2019年03月04日 (月)華やかな 虎やスイスの つるし雛 @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

 

きのうは3月3日。桃の節句でしたね!

小さいころは、ひな人形の“顔”が大の苦手でした…母によると、見るたびに怖くて、大泣きしていたとか。

いまは、優しいお内裏様の顔、すごく好きですけどね♪

 

先週火曜日の「ふくしま五七GO!」でも、つるし雛を詠んだ句を紹介しましたよ。

句にもあったように、1つ1つ見ると、とてもかわいらしいし

離れて見ると、全体が鮮やかなのれんのようで、きれいですよね。


ただ、ことしは、つるし雛を見る機会がなかったんです。

残念に思いながら歩いていると…こんなところに、つるし雛が!

190304-01.jpeg

JR福島駅構内・新幹線の連絡通路の前に「飯野町のつるし雛」!

 

タンスに眠る着物を再利用しようと、

地域の女将さんたちが、つるし雛を作って飾ったことが始まりとされていて、

開催は、ことしで12回目でした。

 

飯野町の会場のほかに、福島駅にも展示してあったんですね!

十二支のつるし雛飾り!

190304-02.jpeg

190304-03.jpeg

(あまり見ることがない、トラやネズミの飾りもかわいい…)

 

さらに…!

190304-04.jpeg

「スイス」をモチーフにした、つるし雛です!

190304-05.jpeg

スイスは、来年の東京オリンピック・パラリンピックの

福島市のホストタウン交流国になっているので、

ことしは、特別にコラボレーションしたそう。

190304-06.jpeg

こちらも珍しい、アルプスのヤギの飾りです。

国旗、国花であるエーデルワイスの飾りもあって、かわいいですよねー!

 

飯野つるし雛まつりは、3月3日まででしたが、

実行委員会によると、福島駅の飾りは、今週いっぱいくらいまで見られるとのこと!

ラッキーでした!!

 

もし、ことし見逃してしまった方がいたら、ぜひどうぞ!

来年はぜひ、飯野町で見たいなあ…!

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:15:58 | 固定リンク


ページの一番上へ▲