隊員日誌

2019年06月10日 (月)

これは...なんと立派なブロッコリー!@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。月曜日は、ぺんぎんナッツとともにお届けしています。

 

きょうの「んめぇな~ふくしま」で登場した食材は「ブロッコリー」。

 

s-IMG_2696sato.jpg

 

(中村さん:「この方向から見ると、なんだか雄大な大陸の地図に見える…」)

(いなのさん:「人が住んでいるみたいだよね(いなのさん、住んでいませんから)」)

 

地元の食材を使った料理を作って30年、JA夢みなみ しらかわ地区女性部部長の鈴木ハル江(すずき・はるえ)さんに、スタジオにお越しいただきました。

 

s-IMG_2700.jpg

 

ブロッコリーがしらかわ地区で育てられ始めたのは、いまからおよそ40年前のこと。現在、県内の作付面積は、およそ190ヘクタールにまで拡大しています。

 

東京や神奈川を中心に出荷されていて、特に、5月25日~6月5日頃の出荷量は全国一を誇ります。ピーク時には、1日に、4kgのケースで1万ケース近い出荷があります。

ビタミンCが非常に豊富で、疲労回復、風邪・がんの予防、老化防止に効果があるといわれています。

 

そんなおいしいブロッコリーを使って女性部の皆さんが作ってくれた、きょうの“うまいもん”は“ブロッコリーの漬物”と“ブロッコリーのからしマヨ和え”です。

しらかわ地区の特産品を「定番以外の食べ方で!」と、この料理を紹介してくれました。

 

ポイントは、ブロッコリーをゆでたあとの水分をしっかりと切ること。これで味に差が出るそうですよ。

 

*本日のレシピ*

s-IMG_2692.jpg

 

【ブロッコリーの漬物】(2~3人分)

●ブロッコリー・・・1株  ●昆布・・・少々  ●かつおぶし・・・少々

●だし醤油・・・大さじ3  ●塩・・・少々

 

~作り方~

①ブロッコリーを茎と房に分ける。

②茎は皮をむき、斜め薄切りにする。房は細かくする。

③多めの湯を沸かし、塩を少々入れたら、

ブロッコリーの茎を先に入れ、30秒経過したら房を入れる。

茎を入れてから1分間経過したら、茎と房をざるにあげ、

キッチンペーパーで水気をよくとる。

④ゆでた茎と房を混ぜ、そこに昆布・だし醤油を混ぜ合わせる。

⑤まぜ合わせたブロッコリーを器にのせ、かつおぶしをかけ出来上がり。

 

s-IMG_2693.jpg

【ブロッコリーのからしマヨ和え】

 

●ブロッコリー・・・1株    ●マヨネーズ・・・大さじ3

●からし(チューブ入り)・・・小1 ●白ごま・・・(好み・すりごまでも可)

●山椒の葉・・・1枚(飾り)

 

~作り方~

☆ゆでて水気を切るところまでは、漬物の作り方と同じです。

④ゆでたブロッコリーの房と茎に、からしマヨネーズを混ぜ合わせる。

⑤器に盛り、上からゴマをかけ山椒の葉を1枚のせて出来上がり!

 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 ガッツだぜ! / ウルフルズ

2曲目 Papa Loves Mambo  /  Perry Como

3曲目 手紙~愛するあなたへ~ /  藤田 麻衣子

4曲目 家族になろうよ / 平井 堅

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:22:09


コメント

※コメントはありません

■コメントの投稿

ページの一番上へ▲