隊員日誌

2020年04月03日 (金)

新コーナー、始動!!

 

こでら―の皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

木曜日は、今年度も、社会学者の開沼博さんとともにお届けします!

 

s-IMG_4159.jpg

 

(新デザインのポスターを前に。開沼さんの手のひらに、ミニ開沼さんが乗っています。笑)

 

そして、新たにスタートしたコーナー「ひろし探検隊」。

 

(開沼さん:「自分の名前がコーナータイトルになるのは、なんだか恥ずかしいですね」)

 

くらしに役立つ情報や、よりよく豊かに生きるための知恵を、開沼さんとともに「探検」。

「聞けば試したくなる・誰かに話したくなる」情報を探し当てて、掘り下げていきます。

 

初回のテーマは「新型コロナウイルス」について、特に「教育分野」への影響を探りました。

 

2月下旬の臨時休校要請から休校、そのまま春休みに入った、という子どもたち。

 

家にいることを余儀なくされたなか、県内でも、様々な方法を使って、子どもたちの学びを支えようと取り組む企業や団体が数多くあります。

 

今回は「インターネットを使って子供たちの学びを見守る」活動を行っている、南相馬市の学習塾の塾長、佐藤晃大さんと電話をつなぎました。

 

佐藤さんは、今回の一斉休校にともなって、インターネットに接続したパソコンやスマートフォン、タブレットなどを通して、児童・生徒が各学校の課題に取り組む様子を講師が見守る「オンライン授業」を実施しました。

 

佐藤さんには、オンライン授業をして得たことや、今後の課題などを伺いました。

 

さらに、コーナーの途中からは、実際にお子さんがオンライン授業に参加した保護者の方にもお話に加わっていただき、

 

電話をつなぐ形式ではありましたが、スタジオの雰囲気はまるで「保護者会」になりました。

 

開沼さんも「現場の生の声を聞けたのは貴重」と、初めての探検は大成功。

来週以降も、皆様のお役に立つ情報を発信していきます。

 

また、このコーナーでは、ラジオをお聞きの皆さんからの声を募集しています。

 

「新型コロナウイルスの影響」について、いま知りたいこと、「職場で困っている」ということなどはありませんか。

 

『こでらんに5』では引き続き、様々な形で、この状況を乗り越えるための情報をお伝えしていこうと考えています。

 

「誰にも話せない」ということなど、不安な気持ちをお送りいただいても大丈夫です。

 

平日の夕方5時、私たちは、ラジオの向こうで皆さんのことをお待ちしています。

 

 

 

~♪ きょうの音楽 ♪~

・君は何かができる / 99Harmony(「まーさん」さんからのエールソング)

・Only Yesterday / Carpenters

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:44 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年04月02日 (木)

新年度もこのコンビです! @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

新年度も水曜日は、田中・丹野のコンビでお届けします♪

4月最初の「W」は、バラエティに富んだ内容でお送りしました。

 

前半の「ふくしまクエスト」は

「おいしく食べたい!初がつお」と題して、お送りしました。

福島市公設地方卸売市場から、番組準レギュラーの小林学さんです。

 

s-IMG_4153.jpg

小林さん

『家の食卓でも、おいしく食べられる魚・海産物を、市場からお届けしていますよ♪』

 

例年に比べると、外食関係の品物の動きが激減だそうで…。

とはいえ、市場のセリ場には、“春の風”とともに、“魚+春”と書く、サワラ(鰆)!

その他、メバル・サヨリ・シラウオ・ホーボー・真鯛…などなどが並んでいるそうですよ。季節感、満載ですね♪

 

そんな中、きょうのメインは“初がつお”。

試食は「手こねかつお飯」でした。

小林さんが、持ってきてくれるものには、間違いがない!!

(いつも、田中アナウンサーが、おいしい♪うまーい♪♪と試食しています 笑)

s-IMG_4150.jpg

 

《手こねかつお飯・作り方 ~小林風~》

1)酒・しょうゆ・みりんに、1時間くらい“かつお”を漬けます

2)刻み大葉・刻み万能ネギを、用意して

3)みじん切りのニンニクと生姜少々と白ゴマも準備

4)後は、少し冷ましたご飯と、すべてをマゼマゼマゼマゼ~… 

s-IMG_4151.jpg

 

『丼に盛って個人用!大皿にもって手巻き!!アレンジ色々です!

分量は、すべて好みの分量で(笑)』

『切り身が食べきれなかったら、

“魔法の調味液”【酒・しょうゆ・みりん・ニンニク・ショウガ】を合わせた中に、

30分~1時間程度漬けて“丼に。一晩漬けたら竜田揚げに。

“しっかりしみたら”炒めてみて!!』と、小林さん。

(※切り身にそのままラップをかけて、冷蔵庫に一晩…というのは、NGだそうです!!!)

 

小林さん、きょうも、ほがらかなお話しぶりでのご出演、ありがとうございました♪

 

そして後半は、レギュラーコーナー「こでランク」の特別企画。

最新の人気の本ランキングと合わせて、

本の達人・金子さんおススメの「春休み中のお子さんに読んでほしい本5冊」を紹介。

s-IMG_4157.jpg

※金子さ~ん、目線こっちですよ~♪(笑)

金子さん

『今回は、3つのポイントに絞って、本を選んでみました。

  1)家の中でも楽しく勉強ができる本

  2)読書しながらも、家の中でできることに興味をつなげられる本

  3)この時期が過ぎても、読書に触れ続けてほしいなということで、シリーズ読物』

 

日本47都道府県を覚える「地図絵本」や、

大人気の科学漫画サバイバルシリーズ(ウイルスについて)、

お話と料理、2つの要素を一冊にまとめた本、

ベストセラー作家の“三姉妹”が探偵になって活躍するミステリーシリーズ、

そして、日本推理小説史上に残る伝説の名作は「占星術」がテーマだそうで…。

 

金子さんの読書の引き出しの数は、どれだけあるのでしょう!(丹野、感動しました)

『この機会をとらえて、これまでなじみがなかった人は、ぜひ、読書の習慣も…!』と、

金子さん。

また素敵な本の世界、ご案内くださいね。金子さん、ありがとうございました。

 

 

きょうは、放送がありませんでしたが、

こでらーのみなさんからの「エールを君に」コーナーへの投稿を、お待ちしています♪

みなさんもラジオを通して大事な人に、メッセージ&エールソング(応援歌)を届けてみませんか?NHK福島のホームページかからお寄せいただけます!

一緒に「こでらんに5」、盛り上げてください、お待ちしています♪

 

報告は以上です。任務完了―♪♪

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※新年度も、ケイゾク!?)

きょうのお題、『冷蔵庫のお宝発掘!』。ありあわせ材料でも、意外に豪華にできたかな(笑)

s-DSC_1044.jpg

※きのこ4種の炊き込みご飯(もちろん、混ぜて炊くだけの“素”を活用 笑)

 じゃがいも・玉ねぎ・ソーセージ入りスペイン風オムレツ

 セロリの浅漬け フルーツはキンカンとブルーベリー 

 

【きょうの音楽】

1曲目 NEW START /  木村拓哉 

2曲目 桜坂 / 東京ポップスカルテット

3曲目 PEOPLE,RIDE ON / ICE

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:10:50 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年04月01日 (水)

若き箏奏者に聞く「大川義秋さん」

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

今年度も、火曜日は、RAG FAIRの引地洋輔さんとともにお届けします。

 

◆ ◆ ◆

 

福島ゆかりのアーティストを応援する「ふくしまSONGS」では、箏奏者の大川義秋さんと電話をつないで話を聞きました。なんと、お若い24歳!

 

1曲目にお送りしたのは、大川さんが作曲、演奏した『時の風にのって』。

 

「苦しんでいるのに“助けて”と言えない気持ちを持つ人と、その傷に気付いた人とが手を取り合い、前に進んでいく決心と心情を描いた」という一曲でした。

 

大川さんは、双葉町出身。東日本大震災・原発事故の影響で埼玉へ避難した経験があります。

 

埼玉の転校先の高校で、邦楽部に入ったのをきっかけに箏に出会い、演奏を始めます。

 

「傷ついた心を、柔らかく包みこんでくれるような箏の音色に癒してもらいました。そこから、箏にのめりこみました」と当時を振り返る大川さん。

 

大学4年のとき、和楽器が出場するコンクールで最優秀賞を受賞したのをきっかけに、プロの箏奏者としての道を歩み始めました。

 

現在は自らを「箏男Kotomen(ことめん)」と称し、独学でデザイン制作したアイドル衣装を身にまとって、全国で演奏活動をしています。

 ookawa.jpg

(ステージ上の大川さん)

「新しい箏」の在り方を追い求めている大川さんは、現在、アロマや絵とのコラボレーション、プロジェクションマッピングを取り入れる、など、様々な表現方法に挑戦中。

 

これからも、どのような新しい波を起こしてくれるか、楽しみです。

 

 

◆ ◆ ◆

 

~「番組ポスター交換の儀」が行われました~

 

旧年度のポスターに別れを告げて…

 

s-IMG_4136.jpg

 

 

さて、全体像はどんな感じに…?

 

ポスターと連動し、新しいデザインになったホームページが、近日公開予定です!楽しみにお待ちくださいね…♪

 s-IMG_4145.jpg

 

~♪ きょうの音楽 ♪~

[ふくしまSONGS]

・時の風にのって / 大川義秋

・生きる意味 / 大川義秋

 

・高原列車は行く / 歌唱・岡本敦郎

(「菜之花咲多」さんからのエールソング)

・Like A Rolling Stone / Bob Dylan

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:43 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年03月31日 (火)

新年度、スタートです♪

 

こでらーの皆様、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか。

 番組としては、今週月曜日から新年度がスタートしています。

 

『こでらんに5』も、5年目に突入!ご案内役は、佐藤彩乃が務めてまいります。

 番組を通し、1年かけてしっかり育てた「ふくしま愛」をさらに深めて、私らしい言葉で発信する年にしていきます。

 

そして、今年度も、月曜日は「ぺんぎんナッツ」のふたりとともにお届けしていきます。

番組の成長とともに歩んで5年目!今年度もよろしくお願いします!

 

◆ ◆ ◆

 

「んめぇ~なふくしま」は、今年度、さらにパワーアップ!

 

JA女性部の皆さんの活動はもちろん、県内で食について学ぶ学生などにもスポットを当てて、幅広く「県内の食にまつわる取り組み」を紹介していきます。

 

今回とりあげたのは、「うど」です。

 詳しく教えてくれたのは、JAふくしま未来そうま地区女性部、南相馬市の高野貞子さんです。

 

s-IMG_4132.jpg

 

白い、きれいなうどです。できるだけ日の光を当てないように、工夫して育てています。

 それを使って、高野さんが作ってくれたのは「うどのきんぴら」です。

 

s-IMG_4127.jpg

 

~材料(4人分)~

▼うど…3本  ▼しょうゆ…大さじ1  ▼さとう…大さじ2

▼みりん…大さじ2  ▼だし…少々  ▼白ごま…少々

 

~作り方~

①うどをきれいに洗い、5cmに千切り。酢水につけてアクをとる。

②鍋に油をひき、うどを炒める。

③少し柔らかくなったら調味料を入れ、水分がほぼなくなるまで炒めて味を調える。

④仕上げに、白ごまをかけてできあがり♪

 

★高野さんからのワンポイントアドバイス★

「細目のうど」を選ぶと、柔らかいので、炒める時間が短くて済みますよ。

 

「なかなか普段の生活では食べたことがなかった」というぺんナツのふたりも、完食!春の訪れを感じているようでした。

 

◆ ◆ ◆

 

そして、後半のコーナー「Go! Go!ハイスクール」が、木曜日から月曜日にお引っ越し!

 

リニューアル初回に登場したのは「保原高校」でした!

 

s-IMG_4134.jpg

 

野球部の2年生、菅野皐月さんがスタジオに来てくれましたよ~!

 

菅野さんは、ぺんナツのふたりと、見事なトークを展開!

いなのさんの持ちネタ「いいんじゃないの!」も披露するなど、初めてラジオに出演したとは思えないほどの軽快さでした。

 

ぺんナツに、高校生と話した感想を聞いてみると…?

 

(中村さん:「いや~、スピード感が違うよね、高校生は!テンポがいい!」)

(いなのさん:「刺激的!若返るわ~!笑」)

 

こでら―さんからの好評の声を受け、菅野さんは、番組のエンディングにも登場!最後まで楽しませてくれました!菅野さん、ありがとうございました!

 

 

~♪きょうの音楽♪~

・俺たちまだやれる人 / ひとりぼっち秀吉BAND

・星影のエール / GReeeeN

・君が好きだと叫びたい / BAAD

(「Go!Go!ハイスクール」に出演の菅野さんリクエスト)

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:26 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年03月27日 (金)

母校の生徒たち、ガンバレ!~白鳥さんのエールソング~

 

こでらーのみなさん、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

金曜パーソナリティーは、たんぽぽの白鳥久美子さんです♪

 

s-IMG_4125.jpg

 

(『エール』放送開始もうすぐです!)

 

今週は「エールにエール」と題して、それぞれの曜日パーソナリティーの皆さんに選曲していただきました。

 

白鳥さんが選んだのは、THE CRANBERRIES(クランベリーズ)の「Dreams」。

母校・日大東北高校の生徒たちに向けて、熱いメッセージも寄せてくれました。

 

白鳥さん:「いやぁ~、私、高校時代、暗かったの(笑)。なんだか毎日楽しくなくて。

 

けれど、いま思い返すと、“ああ、あれも愛すべき日々だったんだな”って。

 

いま辛くても、絶対そう思える日が来るよ!!」

 

白鳥さんお気に入りの冒頭の歌詞は、

 

『All my life is changing everyday~私の人生は 日めくりで変わる

 

In every possible way~どんな風にも形を変えて』。

 

白鳥さん、素敵なエールソングのプレゼント、ありがとうございました!

 

◆ ◆ ◆

 

さて、この金曜日の放送が、2019年度の締めくくりでした。

 

1年間、番組にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:32 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年03月27日 (金)

開沼さんが、エールを届けます @佐藤彩乃

 

こでら―の皆さん、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

木曜日のパーソナリティーは、開沼博さん。

大相撲中継明け、久しぶりの登場です。

s-IMG_4121.jpg

福島出身の作曲家・古関裕而さんを主人公のモデルにした

連続テレビ小説『エール』の放送まで、あと4日!

 

『こでらんに5』では、

あなたが誰かに贈りたい応援歌・エールソングのリクエストを、

メッセージとともに募集しています。

 

きょうは、曜日パーソナリティーが贈るエールソングを紹介する

「エールにエール」もお送りしました。

 

開沼さんからのエールソングは、コブクロの「YELL~エール~」。

「この春、福島を離れて、新しい生活を始めるみなさんへ」と、

たくさんの候補の中から、迷いに迷って決めてくれた1曲です。

 

開沼さん自身も、高校を卒業して、いったん福島を離れた経験が。

高校卒業当時の開沼さんの思いや、印象的な場面などを話してくれました。

こでらーさんの中にも「うんうん」と共感できた方がいらっしゃるのでは?

 

曲をお送りした後、開沼さんに、

自分のリクエスト曲が流れた実感は?と聞いてみると…

 

「これまで、たくさんラジオを聴いてきましたが、

投稿したり、曲を流してもらったりするのは初めて。

いいものですね、またこんな機会があったらいいな!」と、

うれしい一言をいただきました。

 

みなさんにも、ぜひ!この喜びを味わっていただけたら、うれしいです。

みなさんからの「エールソング」リクエストは、

NHK福島放送局のホームページで受け付けています。

 

トップページにある「エールを君に」の画像をクリックするか、

「こでらんに5」のページから、応募フォームにお進みください。

 

ファクシミリの方は⇒ 024-522-3700

郵便でも受け付けています⇒ 

〒960-8588 福島市早稲町1-2 NHK福島放送局「こでらんに5」宛

 

~♪きょうの音楽♪~

・春がきた / ウェルナー・ミュラー・オーケストラ 

・YELL~エール~ / コブクロ

(開沼さんからのエールソング)

・今日はよい日 / 鈴木聖子、喜多三

(ラジオネーム「ラジオさん」から、

休校になっている子どもたちへのエールソング)

・天地ガエシ / NICO Touches the Walls

・ENDLESS STORY / JUJU

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年03月26日 (木)

今年度もありがとうございました @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

きょうの番組も、元気にお届けしました!

(世の中の雰囲気が、少し重苦しく感じる近頃。

1時間の放送ですが、せめて、ラジオからの音だけでも、明るく届くように…。)

 

番組の前半では、来週30日(月)から放送が始まる、

連続テレビ小説「エール」の放送直前スペシャルと題してお送りしました。

 

スタジオには、

福島民友新聞社で「エール」に関する特集記事を担当する記者、国分利也さん。

そして、福島放送局で広報を担当している齋藤千夏職員。

s-IMG_4103.jpg

 

福島県が地元という国分さん。

来週から週1回、ドラマ「エール」に合わせて『古関さんの功績や、

ドラマにかける出演者や制作陣の情熱を紹介する連載』を始めるそうです♪

s-IMG_4116.jpg

国分さん:「夢にもエールのことが、出てくるくらい…」

記者としての情熱を感じます!国分さん!!

 

そして、国分さんの取材のメモから、

古関さんの母校愛や謙虚な人柄がうかがえるエピソードも、教えてくれました。

 

齋藤職員からは、みなさんからの写真をたくさん寄せていただきたい企画、

「連続テレビドラマ『エール』~福&愛をココから~」の話がありました。

 

NHK福島放送局のホームページから投稿できますので、

ぜひみなさんの“これこそは”という写真を送ってくださいね♪

(詳しくは、投稿フォームの規約等をお読みください)

 

その他、4月から7月の間、県内の16の自治体を、

ドラマの主人公とヒロインの、窪田正孝さん・二階堂ふみさんの等身大パネルや、

小物、パネルなどの「エール」セットが巡回する予定もあるとのこと!

 

こでらーさんのお住まいの近くで展示がある時には、どうぞお立ち寄りくださいませ♪

 

国分さん、まだまだ古関さんの情報をお持ちのようなので…、

次のご出演も楽しみにしています!

『へー、そうなの!?』という古関さんエピソード、また聞かせてください♪

ご多忙の中の出演、ありがとうございました。

 

後半は、特別企画の「エールにエール」。

先日、放送時間の都合で紹介できなかった、不肖・丹野の選んだエールソングを、

メッセージと一緒に、お送りすることができました。

 

私が、この仕事をする上で、

初心にかえることができるエピソードを、少し紹介させてもらいました。

(※選んだ曲リストは、このブログの一番下です)

 

さて、今週のメッセージテーマは「準備」です。

きょうも、たくさんのメールをいただきました。本当にいつもありがとうございます。

 

(新型コロナ、オリンピック、聖火リレーのタイムリーな話題から、

ご自身に身近な桜や洋服を新調した件まで…、

それぞれバラエティーに富んだ内容で、お寄せいただきました!)

 

あす以降もメッセージ、お待ちしていますよ!

番組宛のメッセージは、

NHK福島の番組HPのメールフォームから、

ファクシミリは 024-522-3700でお寄せください。

 

報告は以上です。任務完了~♪

 

そして、「こでらんに5W」から大事なお知らせです。

きょうで、今年度の放送は終了。

来週からは、新年度!!!

 

…そうなんです。

Wコンビ、新年度も田中・丹野組み合わせで、お送りいたします♪

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

田中アナウンサーからのコメント。

『新年度も、毎回、最高の放送を目指します!』

 

 

【きょうの音楽】

1曲目 春よ、来い  / 松任谷由実 

2曲目 紺碧の空 / 早稲田大学グリー・クラブ 

3曲目 この道を行こう / RIP SLYME 

(※丹野選曲 エールソング)

4曲目 風笛(かざぶえ)/宮本笑里

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年03月25日 (水)

いまこそ問う!「算数セット」と「防災ずきん」 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

3週間ぶりの登場となった、

RAGFAIRの引地洋輔さんと盛り上がった話題は…

「算数セット」と「防災ずきん」でした。

 

今週のメッセージテーマは「準備」ということで、引地さんは、

この春、小学校に入る娘さんのエピソードを挙げてくれました。

(おめでとうございます!)。

 

(引地さん:「ランドセルを買ったことに、ホッとしていたら、

ほかのものの準備が追い付かなくて…笑」)

 

佐藤:「そういえば、“算数セット”って、ありませんでしたか?

あの、カラフルな花のおはじきに、ひとつひとつ名前を書いてもらって…」

 

(引地さん:「あー!ありましたね!!こまーい(細かい)んです!

書かなきゃいけない文字が!笑」)

 

こでら―さんからも、さまざまな反応が寄せられました。

 

中には「家でラジオを付けていたら、後ろで聴いていた母が

「いやぁ…大変だったよ…」と、急につぶやき始めました。し

かも、何度も。笑」というメッセージも。お疲れ様でございます…!笑

 

世の中のお父さん・お母さんが、一度は通る道なのかもしれませんね。

 

一方、引地さんが意外に思った新入学の準備は「防災ずきん」だそう。

福島市出身の私も「防災ずきん」を学校に常備していた記憶はありません…。

こでらーのみなさんの学校は、いかがでしたか?

 

(引地さん:「県内の学校での“防災ずきん”

普及率はどうなっているのか?知りたい!!皆さん、教えて~!」)

 

 

~きょうのお写真~

 

『エール』のポスターをまじまじと見つめる、引地さんのお背中。

s-IMG_4095.jpg

 

30日からスタートね…

あ、お名前に手がかぶるといけないから…(すばらしいお心づかい)

s-IMG_4097.jpg 

 

ハイっ!来週30日(月)から放送です!楽しみ!

s-IMG_4098.jpg

 

~ ♪きょうの音楽♪ ~

・馬と鹿 / 米津玄師

(エールソング:「福島市観光案内所」の二瓶さんから、福島の皆さんへ)

・ラレルカ / Love Diary

(エールソング:引地さんから、この春、受験に失敗してしまった人へ)

・HANA/RAG FAIR

 

 

 

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年03月24日 (火)

こでらんに、再開で~す! @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

大相撲中継明けで、久しぶりの放送となりました。

お楽しみいただけましたか?

 

月曜日は、元気なぺんぎんナッツのふたりとお届けしています。

「んめぇ~なふくしま」。後半に登場したのは、こちら!

s-IMG_3896.jpg

具のないスープ…?ではありません!「あめ」です。

「あめ」といっても、あめ玉のようなものではなく、

いわゆる「水あめ」のようなものです。

 

冬の間、雪に閉ざされる只見地方では、

女性たちの間で「あめ」を作る習慣が受け継がれてきました。

それを近所の人たちにふるまうのが「あめよばれ」という行事です。

 

JA会津よつば・女性部只見支部長、五十嵐幸子さんをスタジオにお迎えして

「あめよばれ」体験をさせてもらいました!

s-IMG_3926.jpg

 

材料に砂糖を使っていないのに、ほんのり甘い味わいです。

s-IMG_3898.jpg

甘い「あめ」と、漬け物などのしょっぱいものを組み合わせてふるまい、

近所の人たちとおしゃべりするのが、当時の女性たちの楽しみだったのよ、

と、五十嵐さんは教えてくれました。

 

仕込みから出来上がりまで、8時間から9時間ほどかけて、

ていねいに作った「あめ」をごちそうになりました。

 

参考までに、レシピをご紹介します。

~「あめ」の材料~

▼もち米…2升

▼乾燥麦芽(もやし)…80g~100g

 

~作り方~

①蒸し上げたもち米を容器にとり、米全量が浸るくらいに熱湯を入れ、

 20~30分ほど置いて、米粒がつぶれるくらいまでふやかす。

②乾燥麦芽を布袋に入れて、

 カップ3~4杯のぬるま湯にもみ出し「もやし液」を作る。

③浸したコメの温度を60℃(指を入れられる位)にして、

 もやし液をかけ、保温状態にして7~8時間置く。

④もやし液で浸したもち米を、大きめの布袋に入れて絞る。

⑤絞った液を鍋に移して、沸騰させる。

⑥沸騰させた液を、もう一度、布袋でこす。

⑦再び鍋に戻して、煮詰めて、あめに仕上げて、できあがり♪

(鍋全体に白い泡が立つようになったら、

 粘り気の強い「たぐり飴」となります)

 

「甘い“あめ”と、しょっぱい漬け物の組み合わせがたまらない…!」と、

ぺんナツのふたりは、瞬く間に平らげていましたよ。笑

 

五十嵐さんによると、この「あめよばれ」の風習を未来につなげようと、

町で若い世代が動き出しているということです。

「なかなか近所のつながりが作りにくい」というご時世だからこそ、

大切にしたい文化だと思いました。

 

~きょうの1コマ~

s-IMG_4087.jpg

みなさん、お元気ですか~!からだ、動かしていますか~?

 

今週のメッセージテーマ「準備」と聞いて、

思い出すもののひとつが「準備体操」。

 

ということで、

いなのさんは「ラジオ体操」、

中村さんは「テレビ体操」(いすに座っていても大丈夫!)、

佐藤は「みんなで筋肉体操」をイメージしたポーズでパチリ!

 

はい!無理なく、イッチ、ニー!

s-IMG_4089.jpg

 

~ ♪きょうの音楽♪ ~

・ハロー・ハロー / Superfly

・Precious Coast / Bohemian voodoo

・春の歌 / スピッツ 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2020年03月06日 (金)

あれもこれも、県内では珍しい!『会津北嶺高校』

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

木曜パーソナリティー、開沼 博さんと一緒にお届けした「Go! Go!ハイスクール」には、

 

「会津北嶺高校」の生徒がスタジオに来てくれました!

 

s-IMG_4026.jpg

 

いっしょにおしゃべりしたのは、生徒会長で2年生の、大川原豪人さんです。

 

はじめは、写真のように、深緑色のブレザーを着ていた大川原さん。

 

出演本番が近くと、気合を入れてブレザーを脱ぎ、「腕まくりスタイル」で登場してくれました!笑 

 

さて、会津北嶺高校の特色は「県内唯一のコースが設置されている」ところと、「珍しい部活動」にあります。

 

まず、県内唯一、というのは「機械科自動車コース」のこと。

 

自動車整備に関して深く、実践的に学ぶことができるので、将来、自動車業界で働きたいと考えている生徒が多いそうです。

 

大川原さんも、このコースで学ぶ生徒のひとりです。

 

計算技術や製図の基礎を身につけるための教科を学んでいるといい「卒業後はモノづくりの現場で即戦力として活躍したい」と話してくれました。

 

開沼さんも、どんなことを学ぶのか興味津々。質問は尽きませんでした。

 

そして、珍しい部活動は「ハンドベル部」です。

 

県内では、会津北嶺と、聖光学院、2つにしか設置されていない部活動です。

 

その美しい音色から「天使の歌声」とよばれるハンドベルは、多くの演奏者がひとつからふたつのベルを担当し、集団で演奏する楽器です。

 

多くの出張演奏の依頼があるそうですが、いくつかの依頼は、泣く泣くお断りしているとのこと…。

 

なぜかというと「部員が足りない!」という問題に直面しているからなのです。

 

ひとりで4つのベルを担当する技を身に付け(これもすごい!)、頑張っていますが、やはり限界が…!

 

大川原さんは「新入生の中から、ひとりでも多くの部員が誕生してほしい」と願っていました。

 

県内でも珍しい取り組みを数多くしている、会津北嶺高校。今後の動きにも、注目です!

 

 

 

~♪きょうの音楽♪~

・栄冠は君に輝く / 伊藤久男、コロムビア男声合唱団(「デンちゃん」さんから「金子さん」へのエールソング)

・宿命 / Official髭男dism(「かい」さんから「大学のゼミの先生」先生へのエールソング)

・RE:I AM / Aimer(「Go!Go!ハイスクール」に出演の大川原さんリクエスト)

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:12 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲