2016年6月21日

2016年06月21日 (火)

ふるさとツアーズNEO~第44回 葛尾村 ~

 

ガイド:葛尾村・復興推進室 島崇徳さん

福島59市町村の人たちに旅のガイドになってもらい
ふるさとの魅力をたっぷりと紹介してもらう「ふるさとツアーズNEO」

今回は葛尾村です。
浜通り中部、双葉郡の北部に位置する葛尾村です。
6月12日(日)に原発事故に伴う避難指示が、
一部を除いて解除されて、住民の帰還が始まっています。

s-20160621_003.jpg

葛尾村について、葛尾村復興推進室の島崇徳に伺いました。

葛尾村では、宿泊交流館「みどりの里・せせらぎ荘」が
ことし、5月11日に5年2カ月ぶりに一部再開しました。
当面は、住民が自由に集える交流サロンと日帰り入浴のみの利用で、
宿泊や食事の提供などは来年度をめどに再開を目指しているそうです。
また、住民の交流の場となる「復興交流館」の整備を予定していて、
村の情報発信に留まらず、
村の文化展示や、生活学習施設、交流サロン、
さらには生活や健康サポートができる施設とすることを目指しているそうです。
この施設は、来年度の完成を目指しているそうです。

s-20160621_009.jpg s-20160621_008.jpg

葛尾村のおすすめスポットは、
「葛尾大尽屋敷跡」だそうです。
村の中心部から約5kmほどのところにある、
製鉄業等で莫大な富を築いた一族の屋敷の跡なんだそうです。
石垣はお城用の石を使っていて、四十八棟の蔵などは素晴らしいものでしたが、その多くは火災で消失してしまいました。
現在は、公園として散策できるようになっていて、
滋賀の琵琶湖周辺の美しい景勝地「近江八景」にならった庭や石垣などを楽しめます。
震災の影響で、一部破損していて、改めて修繕する予定なんだそうです。

s-20160621_004.jpg s-20160621_005.jpg

葛尾村のおすすめグルメは、
ことしの3月30日にオープンした、
葛尾村の自然を一望できるカフェだそうです。
このカフェは、
神奈川県から移住した夫妻が経営するもので、
開店直前に、震災で避難を余儀なくされ、
ことし、やっとオープンすることができたそうです。
葛尾村の自然を堪能しながら飲むコーヒーと手作りの日替わりランチがおすすめなんだそうです。

s-20160621_006.jpg s-20160621_007.jpg

ほかにも、
震災前から葛尾村で親しまれてきた
ラーメンや定食などが楽しめる食堂が、
避難先の三春町の仮設団地から、11月の村内帰還を目指して準備中とのことです。
村民の胃袋を満たす食堂の「チャーハン」と「焼きそば」などはボリューム満点だそうです。

s-20160621_012.jpg s-20160621_010.jpg

葛尾村では、ことし、2月に、村の特産品である凍み餅をモチーフにした
公式イメージキャラクター「しみちゃん」が生まれました。

s-20160621_011.jpg

「しみちゃん」を通じて、
キャッチフレーズの「小さな村から、もちもちと」とあるように、
小さくても粘り強く、葛尾村の魅力を、多くの人に伝えていくそうですよ。

 

次回のふるさとツアーズNEOは..!
s-20160621_001.jpg
s-20160621_002.jpg
桑折町です!お楽しみに!

投稿者:長澤 和明 | 投稿時間:21:13 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク | コメント(0)


2016年06月21日 (火)

火曜日は開沼さんと @早坂優希

 

【開沼Cafe】は「原発廃炉・今の現場」について。

廃炉の現場について、開沼さんの目で見てきたことを

詳しく教えていただきました。

 

開沼さんの分かりやすい解説、とても勉強になります。

 

そして、このコーナーを聴いてくださっていたこでらーさんから

話の内容についてお便りを頂くなど、ラジオの中で

直接お話しをしているようで嬉しかったです。

 

またぜひメッセージお寄せください!

 

【ふるさとツアーズNEO】は

葛尾村の今について

葛尾村・復興推進室の島崇徳(しま・たかのり)さんから

教えてもらいました。

お忙しい中、ありがとうございました。

写真1

 

 

あすはアルコ&ピースの平子祐希さんとお届けします。

どうぞお聴きください。

投稿者:早坂優希 | 投稿時間:21:12 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


ページの一番上へ▲