2019年03月30日 (土)福島に 育ててもらった 5年間 @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

きのう、いわきで、桜の開花が宣言されました!ことしも、平年より早い開花。

暖かくなって花が咲き始めて、春ってワクワクするけれど、

ことしは、私にとって寂しい季節になりました。

 

改めて。

私事ですが、3月いっぱいで福島局を卒業し、、福島からも離れることになりました。

190331-01.jpg

(一緒に卒業する吾妻さん、平川さん、北村さんと)


5年間。本当にあっという間でした。

大学を卒業し、すぐに福島局に入り働き始めた私。

社会人として至らぬところばかりで、たくさんの方にご迷惑をおかけしました。

 

自分なりに頑張り続けてきましたが、何をやってもうまくいかない時期もあり…

「福島の人たちが求める情報を伝えられているのか?」

「自分には、何もできていないのではないか?」悩むことも多かったです。

 

でも、そんな私を支えてくれたのも、福島のみなさんでした。

いつも番組をご覧のみなさん、街で会うと、優しく声をかけてくれました。

その言葉に何度も救われました。

 

取材でお世話になったみなさん。みなさんに育てていただきました。

インタビューで伺った熱い思いに、「私も頑張らないと!」と、いつも励まされていました。

本当に本当に、ありがとうございました。


福島大学に入学してからきょうまで、

2010年から2019年まで、福島生活は、丸9年になりました。

暮らしてみて感じたのは、「福島は、やっぱり最高~!」だということ。

 

会津の山々の美しさ、桜の可憐さ、鉄道の車窓から見える田園風景、

くるくる回る風車とひまわりのコントラスト、真っ青な海、華やかなフラガール…

福島のたくさんの美しい風景は、いまでも目に焼き付いていますし。

 

米、酒、水、魚、野菜、果物、ご当地グルメ…食も豊かですよね!

初めて飲んだ日本酒が福島のものだったからこそ、

「唎酒師(ききざけし)」の資格をとるくらい、日本酒が好きになりました。

 

本当に福島が大好きです。

だからこそ、「いま福島を離れることは、無責任じゃないか」という申し訳ない気持ちもあります。

もっともっと、たくさんのみなさんとお話ししたかった。


ですから、“いつかまた、福島に戻ってくること”を目標に

新天地でも、もっと「伝え手」として成長できるように頑張ります。


これからも、ずっとずっと福島が大好きです。

5年間、本当に本当にありがとうございました。

190331-02.jpg

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:14:09 | 固定リンク


ページの一番上へ▲