隊員日誌

2019年04月19日 (金)

占いは、お好きですか?@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

金曜日は、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとともにお届けしています。

 

* * *

 

番組後半にお送りしたのは、県内で部活動やサークル活動に励むみなさんを紹介する「こでらー部」。きょうは、会津若松市で活動する「占い研究クラブ」をご紹介しました。

 

きょうは、クラブの立ち上げ当時からのメンバー、秋山智香(あきやま・ちか)さんに電話でお話を聞きました。

 

男性1人、女性6人のあわせて7人で、2年前に結成されたこのクラブ。

具体的にどんな活動をしているかといいますと…占いは専門的な知識も多く、自分たちだけでは勉強することができないため、日本易学連合会から講師の先生を迎えて勉強会をしているそうです(本格的!)。

 

秋山さんたちが勉強しているのは、「九星気学」。九つに分けられた星のどこかに、誰でも必ず属しているというのが考え方をもとに、そこに「子丑寅卯…」の十二支を加えて、1年、ひと月、一日単位で運勢を見ていくそうです(「一白水星」や「二黒土星」など、聴いた方もいるのでは?)

 

秋山さんのお話で印象的だったのは「占い研究クラブの活動で得たもの」。

活動を通して「貯金はお金だけではない。善を行い良いことをして“徳という貯金”をしておくと、自分が辛い時や困った時にその“貯金”が、自分を助けてくれる」という考えを身につけられたそうです。

 

(白鳥さん:「占いって、当たる・外れるだけだと思っていたけど、自分を知るためのアイテムなのね!占いに対する見方が変わりました!」)

 

そんな秋山さんのクラブでは、現在メンバー募集中!性別に関係なく、16歳~39歳の方ならどなたでも参加できます。

詳しいことは「会津若松市勤労青少年ホーム」電話:0242-26-6662 まで。

 

* * *

 

さて、来週のメッセージテーマは「なにする?大型連休」。

 

s-IMG_2512.jpg

さーて、どこに行く?なにする?

 

「10連休だ!やっほー!」という方も「お仕事です…」な方も、こでらーのあなたの予定を教えてください!

 

また、次回のこでらー大喜利のお題も、大型連休にかけまして…

『ことしの大型連休を楽しく過ごす方法を考えてください』。

 

作品は、放送当日(26日)の正午まで、お待ちしています。平成最後のベストこでらーの栄冠は誰の手に…!ふるってご応募ください~♪

聞き逃してしまった!という方も、こちらからどうぞ!(※オンエア翌日の更新を予定しています)https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html

 

今週も『こでらんに5』にお付き合いいただき、ありがとうございました。来週もよろしくお願いします(^^)

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 ズルい女/シャ乱Q

 2曲目 LOVEマシーン/モーニング娘。

 3曲目 However/Glay

 4曲目 Can You Celebrate?/安室奈美恵

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:18:59 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月18日 (木)

「風評」ってなんだ?/葵高校が登場@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 木曜日は、社会学者の開沼 博さんと一緒にお届けしています。

 

番組前半は「開沼Cafe」のコーナーです。きょうのテーマは「風評を掘り下げる」。

 

この4月は、大熊町の一部避難指示解除、Jヴィレッジの全面再開など、復興への第一歩につながるニュースが相次ぎました。その一方で、いわゆる「風評」の問題が残っていることも否めません。そこで今日は「風評」とはなんなのか、開沼さんの視点で深掘りしてもらいました。

 

例えば、こんな話題を耳にしたことはありませんか?「遠くの親戚に桃を贈ろうかと思うんだけど、小さい子がいるから嫌がられそうでやめている」。

 

農作物というと「農家がこんなにがんばっているけど風評があります」とか、一方で「福島産の作物を買って応援するという消費者と、買うのを避けてしまう消費者とがいる」ことも事実です。

 

一方で、「流通」はどうでしょうか?先月、農林水産省が、とある調査報告書を発表しました。平成30年度の福島県の農作物の「流通」に注目した調査です。それによると、こんなことが明らかになったそうです。

 

卸業者は「自分が良くても、加工業者は福島産にネガティブだろう」と思っている。加工業者は「自分が良くても、小売・外食産業は福島産にネガティブだろう」と思っている。小売・外食産業業者は…先ほど挙げた桃の例に共通する点があるように見えます。開沼さんはこれを「自分が良くても周りは嫌がっている感の連鎖」が起こっていると分析します。

 

開沼さんは「まずは、この連鎖が起こっているということを広く共有することが大事。風評というと、なんだかふわふわしたものに見えるが、それが広がる要因さえわかれば怖くない」と話していました。引き続き、「食」についても、このコーナーで聞いてみたいところです。

 

* * *

 

番組後半にお送りしたのは、今月から始まった新コーナー「Go! Go!ハイスクール」。

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、その学校の魅力や特色を、高校生自身の声と視点で紹介してもらうコーナーです。

 

きょうは、葵高校の生徒会副会長、3年生の佐藤亜美(さとう・あみ)さんに話を聞きました。

 

葵高校は、学校創立が今年で111年目。会津若松市にある、生徒数およそ670人の学校です。平成14年4月1日に、会津女子高校から葵高校となり、男女共学となりました。

 

佐藤さんが紹介してくれた葵高校の自慢は「葵ゼミ」です。

1年生と2年生が、週に1時間設けられている「総合的な学習の時間」を通して、課題探求型の活動を行っています。主体的に探究していく中で、考えたり、悩んだり、話し合ったりしながら、自分たちを高め地域や社会の役に立てる人になることを目指しています。

 

(開沼さん:「教科書から学ぶほかに、自分たちでいろいろテーマを見つけていくというのはいいですね」)

 

そんな葵高校ではことし、3年に1度の公開文化祭「葵祭」の開催を予定しています。「咲け、立葵~今を真っすぐに~」をテーマに、様々な催しが行われます。

3年前は、クラスごとにウェディングドレスを作って、その美しさを競う「ウェディングドレスコンテスト」なども開かれ、毎回見どころ満載!

 

9月1日(日)は、ぜひ葵高校に足を運んでみてくださいね。

 

* * *

 

さて、あすは金曜日。

お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けする「こでらー大喜利」があります。

 

こでらーの皆様からの作品の投稿は【あす(19日・金)の正午まで!】

お題は・・・「旅先で出会った“驚きのバスガイドさん”!なんで?」

開沼さんのお答えは…こちら!!!

 

 「まだガイドが始まって3分と経っていないのに、車酔いしてるっぽい」(だ、大丈夫ですか…!? by 佐藤)

 

s-IMG_2508.jpg

(乗車から3分で具合が悪くなったバスガイドの図。)

 

応募は、1人5作品までです。これまで送ったことがないという方も、お気軽にご参加くださいね♪

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 フライングゲット/AKB48

 2曲目 桜坂/福山雅治

 3曲目 One/Aimer

 4曲目 WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~/H Jungle with T

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:30 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月17日 (水)

春を通り越して、汗ばむ陽気!@丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

先週は「暖かくして過ごしてね~!」と、呼びかけていたのが“うそのような”きょうの陽気(笑)。待ちこがれていた春を飛び越して、福島市は初夏のようでした(汗)。

 

気温の上昇を待っていたかのように、身近な花々も“グングン”と勢いを増しています♪

s-DSC_0732.jpg

※福島駅東口、交番近くの植栽スペース。

 

s-DSC_0735.jpg

※冬の寒さを耐えるように身をかがめていたビオラやパンジーも、

ここ数日の陽気で丈が伸びたような・・・(笑)

 

きょうの番組は、「春の雰囲気全開!」でお送りしました(笑)

まずは、いまの福島の気になる話題を徹底調査する「ふくしまクエスト」!

3日後の20日(土)に全面再開する、

サッカーのナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」についての話題。

 

Jヴィレッジ管理グループ主任 猪狩安博(いがり・やすひろ)さんと電話をつないで、

再開当日の予定や、今後の展望について伺いました。

 

今回オープンする「天然芝のサッカーピッチ2面分」は、つなげるとラグビーのコートが公式サイズで取れるので、サッカーだけではなく、『ラグビーの練習や合宿にも使ってもらいたい!』ということや、

20日のグランドオープンでは、有名芸能人のステージイベント・福島のおいしいもの・スポーツ・eスポーツなど、内容盛りだくさんの催しが予定されていることなど、詳しくお話いただきました。

 

猪狩さん『サッカーをはじめとしたスポーツや、イベント、ビジネスなどで、この地域の

交流人口を増やしていきたい!一度でもJヴィレッジに来てもらえれば、震災・原発事故や、その後の福島に対する見方も変わると思います。この地域のいまの正しい姿・情報を、国内外に発信していきたい!』とお話しでした。

 

グランドオープン前の忙しい時期に、電話インタビューに答えていただき、猪狩さん、ありがとうございました!また、お話聞かせてください!

 

s-IMG_2506.jpg

※スタジオゲストがいないと、こんな感じ♪

 

後半は、福島の魅力を「観光情報」としてお届けする「こでらんに観光」でした。

きょうは、大型連休期間中に見ごろを迎えるであろう「花の名所」をご案内♪

番組独自に、3つ取り上げました。

新地町の「チューリップ祭り」は、今度の土曜日 20日から5月5日(日)まで。

 問い合わせは、新地町観光協会  電話 0244-62-2112

 

・塙町の「風呂山公園の山つつじ」

 問い合わせは、塙町観光協会 電話 0247-43-3400

 

・「北塩原村」の「桜峠(さくらとうげ)のオオヤマザクラ」

桜の開花状況については、ラビスパ裏磐梯 電話 0241-33-2200

 

桜はもちろん、さまざまな種類の花見を楽しむことが出来る福島♪

あなたのお気に入りの花の名所はどこですか?(番組宛に教えてください!)

花を通して福島のいいところを・福島の元気を、全世界に知らせたい♪

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

番組のメッセージテーマは「平成の思い出」。

あなたの身に起きた平成の出来事、聞かせてください(笑)

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(※勝手にシリーズ化しようとしている)

「いま、家にあるのもだけで作れるお弁当!」のお題で・・・、こんな感じ(笑)

s-DSC_0736.jpg

※ねばねば丼風ごはん(山芋・オクラ・めかぶ)

/鶏肉のフレークとブロッコリー/めかぶスープ

 

【きょうの音楽】

1曲目 風になりたい  / THE BOOM

2曲目 好きになって、よかった / 加藤いづみ

3曲目 夜桜お七 / 中森明菜

4曲目 カピオラニ / 安藤まさひろ・みくりや裕二

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:19:53 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月16日 (火)

あの曲も、この曲も@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

火曜日は、RAG FAIRの引地洋輔さんと一緒にお届けしています。

 

* * *

 

番組前半は「ふくしまSONGS」。福島ゆかりのアーティストを応援しています。

 

きょうスタジオにお迎えしたのは、郡山と仙台を拠点に活動をしている映像音楽作家、長登隆宗(ながと・たかむね)さんです。

 

s-IMG_2485.jpg

 

長登さんは、東京都出身、中学3年の時に郡山に移住。郡山高校時代は合唱部の部長を務めました。

 

卒業後は東京で、アーティストのレコーディングやコンサートのキーボード奏者として活動。その後、郡山に拠点を移し映像音楽作家に転身されました。これまでにテレビやラジオで流れた作品は、なんと1000作品を越えています(福島県民になじみのある曲も多数…私にとって「あの曲も!?」「え!これも長登さんの作品!!」と驚きの連続でした)。

 

3才の時にピアノを習い始めたのをきっかけに、音楽の道を歩みはじめた長登さん。中学生の頃、ラジオから聞こえてくる音楽を耳で聞いて再現するうちに譜面を見て演奏するのでは物足りなくなり、自分で曲を作り始めたそうです。

 

長登さんは曲作りについて「音だけで表現することは、聞き手を一瞬でさまざまな世界に連れていくことができる。ジャンルを飛び越えていける」と、その魅力を語ってくれました。

 

そんな長登さんの作品に、テレビで触れることができます。『大好き東北「定禅寺しゃべり亭」』の番組テーマ曲を制作されました!

 

この番組は、毎週土曜日 午前11時10分~11時54分、NHK仙台放送局1階の公開スペースから、毎週豪華なゲストを迎えて生放送です。もちろん、福島県内でも、NHK総合テレビで観ることができますよ。

 

いつも見聞きしているテレビ番組やラジオ番組も、音楽に注目することで、また違って見えそうですね。

 

* * *

 

あすは、『こでらんに5W』!田中朋樹アナウンサーと丹野なな子さんのコンビでお届けします。どうぞお楽しみに♪

 

 

☆Today’s Music☆

 

 1曲目 世界に一つだけの花/SMAP

2曲目 君がいるだけで/米米CLUB

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:05 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月15日 (月)

このパリパリ感がたまりません@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

月曜日は、ぺんぎんナッツのお二人とご一緒しています

 

* * *

 

「月曜といえば、おいしいものが食べられる日」として定着しつつある、今月から始まった新コーナー「んめぇな~ふくしま」。県内の旬の食材を取り上げ、その食材を使った料理をご紹介しています。

 

きょうは、須賀川の「きゅうり」をご紹介しました。

 

福島県のきゅうりの生産量は、およそ4万トンで全国4位。さらに、夏場の7月~9月のシェアは、福島県が1位なのです。3月から12月中旬まで出荷があり、およそ7,400トンのきゅうりが全国へ向けて出荷されていて、全国有数の産地となっています。

 

そんなきゅうりについて教えてくれたのは、JA夢みなみ・すかがわ岩瀬地区女性部長の吉成シヅイ(よしなり・しづい)さんです。(地元の食材を使った料理を作り続けて50年近く、きゅうり料理の研究に余念がありません。「きゅうり料理といえば吉成さん!」と慕われているとか!)

 

こちらが、吉成さんお手製の「きゅうりの佃煮」です。

 s-IMG_2472.jpg

(中村さん:「厚みもちょうどいい…お米に最高に合いますね!」)

(いなのさん:「シヅちゃん、いまからごはん持ってきてもらってもいいかなぁ」)

 

~きゅうりの佃煮~ 

<材料>

・きゅうり:3kg   ・塩:ひとにぎり

(事前に輪切りにして、一晩漬けておきます)

・しょうが:1かけ  ・しょうゆ:150cc 

・砂糖:150g ・みりん:50cc ・酢:200cc

 (以上の材料を煮詰めます)

・塩こんぶ:50~60g  ・とうがらし:お好みで

 

<作り方>

(下準備)一晩塩で漬けたきゅうりは、固く水気を絞っておきます。

①調味料ときゅうりを鍋に入れ、強火で煮る。

②きゅうりが茶色になったら、火を止め、冷水で冷やす。

③少し冷めたら、塩昆布を入れて混ぜて完成!

 

 ★吉成さんからのワンポイントアドバイス★

  火を止めた後に「鍋を冷水で冷やす」こと!

  ボウルに冷水を張り、鍋の底を冷やすようにするとよいでしょう。

きゅうりがグニャッとならず、パリパリ感が残ってこそ、

「きゅうりどころすかがわ」ならではの佃煮です!

 

吉成さんはじめ、須賀川の生産者の方々が作ったきゅうりは、こちらでお求めになれます。

◎ファーマーズマーケット「はたけんぼ」

東北自動車道・須賀川インターチェンジから近い場所にあります。

ここでは新鮮なきゅうりはもちろん、手作りの加工品なども販売しています。

◎しらかわ地区の「り菜(さい)あん」

◎あぶくま石川地区の「安心館」

 

きょうもおいしい料理をごちそうさまでした!番組では、まだまだ県内の旬の食材の魅力を発信していきますよ~!

 

 

☆Today’s Music☆

 1曲目 明日へのYELL/Hey!Say!JUMP

2曲目 桜の時/aiko

3曲目 想い出がいっぱい/H2O

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:39 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月12日 (金)

思いのままに、踊りまくれっ!!! @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!「こでらんに5」パーソナリティの佐藤彩乃です。

金曜日は、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんとお届けしています。

 

県内で部活動やサークル活動に励むみなさんを紹介する「こでらー部」では、

福島市を中心に“レクダンス”を楽しむ団体に注目しました。

 

こでらーのあなた!『レクダンス』ってご存じですか?

白鳥さん:「ダンスは好きだけど、“レク”がつくと、もうさっぱりですね」

 

解説しましょう!“レクダンス”とは「レクリェーションダンス」の略で、

流行のメロディや民謡にあわせて踊る、創作ダンスのことをいいます。

 

今回紹介したのは、福島中央レクダンス愛好会の「ドリーム」と「ロンド」。

2つは姉妹チームで、60代以上の女性・60人のメンバーで、

福島市の中央学習センターを拠点に活動しています。

 

お姉さんチームの「ドリーム」は、来年、活動20年を迎えます。

話を伺ったのは「ドリーム」の会長、麦倉敬子(むぎくら・けいこ)さん。

 

麦倉さんは、レクダンスの魅力を「リズムが激しかったり、逆にゆったりだったり、

また、悲しみや美しさなど、その曲の世界に浸って踊れるところが、

たまらなく楽しい♪」と熱く語ります。

 

米津玄師さんの「フラミンゴ」、三浦大知さんの「U(ゆー)」など、

最近の曲も、ばっちり踊ります。

メンバーの皆さんがレクダンスに夢中になっている様子を聴くと、まさに、大人の部活動!

 

健康のため、いつまでも若々しくあるため、

「ドリーム」と「ロンド」のメンバーたちは踊り続けます…!

 

5月の大型連休明けに、初めての人向け!無料の体験会を開催する予定です。

興味のある方は、動きやすい服装でお出かけください♪

年齢・性別を問わず、どなたでも参加できます。

 

開催予定日:

5月8日(水)・11日(土)・15日(水)・18日(土)の午前10時~正午まで

詳しくは、福島市中央学習センター 024-534-6631に

 

さて、来週のメッセージテーマは「平成の思い出」。

ちょっと気が早い?でも、平成時代はあとわずか!

s-IMG_2465.jpg 

印象に残っていること、忘れられない出来事、

はたまた忘れてしまいたいこと(笑)など、どしどしお寄せください。

 

次回のお題は『旅先で出会った“驚きのバスガイドさん”!なんで?』

作品は、放送当日(19日)の正午まで、お待ちしています。

「初めて投稿する!」という方からの投稿も増えております!

ふるってご応募ください~♪

 

聞き逃してしまった!という方も、こちらからどうぞ!

https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html

 

☆Today’s Music☆

1曲目 さくら道/Aqua Timez

2曲目 桜の木の下で/つじあやの

3曲目 Sing/カーペンターズ

 

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:19:28 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月11日 (木)

福島の未来を担う技術&高校生の姿 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

木曜日は、社会学者の開沼博さんと一緒にお届けしています。

 

番組前半は「開沼Cafe」。

「FOR福島からFROM福島へ」というテーマで、話を伺いました。

 

震災・原発事故後、

福島のために、何ができるか?どうしようか?=「FOR福島」の話題が少なくなかった中、

福島から、福島の強みやよさを発信しよう!=「FROM福島」という動きが注目されています。

 

去年6月、タイ北部の洞窟に閉じ込められ、過酷な状況の中から生還を果たした少年たちが、

先日、Jヴィレッジを訪れたことが話題になりました。

 

しかし、なぜ、この少年たちは福島にやってきたのでしょうか?

その理由は、彼らの救出に使われた「ある道具」が、福島県で製造されたものだったからです。

 

その道具とは、、、600個もの「光る石」。

電気がなくても、水の中でも発光する「蓄光磁器」です。

 

光のあるところに置いて「蓄光」しておけば、

急に暗くなっても一定の時間、新聞の字でも読めるほどに輝くもの。

これが、福島第一原発事故の後、全村避難の対象となった川内村で作られたものでした。

 

複雑な構造をした洞窟の中救出活動にあたったダイバーたちは、これを道しるべとして活用。

すべての少年の救助に成功したのです。

世界的に話題を呼んだニュースに、福島が関わっていたこと、誇らしく思います。

 

開沼さんは「“良いものなんだけど、意外と地元では知られていない”ものを

「FROM福島」として発見し、発信していくことが大事」と話していました。

 

番組後半は、今月から始まった新コーナー「Go! Go!ハイスクール」。

毎回、県内の1つの高校にスポットを当て、その学校の魅力や特色を、

高校生自身の声と視点で紹介してもらうコーナーです。

 

きょうは、石川町にある学法石川高校!

「がくせき」という呼び名で親しまれていますね。

 

学校法人石川高等学校は、学校創立が明治25年、生徒数859人の学校です。

生徒会長の高橋由輝(たかはし・よしき)さんは、

学校の魅力を「魚水の精神」だと話してくれました。

 

「魚水」とは、建学の精神のひとつで「師弟間の愛情が密接である」という意味だそう。

魚と水は、切っても切れない関係にあることから、

生徒と先生、先輩と後輩の関係もそうであるべきだ、という教えです。

 

学校全体がとても温かい雰囲気に包まれていて、

先輩と後輩、そして友達どうしの雰囲気、

先生方が、生徒に親身になって考える雰囲気は、まさに「魚水」だそうです。

 

そしえ、学法石川高校では、多くの部活動が全国大会で活躍しています。

昨年度、全国大会に出場した部活動は、運動部・文化部合わせて9つの部!

特に、全国駅伝大会で、男子陸上部が全国3位になったことは、記憶に新しいですね。

 

地域の方々にも見守られながら活躍を続ける、学石の生徒たち。

私たちもエールを送り続けますよ!

 

さて、あすは金曜日。

お笑いコンビ“たんぽぽ”の白鳥久美子さんとお届けしている「こでらー大喜利」があります。

 

こでらーの皆様からの作品の投稿は【あす(12日・金)の正午まで!】

まだ間に合います!!

応募は、1人5作品までです。引き続きお待ちしています!!

これまで送ったことがないという方も、お気軽にご参加ください♪

 

お題は・・・「こんな実力テストはいやだ!」

開沼さんの答えは…これ!!!

 

 「テストの回答を早く書き終わりすぎて、

「余裕だわ~」っていうところが測定される実力テスト」(やだわ~。by 佐藤)

s-IMG_2459.jpg 

(開沼さん:「ふぅ~余裕だったわ~」)

s-IMG_2460.jpg 

(教師佐藤:「開沼くんは余裕を醸し出しすぎだから、減点…っと」)

 

☆Today’s Music☆

1曲目 ウララ/ビッケブランカ

2曲目 そよ風の誘惑/オリビア・ニュートン・ジョン

3曲目 悲しみなんて笑い飛ばせ/ファンキーモンキーベイビーズ

4曲目 In the darkness(インストゥルメンタル)/fox caputure plan

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:29 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月10日 (水)

なんだか...、寒いですね。4月も2週目なのに...@丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

咲きそろった桜を見に行くのも“はばかられる”ほどの冷え込み!

先週に引き続き、「寒い!」が、口をついて出てしまいます(涙)

どうぞみなさん、かぜなどひかないよう、一度しまった冬物・冬布団を引っ張り出して、

寒くないようにして過ごしてくださいね(笑)

 

では、きょうの番組を振り返りましょう♪映画ざんまいの放送でしたよ!

まずは、いまの福島の気になる話題を徹底調査する「ふくしまクエスト」!

ステキなゲストを、スタジオにお迎えしました。

 

映画「ハッピーアイランド」の監督の渡邉裕也さん、主演を務めた俳優の吉村界人さんの二人。

s-IMG_2458.jpg

※写真(左手前)主演の吉村さん  (右)須賀川市出身の渡邉監督

 

原発事故後、風評被害に悩みながらも逃げずに懸命に生きる人々と、

「職なし・金なし・やる気なし」という東京の青年が、

福島から成長の一歩を踏み出す姿を描いた作品です。

撮影ももちろん、渡邉監督の出身地・須賀川市が舞台の中心です。

 

スタジオの中は、インタビューと言うか、座談会状態(笑)

 

「なんで、福島の現状を描くのに、東京の若者を主人公にしたの?」

「制作費、監督の私財から出したそうですが、そこまでして、どんな思いを描きたかった?」

「途中、主人公が台本なしで、須賀川のみなさんにインタビュー!なんで?」などなど、

そのシーンにまつわるエピソードや俳優さんの心境、監督の意図、撮影の裏側と、、、

聞きたいことが、山盛り!!!

 

そのひとつひとつに、

渡邉さん、吉村さんともに、率直に丁寧に、かつざっくばらんに、答えていただきました。

福島県の内外問わず、多くのみなさんに見て欲しい映画です。

 

私はこの映画から、『自然とともに暮らす人の心は、強くて優しい。

人生には、理不尽なことがあるけれども、自分の信じることをつらぬく姿勢が、

他の人の心に“種をまく”んだな』ということに気づかされました。

 

福島県内ではこの後、須賀川市と矢吹町で、上映予定です。

映画をご覧になって、直接「ハッピーアイランド」からのメッセージを受け取ってください。

上映情報は、映画の公式ホームページから!

http://movie-happyisland.com/

 

渡邉監督、主演の吉村界人さん、お忙しいところの番組出演、ありがとうございました!

s-IMG_2457.jpg

 

後半は、「こでランク」。

きょうは映画、福島市内にある映画館の支配人、映画の達人 阿部泰宏さんの登場♪

s-IMG_2455.jpg

※阿部さん(写真左)

 

最新の人気ランキングは、

春休み期間中だったことで、ファミリー層に人気の映画が上位を占めた模様。

 

また、達人おススメの映画では、最近のヒーロー映画について。

なんやら、これまでの「勧善懲悪」といった物語の展開からは変わってきていることなど、

こちらも興味深い話を聞くことができました。

阿部さん、また映画の面白さを教えてくださいね♪ありがとうございました。

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす・木曜日は、社会学者の開沼博さんと佐藤彩乃さんの登場です!

 

番組のメッセージテーマは「お弁当」。

メッセージを、たくさん届けてくださいね。では、二人に、バトンタッチです!

 

おまけ。きょうの丹野のお弁当です。(最近、茶色い弁当に凝っています 笑)

s-DSC_0730.jpg

※厚揚げで作った、みそ味のマーボー豆腐&もち麦入りご飯 

 ブロッコリーは、大事な彩りであり、栄養源♪

 福島のブロッコリー大好きだ~!!!

 

【きょうの音楽】

1曲目 SAKURAドロップス  / 宇多田ヒカル

2曲目 空に星が綺麗 / 斉藤和義

3曲目 カラー・オブ・ザ・ウィンド / ヴァネッサ・ウィリアムス

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:20:04 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月09日 (火)

「30年続ければ、もはやプロ!」吹奏楽の響き @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

火曜日は、RAG FAIRの引地洋輔さんと一緒にお届けしています。

 

番組前半は「ふくしまSONGS」。福島ゆかりのアーティストを応援しています。

スタジオにお迎えしたのは、「福島ウインドアンサンブル」副団長の小野崎敦さんです。

20190409-01.jpg 

小野崎さんは、クラリネットの低音域バージョン=バスクラリネットを担当しています。

 

それにしても、小野崎さんは話がお上手!

それもそのはず!!定期演奏会では「MC」としても活躍されています。

さらに、楽団の情報発信・広報も担当していて…

大忙しの中、スタジオにお越しいただきました。

 

「福島ウインドアンサンブル」の結成は、昭和62年。

福島市を中心に、伊達市、二本松市などの、

高校生から50代までの40人ほどが参加している、アマチュアの吹奏楽団です。

 

(引地さん)「30年以上続けているアマチュアは、もうプロです!僕の中では!」

 

「福島ウインドアンサンブル」では、フルートやクラリネット、

トランペット、トロンボーンといった、木管楽器・金管楽器に加えて、

マリンバやシロフォン、ドラムなどの打楽器もあります。

 

それぞれの楽器の役割を担いながら、

みんなの音が1つになるアンサンブルを楽しんでいるということです。

 

レパートリーのひとつに「よってがんしょ福島」という曲が。

「福島県 県民の歌」「会津磐梯山」「相馬盆唄」「飯坂小唄」のメドレーです。

 

震災の年に、各地の避難所で出前演奏会を行ったときは

「避難所で演奏してもいいのか?」という迷いもあったそう。

しかし、その心配をよそに「自分のふるさとの曲を演奏してくれた!」と、

喜びの声が寄せられたそうです。

 

このように、地域に根ざした演奏活動を続ける

「福島ウインドアンサンブル」の定期演奏会が、今月行われます。

 今月21日(日)福島市音楽堂・大ホール

開場は午後1時30分、 開演は午後2時です。

 

小さいお子様連れの方のための「親子室」が用意されています。

また、開演15分前には「ウェルカムコンサート」も♪

 

あすは、『こでらんに5W』!

田中朋樹アナウンサーと丹野なな子さんのコンビでお届けします。

「ふくしまクエスト」「こでランク」ともに、映画の話題をお届けします。

どうぞお楽しみに!

 

☆Today’s Music☆

1曲目 桜の木の下には/ おいしくるメロンパン

2曲目 桜/ 高橋真梨子

3曲目 サムシング・ジャスト・ライク・ディス/ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:12 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


2019年04月08日 (月)

食べて、食べて、食べて...@佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

月曜日は、ぺんぎんナッツのお二人と一緒にお送りしています。

 

突然ですが、問題です。

このお寿司のネタは、一体なんでしょうか?

s-IMG_2439.jpg 

(白身魚?)

s-IMG_2443.jpg

(わかりましたか…?)

 

正解は…「こんにゃく」なのです!

むちむち、プリプリとしていて、シャリにぴったり。初めての食感でした~!

 

県内の旬の食材を取り上げ、その食材を使った料理を紹介している「んめぇな~ふくしま」。

今回は、いわき市の「手作りこんにゃく」を紹介しました。

 

教えてくださったのは、JA福島さくら・女性部・いわき市地区本部の緑川 多賀子さん。

(こんにゃく栽培にかかわって50年!)

s-IMG_2446.jpg

こんにゃくを食べているからでしょうか、緑川さんのお肌はツヤッツヤ!

 

そんな緑川さんをはじめ、いわき市では、昔ながらの「在来種」を栽培しています。

在来種の芋で作るこんにゃくは、口当たりがよく粘りが強いのが特徴で、

県内外に根強いファンがいます。

作り手がだんだん少なくなっていることから「幻の品種」とも呼ばれるそう!

 

そんな貴重な手作りこんにゃくを使って、

緑川さんに作っていただいたのは「こんにゃくステーキ」と「こんにゃくの白和え」です。

(いなのさん)「この白和え、おいしい!2キロは食べられる!!」

 

作り方を紹介します。

s-IMG_2435.jpg

~こんにゃくステーキ~ 

<材料>(4人分)

・手作りこんにゃく・・・4丁

・鷹の爪、しょうゆ、砂糖、ゴマ油・・・適量

 

<作り方>

①こんにゃくを5cm幅に切り、味がしみ込むように切りこみを入れ、水にさらす。

 水から上げて水気をきっておく。

②フライパンにごま油をひき、こんにゃくが白っぽくなるまで炒める(5分程度)。

③しょうゆ・砂糖・鷹の爪を入れ、味がしみるまで、熱を加える。

☆こんにゃくは味が淡泊なので、味付けはしっかりするのが◎

☆しょうゆと砂糖は半々で、味がしみるようにします

 

~こんにゃくの白和え~

<材料>(4人分)

・手作りこんにゃく・・・2丁  ・豆腐・・・1丁

・ほうれん草・・・半束     ・にんじん・・・2本

・砂糖、しょうゆ、塩・・・適量

 

<作り方>

①豆腐は手でちぎってザルに入れ、水切りする

②水がきれたら、すり鉢ですり、砂糖・塩で味付け

③ほうれん草はさっとゆでて、水をきり、2cm幅に切る

④こんにゃく・にんじんは短冊に切り、塩・砂糖・しょうゆで、下味を付けておく。

 すっておいた豆腐に合わせて、できあがり!

 

手作りこんにゃくは、いわき市のJA福島さくら ファーマーズマーケット「いがっぺ」や、

いわき市内のスーパーマーケットで手に入れることができます。

(JA福島さくら・いわき市地区本部の生活福祉課でも、注文を受け付けているそうです)

 

おいしいこんにゃくと緑川さんのこんにゃくへのたっぷり愛情、ごちそうさまでした!!

 

☆Today’s Music☆

1曲目 くしゃみ/宇宙まお

2曲目 A New Day/ポルノグラフィティ

3曲目 ムーン・リバー(インストゥルメンタル)/山弦

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:22 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク | コメント(0)


ページの一番上へ▲