2018年11月30日 (金)体験に 勝るものなし 何事も @吾妻謙


27日(火)、東京オリンピック・パラリンピックを記念する硬貨の交換が始まりました。

それがこちら。

s-181130-1.jpg

100円硬貨。記念ものが好きな私、銀行に走りました。

オリンピックはフェンシングが、そして、パラリンピックはボッチャが描かれています。

s-181130-2.jpg

s-181130-3.jpg

ボッチャといえば!

あす(12/1)とあさって、福島市国体記念体育館で、日本ボッチャ選手権大会が開かれます!

国内最高峰の大会で、2020年のパラリンピック出場に向けての大事な一戦です。

 

それを前に、メディア向けの体験会がきょう行われ、参加してきました。

s-181130-4.jpg

指導してくださったのは、福島市出身の村上光輝さん。

s-181130-5.jpg

リオデジャネイロ・パラリンピックで、日本チームを銀メダルに導いたヘッドコーチで、

現在は、日本ボッチャ協会・強化指導部長です。こんな機会、なかなかありません。

 

東京パラリンピックに向け、

NHKの番組で、さまざまな情報を発信しているリポーターの千葉絵里菜さんも、車いすで参加。

s-181130-6.jpg

一緒に体験しました。「これまでも、ボッチャは何回かやったことがある」という千葉さん。

豪快に、上からボールを投じましたが、まっすぐ飛びませんでした。

村上さんによると、ポイントはここ。車いすの前輪の向きだそうです。

s-181130-7.jpg

投げる反動で、車輪の方向に身体がぶれるため、思った方向に行かないんだとか。

まったく気づきもしませんでした。千葉さんは「いまは投げ方を研究中」だそうで、

次回、機会があれば、その研究の成果を見せてもらえればと思います。

 

ボッチャのルールは、極めて簡単。

s-181130-8.jpg

赤と青に別れて、ボールを白いボールに向かって投げ、近い方が勝ちです。この写真では、青の勝ち。

私は、というと・・・

s-181130-9.jpg

真剣に取り組みますが、らしいのは見た目だけでした・・・。

上級者になると、硬さや表面の素材が違うボールを使い分けるほどの繊細な戦いになるんです。

s-181130-10.jpg

滑りやすかったり、転がりやすかったりと、作戦や床との相性を考えて選びます。

いや~、体験してみて、ボッチャの見方がガラリと変わりました。これは、面白いです。

大会会場では、体験コーナーもあります。ぜひ、やってみてください!!

 

やってみるなり、見るなり、自分で体感して、さらに感動が大きくなったものを、もう1つ。

磐梯町の慧日寺跡に行きました。

s-181130-11.jpg

会津の仏教文化発祥の地と伝わります。

この金堂は、10年前に復元されました。その時に訪ねた写真がこれ。

s-181130-12.jpg

2008年10月13日。末っ子が1歳になったばかりの時でした。今は小学5年生。

この10年間に、中門も復元され

s-181130-13.jpg

金堂の中には、ことし、薬師如来坐像が展示されました。

s-181130-14.jpg

それまでは等身大の写真が飾られていましたが、やはり、立体は違います。

東京藝大・大学院の方たちによって、精巧につくられたその像は、

金箔を貼ったあと、経年劣化したように見える加工が施されました。

s-181130-15.jpg

時の流れを感じながら、しみじみ眺めました。

磐梯山慧日寺資料館は、きょうで冬の閉館期間に。再開は4月です。

行きたい!と思った方は、暖かくなるころ、お出かけください!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:22:11 | 固定リンク


2018年11月29日 (木)手づくりで もっと身近な 病院に @平川沙英


こんにちは。

しょうゆを買わなきゃ・・・と思いつつ、2日連続で忘れてしまい、

とうとう、家のしょうゆが切れてしまいました。

「きょうこそは、買って帰ろう!」と、デスクにでかでかとメモを貼り付けている

キャスター平川です。

 

24日(土)、いわき市に来月開院する、「いわき市医療センター」に取材に行ってきました。

1129-1.jpg

この日は、内覧会が行われていたんです!

1129-2.jpg

中でも注目すべきは、この、木のパネル。

実はこれ、地元の親子と職員が手作りしたものなんです!

1129-3.jpg

こちらは、ことし3月に行われたワークショップの様子。

1129-4.jpg

「いのち」「そら」「あお」「みどり」をテーマに

思い思いの色を塗っていきます。

1129-5.jpg

完成したパネルは・・・

1129-6.jpg

このように、エレベーターホールや。

1129-7.jpg

デザインを読み取り、病室番号の上などにも活用されています。

想像以上にあらゆる場所に使用されていて、びっくり!

内覧会では、自分の作品を探す親子もたくさんいました(*^^*)

 

病院って、子どもの頃は行くのがイヤでイヤで。

そんな子どもたちも、自分で作ったものが飾ってあると、

少しは身近に感じてもらえるのかなと思いました。

病院は、来月25日(火)に開院する予定です!


さて、先日、埼玉西武ライオンズの優勝パレードを見に行ってきました。

1129-8.JPG

人!人!人!!いや~、優勝するってすごい!

松井稼頭央選手の引退セレモニーでは、涙涙。

浅村選手の背中を見ながらも、涙。

野球には、ドラマがありますね。それぞれの道での活躍、これからも応援したいです。

 

ちなみに、今週のBS1「球辞苑」のテーマは、「三盗」。

「盗塁」ではなく「三盗」ですからね。

これで50分持つのか・・・と思いますが、持ってしまうのが「球辞苑」。

楽しみにしたいと思います。

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:13:17 | 固定リンク


2018年11月28日 (水)小名浜で 海のきらめきに 癒されて♪ @淺川理沙


こんにちは!キャスターの淺川理沙です。

福島市から、車で片道3時間。

先日、いわき市小名浜に初めて行ってきました♪


以前ニュースでお伝えした「蛇の目ビーチ」も、

1.181128.jpg

「大漁旗アート」も、やっと実際に見ることができました!

2.181128.jpg

「アクアマリンふくしま」は想像以上に大きく、3時間かけてゆっくり見ました。

館内は、光が差し込んでいて明るく、とても癒される時間でした♪

3.181128.jpg

4.181128.jpg

5.181128.jpg

45分間のバックヤードツアーにも参加!

ふだん見られない、水族館の裏側だけでなく、

東日本大震災で地盤沈下したブロック塀も見ました。

6.181128.jpg

(奥にある左側のブロック塀が右側より下がっています。)


昼ごはんは「いわき・ら・ら・ミュウ」で海鮮丼!

7.181128.jpg

8.181128.jpg

小名浜の海は、とてもキラキラしていて温暖で、

どことなく、地元の千葉県の海と雰囲気が似ていました♪

9.181128.jpg

先週は、奥会津の山々の深さに圧倒されましたが、

改めて福島県は広くて、さまざまな表情のある地域だと感じました。

いつか、取材でもいわき市を再訪できたらいいなと思っています。

10.181128.jpg

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:13:16 | 固定リンク


2018年11月27日 (火)一番早い春「春の高校バレー」 @後藤万里子


こんにちは。キャスターの後藤万里子です。

きのう、「はまなかあいづTODAY」の「月曜スポーツの」コーナーで、

先週に引き続き、高校バレーの全国大会「春高」をかけた

福島県のバレーボールで“一番熱い”一日について、放送しました。

 

体育館に響くボールの音。

「高校生たちの声がいいな、なつかしいな」と思いました(^^♪

 

先週は、女子で優勝した郡山女子大付属高校のエース・目黒選手を

ブログで紹介しましたので、きょうは男子!!

 

男子で優勝した福島商業は、

レギュラーのうち、4人が1年生という、若く勢いのあるチームです。

 

実は彼ら、小学6年生の時、同じスポーツ少年団に所属していて、全国大会で準優勝!

そんな彼らは、とても仲良く、コンビネーションが抜群でした!

コートで見せるコンビバレー、すごくかっこいい!!

 

ですが、コートを出ると、あどけなさが残る高校1年生。

お互い「こいつは、昔から泣き虫だよ」と冗談を言い合うなど、本当に楽しそうでした(*^-^*)

 

福島商業おめでとう!!

「春高」で、福島県勢の男子はここ5年間、1回戦敗退です。

あこがれの「オレンジコート」で、楽しんでバレーボールをやってきてほしいと思います。

目指せベスト16!

112701.jpg

 

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:18:53 | 固定リンク


2018年11月26日 (月)いい夫婦 感謝の気持ちを 花と詩に @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

11月は、語呂合わせで「いい○○の日」というのが多いんですよね。

 

きょうは、日本浴用剤工業会が定めた「いい風呂(26)の日」だそうです。

お気に入りの入浴剤を入れて、ゆっくり湯船につかろうかな~!


ということで、先週22日(木)は「いい夫婦(22)の日」!

まずは、感謝の気持ちを花に込めた男性から。

福島市公設地方卸売市場で行われた、

男性限定のフラワーアレンジメント教室を取材してきました。

1126-01.jpg

ふだん、早朝から市場で働く男性のみなさんが参加です。

「毎日朝早くから仕事なので、夫婦でゆっくりする時間をあまりとれず

 妻には、我慢ばかりさせているんです…」

と話してくださったのは、市場食堂で働く佐藤さん。

1126-02.jpg

「日ごろの感謝の気持ちを伝えるために、

帰ったらリビングに置いておいて驚かせます。サプライズ!」

とのことでしたが、奥さまはどんな反応だったのでしょうか?

 

男性からの贈り物もとてもステキですが、

この日をきっかけに、お互い、日ごろ言えない「感謝の気持ち」を伝え合えるのがいいですね♪

 

そして、妻への思いを詩に込めたのが…彫刻家で詩人の高村光太郎です。

週末、私にとっての「いい夫婦」である、高村光太郎の妻・智恵子の生家に行ってきました!

1126-03.jpeg

2年に1度の現代アートの祭典・福島ビエンナーレが開催中で、

切り絵アーティスト、福井利左さんの作品も展示されていました!

(詳しくは、先週の吾妻アナウンサーのブログをご覧ください!)


晩年、たくさんの紙絵作品を制作した智恵子の家で、

現代の切り絵アーティストや地元の子どもたちが作品を展示する…

智恵子の思いが受け継がれているような、あたたかい気持ちになりました。

1126-04.jpeg

1126-05.jpeg

智恵子記念館も見てまわりましたが、

光太郎が智恵子に送った詩の数々を見て…

智恵子が亡くなってもずっと愛し続けていたのだなと。

時代に流されず、お互いを必要としあって生きていた2人が、改めてすてきだなと。

 

いろいろな解釈の仕方がありますが、いま改めて智恵子抄を読み返したいです。

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:18:27 | 固定リンク


ページの一番上へ▲