隊員日誌

2020年06月30日 (火)

会津の伝統料理、いただきまーす! @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

月曜日は、元気な「ぺんぎんナッツ」の

2人の声からスタートです。

 

今週も、どうぞ番組にお付き合いください。

おたよりテーマは「ドキドキ!」

みなさんのエピソードをお待ちしています♪♪

どんどん紹介していきますよ!!

 

さて、きょうの「おいしいものを食べるコーナー」…

もとい、県内の旬の食材を紹介する

「んめぇ~なふくしま」で紹介したのは、このレシピ!

 

s-IMG_4537.jpg

お酒の相棒、「ニシンのさんしょう漬け」

(ああ、一献、とくとくと注ぎたくなりますね)。

 

そして…

s-IMG_4542.jpg

 見た目は、こんにゃく…?と思いきや、違います。

 

 「えご」という、会津地方に伝わる伝統料理なのです。

みなさんは、食べたこと、ありますか?

 

お正月やお盆・冠婚葬祭など、

人が集まるときにふるまわれるもので、

「えご草」という海藻を煮溶かし、固めています。

 

「初めて食べた!」という、ぺんナツのふたりは、

「ようかんに見えるけれど、プルンとした食感」

「なんとなく、もずくを固めたような味わい!」と、

初めての「えご」体験を楽しんでいたようでした。

 

では、材料とレシピの紹介です。

s-IMG_4540.jpg

【ニシンのさんしょう漬け】(5~6人分)

~材料~

▼身欠きニシン(8分乾または上乾)…12~15本 

▼さんしょうの葉…片手1掴み

▼しょうゆ…1カップ 

▼酢…1カップ 

▼酒…1/2カップ

▼みりん…1/2カップ 

▼米のとぎ汁…適量  ※酸味・甘味などはお好みで!

 

~作り方~

①脂と臭み抜きのため、

ニシンを、米のとぎ汁に5~6時間ほどつける。

5~6時間つけたニシンは、よく洗い、

エラや背びれをカットし、食べやすい大きさにカットする。

(切らずに漬けてもOK)

 

②保存容器に、ニシンとさんしょうの葉を交互に重ね、

合わせた調味料を入れる。

1週間ほど冷蔵庫で漬け込んで、できあがり♪

 

s-IMG_4549.jpg

【えご】(5~6人分)

~材料~

▼えご草…60g 

▼水…1リットル

※商品によって分量が違います。

説明書を参考にしてください。

 

~作り方~

①えご草を水に10分程度浸し、

ごみなどを取りながら洗う。

 

②水を加えて火にかけ、

木べらなどで20~30分ほど練りながら煮る。

 

③粘りが出たら、火を止め、四角い容器に流し込む。

 

④あら熱をとり、冷蔵庫で冷やし、刺身状に切って食べる。

(切り方を変えて、食感を楽しむのもよし!

「しょうがじょう油や酢じょう油をつけて」

「みそ漬け」など、さまざまな味付けで楽しめます♪)

 

 

s-IMG_4552.jpg

スタジオに出演してくださった、

JA会津よつば女性部の庄司恵子さん、

一緒に作ってくれた女性部の皆さん。

 

会津の伝統料理を、ごちそうさまでした!

 

~♪きょうの音楽♪~

・I LOVE... / Official髭男dism

・Can`t Take My Eyes Off You / Frankie Valli

・kick & spin / Alexandros

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00


ページの一番上へ▲