隊員日誌

2019年11月27日 (水)

こでらーのあなたに、大感謝!@道の駅あいづ 湯川・会津坂下

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

大相撲中継が明けて、久しぶりの更新です。

また、番組にお付き合いください。

 

さて、今週の月曜日、25日に、「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」で、

公開生放送「こでらんに5スペシャル~こでらー大感謝祭 in 会津」を開催しました。

 

会場に遊びに来てくださった皆様、

ラジオの前でお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました!

s-IMG_3361.jpg

 

「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」のイベント・広報担当、池添寛子さんに、

道の駅の魅力をうかがったり…

s-IMG_3376.jpg

 

s-IMG_3467.jpg

FCT(福島中央テレビ)の音楽番組

『二畳半レコード』とのコラボレーションでは、

二畳半ファミリーの皆さんといっしょに、

会津のおいしい新米に舌鼓を打ったりと、内容盛りだくさんでお届けしました。

 

そして「んめぇな~ふくしま」では、

JA会津よつば・いいで地区女性部部長の、庄司恵子さんをお迎えして、

会津の「んめぇ~もん」を紹介してもらいました。

s-IMG_3362.jpg

「新米おにぎり」「こづゆ」「お漬物」という、会津の恵み三拍子!

庄司さんたち、女性部のみなさん直伝のレシピをご紹介します。

 

【こづゆ】(5人分)

●干し貝柱…5個 ●地竹(細竹)…小1缶 ●きくらげ(乾燥)…5g

●にんじん…1本 ●干ししいたけ…3枚 ●サトイモ…5個

●豆ふ(まめふ)…1袋 ●糸こんにゃく…1袋 ●水…適量 ●しょうゆ…適量

●塩…適量 ●だしの素…適量 ●干しシイタケのもどし汁…少々

●彩りに、旬の緑の野菜…適量

 

 ①干し貝柱・干しシイタケ・きくらげを、それぞれ水にもどす。

(貝柱・シイタケのもどし汁は、使うのでとっておく)

 ②貝柱を手でほぐし、干しシイタケ、きくらげを小さめに切る。

 ③ニンジンは小さい「いちょう切り」、サトイモは「小口切り」にし、

さっと茹で、ぬめりを取っておく。

 ④地竹を斜めに切り、糸こんにゃくは、3㎝位に切る。

 ⑤豆ふは水に戻しておく。

 ⑥鍋に貝柱・シイタケのもどし汁と貝柱・シイタケ・きくらげを入れて、

ひと煮立ちさせ、ニンジン・サトイモ・糸こんにゃくを加えて煮る。

    ⑦しょうゆ・塩・だしの素で味をつけ、彩りの緑の野菜を添える。

 

【ご飯に合うお漬物】(10人分)

●大根…200g ●白菜(芯の部分)…300g ●にんじん…200g

●長芋…200g ●セロリ…1本 ●玉ねぎ…200g ●赤かぶ…200g 

●乾燥きくらげ…10g ●身欠きニシン…5本(つまみ鱈でも可)

●酢…100ml ●しょうゆ(またはめんつゆ)…200ml ●みりん…100ml

●山椒(冷凍)…適量 ●ごま油…適量 ●ごま…適量 ●赤唐辛子(小)…3本

 

 ①身欠きニシンはぶつ切り、その他の材料は千切りにする。

②切った材料を保存パックに入れ、調味料を加えてできあがり。

  半日くらいおいたら、すぐに食べられます。

 

s-IMG_3371.jpg

 

(会津漆器に入った「こづゆ」を食べる中村さんと、うらやましそうにのぞくいなのさん)

 

会場の「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」の皆様、ありがとうございました。

 

番組の時間内にはお伝えしきれないほど、魅力たっぷりの施設で、ぺんナツの中村さんいわく「ここに来れば、会津がまるごと楽しめる道の駅」です。皆さんも、足を運んでみてくださいね。

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:02


ページの一番上へ▲