2019年06月25日 (火)大迫力!「ブラインドサッカー」 @三谷咲都美


こんにちは!キャスターの三谷咲都美です。

 

みなさん、「ブラインドサッカー」ご存じですか?

視覚障害者向けのスポーツです。

5人制のサッカーで、2020年パラリンピックの公式競技にもなっています。

 

このブラインドサッカーの日本選手権が、8日(土)に福島で開かれました!

2019-0625-01.jpg 

実際に見てみると・・・なんだか驚きの光景が。

 

一般のサッカーですと、会場にサポーターの声が響いていますよね。

でも、ブラインドサッカーは、その逆!

観客はとっても静かで、ピッチ内がとってもにぎかなんです。

 

なぜかというと、選手たちは、聴覚など視覚以外の五感をフル活用しているから。

その集中を妨げないよう、観客は静かに応援するのがルールなんです。

 

使用するのは、転がると、音が鳴る特別なボール。

選手は、その“音“を頼りにして、ボール追いかけます。

 

そして、ゴール裏にいる「ガイド(コーラー)」の存在。

2019-0625-02.png

コート内にいる選手に

「右!」「左!」と進むべき方向を指示したり、他の選手の場所などを伝えます。

選手は、コーラーの声を手がかりに、進路方向や他の選手の場所を知ります。

 

また、「サイドフェンス」も、特徴の一つです。

選手たちは、これを頼りに、コートの幅やボールの位置、自分の位置などを把握します。

2019-0625-03.jpg 

選手は勢い良くフェンスにぶつかります。

その迫力を、間近で体感できるのも魅力!

 

そして、選手がつけているアイマスク。選手全員、着用する義務があります。

私も実際につけてみましたが・・・とても軽くて、フィット感がありました!

2019-0625-04-01.jpg

 

今回の選手権には、福島県出身の選手も出場しました。加藤健人選手です。

2019-0625-05.jpg 

2日間のトーナメント、加藤選手の所属する埼玉T-wingsは、順調に勝利を重ねます。

 

決勝戦。5点のうち、2点を加藤選手が決めて、見事、チームを優勝へと導きました!!

2019-0625-06.jpg

加藤選手は、

「まずは、地元の人たちにブランドサッカーのことを知ってもらいたい」と話していました。

改めて、ブラインドサッカーの魅力に肌で触れることができました!

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックも迫ってきました。

でも、まだまだなじみのないパラスポーツ。

「はまなかあいづTODAY」で、どんどん取り上げていきますよ!

 

ブラインドサッカーについて詳しく知りたくなった!

という方は、ぜひ、こちらのホームページをご覧くださいね♪

http://www.b-soccer.jp/

 

 

投稿者:三谷 咲都美 | 投稿時間:12:36 | 固定リンク


ページの一番上へ▲