隊員日誌

2019年08月28日 (水)

三谷リポーター初登場!「校歌のヒミツ」

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

火曜パーソナリティーは、RAG FAIRの引地洋輔さんです。

 

今回の『ふくしまSONGS』は、いつもと雰囲気がちょっと違う中でお届けしました。なぜかというと…?

 

s-IMG_3058.jpg

 

ニュース『はまなかあいづTODAY』の三谷咲都美リポーターが、スタジオに初登場!県内の2つの中学校の「校歌の秘密」について報告してくれました。

 

2つの中学校とは、伊達市立松陽中学校と桃陵中学校。どちらも、福島が誇る作曲家、古関裕而さんの作曲です。

 

なんと、この2つの学校の校歌は、歌詞もメロディーも全く同じ。

違っているのは、最後のほうで学校の名前を歌うところだけです。

 

その背景は、昭和62年、当時の保原中学校(現在の松陽中学校)の生徒数の増加によって新たに作られた桃陵中学校に、校歌が引き継がれたことにあります。

 

(引地さん:「ただ、新しく学校を作るとしたら、校歌も新しいものを作りそうだけど…?」)

 

そうですよね。しかし、新しく作られた桃陵中の生徒たちが「今まで歌ってきた歌を歌いたい」と熱望。生徒たちの声が形になって、いまも脈々と受け継がれています。

 

(引地さん:「子どもたちの熱意もすごいし、その声を形にした周りの大人たちもすばらしい!」)

 

あなたの学校の校歌にも、知られざる歴史があるかもしれません。私も、通っていた学校の校歌を改めて振り返ってみたくなりました。

 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 大きくなったら/FLYING KIDS

2曲目 Dreams/大橋トリオ

3曲目 夏の終り/矢沢永吉

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:13:33


コメント

※コメントはありません

■コメントの投稿

ページの一番上へ▲