2018年11月14日 (水)福島の いろどり豊かな 秋の色♪ @淺川理沙


こんにちは!

キャスターの淺川理沙です。


先日、新幹線に乗ったとき、

福島駅に近づくにつれて、山々がどんどん色づいていることに気がつきました。

1.181114.jpg

そこで、けさの「おはよう福島」の“カメラリレー”でも

福島駅前の赤く色づく木々について、お伝えしました♪

2.181114.jpg

11月ももう半ば。早いですね~。

 

私はずっと関東育ちなので、「葉が色づく」といえばイチョウのイメージでした。

関東では最も色づくのが11月下旬なので、まだまだ先…だと思っていましたが、

福島では、紅葉のピークが過ぎてしまいましたね。


でも!念願かなって、福島の紅葉を見に行くことができました!!

中津川渓谷です♪

3.181114.jpg

紅葉はもちろんですが、

渓谷へ向かう途中の風景も見晴らしがよく、気持ちよかったです!

4.181114.jpg

そして、五色沼です♪

私のプロフィールに「行きたい場所」として書いていた場所です。

ついに行ってきました!またとない快晴でした♪

5.181114.jpg


6.181114.jpg

磐梯山もくっきり見えました!

7.181114.jpg

五色沼は、光の当たり具合によって、深い緑色に変化したり、

かと思えば、紅葉が水面に映って、神秘的に見えたりとすばらしかったです。

まるで、フランスの画家・モネの絵画『睡蓮』のようでした!

8.181114.jpg

関東では、真っ赤な紅葉を見かける機会があまり多くないので、

福島の山々が赤く紅葉している景色が、とても印象に残りました。

9.181114.jpg

福島で好きな場所が、また増えました。

今度は、春に桜を見に行きたいです♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:16:14 | 固定リンク


2018年11月10日 (土)福島の 自然の深さ 再認識 @五七GO!


先週、東京出張をしていた私。

新幹線の車窓から紅葉を眺め、山を眺め、川を眺め、

福島の自然の豊かさや奥深さを再認識いたしました。ただいま~!

もっと、知らない景色を皆さんの句を通して見せて欲しいと思います!

5日(月)「いつもと違った視線で作った2句」

s-181105575-1.jpg

鏡石町のケイちゃんさんは10月、神無月を詠みました。

旧暦の神無月は、きっと今ごろ。私も出雲に向かって、日本中の神様に祈ります!(岩間)

神々が集った出雲の国にとっては「神在月」ですね。

s-181105575-2.jpg

福島市のえいこさんは、お茶の木の盆栽についてです。

これまでも育てていましたが、花を咲かせたのは初めてとのこと。

窓際で撮った写真が、とっても上品ですね。(吾妻)

6日(火)「見事な秋の風景の2句」

s-181106575-1.jpg

檜枝岐村の星さんは、初冠雪の三ツ岩岳と紅葉を見て一句。

ご主人の写真に、星さんが句を添えるいつもの必勝パターン。

青空、雪の白、常緑樹、そして紅葉に黄葉、実にきれいです!(吾妻)

s-181106575-2.jpg

福島市の散歩道さんは、二本松の菊人形で初投稿!

60年間毎年訪れているそう。

たしかに、これを見ないと秋は始まらないですね!(岩間)

7日(水)「もみじの葉、多い?少ない?の2句」

s-181107575-1.jpg

福島市の高山さんは、近所の公園のボリューム満点のもみじを詠みました。

こんなにきれいなもみじが近くにあるなんて、うらやましいです!!(岩間)

s-181107575-2.jpg

福島市のトド女さんは、紅葉狩りに行って美しい風景を見た中で、

どうしても気になったこのもみじの葉で、初投稿。

しっかり松の木にくっついていたそうで、春に新緑を見て確かめたいと。

これは気になりますね!思わず引っ張りたくなります。(吾妻)

8日(木)「猪苗代町の風景から2句」

s-181108575-1.jpg

猪苗代町の会津のもみじさんは、1年以上ぶりに投稿してくれました。

自慢の土津神社の紅葉です。

会津藩ゆかりの神社で、松平容保が京都から移植したもみじと聞くと、

戊辰150年のことしは、また見え方も変わりますね(吾妻)

s-181108575-2.jpg

郡山市のいっちゃんさんは、紅葉狩りから空を見上げて1句。

白鳥の声を聴くと懐かしい気持ちになるといういっちゃんさん、同感です!(岩間)

9日(金)「美しい瞬間をとらえた写真の2句」

s-181109575-1.jpg

福島市のかっちゃんさんは、自慢の写真をNHKに持ち込んでくださいました。

金山町の太郎布の紅葉と霧で初投稿です。

霧が晴れるまで、2時間半待った甲斐がありましたね!美しい!(吾妻)

s-181109575-2.jpg

郡山市のぱーさんさんは、いま咲いているサクラを見つけ、アップの写真を送ってくれました!

春とはまた違って、この時期のサクラも可憐ですね。(岩間)

この土日はお出かけ日和とのこと。力作、お待ちしています!

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:11:00 | 固定リンク


2018年11月09日 (金)提灯が 照らす 地域の 心意気 @吾妻謙


きょうの「はまなかあいづTODAY」でご紹介した「鬼武みゆき 福島を奏でる」。

作曲家でピアニストの鬼武みゆきさんが、

3年前から福島県内を旅して、その風景やお祭りに触れ、

イメージを膨らませて、曲にしています。

 

これまで、春の花見山、夏の相馬野馬追、秋の大内宿、冬の磐梯山麓、

さらには、只見川の川霧に、木戸川のサケの遡上、酒造りから曲が生まれました。

その第8弾!鬼武さんが訪ねたのは、先月の「二本松の提灯祭り」でした。

s-181109-1.jpg

提灯祭りというと、これ!

s-181109-2.jpg

夜、鈴なりの提灯が灯る、7台の太鼓台の壮麗な風景。

きれいですよね~。

 

鬼武さんは、二本松を訪ねた際に、

「この風景に至るまでの“過程”も曲に盛り込みたい」と考えました。

それが、町、地区全体が祭りに向かっていく高揚感。昼間から行われる行事の数々。

s-181109-3.jpg

それに、地域の子どもが憧れるお兄ちゃんたちや、

s-181109-4.jpg

お兄ちゃんたちがなりたいと思う、若連の姿だそうです。

ご先祖様から、代々この地に伝わるのが、提灯の灯であり、魂(スピリット)であるのだと。

s-181109-5.jpg

ここまでの写真は、鬼武さんに同行している写真家の森日出夫さんの撮影です。

鬼武さんが見て感じたことを、見事にとらえています。

 

鬼武さんの話を聞いていて、ふと思い出したことがあります。

ことし2月、二本松物産協会が「酒どころ・二本松」をアピールするため、

初めてキャンペーンクルーの「日本酒王子」を公募し、初代王子が決まりました。

s-181109-6.jpg

地元・二本松出身の平地武尊(ほたか)さんです。

その選考過程を取材していた時、平地さんが面接で提灯祭りの思い出を話しました。

s-181109-7.jpg

「2歳の時、お母さんに抱っこしてもらって見ようとしたが、人垣が高くて見えなかった。

すると、交通係だった祭りの法被を着た若連の人が、ヒョイと肩車をして見せてくれた。

だから、自分もじいちゃんになった時、小さい子どもを肩車できるくらいの体力を持っていたい」と。

 

いや~、エエ話やな~。

こうした思いを受け、提灯祭りを曲にした鬼武さん。

お囃子や掛け声といったメロディーがあるものを曲にするのは難しいと話していましたが、

「わっしょい」の掛け声を思わせるフレーズを入れるなど、ステキな曲が完成しました。

s-181109-8.jpg

「Into the Light~chochin matsuri~」は、

「はまなかあいづONLINE」のページで1週間ほど聴くことができます。ぜひ!

鬼武さん、そろそろ福島の曲のアルバムを作りたいと意欲的でした。楽しみです!

 

最後に、今回の収録クルーの写真。鬼武さんは、現場で必ず記念撮影をするんです!

s-181109-9.jpg

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:23:01 | 固定リンク


2018年11月08日 (木)立冬も まだまだ秋を 楽しみたい! @平川沙英


こんばんは。

プロ野球の日本シリーズが終わり、

次は「侍ジャパン」の応援をしています、キャスター平川です。

 

BS1で、もうすぐ「球辞苑」も始まりますね~。

今回のテーマは「悪球打ち」だそうです。楽しみ・・・。


さて、暦の上では「冬」になってしまいましたが、

きょうは、秋を感じに行ってきました(^^♪

まずは川内村へ。

1108-1.jpg

天山文庫です。

草野心平さんの別荘だった場所で

心平から寄贈された本などが置いてあります。

 

ずっと前から行ってみたいと思っていたので、

紅葉が美しい時期に行けて、うれしいかぎり。

11日(日)まではライトアップも行っているとのこと。

 

足元は、こんな感じ。

1108-2.jpg

落ち葉もカラフルできれい。

なんだか歩くのが楽しくなりますね(*^^*)

この勢いでフルマラソンに向けて、トレーニングも頑張りたい・・・!

 

そして。

1108-3.jpg

田村市にある「菊の里ときわ」。

およそ3000株のざる菊が見ごろを迎えています。

ピンク、黄色、白、オレンジ・・・とってもきれいです。

1108-4.jpg

上から見ると模様になっているようで、これまたステキ。

気持ちも晴れやかになりました!

1108-5.JPG

大好きな秋を、まだまだ楽しむぞ~~!!

 

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:17:44 | 固定リンク


2018年11月07日 (水)福島に チュックボールの 強豪が! @淺川理沙


こんにちは!キャスターの淺川理沙です。

今月1日(木)放送の「はまなかあいづTODAY」で、

中継コーナー「LIVEふくしま」を担当しました!

 

「チュックボール」というスポーツで、2度の全国優勝を果たした、

福島市の強豪チーム「瀬上チュックボールクラブ」の皆さんをご紹介しました!

1.181107.jpg

チュックボールは、スイス生まれのスポーツです。

1メートル四方のネットにボールを当てて、

跳ね返ったボールを相手チームが受け取れなければ、

シュートしたチームに1点が入る競技です。

2.181107.jpg

3.181107.jpg

試合は、長さおよそ26メートル、幅15メートルほどのコートで行われます。

1チーム7人ずつで戦います。

15分を3セット、計45分間戦って、得点の多いチームが勝ちとなります。

 

最大の特徴は、「攻撃している側のプレイを妨害してはならない」という点。

例えば、相手のパスをカットしたり、相手にぶつかっていくことは禁止です。

4.181107.jpg

5.181107.jpg

6.181107.jpg

そのため「安心して楽しめる生涯スポーツ」としても、楽しまれているそうですよ!

使うボールは、花のようなデザインでかわいいですよね~♪

7.181107.jpg

「瀬上チュックボールクラブ」のメンバーは、35人。

2016年に続き、ことし3月の日本選手権で、2回目の全国優勝を果たしました!!

 

しかも、メンバーのうち、8人が現役の日本代表選手なんですよ!!

日本代表に選ばれるのが12人ですから、

3分の2が「瀬上チュックボールクラブ」というわけです。

8.181107.jpg

9.181107.jpg

過去の全国大会のトロフィーや賞状も見せていただきました!

10.181107.jpg

運動があまり得意ではなかったメンバーも多かったそうです。

さまざまなスポーツを経験した後にチュックボールと出会い、

地道な練習を重ねた結果、

全国優勝だけでなく日本代表選手になれたなんて、夢がありますよね~!

11.181107.jpg

12.181107.jpg

チュックボールは世界80か国以上、およそ50万人に楽しまれているそうです。

そのため、オリンピック競技になる日も近いとも言われています。

 

しかし、日本の競技人口はおよそ1000人。

「瀬上チュックボールクラブ」では、もっと多くの方に楽しんでもらいたいと

用具を貸し出したり、出張して教える取り組みも行っているんだとか。

 

中継で私も体験しましたが、

ボールが跳ね返ってくるスポーツが新鮮でとても面白かったですよ!

13.181107.jpg

チームの現在の目標は、

来年3月の日本選手権で2年連続・3回目の全国優勝すること!

 

そして、来年春ごろに、日本で初めて行われる「東アジア選手権」や

4年に1度の開催を来年に控えている「世界選手権」に

日本代表として出場することだそうです!

14.181107.jpg

福島から世界へ!もっともっと活躍を見たいですよね~!

私も「瀬上チュックボールクラブ」の活躍を追い続けたいと思っています♪

皆さんも、ぜひ「チュックボール」に挑戦してみてくださいね。

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:11:05 | 固定リンク


ページの一番上へ▲