隊員日誌

2019年01月30日 (水)

ことしも、残すところ11か月! @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

きょうの福島市は、風がやんで、穏やかで過ごしやすい一日になりました♪

みなさんのところは、いかがでしたか?

 

とはいえ、全国的に、インフルエンザが「警報レベル」の大流行中です。

福島県も、例外ではありません!

基本的な手洗いはもちろん、栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠(休養)、

規則正しい生活をしっかりと続けて、元気に毎日を過ごしていきましょう!

(自分自身に、いい聞かせています 笑)

 

さて、きょうの番組を振り返りますと~、

前半の「ふくしまクエスト」は、春を先取りして、

この4月、二本松市を会場に開かれる「2019全国さくらシンポジウムin二本松」について。

 

え!?もう桜の話題!と、驚かないでください(汗)

春を待つこの季節、「桜」と聞くだけで、心が軽やかになりませんか?

 

シンポジウムの実行委員会事務局、二本松市観光課長の大内真利さんに電話で伺いました。

今回で38回目になる「桜のシンポジウム」。福島県が会場になるのは、2回目です。

 

二本松市では、今回のシンポジウムをきっかけに、

多くの人に「二本松市の桜」のすばらしさを再認識して欲しい!という思いもあるようです。

たしかに、二本松市には「桜の名所」が、たくさんありますものね♪

 

事前に申し込めば、一般の人も参加できるシンポジウムです。

ことしは、地域の桜について、少し知識を増やした上で、

お花見を楽しむ…というのは、いかがでしょうか?

記念講演やパネルディスカッション、実際に桜を見る現地見学会は、無料で参加できます!

 

「2019全国さくらシンポジウムin二本松」、

4月11日(木)と12日(金)の2日間の開催です。

申し込みの締め切りは、2月28日(木)。

 

詳しくは、2019全国さくらシンポジウムin二本松実行委員会事務局

電話 0243-55-5095 に、お問い合わせください。

(※電話受付時間は、月~金 午前8時30分~午後5時15分)

大内さん、準備でお忙しいところ、電話での番組出演、ありがとうございました!

 

後半は、「こでランク」。

きょうは映画、福島市内にある映画館の支配人、映画の達人 阿部泰宏さんの登場です。

s-IMG_2143.jpg

※阿部さん、ことし初めての番組出演。(写真左)

 

人気ランキングは、お正月からの流れを受けた順位。邦画が好調だとか♪

そして、達人イチオシの映画は、「月」を舞台にした作品。

人類で、最初に「月面」に降り立った男性を描いた映画です。

 

これまで、あまり語られてこなかった男性の人間像に迫ってゆくあたり、

そして、月面の様子が完全に再現されている映像美が、とても興味深いそうで…。

阿部さん!毎回のことですが、おススメされる映画が、私は相当、気になります(笑)

 

番組終了後、田中アナウンサーが、

「きょうの番組は、日本人が好みそうな“桜”と“月”の話題になったね!」と話していました(笑)

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あすは木曜日。社会学者の開沼博さんと北村有紗さんが登場!二人に、バトンタ~ッチ!

 

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:20:02


コメント

※コメントはありません

■コメントの投稿

ページの一番上へ▲