2015年4月 2日

2015年04月02日 (木)

ふくみみラジオ 第111回

 

 ふくみみ通信員だより 
 
<白河市>風水の庄 石楠花苑 飯村 守さん
白河市に住む飯村守さんが雑木林を切り開いて作った
3ヘクタールの野草園「風水の庄しゃくなげ苑」では、ミズバショウが見頃を迎えています。
里山を手入れする人がおらず、山が荒れているのを見て
「子どもたちが安心して遊べる山を取り戻したい」と、平成9年に開墾したそうです。
ミズバショウの他にも、ショウジョバカマや、リュウキンカなど、
春を告げる植物たちが苑内を彩っているとのことです。
 
<只見町> 只見町役場 新国万寿美さん
4月に入ってもまだまだ1メートル以上の雪が積もっている只見町では、
この時期「おしもどし」という作業を行うそうです。
只見町は除雪した大量の雪を田んぼなどに集めていますが、
「おしもどし」は、重機を使ってその雪の上下を入れ替えたり混ぜたりする作業で、
これによって少しずつ雪が溶けていくんだそうです。
豪雪地帯ならではの知恵ですね。
 
 ふるさとツアーズ いわき市 
 
ガイド:いわき市観光交流課 小野慎介さん
新コーナー「ふるさとツアーズ」。福島59市町村の人たちに旅のガイドになってもらい
見どころやグルメ、特産品など、ふるさとの魅力をたっぷりと紹介してもらいます♪
 
第1回はいわき市。
いわき市は人口およそ32万5千人。
福島県の東南端の県境に位置する、浜通り最大の都市です。
温暖な気候に恵まれ、東北で一番日照時間が多い地域でもあります。
お勧めの桜スポットや、国宝白水阿弥陀堂のライトアップ、
ゆるキャラのフラおじさんなどについてお話を伺いました。
 
150402_03.JPG
 
写真はフラおじさん人形と、いわきの特産品、サンシャイントマトを使ったラスクです♪
 

投稿者:高木史子 | 投稿時間:18:48 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク | コメント(1)


ページの一番上へ▲