隊員日誌

2019年07月30日 (火)

沖縄と福島を結ぶ歌声『普天間かおりさん』 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

火曜日の曜日パーソナリティは、RAGFAIRの引地洋輔さんです。

 

きょうの「ふくしまSONGS」では、

沖縄県出身のシンガーソングライター、普天間かおりさんに電話で話を聞きました。

 

もともと、沖縄県内でのショーやイベントなどで歌を披露していた普天間さんは、

2002年にメジャーデビュー。

リリースしたアルバムが福島県のラジオ放送局のスタッフの目に留まり、

番組に出演したことから、福島との縁ができました。

 

普天間さんの「あっはっはっは!!」という明るい笑い声を聞くと、

こちらも元気になります。

 

普天間さんは、3.11の揺れを、福島でのラジオの生放送中に経験しています。

その経験を受けて制作した曲が『Smile Again』です。

 

普天間さんは「当時、私は歌っていてもよいのだろうか?と迷いがありました。

でも、あのときのあの気持ちを忘れてはいけない、と心に留めておきたかったのです。

がんばっている人でも、がんばれないくらい辛いことを経験することもあると思います。

そんなとき『遠くから近くから、見守っているよ』ということだけでも伝えたくて、

夢中で作りました」と、制作当時の状況を話してくれました。

 

これからも、復興への道のりに寄り添い、福島での音楽活動を続けていくという普天間さん。

沖縄が生んだ透明感ある歌声で、これからも福島とつながり続けていってほしいと思います。

 

☆Today’s Music☆

1曲目 SUMMER’S/堀井勝美プロジェクト

2曲目 カゲボウシ/ポルノグラフィティ

3曲目 会いにゆこう/引地洋輔

 

<「ふくしまSONGS」>

曲① 守りたいもの / 普天間かおり

曲② Smile Again / 普天間かおり

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:00


コメント

※コメントはありません

■コメントの投稿

ページの一番上へ▲