、そのまま磐梯町でもやる」という働き方を支援するオフィスなのです。

 

近年「リモートワーク」や「二拠点居住・多拠点居住」といった働き方が注目を集めています。その中で、磐梯町のオフィスは、インターネットがあれば、場所を問わずどこでもできるような、IT・プログラミングやデザインなどの業種で使うことが期待されています。

 

開沼さんは「インターネットと交通網の発達によって、場所を選ばずに仕事ができるという職種の人も増えている。都市部の便利な生活も、人が少ない自然の中の生活もどちらも味わいたいという人もいる。一方で、縮小していく地域をどうにかしたいという人もいる。そういうニーズを、どううまくマッチさせていくのかが大事な時代の中で、貴重な実験」だと話していました。

 

引き続き、注目したいところです。

 

* * *

 

番組後半は、きょうから始まった新コーナー「Go! Go!ハイスクール」。

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、その学校の魅力や特色を、高校生自身の声と視点で紹介していただきます。

 

s-IMG_2416.jpg

*新コーナーのタイトルから、「Go! Go!」をイメージして撮りました

 

記念すべき1回目のきょうは、郡山市にある安積高校をご紹介。

3年生で生徒会長の、川松瑞季(かわまつ・みずき)さんにお話を伺いました。

 

川松さんが紹介してくれた、安積高校の自慢は…「歴史」!

 

国際的歴史学者の朝河貫一(在学中に英和辞典を暗記しては食べ、残ったカバーを桜の根本に埋めたというエピソードが!)、明治時代の日本の文芸評論家、思想家、高山樗牛など、日本・世界に誇る先輩がいます。

 

また、学校の敷地内には「安積歴史博物館」(なんと、国指定重要文化財に指定されているのです!)があり、一般の人も見学できるということです。

 

そして、なんといっても特徴的なのが「應援團(おうえんだん)」の活躍です。

今年で71代目という歴史があります。

 

應援團が送るエールのひとつ「大進撃」では、男子生徒が上半身裸になって走り回ることにびっくりする女子生徒もいるそうですが(笑)、学校全体で盛り上がれる安積高校ならでは伝統だそうです。

 

川松さんの明るい声に、私も元気をもらいました。ありがとうございました!

 

* * *

 

さて、あすは金曜日。

お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けしている「こでらー大喜利」があります!こでらーの皆様からの作品の投稿、まだまだお待ちしております!

 

お題は、「引っ越しできない人が続出!?うまい解決法を考えてください!」

 

開沼さんのお答えは…これ!!!

 

 「使った記憶がある家具とかは食べちゃう。」(豪快。by 佐藤)

 

あすの正午まで、1人5作品です。引き続きお待ちしています!!これまで送ったことがないという方も、お気軽にご参加くださいませ!

 

 

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 ラブ・ストーリーは突然に/ 河口恭吾

 

 2曲目 正解(18FES ver.)/ RADWIMPS

 

 3曲目 華麗なる逆襲/ 椎名林檎

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:25 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月03日 (水)

寒いですね!4月なのに...@丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

新年度も変わらず水曜日を担当の田中・丹野のWコンビです。

水曜日は、前年度からのコーナー変更はありません。

 

いまの福島の気になる話題を徹底調査する「ふくしまクエスト」!

毎月、第一水曜日は、“市場”の情報♪

 

福島市公設地方卸売市場から小林学さんに、来てもらいました♪

s-IMG_2414.jpg

※写真(左)小林さん 当番組の頼りになる“準レギュラー”です♪

 

きょうのテーマは“初がつお”。

少量は出回っているようなんですが、私たちがすぐ買える量が入荷するのは、

今月末ぐらいからかな~と、小林さん。

 

初がつおは、味わいがさっぱりしているので、素材としてお料理に向いているとか♪

(もちろん、そのまま刺身やたたきで食べても、おいしい!)

そこで、お料理上手の小林さんが、試食2品を用意してくれました。

s-IMG_2397.jpg

※保冷バックに入れて、お花見弁当にも持っていけそう!

 

s-IMG_2399.jpg

※「かつおと大葉のチーズロール」…スライスチーズでかつおと大葉をくるみ、

好きなドレッシングで!お子さんも、喜んで食べる一品♪

 

s-IMG_2403.jpg

※「かつおとトマトのタルタル刺身」…スライストマトにかつおをのせて、

たっぷりのタルタルソースで♪

 

調理が簡単な初がつお。“煮て良し、焼いて良し、もちろん生で良し”、アレンジがさまざ

まできる、食卓の強い味方(笑)

栄養も豊富なので、ぜひこれからの季節に選んでくださいね。

 

小林さん、「我が家の娘ですが、学校で骨密度を測る機会があって、一番少なかった子の倍

の骨密度があったと言っていました!小林家では、ほぼ毎日何かしらの魚が食卓にあがるので、そのおかげかな?と話していました(笑)」ですって!お魚パワー、スバラシイ~♪

小林さん、きょうも“おいしい”お話をありがとうございました。

 

後半は、ほぼ月に1回お送りしている「こでらんに温泉」。

「蔵のまち・ラーメンのまち」としてみなさんもご存知の、「喜多方市の温泉」を取り上げました。熱塩温泉旅館協同組合 荒井恵子(あらい・けいこ)さんに、電話でお話を聞きました。

 

喜多方市内には、大きく分けて、

1)熱塩(あつしお) 2)日中(にっちゅう) 3)一ノ木 3つの温泉があります

それぞれ個性が異なる温泉、“子宝の湯”と呼ばれていたり、ぬるめのお湯だから“のんびり”疲れを癒せたり、足腰の痛みなどが和らぐからと“湯治での利用が人気”だったり…。

選べる喜びがありますね!

 

喜多方の温泉の自慢は、豊かな自然・おいしい食べ物と一緒に、温泉が楽しめること!

“のんびりと自然を感じられる環境”“おいしいお米”“手間を惜しまない無農薬栽培の野菜”、言うことなし(笑)

 

そして、温泉旅行と一緒に楽しめる催しも、間もなく始まります♪

今月12日金曜日から「喜多方さくらまつり」がスタートです。(今月30日火曜日まで)

35年前に廃線になった日中線の跡が遊歩道になっている、桜並木。

その長さは、なんと3キロ。千本のしだれ桜が咲き誇ります…。

(ここ数日の寒の戻りで、まだ咲く気配はないようです。まつりにタイミングを合わせているのかしら?笑)

 

「春のスタート、少し疲れを感じた時は、“なにもしないぜいたく”をするために、喜多方市の温泉にお出かけください♪」と、荒井さん。

話し声を聞いているだけでも、大変癒されました。荒井さん、ありがとうございました!

 

(喜多方市内には“日帰り温泉”も数か所あります。

「喜多方市の温泉」と「喜多方さくらまつり」について、詳しいことは、

喜多方観光物産協会 電話 0241-24-5200 にお問い合わせください)

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

番組のメッセージテーマは「スタート」。

メッセージを、たくさん届けてくださいね。では、二人に、バトンタッチです!

 

【きょうの音楽】

1曲目 スタート / ジュン・スカイ・ウォーカーズ

2曲目 未来予想図Ⅱ / ドリームズ・カム・トゥルー

3曲目 桜色舞うころ / 中島美嘉

4曲目 スタート・ミー・アップ / ザ・ローリング・ストーンズ

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:21:31 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月02日 (火)

地域想うあたたかさに、ほっこり『三島町』@佐藤彩乃

 

今年度から、毎週火曜日にお届けする「ふるさとツアーズ3」!

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 今月からは、火曜日にお引越ししてお伝えします。

 

きょうは、NPO法人まちづくりみしま 代表理事の佐久間宗一さんに、お電話でお話を伺いました。佐久間さんをはじめ、25人ほどの町民の方々が町をよりよくしようと活動している団体です。

 

中でも、特に力を入れているのが「町の景色を美しくしよう」という取り組み。

 

街の雰囲気を明るくしたいと、三島小学校前の荒地を整備して菜の花畑を作りました。今年で3シーズン目です。

 

菜の花は順調に育っていて、5月下旬から6月初旬ごろにきれいな花畑がお目見えする予定だそうです。(きょうの福島民報9面には、あたたかくなるのを待つ菜の花畑の写真が載っています)

 

「地域のために少しでも恩返しできれば」と話す佐久間さんのひとことが印象的でした。

 

そして、ふるさとツアーズ3、次回の放送では【金山町】の話題を取り上げます(会津つながり!)。

 

s-IMG_2394.jpg

 

どうぞお楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:44 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2019年04月02日 (火)

オペラの歌声に圧倒されました!!@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!パーソナリティの佐藤彩乃です。

 

今年度も、火曜日はRAG FAIRの引地洋輔さんとお届けします。

 

番組前半にお届けしたのは「ふくしまSONGS」。今年度も、福島ゆかりのアーティストを応援していきます。

 

きょうご紹介したのは、福島市出身のソプラノ歌手、紺野 恭子さんです!

 

s-IMG_2390.jpg

 

福島が誇る作曲家、古関裕而の曲を次世代に歌い継ぐ活動に力を入れています。

 

紺野さんは、小学校・中学校・高校の卒業文集には必ず「将来の夢はオペラ歌手!」と書いていたそう。まさに、初志貫徹。努力を続ける姿に尊敬の念を抱きます。

 

引地さんからの「合唱とオペラの声の出し方の違いは何?」との質問に、紺野さんは「声量の違いです。マイクを通さなくても響くんですよ~」とのお答えとともに、すばらしい歌声も披露してくださいました…♪

 

そんな紺野さんの歌声を聴くチャンスがあります。もちろん、古関メロディーも聴くことができますよ。ぜひ足をお運びください。

 

『紺野恭子ソプラノリサイタル』

 2019年4月27日(土)

 於:福島市音楽堂(福島市入江町) 午後1時30分開場、午後2時開演

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 高原列車が行く/ 作曲:古関裕而 歌唱:紺野恭子

 2曲目 紅き花/作曲:古関金子 歌唱:紺野恭子

 3曲目 夜桜~yozakura~(インストゥルメンタル)/→Pia-no-jaC←

 4曲目 ピースサイン/米津玄師

 5曲目 宇宙戦艦ヤマト/RAG FAIR・INSPi

 

投稿者:北村有紗 | 投稿時間:19:54 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年04月01日 (月)

2019年度『こでらんに5』スタートです!@佐藤彩乃

 

こでらーのみなさま、こんばんは!そして初めまして!

 

先代の北村さんからバトンを受け継ぎ、きょうからパーソナリティを務めます、佐藤彩乃です。ラジオを通して福島をもっと元気にできるよう、楽しく、ときにしっかりと情報をお伝えします。どうぞよろしくお願いします。

 

月曜日は、今年度もぺんぎんナッツのおふたりとご一緒します!

 

さて、今日から始まったコーナー「んめぇな~ふくしま」では、県内の旬の食材を取り上げ、その魅力をご紹介します。さらに!JA女性部の皆さんによる、その食材を使った料理もご紹介します。

 

記念すべき1回目は「新地町産のニラ」!JAふくしま未来女性部そうま地区本部の竹澤きよ子さんに教えていただきました。

 

s-IMG_2389.jpg

(いなのさんの「キヨちゃん」の呼びかけに、ほほえむ竹澤さん)

 

s-IMG_2385.jpg

 

ご覧ください!見ているだけで、こちらの背筋もしゃんと伸びそうです。

 

新地町の23戸で作られているニラは「味菜ひろば よりみち」をはじめ、相馬地区の八百屋さんやスーパーマーケットで買うことができます(お隣の仙台にも出荷しているということで、多くの方に愛されていることがわかります)。

 

そして、お待ちかね、竹澤さんに作っていただいた料理がこちら!!

 

s-IMG_2384.jpg

 

「ニラたっぷりチヂミ」で~す!

 

中村さんもいなのさんも、箸を動かす手が止まりませんでした。私も放送後にいただきましたが、しっかりとしたニラの香りがたまりません。実際に作っている生産者の方の顔を思い浮かべながらいただくと、なおさらおいしく感じます。

 

 

「にらたっぷりチヂミ」

 

<材料(4人分)>

 ・ニラ・・・1束   ・干しエビ・・・20グラム

 ・長いも・・・10cm  ・小麦粉・・・100グラム

 ・サラダ油・・・少々

 

<作り方>

①ニラは粗みじん切りにする。長いもはすりおろす。

②ボウルに小麦粉、水100㏄を入れて良く混ぜる。ニラ、長いも、干しエビを加えて混ぜる。

③フライパンに油大さじ2を入れて熱し、②を流し入れて、薄くのばす。

 両面をこんがりと焼く。10分くらいで出来上がり!

 

焼きあがったら皿にとって、食べやすい大きさに切って召し上がれ♪

 

 

これからも「んめぇな~ふくしま」」では、県内のおいしい食材をたくさんご紹介していきます。

 

あすは、RAG FAIRの引地洋輔さんとお届けします!どうぞお楽しみに。

 

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 ダウンビート・ストンプ/東京スカパラダイスオーケストラ

 2曲目 春~spring~/藍井(あおい)エイル

 3曲目 ヒカレ/ゆず

 4曲目 オーバーナイト・ジャーニー(インストゥルメンタル)/鳥山雄司

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:21:09 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲