隊員日誌

2019年12月04日 (水)

あなたがやっておきたいことは? @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

県内からも雪の便りが届くようになりました。

本格的な冬の到来を感じます。

空気が「ピーン」と張りつめて、寒さのあまり、体が縮こまってしまいがち。

 

なので、丹野は、毎朝起床時に、

“あえて部屋の窓を大きく開け放す”ことにしています。

すると、体も気持ちも「シャキッ」とする感じがします♪

 

では、番組の振り返りです。

前半の「ふくしまクエスト」は、市場の話題。毎月・第一水曜日にお送りしています。

今月は青果物、「会津産の落花生」の話です。落花生、ピーナッツとも言いますね♪

 

紹介してくれたのは~、この方!

福島市公設地方卸売市場の青果担当、中野雄樹さん♪

s-IMG_3535.jpg

中野さん「ほぼ半年ぶりのラジオ出演です!」

 

丹野は、今回番組で取り上げるまで、

県内で落花生が生産されているとは知りませんでした!

s-IMG_3527.jpg

中野さんによると、その歴史は意外に古く、40年以上前にさかのぼります!

(昭和50年代ごろの話です。)

 

ところが、安い輸入の落花生が出回り始めたり、価格が暴落したり、

栽培が大変だったり…と、じょじょに会津での栽培が減ってしまったそうです。

 

『会津の落花生を復活させよう!』と、平成22年に地元の加工業者が動き、

地元の農家で組織する「会津豆倶楽部」が立ち上がりました♪

 

いまでは、喜多方市や会津若松市・下郷町など、

会津の10の市町村で落花生が栽培されています。

…めでたし、めでたし♪(←いえいえ、まだ番組には続きがっ 笑)

 

収穫は10月下旬ごろ。

新鮮なうちに焙煎などをして、11月下旬ごろからお店に並ぶそうです。

s-IMG_3533.jpg

中野さん

『会津の肥沃な土地で作られる落花生は“大粒”で“オイル分が多く”

“飽きのこないサッパリ”としたなかにも“コク”と“甘み”があっておい♪』とのこと。

 

そうです、試食は田中さんだったので、ここで田中さんの感想も!

田中

『こでらーさんにも、このおいしさを伝えたい~♪(感動)』

s-IMG_3537.jpg

『これから、寒い時期になってきます。

こたつで“会津産落花生”をむきながら、一家だんらんなんかいかがでしょうか?

おいしい会津産落花生をぜひご賞味ください。

高カロリーです!食べすぎは注意です!』と中野さん。

 

きょうも福島県のおいしいものを教えてもらいました!

中野さん、ありがとうございました。

s-IMG_3530.jpg

 

後半は、「こでらんに温泉」。

きょうは、須賀川市の温泉を取り上げました。

 

須賀川市観光交流課の加藤麻実さんに、電話で伺いました。

『“須賀川市に温泉のイメージがない”という方も多いと思いますが、

市民に愛されている“いい温泉・ステキな温泉”がたくさんありますよ』と加藤さん。

 

地域密着型で、お手軽に温泉を楽しむことができたり(リーズナブル!)、

温泉に“食べる・食”や文化など、

地域の魅力とウォーキングを組み合わせたイベントがあったり、

興味深いお話を聞くことができました。

私自身が、須賀川市の温泉に持っていたイメージが大きく変わった気がします!

 

「須賀川市の温泉」について詳しいことは、

須賀川市観光交流課 電話 0248-88-9144 に、お問い合わせください。

加藤さん、業務です。お忙しいところ、電話での番組出演ありがとうございました。

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

 

今週のメッセージテーマは「今年のうちにやっておきたいこと」です。

番組宛のメッセージは

NHK福島の番組HPのメールフォームから、

ファクシミリは 024-522-3700でお寄せください。

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※レギュラー…かな!?)

きょうのお題は…、ありません、無題(笑)

冷蔵庫にあったもの、ありあわせで作ってしまいました。

s-DSC_0957.jpg

※豚肉と野菜(きのこ・赤パプリカ・もやし)の黒酢炒め・目玉焼き

梅干し・ごはん(カツオと昆布のふりかけ)・みそ汁

 

【きょうの音楽】

1曲目 空と君のあいだに / 絢香

2曲目 柊 / Do As Infinity

3曲目 神田川 / かぐや姫

4曲目 あしたのワルツ / H ZETTORIO  

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:19:03


ページの一番上へ▲