隊員日誌

2019年10月23日 (水)

いかがお過ごしでしょうか? @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

番組は、先週から引き続き、内容を一部変えて放送しております。

きょう番組宛に届いたメールにもありましたが、

 

今回の台風被害については、情報が明らかになればなるほど、

その規模の大きさにがくぜんとさせられます。

 

被害にあったみなさんは『あれをしなければ、これもしなければ』と

気持ちが焦ることもあるかと思いますが、一番に体を大事にして過ごしてください。

 

そして、余裕があれば「こでらんに5」を聞いて少しリラックス、

さらに余裕があれば「心にため込んでいる思い」など、番組宛にお寄せください。

もちろん、被害がない地域からの「応援メッセージ」も、たくさんお待ちしています。

お願いいたします。

 

では、きょうの番組の振り返りです。

前半は、台風19号で被害を受けた地域の「生活情報」をお伝えしました。

 

番組後半は、いろいろな温泉が楽しめる県内をラジオで巡る「こでらんに温泉」。

県の最も西に位置し、新潟県と接している「只見町の温泉」を取り上げました。

 

町内にある「深沢温泉」。

そこにある宿泊施設の副支配人 小林晋さんに電話で話を伺いました。

すばらしい景色(高台の日帰り温泉からは、日没の時間帯の景色が最高!だとか)、

そして、郷土料理が自慢だそうですよ!

 

郷土料理、只見町で古くから、お祝い事や大みそかなどのおめでたい日に、

食卓にのぼる料理「お平(おひら)」。

地元のみなさんにとっては、年に1・2回食べられるかどうかの特別な料理。

温泉に宿泊すると~、お平をアレンジした“郷土料理会席膳”を食べられるチャンスが♪

 

また、この季節、

日中は『紅葉』、夜には『満点の星空』が楽しめる露天風呂もおすすめとのこと!

(小林さん個人的には、

冬に頭の上に雪を積もらせながらの “雪見風呂” お気に入りだそうです 笑)

 

温泉は、冬期間も休まずオープンしているそうですよ。

来月9日(土)には、「只見新そばまつり」も予定されているそうです!

…と、たくさん自慢、いや、「温泉の魅力・只見町の魅力」を教えてもらいました。

 

きょう紹介した「温泉」と「新そばまつり」については、

「深沢温泉 季の郷 湯ら里」

 電話 0241-84-2888にお問い合わせください!

小林さん、観光シーズンの忙しいところ、電話での番組出演ありがとうございました♪

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

あす・木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

 

番組宛のメッセージは

NHK福島の番組HPのメールフォームから、

ファクシミリは 024-522-3700でお寄せください。

 

【きょうの音楽】

1曲目 Believe /  May J.

2曲目 放課後の音楽室 / 葉加瀬太郎 with GONTITI

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:19:25


ページの一番上へ▲