2019年07月11日 (木)夏の高校野球福島大会リポート① 清陵情報高校 3人の幼なじみの絆


第101回全国高校野球選手権福島大会の熱闘をお伝えする、夏の高校野球リポート 戦国福島。

 

第一回は7月10日の開幕カードに登場した清陵情報高校についてお伝えします。

 

主将の青木勇大選手。

エースの影山卓也投手。

背番号5の安田浩輝選手。

 

3人は幼稚園から一緒の幼なじみです。

 

 20190711-1.jpg

放送では紹介できませんでしたが,実は3人には大会直前に試練がありました。

 

本来キャッチャーの青木選手が肘をケガしてしまったのです。

 

そこで初戦のキャッチャーに抜擢されたのが安田選手でした。

 yakyu20190711-2.jpg

安田選手。

「中学時代から青木選手が出られないときは何度かやっていたので心配ないです。

    頑張ります」。

 

青木選手。

「長くやってきた仲間。キャッチャーとして出場できないのは残念ですが

  2人を信頼しているので任せます」。

 

内野スタンドが観衆で埋まった開幕ゲーム。

 

マウンドには安田選手のミットめがけて勢いよく投げる影山投手。

 

青木選手はライトから大声でチームを盛り立てます。

 

幾度となくピンチをしのぎ1点リードで9回を迎えた清陵情報。

 

しかし同点に追いつかれ、なおも1アウト満塁。

 

スクイズの打球はピッチャー前へ。

 

影山投手が懸命にトス…。

 

ボールは無情にも安田選手のミットに収まりませんでした。

 

まさかの幕切れにしばらく立てない

安田選手の姿が印象的でした。

 yakyu20190711-3.jpg

 

影山投手

「幼稚園から一緒で2人とは,家族の次に

 長い時間を過ごしてきました。これからも

 お互いに切磋琢磨していける、そんな関係でいたいです」。

 

3人の絆はこれからも続きます。

 

(高校野球担当 中村記者)

投稿者:夏の高校野球リポート 戦国福島 | 投稿時間:14:21 | 固定リンク


2019年07月11日 (木)「あしたは「福」いっぱいの日♪」 @髙石桃子


こんにちは!

「はまなかあいづTODAY」キャスターの髙石桃子です。

 

きょうは木曜日ですね。

「はまなかあいづTODAY」の木曜日、といえば…このコーナー!

59市町村をめぐり、知られざる「福」を探す【ココに福あり~fMAP~】。

 

1年5か月前にスタートし、もうすぐ、すべての市町村を制覇します!

そこで、これまで出会った「福」を詰め込んだ

「59市町村MAP 完成直前スペシャル」が、あす、放送になります♪

2019-0711-01.png

単なる総集編ではありませんよ!

番組では、見つけた「福」のその後を取材。

三谷リポーターが、おいしいものを味わい尽くしてきました。

淺川リポーターが、心温まるステキな話を聞いてきました。

 

私は、芳賀アナウンサーとナレーションを担当しました。

 2019-0711-02.jpg

収録をしただけで、県内59市町村を一気に旅してきたような気分に♪

ワイワイ楽しく、話してきました。

 

見終わったら、出かけたくなるはずです。

「福を味わい尽くせ~59市町村MAP 完成直前スペシャル~」

放送は、あす・12日(金)午後7時30分~です。

 

福島局みんなの“福島愛”が詰まった番組です。

ぜひぜひご覧ください♪

 

投稿者:髙石 桃子 | 投稿時間:12:42 | 固定リンク


2019年07月10日 (水)ことしも"熱い夏"がやってきた!!! @後藤万里子


こんにちは。キャスターの後藤万里子です。

 

きょう、いよいよ、夏の高校野球福島大会が開幕しました!

スタンドには、人!人!人!この夏への期待に包まれていました。

2019-0710-001.jpg  

開会式の後に行われた開幕戦は、清陵情報 対 勿来工業の試合。

本当に気の抜けない熱戦となりました。

 

9回表まで、清陵情報3-2勿来工の展開。

そこから、勿来工業の逆転サヨナラ勝ち!ハラハラドキドキの試合でした。

最後まで何が起きるか分からない、これが高校野球だなと、改めて実感しました。

 

「はまなかあいづTODAY」では、およそ20日間にわたる熱戦を、詳しくお伝えしていく予定です。

ことしのテーマは「戦国福島~令和元年 夏の陣~」。

どこが勝ってもおかしくない、本当に熱い戦いが続いていくと思います。

 

また、令和元年、新たな時代に歴史を刻むのは、どのチームなのか??

そんな思いが込められています!

 

福島大会の時期は、特設ブログを開設して、

各試合の取材のこぼれ話や、裏話を、担当の中村記者と紹介していく予定です!

2019-0710-002.jpg

 

NHKでは、ラジオで準々決勝から、テレビで準決勝、決勝の様子を生中継でお伝えします。

私は、ことしも、スタンドリポートを担当します!

スタンドで応援する人の、この夏にかける思いなどを、熱くリポートしていきます(^^)!!

ことしも夏の幕開けです!!

 

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:19:59 | 固定リンク


2019年07月10日 (水)どれもおいしかった~♪ @淺川理沙


こんにちは!キャスターの淺川理沙です。

ここ数日は涼しい日が続いていて、長袖でもひんやりと感じますね。

体調を崩さないように、お互い気をつけましょうね。。


先日、下郷町の「大内宿」と「塔のへつり」へ行ってきました♪

今の時期は、会津若松駅や新白河駅から、期間限定で路線バスが出ています。

おかげで、車を持っていない私も行くことができました!


さまざまなメディアで紹介されている「大内宿」。

ありきたりな言葉ですが、時間がのんびり流れているかのようでした。

 

これまでも福島県を旅してきましたが、

大内宿は、ここが福島であることを忘れるような、

県内の他の場所とは一味違う雰囲気のある場所でした。

2019-0710-01.jpg

大内宿で楽しみにしていたことの1つが「食」です!

名物の「ねぎそば」(高遠そば)、やっと食べられました!!

思っていたよりねぎが曲がっていたので、おはしを使わずに食べられました♪

ねぎも甘かったです。

2019-0710-02.jpg

お祝い事などで食べる、会津地方の伝統料理「こづゆ」もいただきました!

たくさんの具が入っていて、とてもおいしかったです♪

2019-0710-03.jpg

さらに、「しんごろう」も食べましたよ!

2019-0710-04.jpg

お餅かと思っていたのですが、ごはん粒を感じられる柔らかさで、

みそも、砂糖の甘さが感じられておいしかったです♪

目の前で焼いていただきました。

2019-0710-05.jpg

 

そして、大内宿から車で20分ほどの「塔のへつり」へも。

2019-0710-06.jpg

水が澄んでいて穏やかな川ですが、

この川が100万年の年月をかけて、今のような荒々しい岩肌を作り出したそうです。

2019-0710-07.jpg

田村市の「あぶくま洞」でも感じましたが、

何百万年も前の福島県って、どんな土地だったのか気になりますね。

前から行きたかった「大内宿」と「塔のへつり」楽しかったです♪


さて、先週のブログにも書きましたが、

あすの「はまなかあいづTODAY」の「ココに福あり~fMAP~」では、

南会津町の“福”をお伝えします!

きょうは朝からずっと編集に立ち会っています。頑張っていますよ~!

 

そして、あさって・12日(金)夜7時30分からの

「ココに福あり~fMAP~総集編」にも、ちょこっと出演します。

ぜひご覧ください♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:17:15 | 固定リンク


2019年07月05日 (金)地域みんなでおもてなし!「森林の分校ふざわ」 @三谷咲都美


こんにちは!キャスターの三谷咲都美です。

 

先日は、こんな場所に取材に行ってきました!

2019-0704-01.JPG

一見、古〜い学校のように見えますよね。

こちら・・・中は、こんなふうに、宿泊施設になっているんです!

2019-0704-02-02.jpg

先日担当した、「ココに福あり~fMAP~」で取り上げた、

只見町の「森林(もり)の分校ふざわ」という宿泊施設です。

2019-0704-03.png

新潟県との境、只見町、布沢地区にあります。

かつて集落の人々が通い、昭和57年に廃校になった校舎が使われています。

集落で採れた山菜や野菜、川魚を使った食事をはじめ、「縄をよる」体験などができます。

 

一番の魅力はなんといっても、「集落の人みんなで」運営しているところ。

台所に立つのは、家事や仕事の合間に手伝ってくれる集落の女性たち。

食材を提供してくれるのも集落の人。

また、分校に飾る花も、集落の花農家さんからのおすそ分けです。

 

そんな「森林の分校ふざわ」。

運営の中心を担うのは、栃木県出身の28歳、藤沼航平さん。

2019-0704-07.png

地域おこし協力隊として、2年前に只見町に移住してきました。

大学では、自分自身でサークルを立ち上げて、

布沢地区に大学生が定期的にやってくる仕組みを作りました。

 

「新しい知恵や力をスパイスのように取り入れて、

集落の人みんなの力を生かして分校を守れれば」と話していました!

 

施設の近くには、只見町最大の魅力「ブナ林」が生い茂る森も。

「森林の分校」では、地元の人がガイドしてくれるブナ林歩きのツアーを申し込むこともできますよ!

 

そして、只見といえば「只見線」。

南会津地域を通り、会津若松〜新潟を通るローカル鉄道で、地元の人々に利用され愛されています。

大自然の中を通る景観も魅力で、外国人観光客も増えています。

 

しかし、2011年の豪雨で被害を受けてから、一部不通に。

そんな只見線の復活を、観光の観点から応援しようと

「南会津DMO」の発足に向けた会合が開かれ、その取材に行ってきました。

 

「DMO」とは「Ditstination management organization」の略で、「観光地域づくり推進法人」と訳します。

地域の多様な関係者を巻き込んで、地域の「稼ぐ力」を戦略的に引き出す組織です。

 

取材では、初めて実際に走る只見線の列車を見たのですが・・・

霧の中の陸橋を渡る姿は、とても幻想的でした!

2019-0704-09.png

只見の魅力をたっぷりと知ることができました^^

 

只見のもうひとつの魅力は「雪」です。

ぜひ、今度は冬の只見を「はまなかあいづTODAY」で取り上げます!

投稿者:三谷 咲都美 | 投稿時間:11:02 | 固定リンク


ページの一番上へ▲