隊員日誌

2018年12月26日 (水)

ことしも、ありがとうございました♪ @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

きょうが、年内最後の水曜日。

こでらーのみなさん、この一年も、Wコンビが大変お世話になりました!

ありがとうございました。

 

そして、年末、何かと忙しいタイミングにもかかわらず、

たくさんのメッセージを寄せていただきました!

きょうのメッセージの件数は、ことしの水曜日の最高記録と思われます♪

重ねて、感謝申し上げます。

 

みなさんの「年末年始」の様子が、文面から読み取れて、

紹介しているこちらも、とても楽しくなりました。

 

中には「年末年始は仕事…」というこでらーさんも。

お休みの人も、そうでない人も、寒さ対策をして、

かぜなどひかないように、新年を迎えてくださいね!

 

さて、前半の「ふくしまクエスト」は、「福島のお正月料理」という話題。

福島県農業短期大学校の専門員、安田幸子さんと電話をつないで、話を伺いました。

 

福島県を代表するお正月料理といえば、

『いかにんじん、お煮しめ、豆数の子、ニシンの昆布巻き、黒豆、

引き菜もち(ひきなもち)、柚巻き大根など』と、安田さん。

 

その他、浜通り、中通り、会津、

それぞれのお正月料理の特徴や、お雑煮の違いなども伺いました。

 

こでらーのみなさんも「そうそうそう~♪」「え、そうなの!?」など、

自分の家のお正月料理と比べて、さまざまな感想をもったのではないでしょうか。

安田さん、分かりやすい話をありがとうございました。

 

後半は「こでランク」。きょうは「本」です。

番組レギュラー、福島市内にある書店の店長、本の達人・金子瑛未さんが登場です!

 

人気ランキングは、絵本、小説、教養本、いまは亡き大女優の言葉を集めた本など、

バラエティーに富んだ並び!

年末年始の休みに、「これ読みたい!」と思わせるような本ばかりでした。

 

達人おススメの本は「家族」について書かれた、短編小説。

帰省などで「家族」と再会するいまの時期に、ぴったりな作品が、おススメのポイント。

自分と、自分の家族とのかかわりにつついて、改めて考えさせられるような内容です。

 

「一緒に暮らしているのに、相手のことをどれだけ理解しているのか。

“理解した気でいてしまう”のが、家族のような気がします。」

「仕事やさまざまな理由で、年末年始に家族に会うことの出来ない方にも、

ぜひ読んでほしい、心温まる1冊!」と、金子さん。

ことしも、ステキな本をたくさん紹介してもらいました!ありがとうございました。

s-IMG_2041.jpg

※写真(左)金子さん 年末は「夫と煮物を作ります!」とのこと♪

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あすは木曜日。そして、ことし最後の「こでらんに5」。

社会学者の開沼博さんと北村有紗さんが登場です!二人に、バトンタ~ッチ!

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:19:45


コメント

※コメントはありません

■コメントの投稿

ページの一番上へ▲