2019年09月04日 (水)Nコンの司会♪  @淺川理沙


こんにちは。キャスターの淺川理沙です。


先週は、いわき市の「いわき芸術文化交流館アリオス」を会場に、

「第86回 NHK全国学校音楽コンクール 福島県コンクール」(「Nコン」)の司会を担当しました♪

2019-0904-01.jpg

8月26日(月)は、高等学校の部、29日(木)は、中学校の部、30日(金)は、小学校の部が行われました。


私は、開会式や閉会式以外は、舞台袖で、学校紹介のアナウンスを担当していました。

「もし、私が読み間違えたら、舞台に立っている各学校の代表のみなさんの気持ちが乱れてしまう」と思い、

学校紹介のアナウンスを、とても慎重に行いました。

 

特に、中学校と小学校の演奏は、朝10時から夕方5時頃まで、10分刻みで次々に進んでいきます。

丸1日気持ちを集中してアナウンスするよう、心がけました。

なので1日が終わると、体のエネルギーがすべて抜けて、力が入らないほどでした。

 

アナウンスの量も多く、台本はこのように分厚いものでしたよ。

2019-0904-02.jpg

2019-0904-03.jpg

この福島県コンクールの模様は、今週末にラジオで放送されます♪

▼高等学校の部:7日(土)午前9時~午前11時

▼中学校の部:8日(日)午後2時~午後5時

▼小学校の部:7日(土)午後4時~午後6時50分

※いずれもNHK-FMで、福島県内のみの放送です。


もちろん、福島県の合唱のレベルの高さは知っていましたが、想像以上でした!!

私は千葉県出身ですが、まったくレベルが違いました…。

特に小学生は、舞台袖ではあどけなさが残る雰囲気だったのに、舞台に立つと、大人かと思うようなすばらしい歌声。

 

自分の小学生の頃、中学生の頃、高校の頃を思い出しながら聴いていました。

歌声はとても癒されるものでしたよ~♪

会場に来られなかった方にも、ぜひこのすばらしい歌声を、ラジオを通して聴いていただけたらうれしいです。

 

そして、最優秀賞を受賞し、東北ブロックコンクールに出場する各学校のみなさん、応援しています!!

「歌声」という福島の魅力の1つを、東北に、全国に、もっと知ってもらいたい!と感じた大会でした♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:21:15 | 固定リンク


2019年08月23日 (金)【奇跡を見たい!】


こんにちは。

キャスターの後藤万里子です。

 

お盆が終わり少しずつ、

秋がやってくるんだなと感じ、

最近は秋っぽい色の服を着たいな~と

思っています(*^-^*)(笑)

 

ですが、まだまだ残暑が続きますので、

みなさん熱中症にはお気を付けくださいね。

 

さて、先日、

エアレースパイロット室屋義秀選手が練習拠点とする

ふくしまスカイパークに取材に行ってきました。

 

 

今シーズン限りでレースの終了が発表された

エアレース。

エアレースは、

NHKで仕事をするようになった時から取材を続けてきました。

取材を続ける中で、エアレースの面白さも知ることが

できたので、終わってしまうことはとても残念です。

 

来月はいよいよ最後の千葉大会があります。

それを前に意気込みなど室屋選手に話を聞いてきました!

201-0822-01.jpg

 

きのうは、レース機の内部が特別に公開されました。

「最後のレースになるから、もうほかのチームも真似できないので(笑)」

と室屋さん。

 

ファンにたまらないですよね(^^♪

 

 2019-0822-023.jpg

 

現在、室屋選手は総合3位。

1位のソンカ選手とは10ポイント差。

 

逆転優勝には、

予選、本選共に1位になり、

予選で3ポイント、本選で25ポイントを獲得する必要があります。

 

それでもソンカ選手が2位3位であれば、逆転は不可能となり、

かなり厳しい戦いになります。

 

ですが、室屋選手の勇姿を見られるのは、

これが最後。

 

室屋選手も

「県民をチームだと思うし、

応援してくれることで、風が吹いたりすることもあるので、

県民の応援を背に総合優勝に向けて奇跡を起こしたい」と。

 

私も奇跡を信じて応援します!!!

 

2019-0822-033.jpg

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:11:02 | 固定リンク


2019年08月22日 (木)バナナが大好きすぎて...♪


こんにちは!キャスターの淺川理沙です。


突然ですが、私はバナナが大好きなんです!!

以前働いていた職場でも、私はバナナ好きで有名で、
職場で誕生日を祝っていただいたときには、
ショートケーキにバナナが3本ささっていたり、
プレゼントにバナナを持ち運べるケースをもらったほどでした♪(笑)


福島に来たばかりの1年半前も、「福島でもバナナを生産してないかな~」と思っていたら、
去年9月に広野町でバナナの栽培が始まったニュースが飛び込んできました!!

夢が叶った~♪
…と思っていました。

それ以来、ずっと収穫を待っていましたが、ついにその日がやってきました!!
今週19日(月)広野町で「バナナの初収穫」が行われ、私も取材に同行しました。


2019-0822-01.jpg

 

実はバナナの木を見るのは初めて!
その葉っぱの大きさに、「ついに出会えた~!!」と感動してしまいました!!
2019-0822-02.jpg

このバナナ、『グロスミッチェル』という品種ですが、
50年ほど前は日本でも一般的な品種だったそうです。
しかし疫病のため生産量が減少し、現在の日本ではほとんど流通していないそうです。

特徴は「皮ごと食べられる」点!
2019-0822-03.jpg

本当は試食をしたいところでしたが、収穫されたバナナはまだ緑色…。

今後1ヶ月ほどは温度や湿度が管理された下の写真の倉庫で熟成され、
その後やっと食べられるそうです。


2019-0822-04.jpg

いやぁ、バナナ好きとしては食べてみたかったです(泣)

でも、来月22日(日)と23日(月・祝)に行われる収穫祭で
初めて味わえるそうなので、気になる方はぜひ!

…残念ながら私はこの日、用事があり行けません。
しかし、必ずいつか食べに行きます!!

広野町はこのバナナ園を、今後は観光農園にすることも検討しているそうです。
多くの人が気軽に広野町を訪れて、バナナを味わえる日が来ることを楽しみにしています。


この日はもう1つ、浜通りでフルーツのお披露目がありました。
大熊町で育てられている「いちご」です♪
2019-0822-05.jpg

 

コンピュータ制御で温度や水を管理している最新施設が完成したのは、ことし5月。


2019-0822-06.jpg

8月に初出荷を迎えた『すずあかね』という品種を私もいだたきました!

ケーキなど主に業務用に使われる予定とのことで、
ちょっと酸味があるんですが、ケーキの生クリームに合っていておいしかったです♪


2019-0822-07.jpg

浜通りの方々の思いが詰まったバナナといちご。
多くの人に味わってもらえるよう、私も応援しています!


2019年08月14日 (水)浜通りのキャンバスに描かれた○○○アート!! @三谷咲都美


こんにちは!キャスターの三谷咲都美です。

暑い日が続きますね。夏真っ盛りのいま、浜通りで、ある“アート”が見頃を迎えているんです。

取材に行ってきました!

 

なんのアートかというと・・・こちら!

2019-0815-001.png

田んぼアートです。楢葉町、広野町、いわき市四倉といった浜通りの各地に出現しています。

2019-0815-002.png

その名も、「福島田んぼアートプロジェクト」。

田んぼアートを作ることで、農と食の元気な姿を発信し、震災や原発事故の影響を受けた浜通りの、

農業復興に貢献しようという取り組みです。

2019-0815-003.png

発起人は、元・原発作業員の市川英樹さん。

福島第一原発での作業の帰り道、荒れ果てた田んぼを見て心を痛め、このプロジェクトを考えたと言います。

2019-0815-004.png

プロジェクトを始めて3年目を迎えたことし、浜通りの3か所に田植えを行い、

今、図柄がはっきりと浮かび上がっています。

2019-0815-005.png

楢葉町にある田んぼアート、デザインは地元にある「ふたば未来学園」の生徒が考案しました。

2019-0815-006.png

また、広野町の田んぼアートは、広野町と協力していて、マスコットキャラクターの「ひろぼー」が描かれるなど、

地域に密着した取り組みになっています。

2019-0815-007.png

さらに、田植えや収穫の時期には、イベントを開催して、県内外から参加者を募ります。

地域、そしてさらに県内外のつながりも生み出す「田んぼアート」。

ここを観光の拠点にし、2020年の東京オリンピックまでに、浜通りに30万人の人を呼び込むことが目標です。

 

お盆の期間、福島に帰省している方もいらっしゃると思います。見に行ってみてはいかがでしょうか?

2019-0815-008.jpg

一般の参加者も募集して、秋に、収穫祭のイベントを行うということです。

 

この間、浜通りを訪れたときに、「楢葉の風」味のアイスクリームを食べました。

2019-0815-009.jpg

「楢葉の風」とは、楢葉町で作られている日本酒です。お酒の味が大好きな私。大大大満足でした!

楢葉町にある「天神岬スポーツ公園」で食べることができますよ。

田んぼアートを見に行った際に、味わってみてください!

 

暑い日が続くので、みなさん熱中症に注意してくださいね。それでは、また(*^-^*)

 

投稿者:三谷 咲都美 | 投稿時間:19:10 | 固定リンク


2019年08月14日 (水)化粧を落として体験したのは...?  @淺川理沙


こんにちは。キャスターの淺川理沙です!

 

きのう・13日(火)の「はまなかあいづTODAY」ご覧いただけましたか?

前回のブログでお伝えしていた「夏のおでかけシリーズ」が放送されました♪

2019-0814-01.jpg

檜枝岐村でサイクリングをしながら、いろいろな体験をしてきましたよ~!

東北各県では、あす・15日(木)に放送されるところが多いようですので、

福島以外にお住まいの方にも、ぜひご覧いただけたらうれしいです♪


まず行ったのは、「ミニ尾瀬公園」です。

2019-0814-02.jpg

尾瀬の湿原から10キロほど下ったところにあり、

尾瀬に咲く花々などが100種類ほど植えられています。

2019-0814-03.jpg

2019-0814-04.jpg

その次は、村の伝統芸能である「檜枝岐歌舞伎の舞台」に行きました。

江戸時代、お伊勢参りのときに江戸で歌舞伎を見た村人が、見よう見まねで始めたとされる「檜枝岐歌舞伎」。

2019-0814-05.jpg

ここでは「歌舞伎の化粧体験」ができるということで、

私も化粧を落とし、なんと「すっぴん姿」で歌舞伎の化粧をしていただきました!!

 

檜枝岐歌舞伎の特徴は、「顔に赤いラインを入れてから、白塗りする」こと。

そうすることで、鼻筋や目元が引き立つんだそうです。

2019-0814-06.jpg

30分ほどで完成した顔が、こちら!お姫様役のメイクです!

鏡を見てビックリ!!私のふだんの顔より、美人に仕上げていただきました(笑)

2019-0814-07.jpg

特別に、お姫様の衣装も着させていただきましたよ~!

かつらが重く、頭が強く締めつけられました…。

この衣装で1時間以上演じる、村の人たちのパワーを感じることができ、尊敬です。

2019-0814-08.jpg

 

最後は、村の伝統料理の1つ「はっとう」づくりを体験しました♪

2019-0814-09.jpg

かつて、お殿様が「こんなおいしいものを食べるのは御法度」と言ったとか。

そこで「御法度」→「はっとう」という名前になったそうです。

 

そば粉と、もち米を粉にしたもの、熱湯があれば作れる「はっとう」。

初めて食べましたが、甘かったです!

2019-0814-10.jpg

えごまと砂糖を半々ずつ、そこに塩を少し混ぜたものをまぶしているので、甘かったのでしょうか?

2019-0814-11.jpg

もち米を使っているのでお餅っぽいのかと思ったのですが、サクサクとした歯ごたえでした。

くせになるおいしさ!簡単に作れるので、私も家で作ってみたいなぁと思っています♪


先週のブログにも書きましたが、

このように、何かを体験するようなリポーター業務は初めてで、とても楽しかったです♪

 

念願だった檜枝岐村にも行くことができ、この夏の良い思い出になりました☆

檜枝岐村のみなさんも優しい方々ばかり!ご協力ありがとうございました!

みなさんも、ぜひ檜枝岐村に遊びに行ってみてくださいね~!

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:15:28 | 固定リンク


ページの一番上へ▲