2019年02月06日 (水)ランドセル 年齢問わずに 背負える時代!? @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です。

もう2月ですね、早いですね~。


1月31日(木)の「はまなかあいづTODAY」では、

会津若松市にあるランドセル工場のショールームからお伝えしました。

 

この春入学する新1年生のランドセルの製造は、2月がピークだそうです。

この企業では、およそ50人の従業員の方々が、500に及ぶ工程を担当しています。

1.190206.jpg

2.190206.jpg

みなさん、会津の出身だそう!

若い女性が多く働いていて、笑顔で1つ1つ丁寧に作っている様子が印象的♪

穏やかでとても明るく、楽しそうな雰囲気でした!


さて、この春の新1年生に人気のランドセルの色は…?

女の子は、

①うすむらさき色(人気アニメの主人公のドレスの色と同じ)

②チョコレート色(親に人気の色、高学年になっても使える落ち着いた色)

③水色(注文のピークが夏なので、涼しい色が人気)

 

5~6年前は「10月」が注文のピークで、その頃は茶色など「秋色」が人気だったそうです。

3.190206.jpg

一方の男の子は、7~8割が黒を選ぶそうです。今も昔も変わりませんね!

ただし、今は「ヘリ」の色も選べるため、

「本体が黒で、ヘリが青」の組み合わせが人気だそうです。

4.190206.jpg

こちらのメーカーでは、

この春からのランドセルに「新たな工夫」を取り入れました。

5.190206.jpg

 

6.190206.jpg

学習指導要領の改訂を機に厚くなった、教科書や教材を入れるため「大容量化」。

ただ、教材で重くなったランドセルで、腰や肩を痛める子どもが増えており、

より体にフィットした「肩ベルト」を開発したそうです。


最後に、こんな商品も!

50~60代の女性を中心に人気のランドセルです!

7.190206.jpg

私も背負っちゃいました♪

一般的なランドセルより一回り小さく、薄くて軽かったです!

8.190206.jpg

斜めがけもできるんですよ、かわいいですよね~♪

9.190206.jpg

放送ではご紹介できませんでしたが、内側もこんなにかわいいんです!

一般的なランドセルと、同じパーツで作られているそうですよ!

10.190206.jpg

愛情込めて作られているランドセル。

ぜひ、ショールームへも足を運んでみてくださいね。

11.190206.jpg

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:12:01 | 固定リンク


2019年02月02日 (土)冬と春 行ったり来たりが 句でわかる @五七GO!


初春といえども、寒い毎日。日々の暮らしの中にも、極寒と春めいた暖かさが見られます。

そんな「気付き」を詠んだ句が寄せられています。

依然として常連さんの安定感が目立ちますが、投稿が少ないので、初投稿大歓迎です!

 

28日(月)「この日こその2句」

s-190128575-1.jpg

おなじみ、郡山市の渡部義勝さん、タイミングばっちりでこの話題。

大相撲初場所、若元春が幕下優勝!来場所、十両昇進です!

兄弟関取の誕生、うれしいですね!イラストも迫力あります!(岩間)

s-190128575-2.jpg

いわき市の高橋さんは、いわきで見た、数年ぶりの雪景色をメルヘンチックに詠みました。

この景色を「民話」にたとえるのがモダンです。87歳とは思えません!(吾妻)

 

29日(火)「冬の厳しさを詠んだ2句」

s-190129575-1.jpg

檜枝岐村の星さんは2メートル超の積雪を。粉雪が積もって2メートルとは!

じんわりとすごさが伝わってきます。雪かき、お気を付けて!(吾妻)

s-190129575-2.jpg

いわき市の真鍋さん、昔を懐かしんで、しもやけのイラストと句。

登校後、冷えた手を、先生が温めてくれたそうです。

先生の優しさが絵から伝わってきます♪いや~しもやけはつらい!(岩間)

 

30日(水)「心躍る風景の2句」

s-190130575-1.jpg

郡山市のようこさんは、磐梯山を望む田で、エサをついばむハクチョウを。

後ろを向いている白鳥もキュートです!(岩間)

s-190130575-2.jpg

「ふくしま57GO!」のコーナーで紹介した1300句目は、いわき市の蜂吾郎さん。

地元の中学生が海岸に植樹した「クロマツ」です。

大きく育つ20年後、30歳を過ぎ、大人になって帰ってきて欲しいその気持ち、グッときます!(吾妻)

 

31日(木)「老いも若きも寒さをしのぐという2句」

s-190131575-1.jpg

南会津町の地吹雪太郎さん。寒いときは氷点下15度。部屋の暖かさで、屋根の雪が解けて「氷柱」に。

春を待つ老夫婦の姿が、氷柱の向こうに見えてきます。その姿は、穏やかにも感じます(吾妻)

s-190131575-2.jpg

須賀川市のたにさんは、子どもの通学の風景です。

低学年の子を、風雪からかばうお兄さん、お姉さん。情景が浮かんできますね~。

高学年の子、がんばれー!(岩間)

 

2月1日(金)「立春を前に 春の訪れを感じさせる2句」

s-190201575-1.jpg

郡山市のコイサンさんは、メジロのつがいとご自身夫妻を重ねます。

コイサンさんのご夫婦の仲の良さも、目に浮かびますね♪(岩間)

s-190201575-2.jpg

二本松市の官野さんは、節分の「オニは外」を「城主・丹羽公に失礼」という、地元ならではの句。

節分前の投稿で、写真に苦労したと言いますが、霞ケ城とフリー画像を使った工夫は見事です!(吾妻)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


2019年02月01日 (金)号砲が 楽しみ?不安? 未知の世界 @吾妻謙


NHK福島放送局と福島中央テレビ(中テレ)のコラボ企画、第2弾決定!

それは、「いわきサンシャインマラソン」!!

 

きのうの「はまなかあいづTODAY」で発表いたしました。

どうコラボするのか?現在、両局で企画を進めております。

私が、郡山市の中テレに打ち合わせに行くことも!

 

はまなかあいづマラソン部(HNA42)と一緒に走る中テレアナは!

直川貴博アナウンサー。

s-190201-1.jpg

“サンシャイン”マラソンとかけたのか、

いただいたPR写真は、サンシャイン池崎ならぬ、サンシャイン直川。

ご本人と共演した際の1枚だとか。

 

中テレホームページの直川アナの趣味欄には、

「美容とファッション(自己流で追求中です)・舞台鑑賞・マラソン」と。

マラソンが趣味とは!HNA42は、かないません・・・。

 

「美容」の記入に、妙に納得する私。前回、中テレとコラボした時に撮ったこれ。

s-190201-2.jpg

だからキラキラしていたんですね~。直川アナ、どんな走りを見せるのか、注目です!

 

初挑戦は、おととし7月、二本松市の「東和ロードレース」の10キロ。

s-190201-3.jpg

猛暑の「地獄坂」で、沿道の声援がうれしかった!

s-190201-4.jpg

ゴール後の、ランナーのすがすがしい笑顔も良かったです!

その年の12月「あづま荒川クロスカントリー大会」の13キロ。

s-190201-5.jpg

周回コースで、2周目はバテバテでした~。

s-190201-6.jpg

こんなにたくさんの人が「帰ってきた」川内村。

「川内の郷かえるマラソン」の10キロを走ったのは、去年4月。

s-190201-7.jpg

ボストンマラソン優勝直後の川内優輝選手はハーフマラソンに出場。

抜き去られたとき、そのスピードに驚かされました!

 s-190201-8.jpg

ゴール後、気さくにサインに応える川内選手を背景に。

そして、前回は去年10月。距離を延ばして「鶴ヶ城ハーフマラソン」に。

s-190201-10.jpg

城下町を走るコースの沿道では、さまざまなおもてなしが。

s-190201-9.jpg

21キロ、楽しみながら頑張れました。

 

そして、今月10日の「いわきサンシャインマラソン」で、初のフルマラソンです。

これまでのレース、平均すると、1キロ6分。そのペースで行けるならば、ゴール予想は4時間12分!

「そんなにうまくはいかないよ!30キロ以降はきついぞ!!」と経験者。

 

そうなんですよね~。不安でいっぱいですよ。

マラソンは「はまる人は、はまる」と言いますが、私は、いつも走りながら後悔です。

「なんで出場しちゃったんだろう・・・きついわ~」と。

 

でも、「ゴール後に、何を感じることができるんだろう?」と楽しみでもあるんです。

未知を知る。これはやめられません!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:15:15 | 固定リンク


2019年01月31日 (木)コラボして いわきの街を 走ります! @平川沙英


こんばんは。

朝、寒さで布団から出るのに、30分かかるキャスター平川です。

いつも、起きる時間の30分前にアラームをかけています。

この寒さには、なかなか慣れません。

 

さて、「私たち、はまなかあいづマラソン部・HNA42では、

フルマラソンに向けて、トレーニングをしている」とお伝えしていましたが、

2月10日(日)「いわきサンシャインマラソン」に挑戦します!

 

しかも、今回は、福島中央テレビとコラボ!全員で完走することが目標です。

20190131-1.jpg

こちらは、いわき市役所の玄関近くに設置された、てるてる坊主!

きょう、大会当日の快晴を祈願する催しが開かれたそうです。

当日は、いい天気だといいなぁ。。。

 

昔は「女の子では、負けなし」というほど持久走が速かった私ですが、

やっぱり、年を重ねるほどしんどくなりますねぇ。(笑)

平川家は、代々、持久力があると言われているので、名に恥じない走りをしたいと思います!


さて、きょうは、会津のある場所に行ってきました。

20190131-2.jpg

雪は降っていませんでしたが、やはり寒い!

でも、ソースカツ丼を食べて、元気いっぱいです!

なんの取材だったかは・・・来月分かるはず!お楽しみに〜〜♪♪

 

では、みなさん、インフルエンザなどには気をつけてくださいね。

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:20:36 | 固定リンク


2019年01月30日 (水)福島第一原発の視察会 @淺川理沙


こんにちは!キャスターの淺川理沙です。


先週、福島第一原発の視察会に参加しました。

福島市から、国道114号線や国道6号線を通り、

川俣町、飯舘村、南相馬市、浪江町、双葉町、大熊町へ。

帰還困難区域を初めて訪れました。


福島第一原発では、視察用のバスに乗り、1号機から6号機を見学。

「撮影不可」のため、写真はありませんが、

マスクと軍手、めがねとヘルメットという装備で

2号機と3号機の間や、4号機の目の前を、歩いて見学。

 

至近距離から、廃炉作業の現状を知ることができました。

また、富岡町に開館した廃炉資料館にも行きました。


自分の目で、福島第一原発の現状を見られたことで、

震災や原発事故に関するニュースや、テレビやラジオで放送している「県内各地の放射線量」を

より大事にお伝えしたいと、強く意識するようになりました。

 

空が青くて、白い雲が流れていて、海は濃い青やエメラルドグリーンで輝いていて、

そのキレイな空や海と、原発の人工的な空間との対比に、いろいろと考えさせられました。


さて、あすの「はまなかあいづTODAY」の「LIVEふくしま」では

会津若松市にあるランドセル工場のショールームから

この春入学する子供たち向けの、ランドセルのトレンドをお伝えします!

 

取材で会津若松市を訪れたとき、雪景色の鶴ヶ城を見られました♪

例年より雪が少ない、ということですが、真っ白な天守閣を見られて、うれしかったです!

1.190130.jpg

ぜひ、あすの放送もご覧ください♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:11:38 | 固定リンク


ページの一番上へ▲