隊員日誌

2019年11月05日 (火)

ふるさとの心、歌い続けて...演歌歌手・森宮真琴さん @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは。佐藤彩乃です。

 

毎週火曜日にお送りしている

福島ゆかりのアーティストを応援する「ふくしまSONGS」。

スタジオにお迎えしたのは、福島市出身の演歌歌手、森宮真琴さん。

s-IMG_3305.jpg

スタジオで一節、生で歌っていただいた「会津磐梯山」のパワーに圧倒されました。

(引地さん:「でも、どうして“演歌”ではなくて“民謡”を歌ったのでしょう?」)

 

実は、森宮さんは、民謡出身の演歌歌手なのです。

10歳から民謡を習いはじめ、高校1年生の時に、地元の民謡大会で優勝した森宮さんは、

当時の歌の師匠から

「福島で学ぶことはもうない。東京で勉強してきなさい」と背中を押され、18歳で上京。

 

その後、日本民謡協会の大会で「会津磐梯山」を歌い、

内閣総理大臣賞をとった腕前を誇ります。

 

森宮さんによると、民謡と演歌の違いは、

「民謡=伝統の型を重んじるもの」 

「演歌=喜怒哀楽を表現するもの」だそう。

 

「オリジナル曲を作ってみたい」という願いもあって、

演歌の道に転向した森宮さんは、自分の人生観を込めた作品作りを続けています。

(引地さん:「たしかに、民謡出身の歌手の方は、圧倒的に歌唱力がある気がします」)

 

引地さんは、民謡と演歌の歌い方の違いや、

海外ではどう受け止められるのかなど、興味津々の様子。

曲の間も、話はまったく尽きませんでした。

 

森宮さんは「この度の災害で、つらい思いをしている方も多いと思います。

私も、自分にできる形で支援を続けます。

一緒に前を向いて進んでいきましょう」と呼びかけていました。

 

ステキな歌声を、ありがとうございました!

 

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:37


ページの一番上へ▲