2019年07月26日 (金)夏の高校野球福島大会リポート⑤熱戦の裏側でライバル対決


25日に行われた準々決勝。

 

日大東北と郡山の1戦は、3時間19分に及ぶ大熱戦になりました。

 

この最高の舞台で、お互いをライバルと認める2人が対決しました。

 

日大東北のエース磯上航希投手と、

郡山打線を引っ張る主将の角田慧選手。

 

2人は小学校時代からしのぎを削ってきました。

 

角田選手は

「野球では磯上にかなわない」

と言いながら、

 

対磯上投手の通算成績は

「打率3割くらい。」

と対抗心をのぞかせます。

 07261yakyu.jpg

 

一方、磯上投手に警戒するバッターを聞くと、

迷わず角田選手の名前を上げました。

磯上投手(春の県大会時のインタビュー)

「ずっと前から知り合いで、対応力があるバッターなので

 注意したいです。」

 07262yakyu-2.jpg

迎えた準々決勝。1回、最初の対決。

 

角田選手。

「意識するとダメだと思ったんで 知らない人と思って

 打席に入りました。がむしゃらに打ちました」。

 

打球はセンター前へ。

ヒットで角田選手に軍配があがります。

 

第2打席はフォアボール。

第3打席はセカンドゴロ。

第4打席はレフト前ヒット。

第5打席はフォアボール。

 

30度を超える暑さの中、互いに譲らない戦いが続きます。

 

試合の方は今大会1番と言えるほどの

 

シーソーゲームに。

8対3と日大東北リードで

迎えた7回に郡山打線が磯上投手をつかまえ

同点に追いつきます。

 

直後の8回、日大東北は遠藤雅也選手の

タイムリースリーベースで再び勝ち越しました。

 

そして9回、2人の高校生活最後の対決。

 

磯上投手が9回ながら141キロの

まっすぐを投げれば、角田選手も

必死に食らいつきファールで粘ります。

 

そして7球目、内角高めのまっすぐでした。

角田選手は思い切り振り抜きますが

ふわふわっと上がった打球はセカンドのグラブへ。

10対8で日大東北が勝ちました。

 

角田主将

「磯上は全国でも通用するピッチャー。甲子園での活躍を

見せてほしいです。今後もし対戦することがあれば

今度はコテンパンにしてやります」。

 

磯上投手

「試合終了のあいさつの時に慧が泣きながら

甲子園行ってくれと言ってくれた。あいつの分まで頑張ります」。

 07263yakyu.jpg

野球を通して出会うことができた2人。

よきライバル関係はこれからも続いていきます。

 

(高校野球担当 中村記者)

投稿者:夏の高校野球リポート 戦国福島 | 投稿時間:11:51 | 固定リンク


2019年07月24日 (水)東京オリンピックまで1年♪  @淺川理沙


こんにちは!キャスターの淺川理沙です。

 

来年の7月24日といえば…東京オリンピックの開会式!!いよいよ、あと1年ですね♪♪

日本での開催が決定した2013年9月は、シンガポールで働いていたのですが、

私も、生中継でその瞬間を見ていました。

まだまだ先だと思っていたのに、もう1年後!とてもとても楽しみですね~♪


福島県では、野球とソフトボールの一部の試合が行われますね。

そこで先週17日(水)、試合が行われる県営あづま球場に取材に行きました!

こちらは、ことし5月の様子です。まだまだグラウンドの土が見えていました。

2019-0724-01.jpg

一方、こちらが先週の様子。人工芝が敷かれました。

東京オリンピックの開催が近づいてきていることを実感できますよね~♪

2019-0724-02.jpg

さらに、こちら。

2019-0724-03.jpg

けが防止のためのゴムチップがまかれているんです。

よりクッション性が高くなって、踏みしめると、ふわふわした感触でした。

2019-0724-04.jpg

そして何より、この鮮やかな色!!

世界から集まった選手は、この人工芝の鮮やかさと、空の青さの中で

すばらしいプレーを見せてくれるのだと思うと、とてもワクワクしますよね!

2019-0724-05.jpg

県営あづま球場では、そのほかにも改修工事が進んでいます。

選手の使うロッカールームに仕切りを設けるなど、選手がより集中できる作りにしたそうです。

2019-0724-06.jpg

また、けが防止のために、外野のフェンスを8cmから14cmへと厚みを増したり。

外野の傾斜に段差をつけることで、座席を増設したり、トイレも和式から洋式に改修したそうです。


聖火リレーの大まかなコースが発表された際にも取材に行きましたが、

東京オリンピックまで丸1年の節目にも、このような取材ができうれしかったです。

 

私の地元も、東京オリンピックの会場なんです!

なので、プライベートも含め、これからも何らかの形で

東京オリンピックに関われたらいいなぁと思っています♪♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:14:52 | 固定リンク


2019年07月24日 (水)夏の高校野球福島大会リポート④ふたば未来 もう一つの戦い


20日のいわきグリーンスタジアムの第3試合の試合前、

創部5年目で初の4回戦進出を狙うふたば未来学園の円陣で、

1人の選手が1着のユニフォームを手に持っていました。

一体誰のもの?

 

実は選手たちとは別の場所で戦っていた人がいました。

鈴木智之部長です。24歳の鈴木部長は、大学卒業後講師となって2年目です。

0724-1yakyu.jpg

この日は福島県の教員採用試験の日。

鈴木部長は受験のため、

試合開始に間に合わなかったのです。

 

前の日の夜、鈴木部長のもとにキャプテンの高橋佑輝選手からメッセージが。

「智之先生、明日絶対勝ってくるので採用試験頑張ってください」。

 0724-2yakyu.jpg

鈴木部長は高橋主将に電話を掛けました。

「絶対勝ちに行くぞ。球場に入ってから

試合が始まるまでの気持ちの切り替えをしっかりやりなさい」

と伝えました。

 

高橋主将は電話を切ったあと、鈴木部長のことばを部員全員で作る

LINEのグループで共有したそうです。

高橋主将。

「鈴木先生の分まで頑張ろうと思いました」。

 

試合当日。

雨の影響で試合の開始時間が大幅に遅れました。

 

ここで効いたのが、鈴木部長の言葉でした。

 

高橋主将は、試合前にもう一度鈴木部長の昨夜のことばを伝えました。

すると初回に3点を奪うなど、相双地区のライバル

小高産業技術を序盤から圧倒します。

午後2時すぎに試験が終わった鈴木部長。

会場の福島市からいわき市へ向かう道中、

試合経過が気になってしかたがありませんでした。

 

鈴木部長。

「速報を確認すると初回に3点を先制していて

3年生が頑張ったんだなとグッときちゃいました」。

 

雨で試合開始が遅れたおかげで、鈴木部長は

1回裏に球場に到着できました。

チームは14対1の5回コールド勝ちで

4回戦進出を決めました。

 

一方採用試験の方は?

鈴木部長

「ベストを尽くせました」。

選手たち、そして鈴木部長の

“いつもと違う”

ほっとした笑顔が印象的でした。

 

高橋主将。

「次の試合も鈴木先生を含めて

チームの雰囲気を大事に、油断することなく戦いたい」。

(高校野球担当 中村記者)。

投稿者:夏の高校野球リポート 戦国福島 | 投稿時間:14:43 | 固定リンク


2019年07月19日 (金)あの人気者たちも、熱い選挙中! @三谷咲都美


こんにちは!キャスターの三谷咲都美です。

きょうの「LIVEふくしま」、みなさんご覧いただけましたか?

田村市常葉町にある「ムシムシランド」からのリポートでした。

2019-0719-001.jpg

ムシムシランドは、200種類、2000匹の昆虫と出会える「カブト屋敷」と、

自然の中で、およそ1000匹のカブトムシと触れ合える「自然観察園」の2つがあります。

 

この施設で、今、「世界のカブクワ総選挙」と呼ばれるイベントが開かれています!

ヘラクレスオオカブトや、ギラファノコギリクワガタなど、

世界から集結した30種類のカブト・クワガタが立候補し、その人気ナンバー1を競っています。

 

入り口には、ユニークなキャッチコピーが踊る選挙ポスターが貼られた立て看板が・・・

2019-0719-003.png

施設の中では、投票箱が設置されていたり・・・

2019-0719-004.png

決まった時間に「立候補虫」と触れ合える”立会い演説&握手会“も用意されています。

 

さらに、カブトムシになりきることもできちゃうんです!

2019-0719-005.png

“SNS映え”する「写真撮影コーナー」もありますよ。

この姿で写真をとれば、きっと人気者ですね!

 

一方、屋外施設「自然観察園」では、800平方メートルのネットで囲まれたドーム状のコナラ林に、

およそ1000匹のカブトムシが生息しています。

2019-0719-006.png

周りを見渡すと、あちらこちらにカブトムシが。気を抜くと、足元にいて、踏みつけそうになります。

自然の中に生息するカブトムシを間近に見て、テンションが上がります!

 

しかし、震災や原発事故の影響で腐葉土を除染したため、カブトムシにとって、厳しい環境になっていました。

2019-0719-0070.jpg

(腐葉土が取り除かれ、むき出しになった根元)

 

そこで、ムシムシランドでは「クラウドファンディング」を実施し、

県内外から、およそ200万円が集まりました。

その資金を使い、少し離れた場所に、新たな林を作ろうと取り組んでいます。

2019-0719-008.jpg

(新しく林をつくる予定の場所)

 

いつの時代も、子供たちのアイドル、カブトムシやクワガタムシ。

そんな昆虫たちと楽しく触れ合ってもらうために、さまざまな取り組みや工夫をしている「ムシムシランド」。

一人でも多くの人に訪れてもらいたいです。

2019-0719-009.png

全国的にも、そして県内でも、あすから夏休みを迎える子供たちも多いと思います。

みなさん、この夏は、ぜひカブトムシと触れ合ってみてくださいね。

投稿者:三谷 咲都美 | 投稿時間:22:03 | 固定リンク


2019年07月19日 (金)【選挙のトリビア】いくつ知っていますか? @髙石桃子


こんにちは!

「はまなかあいづTODAY」キャスターの髙石桃子です。

 

参議院選挙の投票日は、いよいよ、あさって・21日(日)です!

そこで、今週の「はまなかあいづTODAY」では、

意外と知らない、選挙にまつわる雑学「選挙のトリビア」を放送しました。

ご覧いただけましたか?

2019-0719-01.png

・投票所に一番乗りすると、何ができるの?

・県内に、選挙ポスターの掲示板っていくつあるの?

・ウグイス嬢、男性だとなんて呼ばれるの?

2019-0719-02.png 

みなさん、いくつわかりますか?

答えは、NHK福島放送局のTwitterやホームページで配信している動画で確認してくださいね!

https://twitter.com/nhk_fukushima

https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/sangiin/2019/07/skh43398.html

 

福島中央テレビとのコラボ企画として放送した「選挙のトリビア」。

撮影のために「ゴジてれChu!」キャスターのお二人が福島局に来てくれました。

 2019-0719-03.jpg

報道フロア、はまなかあいづTODAYのスタジオ、そして、福島放送局の屋上で撮影しましたが…

屋上で1つ発見!それがこちら。

 2019-0719-04.jpg

屋上にあるベンチ。脚の部分がN・H・Kになっています!

 

気づいたのは、中テレのみなさん。私も芳賀キャスターも、今まで知りませんでした。

身近にあると、気づかないことってありますよね。

 

そんなこんなで、4人で楽しく撮影した選挙のトリビア。

選挙に関心をもっていただく、小さなきっかけになったらうれしいなーと思います。

2019-0719-05.jpg

投稿者:髙石 桃子 | 投稿時間:13:39 | 固定リンク


ページの一番上へ▲