隊員日誌

2019年08月23日 (金)

イギリス帰りの開沼さんに聞く

 

こでらーの皆さん、こんにちは!佐藤彩乃です。

木曜日のパーソナリティーは、社会学者の開沼 博さんです。

 

開沼さんからじっくりと話を聞く「開沼カフェ」のテーマは「イギリスから見た福島の廃炉の課題と可能性」でした。

 

開沼さんは8月の上旬の10日間ほど、イギリスの原子力関連施設や大学を訪問。浜通りの高校生20人とともに、廃炉について学んできました。今回の放送では、イギリスと日本の状況を対比させながら、見えてきた福島の廃炉の現状と課題について話していただきました。

 

開沼さんは、日英の廃炉事情を単純に並べることはできないとしながらも、少なくとも「世代を超えて行われるプロジェクト」を冷静に議論する土壌があると実感してきたそうです。

 

特に、イギリスの原発関連施設が集まる地域で特に力を入れているのが「廃炉に関わる人材の育成」だということにも注目。一緒に参加した浜通りの高校生たちに対して「大人とまた違った高校生の視点を活かして、世界に目を向け、柔軟な発想を磨いてほしい」と話していました。

 

* * *

 

さて、毎週恒例、開沼さんの「こでらー大喜利」のお答えコーナーです!

お題は・・・「最新の夏バテ解消法を、教えてください。」

 

開沼さん「イギリスに逃げる!」

 

福島では30度を超える厳しい暑さが続いていたころ、イギリスにいた開沼さん。なんと、現地は15度前後で、コートやフリースを着ていたほどだそう!言葉に実感がこもっていたような気がします…(笑)

 

ちなみに、イギリスでの食事はお口に合いましたか?

 

(開沼さん:「とにかく甘かった。甘いデザートに、さらに甘いチョコレートをかけて食べる、みたいな。高校生たちも“これは甘すぎる…!”と叫んでいましたよ。笑」)

 

s-IMG_3038.jpg

(きょうはシンプルに。写真のポーズを考える脳の部位が夏バテぎみ)

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 終わらない夏/我那覇美奈

2曲目 愛の喜び/古澤巌

3曲目 夏空グラフィティ/いきものがかり

4曲目 君が降りてきた夏/斉藤和義

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:13:51 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年08月22日 (木)

番組、再開しております! 

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

今週のメッセージテーマは「夏バテ対策!」です。

みなさん、夏バテしていませんよね!?なので、みなさんが日ごろしていることを、

番組宛に教えてくださいね!

番組、お休みあけですが、たくさんのメール&ファクシミリ、ありがとうございました!

(放送の中で全て読めずに、ごめんなさい。いただいたものは、全部読んでおります。)

 

さて、きょうの番組前半は、「ふくしまクエスト」。

毎月第一水曜日のお届けしている、福島市公設地方卸売市場の話題が、今月はこのタイミングです。今回は、「桃」を取り上げました。

福島中央青果卸売の佐藤俊之さんを、スタジオにお招きしました。

 

s-IMG_3032.jpg

「福島の桃は、これから9月下旬まで美味しくいただけます!」

 

桃は、夏バテに効果的な食べ物だそうで、汗をかいたときなどに失われる“水分・ビタミン・ミネラル・糖質”をバランスよく含んでいる果物。そして、“甘いから高カロリー”と思われがちですが、1個あたりおよそ80キロカロリーというのも、嬉しいポイント♪

 

スタジオでは、きょうも田中アナウンサーが試食を担当。

佐藤さんのおススメの食べ方、「皮ごとまるかじり」を実践♪

 

田中:「うまい~!」

 

桃は、皮に面した実の部分が一番甘い!皮をむく事でこの部分を削ってしまうので、“皮ごと”食べるという人も多くるそうですよ。」と、佐藤さん。

 

暑い盛りを過ぎると、秋に多く出回る果物の「梨やぶどう」に気持ちが移りがちですが…、

まだまだおいしい桃!ぜひ、みなさんも、食べてくださいね♪

佐藤さん、楽しいお話、ありがとうございました。

 

番組後半は、映画や本の人気ランキングを紹介する「こでランク」。

福島市内にある映画館の支配人、映画の達人 阿部泰宏さんがゲストです。

 

s-IMG_3034.jpg

阿部さん「夏かぜをひいてしまいました…」

 

人気映画のランキングは、夏休み期間中だったことを反映して、ファミリー向けの

アニメーション映画が上位を占めました。

達人イチ押しの映画は、江戸時代の“国替え”(正式には転封・てんぽう)をテーマにした

コメディ時代劇!人が移動する「参勤交代」よりも、藩士とその家族全員の「お引っ越し」ですから、よりハード…。実際に、江戸時代にあった出来事をもとにした映画です。

 

単身での引っ越しでも、その大変さが身にしみている丹野。江戸時代に生きていなくて良かった…、と素直に思いました。

福島県にもゆかりのある「お殿さま」がモチーフになっていますので、ますます興味が湧きますね。

阿部さん、きょうも素敵な映画のお話、ありがとうございました!

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

あすも、みなさんからのメッセージをお待ちしています♪

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当ですが…。

番組の準備などで忙しくしていたら、写真をとり忘れていましました(汗)

ごめんなさい!!!次回は、忘れずに写真を撮ります。

(ちなみに、きょうのおかずは、豚肉・たまねぎを炒めてケチャップで仕上げた、

ポークチャップでした。)

 

【きょうの音楽】

1曲目 ココ☆ナツ / ももいろクローバーZ

2曲目 この広い野原いっぱい  / 森山良子 

3曲目 最後の将軍 / レキシ feat. 森の石松さん

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:12:09 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年08月21日 (水)

子どもたちの歌声をあなたの耳で!「Nコン」

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

火曜パーソナリティーは、RAG FAIRの引地洋輔さん。

引地さん、お休み前の放送で自らの夏休みの宿題としていた「冷蔵庫の購入」、達成できましたか?

 

(引地さん:「あとは、購入の決断をするだけのところまできましたよ!あのね、佐藤さん知ってますか!?いまの冷蔵庫はね、前の扉にマグネットでぴたっ!ってくっつかな…(以下、熱弁が続く)」)

 

購入まで、もうまもなくのようです。笑

 

◆ ◆ ◆

 

福島ゆかりのアーティストを応援する「ふくしまSONGS」。きょうは、今月開催される第86回NHK全国学校音楽コンクール、通称「Nコン」の情報をお届けしました。

 

s-IMG_3026b.jpg

 

(Nコン担当、NHK福島放送局・企画編成部の齊藤千夏職員と)

 

Nコンは、合唱を通して、歌う楽しさを味わい、人と気持ちを通い合わせることの大切さを学ぶというということを目的に開かれる合唱コンクールです。

はじまったのは昭和7年、今年で86回目を数える大会は、全国で毎年およそ2500校のみなさんが歌声を披露します。課題曲と自由曲の2曲を歌い、競うコンクールです。

 

今回のテーマは「翔ぶ」。毎年、人気アーティストなどが課題曲を作るのも特徴です。

 

なかでも、高等学校の部「僕が僕を見ている」は、映画「君の名は。」のプロデューサーである川村元気さんが作詞しています。なんと、歌詞にはラップ調の部分も!

 

(引地さん:令和の時代、新しい合唱の形がNコンから始まろうとしているね…楽しみ!)

 

福島県大会は、いわき芸術文化交流館アリオスで開かれ、観覧自由・入場無料です。

▽8月26日(月):高等学校の部

▽29日(木):中学校の部

▽30日(金):小学校の部

詳しい問い合わせは、NHK福島放送局024-526-4333 までどうぞ。

 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 Fish Story/Dimension

2曲目 Good Good Day!/RAG FAIR

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:15:05 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年08月20日 (火)

夏バテぎみの体は「安達のきゅうり」で回復!

 

こでらーの皆さん、お久しぶりです!佐藤彩乃です。

甲子園の中継でおやすみをいただいていた番組は、今週から放送再開です。

 

『んめぇ~なふくしま』では、福島が誇る旬の食材の魅力をご紹介。

今回のテーマは、二本松市安達地区の「きゅうり」。

スタジオには、きゅうりを使った料理を作って40年以上、JAふくしま未来女性部 二本松総合支部の堀内恵美子さんをお迎えしました。

 

s-IMG_3025.jpg

 

この時期に出荷されるのは「夏秋きゅうり」で、夏野菜として出荷されています。堀内さんや女性部のみなさんが作ったきゅうりは、国道4号線沿いにあるJAの直売所「こらんしょ市 二本松店」で買うことができます。

 

今回は堀内さんに「きゅうりの酢の物」を作っていただきました。

 

s-IMG_3022.jpg

 

【きゅうりの酢の物】(4人分)

●きゅうり…4本 ●わかめ…お好みの量 ●豆麩(まめふ)…お好みの量

●酢…50㏄  ●砂糖…50g    ●塩・・・10g

 

~作り方~

①きゅうりは薄めの小口切りにする。塩を加えてしんなりしたら、水気を絞る

②わかめを水で戻して、食べやすい大きさに切る

③豆麩(まめふ)は、水に浸してから、水気を軽く絞る

④食酢と砂糖を混ぜ合わせて、全部を和えて、塩で味を調える

⑤お好みで、缶詰のみかんを添えると彩りも綺麗です。

 

(中村さん:「ええ!?みかんを入れるの!?」)

(堀内さん:「そうそう。私たちが小さいころ、みかんの缶詰は高級品で、ついうれしくて酢の物のみかんばっかり食べていたものよ」)

 

夏バテ気味の体に、きゅうりとお酢のさわやかさがしみわたる一品でした。ごちそうさまでした!

 

◆ ◆ ◆

 

今週のメッセージテーマは「夏バテ対策!」です。あなたの対策法は、食べ物から?生活習慣から?わたしたちに教えてくださいね。

 

☆Today’s Music☆

 ・Sunny Day Sunday/センチメンタルバス

 ・Ob-La-Di, Ob-La-Da/ The Beatles

・ キセキ / GReeeeN

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:06 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2019年08月05日 (月)

やっぱりうまい!福島のフルーツ @佐藤彩乃

 

こでらーの皆さん、こんにちは!佐藤彩乃です。

毎週金曜日のパーソナリティーは、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんです。

 

県内の部活動やサークル活動を取り上げるコーナー「こでらー部」では、

福島市を中心に活動している「フルーツ会」を紹介しました。

スタジオに、代表の佐藤絢佳さんをお迎えしました。

s-IMG_3019.jpg

「フルーツ会」は、去年から活動を始めた新しい団体。

おいしい果物を食べるのはもちろん、

より多くの人に福島の果物をおいしく食べてもらいたい!と活動しています。

この団体のメンバー5人には、ある共通点が。

なんと、福島の果物の魅力をPRする

「ミスピーチ」のOGで構成されているのです

(佐藤さん、きょうは桃色の衣装でスタジオに!)。

 

私も、福島の果物が大好き!桃なんて、いっくらでも食べられるくらいです。

しかし、震災が起きて、福島の果物にとって厳しい時期もあったと思います。

その実感を佐藤さんに聞くと…?

 

「私が直接経験したことで話をすれば、

心配されるようなネガティブな反応はありませんでした。

試食をしてもらうと、みなさんおいしく食べてくれて、

その上で“味”そのものがほめられる。

目の前の果物そのものが評価されて、

おいしく食べている姿をみると、こちらもうれしくなります」

 

(白鳥さん:「うんうん、それはうれしいねぇ。

県外の友達から“桃送って~!”って言われるものねぇ」)

 

佐藤さんが、今後の目標として掲げているのは

「大勢の人に参加してもらえるフルーツイベントを、自分たち主催で開くこと」。

県外のフルーツとの食べ比べで、

福島の果物のいいところを感じてもらいたいと考えているそうです。

 

活動を通して、さらに福島と福島の果物が好きになったと話す佐藤さん。

「これからも、福島の果物に関わりながら、

みなさんを笑顔にしたい!」と思いを語ってくれました。

 

◆ ◆ ◆

 

来週・さ来週の「こでらんに5」の時間は、

甲子園から夏の全国高校野球の模様をお送りします。

お休みをいただいて、次回の放送は、今月19日(月)の予定です。

 

次回のメッセージテーマは「夏バテ対策!」、

大喜利のお題は「最新の夏バテ解消法を、教えてください」。

放送が休みの間に、たんまり考えて送ってくださいね~♪お待ちしています!

 

☆Today’s Music☆

1曲目 朝日のあたる道 AS TIME GOSE BY/オリジナル・ラヴ

2曲目 赤道小町ドキッ/山下久美子

3曲目 8月6日/高橋 優

4曲目 NIGHT SIGHT OF PORT ISLAND/角松敏生

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:09 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年08月01日 (木)

福島第二原発の廃炉正式決定に、開沼さんは @佐藤彩乃

 

こでらーの皆さん、こんにちは!佐藤彩乃です。

木曜日は、社会学者の開沼博さんとお届けしています。

 

開沼さんから、じっくりと話を聞く「開沼カフェ」のテーマは

「福島第二原発廃炉の正式決定について」でした。

 

きのう(7月31日)、東京電力が、福島第二原発の廃炉を正式に決めました。

この背景と課題を、開沼さんの視点で分析しました。

 

廃炉の話が出てから、正式に決定するまでに、1年以上。

なぜ、すぐに廃炉を決められなかったかには、

大きく分けて3つの理由があるからだ、と開沼さんは指摘します。

 

1つめは「費用」。

福島第二原発の廃炉は、40年以上かけて進められ、

2800億円ほどの費用がかかるといわれています。

 

この金額を計算して、それをどうやって確保するのか。

調整は簡単ではありません。

福島第一原発の廃炉を進めながら、第二原発も廃炉に取りかかるとなると、

その大変さは、想像に難くありません。

 

2つ目は「人材や技術の確保」。

廃炉にするからには、専門の部署を作り、人材を揃える必要があります。

一気に4機すべてを廃炉にするのは、国内で例を見ないことです。

 

40年という長い時間がかかるということは、

いま、廃炉に向けて懸命に向けて作業を進めている方々の

次の世代を育てる必要もあります。

 

3つ目は「廃棄物の問題」。

福島第二原発の廃炉にともなって、大量の放射性廃棄物が出ることになります。

 

今回は、福島第二原発の敷地内で、

一定期間、廃棄物を置く場所を作るということで調整がつき、

具体的な廃炉への議論が進む一因になりました。

しかし「その後のことが決まっていないのは課題」と開沼さんは話します。

 

福島第二原発の廃炉についての費用、人材・技術の確保、廃棄物の処理の問題。

開沼さんは、安全性の確保に加えて、

地域の産業や雇用の場としての役割を果たせるのかといった点についても、

これから議論を重ねていく必要があると考えています。

 

私自身、8年ぶりに福島に暮らしていますが、

今回の廃炉正式決定のニュースは、これまで以上に身近に感じられました。

それでも、原発に関する知識は、なかなかとっつきにくいと思うこともあります。

 

引き続き、このコーナーでは、原発をはじめ、

福島のいまの情報を開沼さんからわかりやすく教えてもらいます。

日々のニュースを一歩深く理解するために役立てていただけたらうれしいです。

 

* * *

 

さて、金曜日の放送は、お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けします。

「こでらー大喜利」もあります。

 

お題は・・・「こんな金魚すくい初めて!どんな?」開沼さんのお答えは…?

「金魚が泳いでいるところの水深が1メートル以上あって、すごくすくいにくい。」

s-IMG_3012.jpg

開沼さん:「相当腕まくりしないと濡れちゃう」 

佐藤:「深すぎて見えません」

 

作品の投稿は【放送当日の正午まで!】

作品募集は、まだまだ受け付けています。

応募は、1人5作品までです。お待ちしています。

 

また、今週のおたよりテーマは「夏のレジャー 海派?山派?」です。

みなさんからのおたよりを、どしどしお寄せください。

こちらもお待ちしてます♪♪ 

 

☆Today’s Music☆

1曲目 高気圧ガール/山下達郎

2曲目 シャナナ☆/MINMI

3曲目 世界はまだ君を知らない/阿部真央

4曲目 アイ・フィール・イット・カミングfeat.ダフト・パンク/ザ・ウィークエン

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:31 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月31日 (水)

暑さのせいです・・・ @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

みなさん、いかがお過ごしですか?

 

丹野は最近、夕方近くなると眠気を強く感じます。

暑さのせいで、自分でも気づかぬうちに、体力を奪われているのかも知れません。

こでらーのみなさんも、

熱中症対策・夏バテ対策などしながら、健やかに過ごしてくださいね!

 

さて、きょうの番組前半は、「ふくしまクエスト」。

来年の今ごろは、東京オリンピック期間中!

(福島市でのソフトボール・野球競技は、きっと大成功で終わっている頃です。)

 

オリンピック観戦が終わってから、

福島県内各地で観光を楽しむ外国人観光客も多いことでしょう!

 

1年前のいまだからこそ、このテーマ

「日本の常識 世界の常識~外国人を迎える心構え~」を取り上げました。

 

スタジオゲストは、福島県国際交流協会の幕田順子さん。

小学校や地域の公民館などで行う「国際理解の出張講座」で、

講師をつとめることもあるそうです。

s-IMG_3010.jpg

※写真(左) 幕田さん

 

外国からのお客さんを迎えるにあたって、大切なことは?の質問に、

『世界には、多様な文化・さまざまな人々がいます。

そして“違って当たり前、違って当然”ということを分かった上で、

自分と違う人に出会った時、相手を理解しようとすることが大事』と、幕田さん。

 

日本と世界の文化の違いについて知る・気づくための具体例を挙げてもらいながら、

“違って当たり前、違って当然”の感覚を、少しだけ体感することができました。

(理屈では分かっていても、実際その場面で、

相手を理解しようという行動ができるか、少し不安・・・)

 

幕田さん、

『まずは、“こんにちは”から始めてみて、

お互いに違いに驚いて・違いに気づいて・違うと思い合う。

そこから、心の交流が始まるのでは?

一方的にどちらかが譲歩するのではなく、お互いに交流することができれば、

最高の“おもてなし”になるのではと思います。』と、締めくくっていました。

 

幕田さん、あまり難しく考えないで、まず“こんにちは!”から始めてみます♪

出演、ありがとうございました!

 

後半は、いろいろな温泉が楽しめる県内を、ラジオで巡る「こでらんに温泉」。

奥会津の玄関口「柳津町の温泉」を取り上げました。

やないづ振興公社の杉原啓輔さんと電話をつないで、

町の温泉の魅力や楽しみ方を伺いました。

 

柳津町に2つある温泉(柳津温泉・西山温泉)を、お得に楽しめる手形があったり、

温泉の浴室の中に神社があるお宿、「歩行浴」ができる浴槽がある施設、

アットホームだからこそ

“毎日”清掃・源泉100パーセントのお湯をかけ流しする温泉があったり・・・、

むむむ、柳津の温泉は奥が深そう!!!

 

来月10日(土)には、

今回で第82回の「霊(みたま)まつり流灯花火大会」も予定されているので、

ぜひ温泉と一緒に楽しんでね♪と、杉原さん。

 

杉原さんの語り口から、町への愛情を感じられる放送になりました。

忙しいところ、電話インタビューにこたえていただきました。

杉原さん、ありがとうございました!

 

紹介した「柳津町の温泉」について詳しいことは、

柳津温泉「つきみが丘町民センター」電話 0241-42-2302 に問い合わせを!

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです!

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場。

今週は「夏のレジャー 海派?山派?」、みなさんからのメッセージをお待ちしています♪

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※シリーズ化、で~す~よ~ね~?)

きょうのお題は「夏のスタミナ丼~野菜たっぷり編~」。

s-DSC_0858.jpg

※野菜ナムル・やみつきになる味付けのキノコ・たまごのトッピング・みそ汁

 

【きょうの音楽】

1曲目 I'm So Hot -Japanese ver.- / Momoland

2曲目 この素晴らしき世界 / ルイ・アームストロング 

3曲目 晴れたらいいね / DREAMS COME TRUE

4曲目 LIFE / キマグレン

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:20:28 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月30日 (火)

沖縄と福島を結ぶ歌声『普天間かおりさん』 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

火曜日の曜日パーソナリティは、RAGFAIRの引地洋輔さんです。

 

きょうの「ふくしまSONGS」では、

沖縄県出身のシンガーソングライター、普天間かおりさんに電話で話を聞きました。

 

もともと、沖縄県内でのショーやイベントなどで歌を披露していた普天間さんは、

2002年にメジャーデビュー。

リリースしたアルバムが福島県のラジオ放送局のスタッフの目に留まり、

番組に出演したことから、福島との縁ができました。

 

普天間さんの「あっはっはっは!!」という明るい笑い声を聞くと、

こちらも元気になります。

 

普天間さんは、3.11の揺れを、福島でのラジオの生放送中に経験しています。

その経験を受けて制作した曲が『Smile Again』です。

 

普天間さんは「当時、私は歌っていてもよいのだろうか?と迷いがありました。

でも、あのときのあの気持ちを忘れてはいけない、と心に留めておきたかったのです。

がんばっている人でも、がんばれないくらい辛いことを経験することもあると思います。

そんなとき『遠くから近くから、見守っているよ』ということだけでも伝えたくて、

夢中で作りました」と、制作当時の状況を話してくれました。

 

これからも、復興への道のりに寄り添い、福島での音楽活動を続けていくという普天間さん。

沖縄が生んだ透明感ある歌声で、これからも福島とつながり続けていってほしいと思います。

 

☆Today’s Music☆

1曲目 SUMMER’S/堀井勝美プロジェクト

2曲目 カゲボウシ/ポルノグラフィティ

3曲目 会いにゆこう/引地洋輔

 

<「ふくしまSONGS」>

曲① 守りたいもの / 普天間かおり

曲② Smile Again / 普天間かおり

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月29日 (月)

夏野菜の王様「○○○○」、いっただきまーす! @佐藤彩乃

 

こでらーの皆さん、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

今回の『んめぇ~なふくしま』で紹介したのは、旬の夏野菜「いんげん」でした。

私がふだん見ているいんげんより、ずっと長くて立派です。

15センチを超えるものもあります。

s-IMG_2975.jpg

いんげんについて教えてくれたのは、

JA会津よつば女性部・新鶴支部長の武藤栄子さん。

笑顔が似合う、とっても元気な女性です!(緑色のエプロンをつけて登場♪)

s-IMG_3000.jpg

ここで、武藤さんの“豆”知識!

いんげんは、年に3回、収穫できることから、

別名「三度豆」とも言われるそう(初めて知りました!)。

 

さらに、若いいんげんをさやごと食べる「さやいんげん」は緑黄色野菜で、

熟した実だけを食べる「いんげん豆」は、豆類に分類されることも教えてくれました。

食べる時期で違う野菜になるのです。おもしろいですね。

 

いんげんには

「いちず」「ステイヤー」「ビックリジャンボ」など、さまざまな品種がありますが、

今回は「鴨川いんげん」を使った料理を紹介してもらいました。

s-IMG_2980.jpg

(左:いんげんの素揚げ 右:いんげんの甘辛いため)

 

【いんげんの素揚げ】(4人分)

●鴨川いんげん…160グラム ●こめ油…適量

●しょうが…ひとかけ     ●たまねぎ…1個

(調味料)

●塩・こしょう・めんつゆ…適量

 

~作り方~

①いんげんのへたと先を切り落とす。

②こめ油で揚げる。

③油を切って皿に盛り、たまねぎとしょうがをすりおろしてできあがり。

★しょうがの代わりに、にんにくのすりおろしをかけても◎!おつまみにも!

 

【いんげんの甘辛いため】(4人分)

●鴨川いんげん…350グラム ●ごま油…大さじ4

●みそ…大さじ2       ●砂糖…大さじ2

(調味料)

●トウバンジャン…小さじ2 ●かつおだし…小さじ2 ●白ごま …大さじ1

 

~作り方~

①いんげんは、両はじを少し切り落とし、ひとくち大に切る

②フライパンにごま油をひき、いんげんを炒める。

③少ししんなりしたら、みそ・かつおだし・トウバンジャン・砂糖・白ごまで味付けする。

みそがなじんだら、完成!

 

今回の料理は、こめ油とごま油の香りがたまらない…!

暑くてちょっぴり落ちがちな食欲も、これを食べれば元気になれそうです。

 

なんと今回は、ぺんナツのふたりが、調理のお手伝いをさせてもらいました!

(中村さん:「僕は、たまねぎとしょうがを一生懸命すりおろしました!」)

(いなのさん:「僕は、みんなのことを見守ってました!」)

 

実際に調理した中村さんによると、難易度は、5段階のうち「0.5くらい!」とのこと。

5分あればできるカンタン料理です。

いなのさんも、そしてこでらーの皆さんも、挑戦してみてくださいね。

 

◆ ◆ ◆

 

今週のメッセージテーマは「夏のレジャー 海派?山派?」です。

寄せていただいたメッセージ、きょう時点では「海派」が優勢です。

あなたはどちら派ですか?たくさんのメッセージ、お待ちしています。

 

☆Today’s Music☆

・Top of the World / Carpenters

・ セロリ / 山崎まさよし

・鳥のように / 大橋トリオ

・うれしい知らせ / 栗コーダーカルテット

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:12 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年07月28日 (日)

ハア~イヨ~今年ゃ豊年だよ♪@佐藤彩乃

 

こでらーの皆さん、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお送りした金曜日。

県内の部活動やサークル活動を取り上げるコーナー「こでらー部」では、相馬市で活動している「相馬民謡同好会」を紹介しました。

 

「相馬民謡同好会」は、昭和21年に活動を始めた団体で、70年以上の歴史があります。「相馬盆唄」「相馬流れ山」「新相馬節」…題名に“相馬”と入っている唄が多くありますね。

 

白鳥さん:「♪ハア~イヨ~ 今年ゃ豊年だよ」っていうのは、なんの唄??

 

おお白鳥さん、見事な歌声!!電話で話を聞いた事務局長の鈴木一弘さんと「それは、相馬盆唄ですよ~笑」と、答え合わせする場面もありました。

 

鈴木さんたちは、自身が民謡を歌い継ぐだけではなく、次の世代に伝えようと活動しています。同好会のみなさんが小中学生に歌い方を指導する「子ども民謡教室」から、各地で開催されている民謡大会で優勝を飾るメンバーも出たそう!お見事です。

 

鈴木さんは、正直、子どもたちは相馬にどんな民謡があるのかよくわかっていないところもある。ただ「相馬流れ山」を聞かせると、子どもたちはちゃんと“野馬追”のことが想像できる!相馬の遺伝子が、体にきちんと入っているんですと語っていました。

 

白鳥さん:「これはすごい!一度子どもたちの歌声、聞いてみたいな~!」

 

民謡に興味がある!という方、詳しいことはこちらまでどうぞ。

「相馬民謡同好会」:事務局 090-2020-0885

 

◆ ◆ ◆

 

今週のメッセージテーマは「夏のレジャー、海派?山派?」です。

 

s-IMG_2973.jpg

 

もし、まとまった休みがとれたら、海、山、どちらに出かけて何をしたいですか?その理由もあわせて教えてくださいね。お待ちしています。

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 これが私の生きる道/PUFFY

 2曲目 Missサマータイム/平井堅

 3曲目 大地のシンフォニー/エレファントカシマシ

 4曲目 想い出のサマー・ブリーズ/シールズ&クロフツ

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:17:19 | カテゴリ:これまでの放送 | 固定リンク | コメント(0)


ページの一番上へ▲