隊員日誌

2020年07月09日 (木)

空を見上げて... @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

全国各地から、自然災害による痛ましいニュースが届くたびに心が苦しくなります。

県内に気象に関する警報などが出されるたびに、ソワソワしてしまいます。

梅雨の終わりの頃は天候が荒れると、昔から言われていますが、

被害がこれ以上広がらないことを、願うばかりです。

 

NHK福島放送局のテレビ・ラジオで最近放送した『避難』についての情報を、

ホームページ内で紹介しています。

【特集・新型コロナで不安 どうするあなたの避難~新型コロナと避難~】

ホームページのトップ、灰色のバナーから見ることができます。

みなさんの日々の備えに、どうぞ生かしてください。お願いします。

 

 

さて、きょうはどんな番組内容だったのか、振り返りです。

スタジオ内は引き続き、新型コロナウイルス対策をして放送に臨んでおります。

(※写真は、後半に多めです♪)

 

前半は「こでらんに観光」。

先週から観光客の受け入れを再開した檜枝岐村の様子を、

尾瀬檜枝岐温泉観光協会の斎藤佳奈さんに、電話で伺いました。

 

報道でご存じの方も多いと思いますが、

檜枝岐村は、半径3キロの地域に住民のほとんどが暮らしていて、

新型コロナウイルスの感染が広がりやすいとして、

4月1日から6月30日まで、3か月にわたって村内の宿泊施設や飲食店などに、

観光客の受け入れ自粛を要請していました。

 

その自粛が解除されて1週間が過ぎました。

県外からの観光客にも人気の檜枝岐村です。

そして、新型コロナウイルスが消滅したわけでもありません。

『お客さんをお迎えしたいけれども、受け入れるのもいろいろと難しい』といった

観光地共通の思いを、斎藤さんが代弁してくれたように感じました。

 

この夏の檜枝岐村は、年間で計画されていたイベントに変更(または中止)があるそうです。

詳しくは、尾瀬檜枝岐温泉観光協会のホームページで確認するか、

     電話 0241-75-2432にお問い合わせください。

(※受付時間 午前8時30分~午後5時)

 

出かける際は、新型コロナウイルス対策と観光地でのマナーを守って楽しんでくださいね!斎藤さん、電話インタビューでの番組出演、ありがとうございました!

 

 

番組後半は「ふくしまクエスト」!

s-IMG_4612_LI.jpg

安福職員:「エールのPRにいそしんでおります!」

 

きょうは、総合テレビで放送中の連続テレビ小説「エール」の、ご当地巡回展の話題。

スタジオには、1月のこのコーナーで『新しい情報が出たら、こでらーのみなさんにまっさきに報告にきます!』と話していた、広報担当の安福彩乃職員♪

s-IMG_4625_LI.jpg

※主人公・裕一が生まれた時の父の喜ぶ姿を再現する、安福職員

 

6月から始まったこの巡回展、県内各地を会場に、ドラマの放送に合わせて9月まで続きます。(詳しい日程は、福島放送局のホームページ内「新着情報」から、確認してください)

 

「エール」出演者の等身大パネル、実際に撮影に使われた小道具の展示もあるこの巡回展。

『エールに影響を受けて、ハーモニカを初めた!と話していた来場者もいましたよ。』と、安福さん。…ドラマの影響力って、なんと素晴らしい♪

 

新型コロナウイルス感染予防対策のため、各会場ではご協力をお願いすることがあります。

どうぞ現地の係員の案内にそって、ドラマの世界を楽しんで下さね!

s-IMG_4630_LI.jpg

※『みなさんのお近くにも、巡回しますよ♪』を体で表現する、安福職員

 (写真撮影の時だけ、マスクを外してもらいました)

 

 

隊員日誌、報告は以上です。きょうも任務完了!

 

 

 

【きょうの音楽】

1曲目 願い / Uru

2曲目 阪神タイガースの歌(六甲おろし) / 中野忠晴

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:10:57


ページの一番上へ▲