隊員日誌

2019年11月07日 (木)

元気にスタジオ生登場!「岩瀬農業高校」 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

木曜日は、社会学者の開沼博さんと一緒にお届けしています。

 

県内の1つの高校にスポットを当て、

その学校の魅力や特色を高校生の視点で紹介してもらう

『Go! Go!ハイスクール』では「岩瀬農業高校」を紹介しました。

 

なんと、今回はスタジオに、生徒さんが来てくれました!ようこそ!

s-IMG_3339.jpg 

岩瀬農業高校の学友会会長で、2年生・並木絢蘭さんです。

 

学友会というのは、他の高校でいう「生徒会」のような組織。 

同じ学友会仲間の生徒が応援に来たり、

「会長ファイト!」というメッセージが寄せられたりと、

スタジオでわいわい盛り上がりました。

 

並木さんが伝えてくれた「岩瀬農業高校の自慢」のなかで、

特に印象に残っているのは“6次化産業”のお話。

 

6次化は、生産者自身が、作ったものを加工し、販売まで一貫して手がけることです。

6つの学科が力を合わせて、生産から販売まで取り組んでいます。

 

環境工学科が土地を整備し、その土地を使って、生物生産科や園芸科学科が農作物を生産。

さらに、生産されたものを食品科学科が加工して、

アグリビジネス科が販売戦略や商品開発を手がける、といった具合です。

(開沼さん:「ひとつの高校で総合的に6次化に取り組めるのは、すごいことですね」)

 

現在、開発に取り組んでいるのは、郡山市特産の“鯉”を活かした商品だそう。

来年の東京オリンピック・パラリンピックで郡山を訪れる海外の選手に向けて、

メニューを開発しています(いったいどんな商品なのでしょう?私も食べてみたいです)。

岩農生の取り組み、県内にとどまらず、世界に発信されていきますように!

 

さて、次回のこでらー大喜利のテーマは「こんな学芸会はいやだ!」。

 

開沼さんのお答えは…?

 

「演目の前に、必ず和太鼓の演奏が入る(ラグビーワールドカップみたいにね)」

 s-IMG_3344.jpg

(開沼さんは、実際に、太鼓の稽古をつけてもらったことがあるそうですよ!すごい!)

 

~きょうの音楽~

1曲目 Lonely Go!/Brian the Sun

2曲目 ラヴ・ラヴ・ラヴ~世界のあいことば/アバランチ・シティ

3曲目 二十九、三十/クリープハイプ

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:21:05


ページの一番上へ▲