隊員日誌

2020年03月03日 (火)

こうやって食べるのか!「芋がら」&かぼちゃに込められた思い

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

ぺんぎんナッツのふたりとお送りした月曜日。「んめぇ~なふくしま」では「芋がら」をご紹介しました。

 

s-IMG_4010.jpg

 

(炒めものになった「芋がら」です!)

 

食材のことを教えてくれたのは、JA福島さくら・ふたば地区女性部の石田惠美さんです。

 

s-IMG_4020.jpg

 

「芋がら」は、里芋の茎の部分のこと。里芋を収穫する前に茎を切って、2~3日してから皮をむき、日当たりの良い軒下で、カラカラになるまで干したものです。

 

里芋の種類によって青や赤の茎がありますが、赤い茎のほうが柔らかく、「えぐみ」が少なめ。シャキシャキとした食感がたまりません。

 

石田さんには、芋がらを使って「炒めもの」を作っていただきました!

 

s-IMG_4013.jpg

 

【芋がらの炒めもの】(4人分)

▼芋がら…60g ▼ニンジン…中2本 ▼こんにゃく…1枚 ▼油揚げ…2枚

▼さつま揚げ…3枚 ▼シイタケまたはブナシメジ…1パック

▼しょうゆ・酒・みりん・砂糖…各大さじ4 ▼だしの素…大さじ1

(調味料は、だし醤油で代用することもできます)

▼サラダ油…大さじ1 ▼水(芋がらの戻し用)…300ml 

 

~作り方~

①芋がらを、たっぷりの水に1時間くらい浸けて、やわらかく戻しておく。

②戻した芋がらの水を切り、5センチの長さに切る。

③その他の材料を、5ミリ幅で5センチの長さに切る。

④芋がら・人参を最初に炒める。そのほかの材料と調味料を加え、アルミホイルで中蓋をし、10分くらい中火で煮る。

⑤水分を飛ばすために強火にして、味を絡ませてできあがり♪

 

** 番外編 **

 

石田さんは、芋がら料理のほかに「かぼちゃまんじゅう」を作ってきてくれました。

 

s-IMG_4002.jpg

 

石田さんにとって、かぼちゃは思い出深い野菜だそうです。

 

震災前、双葉町に住んでいた石田さん。近所の畑で作られていた「九重栗かぼちゃ」は、半分に切った時の形から「ハートのかぼちゃ」の愛称で出荷され、様々な形で食卓に上っていました。

 

しかし、震災をきっかけに、一時生産がストップ。いまも、まだ、出荷はできていません。

 

浪江町に嫁いでいた義理のお姉さんがお土産に持ってきてくれた「かぼちゃまんじゅう」の味が忘れられず、家庭でも作れる形で再現したそうです。レシピを紹介します。

 

【かぼちゃまんじゅう】の材料(15~16個分)

<皮>

▼ホットケーキミックス…200g ▼かぼちゃ…1/4個 

▼牛乳…60~80ml ▼砂糖…小さじ2

<あん>

▼かぼちゃ…1/4個 ▼砂糖…大さじ1~3 ▼無塩バター(マーガリン)…20g

 

~作り方~

①かぼちゃ1/2個を適当な大きさに切り、串が通るまで蒸す。

②かぼちゃの皮を外し、裏ごしする。

③半分にし、生地用とあん用に分ける。

 

<生地の準備>

④ペースト状にしたかぼちゃに砂糖を入れて混ぜ、ホットケーキミックスを加える。

ポロポロになるようにかき混ぜる。

⑤ ④に牛乳を少しずつ加え、ヘラで混ぜまとまったら手でこねる。ラップで包み、ねかせる。

<あんの準備>

⑥ペースト状にしたかぼちゃに、砂糖・バターを加えて熱いうちによく混ぜ、15~16個分に分ける。

 

⑦蒸し器の湯を沸かしておく。

⑧生地を棒状にして15~16個分に分け伸ばしてあんを包む。

⑨蒸し器にクッキングシートを敷き、⑧のまんじゅうを並べ、蒸し器にふきんをかぶせてふたをし、弱火か中火で10分から15分蒸し、串を刺して様子を見る。

(強火にすると皮が破れてしまいます)(ふたを、箸などで支え少し開けて蒸す)

⑩まんじゅうを蒸し器から取り出し、冷ましてできあがり♪

 

東日本大震災からまもなく9年。当時の浪江に思いを馳せながら、おいしくいただきました。

 

そして、石田さんがスタジオに持ってきてくれたのが、こちら。

 

s-IMG_4015.jpg

 

「双葉だるま」です。

 

太平洋を思い起こさせる、顔の周りの青い縁取りと、桜の花が描かれているのが特徴です。

 

現在、双葉町からいわき市に避難している石田さんは、地域の人たちを集めて「だるまの絵付け」をしています。

 

みんなで集まっておしゃべりしながら、楽しい時間を過ごすことで、震災の辛い経験を乗り越え、前に進もうとしています。

 

『こでらんに5』の今週のメッセージテーマも「震災から9年、いま思うこと」です。

 

いまだから言えること、伝えたかったけれどできなかったこと…もちろん、匿名でも構いません。

 

わたしたちに、声を聴かせていただけたら幸いです。お待ちしています。

 

 

*きょうは、番組の内容を、一部変更してお伝えしました。

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:31


ページの一番上へ▲