三谷 咲都美

2019年05月15日 (水)「令和」初めての・・・ @三谷咲都美


みなさん、こんにちは!三谷咲都美です。

「はまなかあいづTODAY」のリポーターとして、県内各地を回って、お伝えしています。

しばらく、ブログを書けていませんでした!スミマセン・・・令和を迎えて、初のブログです。

 

みなさん、大型連休中は、どのように過ごされましたか?

私は、社会人になって初めて、実家の三重県に帰省しました。

 

福島のことがすっかり好きになりましたが

やっぱり、地元に帰ると、なんだかホッとしていいですね。 

そこで、今回のブログは、私の地元について紹介させてください!

 

新元号「令和」を迎えた2日目.。

三重県伊勢市にある伊勢神宮に行ってきました!

2019-0515-01.jpg             

「お伊勢さん」と親しまれ、古くから、多くの人が参拝に訪れる場所です。

前の天皇皇后両陛下が、退位前に参拝されたことが報道され、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

 

そして、皆さん、ご存じですか?

伊勢神宮には、2つの「神宮」があるんです。「外宮(げくう)」と「内宮(ないくう)」の2つ。

それぞれに違う神様がまつられていて、外宮から、順に回るのが参拝の基本とされています。

こちらが「外宮」。「衣食住」をはじめとした産業の守り神がまつられています。

内宮よりも規模が小さいですが、コンパクトで参拝しやすく感じます。

2019-0515-02.jpg

そして「内宮」。こちらには「天照大御神(あまてらすのおおみかみ)」がまつられています。

テレビなどで紹介されるのは内宮が多いので、伊勢神宮といえば、こちらを想像する方が多いかもしれませんね。

2019-0515-03.jpg

おかげ横町です。

2019-0515-04.jpg

古い町並みに、伊勢うどんやてこね寿司など、伊勢名物の店や土産物屋が並びます。

午前中から、多くの人でにぎわっていました。

 

令和を迎えた初日、5月1日。伊勢神宮に、およそ17万人が訪れたそうです。

自然も豊かで、ゆったりとした時間を過ごすことができます。ぜひ訪れてみてくださいね。

2019-0515-05.jpg

キャンドルの専門店に、遊びに行きました!

三重県の中部にある亀山市は、ろうそくが有名なんです。

2019-0515-06.JPG

福島県でも、会津の絵ろうそくが有名ですよね。

なんだか勝手に親近感を覚えてしまいます・・・(笑)

2019-0515-07.JPG

花に、スイーツに・・・こちらも全部、キャンドル!

かわいすぎて、使うのがもったいないくらいですね。

アロマキャンドルもあり、店全体が、良い香りで包まれていました。

こんな変わり種のキャンドルも!思わず食べたくなってしまいますね。

2019-0515-08.JPG

去年の紅白歌合戦、米津玄師さんのステージで使われていたのも、亀山市のろうそく。

大型連休明けで、仕事の疲れが溜まりやすくなっている心身を、

ゆらめくキャンドルの光が癒してくれます~!

次は、会津の絵ろうそくを訪ねようと思います。楽しみ!!

福島からは、新幹線で片道5時間弱もかかるので、かなり遠い存在だとは思いますが・・・

このブログを通して、少しでも三重のことについて知っていただけたらうれしいです。

 

ではでは、元号が代わり、新しい時代を迎えたことですし

気持ちも新たに、リポーターとして福島県の各地を飛び回ります!(*^-^*)

 

投稿者:三谷 咲都美 | 投稿時間:11:17 | 固定リンク


2019年04月24日 (水)福島県のみなさん、はじめまして!「咲都美」=「さとみ」と読みます♪ @三谷咲都美


福島県のみなさん、はじめまして!

今月から「はまなかあいづTODAY」に、リポーターとして出演している三谷咲都美です!

漢字3文字で「咲都美」と書いて、「さとみ」と読みます。

 

記念すべき一回目のブログということで、簡単に自己紹介を・・・。

生まれは三重県です。この春、大学を卒業して、福島へやってきました!

 

好きなことは「ひとり旅」。

大学時代は、バックパックを背負い、海外を回っていました。

福島でも、リュックを担いで、各市町村をかけ巡ろうと思っています。

(仕事でも?!プライベートでも!!)みなさんのいる街におじゃまします!

 

さて、先週の12日(金)。「はまなかあいづTODAY」で、初めてのテレビ中継を担当しました!

おじゃましたのは、南会津町にある農家・湯田重利さんのハウス。

ユニークなアスパラガスが育てられているんです。それが・・・こちら!

2019-0424-01.png

ピンク色をしたアスパラガス!その名も”会津桜アスパラ”といいます。

 

どのような作り方をしているか?といいますと、、、

 2019-0424-02.png

「アントシアニン」と呼ばれる成分が含まれた、紫色のアスパラガスを

2重の構造にしたビニールハウスで、光をさえぎり、ゆっくり時間をかけて育てます。

そうすることで、紫色のアスパラガスが、ピンク色になるんです。

2019-0424-03.png

真っ暗闇に、薄ピンク色をしたアスパラガスが浮かび上がり、なんだか幻想的な風景に・・・!

 

特徴は“甘み”です。

家でいただきましたが、緑色や他の色のアスパラガスと食べ比べると、違いが一目瞭然でした!

湯がくとさらに甘みが増して、マヨネーズをつけただけで、何本でも食べられそうでした。

 

また、中継では、南会津町で居酒屋を経営する君島大輔さんに、料理を用意していただきました。

2019-0424-04.png

酢などにつけてピクルスにすると、さらに色の美しさが際立つそうです。

2019-0424-05.png

会津桜アスパラが、巻かれているだけでなく、ピンク色のソースにも使われています!

 

ピンク色のアスパラガスを楽しめる「会津桜アスパラフェア」が、来月31日(木)まで開かれています。

期間中、会津地方のさまざまな飲食店で、会津桜アスパラの料理を楽しむことができます。

 

持ち味のフットワークのよさをいかして、

これからもたくさん、福島の魅力を見つけて、伝えていきます!

みなさん、どうぞよろしくお願いします^^

 

「はまなかあいづTODAY」をご覧ください。そして、ブログも、チェックしてくださいね♪♪

こまめに更新していきますので・・・。

2019-0424-06.png

 

投稿者:三谷 咲都美 | 投稿時間:19:34 | 固定リンク


ページの一番上へ▲