隊員日誌

2018年11月07日 (水)

暦の上では、冬ですが... @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

きょうの番組は、不定期でやってくる「ふくしまクエスト」二本立て♪

前半のクエストは“市場”の情報。「福島の秋の味覚 柿」の話題。

 

青果に関わって15年、福島市公設地方卸売市場協会から、中野雄樹(なかの・ゆうき)さんにお越しいただきました。

s-IMG_1632.jpg

※ほぼ10ヶ月ぶりの登場の中野さん

 

今年は、梅雨の時期の少雨、夏の猛暑、9月10月の台風の影響などがあり、柿の自然落下があって、実の数が少なかったり、大きさにもバラつきが出たり…と、柿にとっては厳しい条件が続いたようです。

とはいえ、先月下旬から「会津のみしらず柿」や「あんぽ柿」の入荷が始まったそうです。

厳しい中をおいしく実ってくれた柿、大事に食べたいですね。

s-IMG_1644.jpg

※おいしい“みしらず柿”のポイントは、皮に“ハリ”や“つや”があって、“色が鮮やか”。

 “へたが実にしっかり付いているもの”。と、中野さん。

 

「そのまま食べても、料理の素材に使ってもおいしい柿!ビタミン豊富で、栄養面でも優れています。これからの季節、みしらず柿やあんぽ柿を食べて、元気に乗り切っていきましょう~!」と、中野さん。

また、スタジオに来て、青果物について教えてくださいね!ありがとうございました。

 

二つ目のクエストは、「青空の下で、読書を楽しみませんか?」という話題。

先月と今月の火曜日と土曜日に、須賀川市の翠ヶ丘公園(みどりがおかこうえん)で、

「ブックガーデン」という取り組みが行われています。

この取り組みを主導している、市岡綾子さん(日本大学工学部 建築学科 専任講師)にお話を伺いました。

s-IMG_1639.jpg

※NHKの人気コント番組からのポーズ!?

 

平たく言うと、公園の中に書架を運んできて“あおぞら図書館”を楽しもう!という活動。

実はこれ、公園をもっと有効活用するための、須賀川市の社会実験なんだそうです。

とはいえ、お話を聞いていると「青空の下、公園で読書を楽しむ」という行為自体を、

公園利用者は純粋に満喫しているようです。

 

もともとは、市岡さんが海外の公園で体験したことがきっかけだそうで、いつか日本でも同じように公園を楽しんでみたいと、計画を温めていたんですって。

今月も、予定通り、火曜日・土曜日の開催。公園利用者なら、だれでもブックガーデンを利用できます。場所は:須賀川市の翠ヶ丘公園内の「憩いの広場」です。

 

「親子で、のんびりと芝生で本が読めるので楽しいとい!」という声も届いているそうで、

すでに「ブックガーデン」のリピーター、ファンもいるようですよ♪

『住民の目線で、日常生活がもっと潤うために自分達ができることを始めてみると、それが大きな喜びになると思うのです。』と、市岡さん。

この取り組みが、地域や公園利用者にとっての“素敵な毎日”につながること期待大!!

市岡さんの熱意を感じました。ご出演、ありがとうございました。

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あさっての公開生放送に向けて、こでらーのみなさんも、準備お願いしますよ(笑)

あすは木曜日。「こでらんに5」、レギュラー放送は、社会学者の開沼博さんと北村有紗さんにバトンタッチで~す!

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:21:23


コメント

放送の最後の方にメールを読んでいただいてありがとうございます。
リクエスト曲は、田中アナが乳幼児の頃のドラマ主題歌だったので、記憶には、無いですね…失礼しました。でも、田中アナとTOKIOの城島茂君やV6の坂本昌行君と同世代だとは、びっくりぽん!です(笑)

投稿日時:2018年11月08日 14:59 | シュガービーンズ

■コメントの投稿

ページの一番上へ▲