岩間 瞳

2019年03月26日 (火)最後まで 福島グルメを 食べつくす @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

最近、すっかり暖かくなりましたが、

(たまに寒い日もあって驚きますが…)みなさん、体調はお変わりありませんか??

 

私は、花粉症のピークを迎えています…。

目は真っ赤、夜中に鼻づまりで起きる、気付くと鼻水が出てきて、くしゃみもとまらない…

 

しかも、私、スギが終わっても、ヒノキ花粉もダメなんです。

しばらくは、マスクとメガネ、目薬とティッシュは手放せません…。

花粉症のみなさん、なんとか乗り切りましょう…!!


さて、以前、番組でもお伝えしましたが、3月をもって、福島を離れることになりました。

福島局のキャスターとしては、丸5年。

その前は、福島大学の学生として4年間過ごしていたので、福島には、9年お世話になりました。

 

本当に本当に本当に、今は寂しい気持ちでいっぱいです。

だって、福島は、もう第2のふるさとですから。

…と、お別れのあいさつは、また改めて伝えさせていただくとして。


今週が、私にとって最後の週となる「はまなかあいづTODAY」です。

しかも、きょうはリポートを担当します。

 

福島に9年暮らして感じたことは「食べ物がおいしい!!」

(おかげで、ダイエットに励む毎日ですが…)

あちらこちらで、さまざまな“福島のごちそう”をいただいてきました。

190326-01.jpeg

猪苗代で、雪の下からキャベツを掘り起こし…

190326-02.jpeg

相馬の海で、カレイを釣り上げ…

190326-03.jpeg

鏡石のイチゴの甘さに感動し…

190326-04.jpeg

福島が誇る日本酒を飲み尽くしました…。

 

今回は、あまり知られていないかもしれない!?グルメなど、まとめてご紹介します!

気になるものがあったら、ぜひ食べに行ってみてください!

 

さらに、4年ぶりに、川内村の「いわなの郷」に行ってきました!

190326-05.jpeg

(4年前ですが、若いですね…。)

190326-06.jpeg

(そして先週。みなさんに再びお会いできて、本当にうれしかったです)

レストランのあんなメニューや、こんなお土産まで!?

ますます盛り上がっていましたよ♪

 

今シーズンの釣り堀の営業を再開したばかりの「いわなの郷」。

最新情報もお伝えしますので、ぜひぜひご覧ください!


それでは、あと4日になりますが、最後までお付き合いくださいね♪

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:11:27 | 固定リンク


2019年03月11日 (月)あの日から2922日 @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

きょうで、東日本大震災と原発事故から8年。2922日がたちました。

私自身も3月11日を福島で迎えるのは、8回目です。


去年のブログでも書きましたが、

長かったなと思うときもあれば、あっという間だと感じるときもあります。

 

これまで、取材を通して、たくさんの方と話をさせていただきました。

そのたびに、

「私にできることはなんだろう?何もできていないんじゃないか?」と、自問自答する毎日でした。

 

8年がたっても、ふるさとに帰ることができない人はたくさんいますし、

原発の廃炉、まだまだ長い道のりです。

大切な人を失った悲しみは、何年たっても癒えることはありません。

 

きょうのJR福島駅東口の駅前広場です。

190311-01.jpeg

並べられているのは、メッセージが描かれた「キャンドル」。

追悼のメッセージと、復興への思いが書かれています。

まだまだ復興は道半ばですが、それでも前を向こうというメッセージに胸が熱くなります。

190311-02.jpeg

きょうの「はまなかあいづTODAY」は、時間を拡大して、午後6時から1時間放送します。

私も、いま自分にできることを考えながら、福島の「いま」と「これから」をお伝えします。

ぜひご覧ください。

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:15:22 | 固定リンク


2019年03月04日 (月)華やかな 虎やスイスの つるし雛 @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

 

きのうは3月3日。桃の節句でしたね!

小さいころは、ひな人形の“顔”が大の苦手でした…母によると、見るたびに怖くて、大泣きしていたとか。

いまは、優しいお内裏様の顔、すごく好きですけどね♪

 

先週火曜日の「ふくしま五七GO!」でも、つるし雛を詠んだ句を紹介しましたよ。

句にもあったように、1つ1つ見ると、とてもかわいらしいし

離れて見ると、全体が鮮やかなのれんのようで、きれいですよね。


ただ、ことしは、つるし雛を見る機会がなかったんです。

残念に思いながら歩いていると…こんなところに、つるし雛が!

190304-01.jpeg

JR福島駅構内・新幹線の連絡通路の前に「飯野町のつるし雛」!

 

タンスに眠る着物を再利用しようと、

地域の女将さんたちが、つるし雛を作って飾ったことが始まりとされていて、

開催は、ことしで12回目でした。

 

飯野町の会場のほかに、福島駅にも展示してあったんですね!

十二支のつるし雛飾り!

190304-02.jpeg

190304-03.jpeg

(あまり見ることがない、トラやネズミの飾りもかわいい…)

 

さらに…!

190304-04.jpeg

「スイス」をモチーフにした、つるし雛です!

190304-05.jpeg

スイスは、来年の東京オリンピック・パラリンピックの

福島市のホストタウン交流国になっているので、

ことしは、特別にコラボレーションしたそう。

190304-06.jpeg

こちらも珍しい、アルプスのヤギの飾りです。

国旗、国花であるエーデルワイスの飾りもあって、かわいいですよねー!

 

飯野つるし雛まつりは、3月3日まででしたが、

実行委員会によると、福島駅の飾りは、今週いっぱいくらいまで見られるとのこと!

ラッキーでした!!

 

もし、ことし見逃してしまった方がいたら、ぜひどうぞ!

来年はぜひ、飯野町で見たいなあ…!

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:15:58 | 固定リンク


2019年02月25日 (月)春めいて くしゃみが出るも 走り出す @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

 

先週から、気温の高い日が続いていますね。

日差しもあたたかくて、もう春が来たようですが…私は、朝からくしゃみが止まりません!!!

 

ことしは、花粉が飛ぶのが早いような気がしませんか…?

うっかり薬を飲み始めるのを忘れていたので、いいかげん、対策しなければなりませんね…。


さて、あたたかくなってきて、さらに力を入れたいのが…これ!!

190225-01.jpeg

ランニングです!!

 

他のキャスターがブログで書いているように、

「はまなかあいづマラソン部・HNA42」の目標である

フルマラソンのレースには出場することができませんでした。

190225-02.jpeg

今月10日(日)に行われる予定だった「いわきサンシャインマラソン」、雪で中止だったのです。

私たちを含めた参加者のみなさんも、

そして、地元のみなさんも、この日のためにたくさん準備をしてきたので、とっても悔しかった…。

 

でも、少しだけ興奮したこともありました!

ウェルカムパーティにおじゃましたら、

福島県のキャラクター・キビタンと、いわき市のキャラクター・フラおじさんに会えたのです!

 

キビタンとの写真は何枚かありましたが、今回は、フラバージョンに!フラおじさんもすてき!!

190225-03.jpeg

 

190225-04.jpeg

我ながら、かなりはしゃいでます…(笑)

キビタンもフラおじさんも、走れなかったランナーたちを一生懸命「おもてなし」していましたよ♪)


ということで、せっかくここまでトレーニングしてきたんですから

(花粉症対策をしながら)趣味として、ランニングは継続させようと思っています。

 

運動経験もなく、とてつもなく運動が苦手な私ですが、

コツコツ続けて、またフルマラソン出場を目指したいです!

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:15:16 | 固定リンク


2019年02月06日 (水)朝搾り 年に1度の 春の酒 @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

4日(月)は「立春」!少しずつ、春が近づいてきている気がしますね♪

ここ数日、比較的暖かい日が続いていますし、なんだか鼻がムズムズします…!(花粉症です…)

 

しかし、みなさん!

週末にかけて、また寒さが戻ってきますから、油断なさらないでくださいね!!

(自分にも言い聞かせてます…)


さて、そんな(どんな?)立春にしか飲めない日本酒があることをご存じでしょうか?!

当日に、郡山市の飲食店から中継で紹介したのですが…

190206-01.jpg

全国の酒造会社が作る団体が21年前から始めた「立春朝搾り」という酒です。

春の訪れを「新酒」で祝ってほしいと、ことしは、全国45の蔵元が参加しています!

福島からは唯一、15年前から磐梯町の蔵元が参加!!

190206-02.jpg

なんといっても、このお酒の一番の魅力は…「朝搾った酒が、その日のうちに飲めること!」


これって、すごいことなんですよ!?

「しぼりたて」という酒はよく目にしますが、

それでも搾って、瓶詰めして、ラベルを貼って、出荷して…数日はかかってしまいます。

 

では、なぜ「立春朝搾り」は、その日のうちに消費者に届くのか??

秘密は2つ!

1つは、「杜氏が、その日に合わせて仕込む」から。

190206-03.JPG

杜氏の冨田眞理さんに、話を聞きました!

「一般の酒は、杜氏が酒の状態を見極めて搾る日を決めるのに、

『立春朝搾り』は、立春の朝に搾ることが決まっている。

2月4日の朝に、ちょうど飲み頃にしなければならないので、

 仕込みは、1日のズレも許されないんだよ」と言うんです。

「出産と同じ。2月4日に、赤ちゃんを産んでくれと言われるということだからね」とのこと!(笑)

 

全国新酒鑑評会に出す酒よりも緊張するとおっしゃっていました。

いや~すごい…。


2つ目は、「酒販店が“直接”取りに行く」から。

立春の当日、磐梯町の酒蔵まで私も取材に行きましたが

朝6時にもかかわらず、福島市やいわき市からも、多くの酒販店の人たちが集まっていました!

190206-04.jpg

ラベル貼りなど、出荷作業の手伝いもするんですよ!

酒販店の人たちにとっても、出荷を手伝う機会はなかなかないそうで

貴重な経験になったと話していました!


そんな貴重な酒をみんなで味わおうと、郡山市の飲食店で「立春朝搾りを楽しむ会」が開かれたんです。

10年以上前から参加している根強いファンの方もいらっしゃいました。

 

私も味見させていただきましたが、

新鮮な酒ならではの、香りの高さとフルーツのようなみずみずしい味わいと

すっきりとした飲み口が絶品でした…♪

190206-05.jpg

みなさんお世話になりました!

日本酒が大好きな私ですが、

作り手や売り手のみなさんの苦労を知って、より日本酒が大好きになりました。

 

店舗によっては、立春を過ぎても売っているらしいので、見かけたら、ぜひ手にとってみてください♪

時間がたつと、少しずつまろやかになって、また味わいが変わってきますよ!

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:18:16 | 固定リンク


ページの一番上へ▲