隊員日誌

2019年04月09日 (火)

「30年続ければ、もはやプロ!」吹奏楽の響き @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

火曜日は、RAG FAIRの引地洋輔さんと一緒にお届けしています。

 

番組前半は「ふくしまSONGS」。福島ゆかりのアーティストを応援しています。

スタジオにお迎えしたのは、「福島ウインドアンサンブル」副団長の小野崎敦さんです。

20190409-01.jpg 

小野崎さんは、クラリネットの低音域バージョン=バスクラリネットを担当しています。

 

それにしても、小野崎さんは話がお上手!

それもそのはず!!定期演奏会では「MC」としても活躍されています。

さらに、楽団の情報発信・広報も担当していて…

大忙しの中、スタジオにお越しいただきました。

 

「福島ウインドアンサンブル」の結成は、昭和62年。

福島市を中心に、伊達市、二本松市などの、

高校生から50代までの40人ほどが参加している、アマチュアの吹奏楽団です。

 

(引地さん)「30年以上続けているアマチュアは、もうプロです!僕の中では!」

 

「福島ウインドアンサンブル」では、フルートやクラリネット、

トランペット、トロンボーンといった、木管楽器・金管楽器に加えて、

マリンバやシロフォン、ドラムなどの打楽器もあります。

 

それぞれの楽器の役割を担いながら、

みんなの音が1つになるアンサンブルを楽しんでいるということです。

 

レパートリーのひとつに「よってがんしょ福島」という曲が。

「福島県 県民の歌」「会津磐梯山」「相馬盆唄」「飯坂小唄」のメドレーです。

 

震災の年に、各地の避難所で出前演奏会を行ったときは

「避難所で演奏してもいいのか?」という迷いもあったそう。

しかし、その心配をよそに「自分のふるさとの曲を演奏してくれた!」と、

喜びの声が寄せられたそうです。

 

このように、地域に根ざした演奏活動を続ける

「福島ウインドアンサンブル」の定期演奏会が、今月行われます。

 今月21日(日)福島市音楽堂・大ホール

開場は午後1時30分、 開演は午後2時です。

 

小さいお子様連れの方のための「親子室」が用意されています。

また、開演15分前には「ウェルカムコンサート」も♪

 

あすは、『こでらんに5W』!

田中朋樹アナウンサーと丹野なな子さんのコンビでお届けします。

「ふくしまクエスト」「こでランク」ともに、映画の話題をお届けします。

どうぞお楽しみに!

 

☆Today’s Music☆

1曲目 桜の木の下には/ おいしくるメロンパン

2曲目 桜/ 高橋真梨子

3曲目 サムシング・ジャスト・ライク・ディス/ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:12


コメント

※コメントはありません

■コメントの投稿

ページの一番上へ▲