2018年09月08日 (土)自分の句 テレビで紹介 あら嬉し @五七GO!


常連の方々の熱心な投稿には頭が下がります。なかなか紹介できず、申し訳ありません。

そして、その常連さんたちの句をテレビでご覧の、まだ未投稿の皆さん、待っています!

自分の作品がテレビから流れてくるのは、想像以上にうれしいそうですよ。

 

3日(月)「秋めいた感じを詠んだ2句」

s-180903575-1.jpg

二本松市の野里さん、地元の安達ケ原の彼岸花を詠みました。

白い彼岸花「真夏のクリスマス」を尖塔と背比べさせるアングル!さすがです。(平川)

s-180903575-2.jpg

いわき市の柴崎さんは、日が短くなった感想を。

農作業に出ていた方は、日没が早くなり午後7時前にテレビの前で落ち着けるようになったそうです。それで投稿も再開したと。とっても嬉しいです。(吾妻)

 

4日(火)「台風接近!でもコーナーはありますよ!の2句」

s-180904575-1.jpg

福島市の果樹農家の古山さん。桃の袋の中に巣をつくったトックリバチを詠みました。

桃やリンゴの枝をしばったり、早めに収穫したりと台風対策をした結果、大きな被害がなくてよかったですね。(吾妻)

s-180904575-2.jpg

好間のかつべいさんは初採用。愛猫の句ならいつでも詠めますね。

スリッパがお気に入りの猫ちゃん。可愛らしいです(*^^*)(平川)

 

5日(水)「反応の良さから即採用の2句」

s-180905575-1.jpg

お馴染み花水木さんは、台風の影響を郡山の案山子祭りで表現しました。

台風に負けず自慢気な顔をしている案山子が面白いですね。(平川)

s-180905575-2.jpg

いわき市の20代、とみ蔵さんは愛猫です。前日にペットの句を募集したところすぐに送ってくれました。投稿時刻19時02分は見事!初採用です(吾妻)

 

6日(木)「もう秋か~と思わず言ってしまう2句」

s-180906575-1.jpg

福島市の高山さんは、黄金色の稲穂と赤とんぼ。「秋だなぁ~」と感じる句です。(平川)

s-180906575-2.jpg

福島市の91歳、信夫の爺々さんは湯船で虫の声を聞きます。

夏バテを心配したところ、スイスでマッターホルンを見てきたと。素晴らしい!!(吾妻)

 

7日(金)「花に見る季節の移ろいの2句」

s-180907575-1.jpg

いわき市の河西さんはヒマワリから秋を感じます。

去年ご紹介した際は3.3メートルあったひまわり。今年も見事に咲いたようです。

また来年も立派に咲かせてくれることでしょう!(平川)

s-180907575-2.jpg

郡山市の80歳、朽木さんは珍しいツリフネソウを見つけました。山を分け入って見つけたツリフネソウ。旅の相棒が電動自転車だったとは驚きです。(吾妻)

 

しばらくぐずついた天気が続きそうです。行楽シーズン、お出かけして句を作ろうと思っている方にとっては残念ですが、家にいても句はできます。

皆さん、チャレンジしてみてくださいね。

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:09:30 | 固定リンク


ページの一番上へ▲