川崎 寛司

2018年08月24日 (金)福島、ここがイイカンジ⑦全国放送になりました @川崎寛司


アナウンサーの川崎寛司です。

0824001.jpg

皆さん、“捕虜(ほりょ)郵便”というハガキをご存じですか。

戦後、旧満州にいた日本兵や民間人、約60万人が連行されました。

ソ連の捕虜となった日本人が使っていたため、そう呼ばれています。

0824002.jpg

60年余り前、シベリアに抑留されていた男性と、

福島県会津地方に身を寄せていた男性の家族が交わした捕虜郵便、52通が残されていました。

 

ハガキを交わしたのは、

0824003.jpg

福島県会津若松市の出身の佐藤健雄(たけお)さんと、妻の敏子さん、そして子供たちです。

 

健雄さんはシベリア、敏子さんたち家族は、

健雄さんの親戚宅がある福島県旧山都町(今の喜多方市)に身を寄せ、離れ離れになりました。

0824004.jpg

 

私は、健雄さん夫妻の娘さんたちを、東京・品川区に訪ね、捕虜郵便を見せていただきました。

0824005.jpg

初めて、健雄さんからハガキが届いたのは、昭和27年夏。

会えなくなって、7年がたっていました。

 

その時の気持ちを、三女の金沢ルミ子さんは語ってくれました。

0824006.jpg

敏子さんは、すぐに返事を書きました。

0824007.jpg

「子供達、私、元気です。これまでの苦労は如何ばかりか、お察しください。

如何なることがあっても、元気で居て下さい。神に祈ります」

0824008.jpg

その後、敏子さんは、4人の娘たちの写真も同封。

健雄さんは、8年ぶりに、娘たちの姿を目にしました。

 

その時の気持ちを、ハガキに、こう綴っていました。

0824009.jpg

「待望の小包、到着。写真を受け取った。4人とも、想像以上に立派に成長している。

敏子の忍苦、母性愛に敬意を表する」

0824010.jpg

こちらは、このハガキを1文字1文字読み解いた、健雄さん夫妻の孫、上口晴美さんです。

ハガキを書いた時の祖父母の気持ちを、涙ながらに語ってくださいました。

0824011.jpg

 

そして、離れ離れになって11年後の1956年、健雄さんは帰国。

0824012.jpg

家族に囲まれて、晩年を過ごしたそうです。

 

0824013.jpg

こちらは、帰国した健雄さんと娘さんたちの写真。

とてもすてきな写真ですね。

 

さて、

0824014.jpg

この物語は、24日(金)「おはよう日本」で全国放送もしました。

 

健雄さん夫妻のお孫さんの上口さんは、捕虜郵便を通して、

多くの方に、戦争の悲惨さや平和の大切さを伝えていきたいと話していました。

 0824015.jpg

上口さんをはじめ、ご家族の皆様など、取材にご協力いただき、本当にありがとうございました。

私も、もっと戦争や抑留のことを勉強し、伝えていかなければならないと感じた取材でした。

投稿者:川崎 寛司 | 投稿時間:21:22 | 固定リンク


2018年08月24日 (金)福島、ここがイイカンジ!⑥暑い!!@川崎寛司


アナウンサーの川崎寛司です。

08241.jpg

今月は、夕方のニュース番組を2週間あまり、ピンチヒッターで担当させて頂いています。

8月22日(水)のトップニュースは暑さ。

08242.jpg

この日の福島市は、今季最高の38度3分。1週間ぶりの猛暑日となりました。

そこで、

08243.jpg

スタジオを飛び出し、福島駅前で暑さを体感リポート。「肌をさすような日差しが照りつけ、立っているだけで汗が額からふき出してきます」と伝えました。

 

そして、町の皆さんにもインタビュー。

08244.jpg  08245.jpg

まだまだ暑さが続きます。皆さん、熱中症には十分に気をつけて、夏を、イイカンジで乗り切りましょうね。

投稿者:川崎 寛司 | 投稿時間:15:18 | 固定リンク


2018年08月23日 (木)福島、ここがイイカンジ!⑤金足農業を・・・ @川崎寛司


アナウンサーの川崎寛司です。

1.jpg

おととい閉幕した、夏の全国高校野球。

秋田代表、金足農業の快進撃は、同じ東北の福島県でも盛り上がりましたよー。

 

県内の盛り上がりを取材すべく、

決勝戦が行われた21日(火)は、

フルーツ狩りが出来る観光道路、通称「フルーツライン」の直売所へ。

2.jpg

こちらでは、店の人も、お客さんも一緒になって、テレビ観戦していました。

3.jpg

大熊町出身という、こちらの方。

金足農業が、3回に1点を返した時には、みんなで喜びを分かち合いました。

 

また、こんな人たちも見つけましたよー。

4.jpg

なんと、この夏、甲子園に出場した聖光学院に通う3年生。

野球部ではなく「サッカー部」でしたが、

スマートフォンの速報を見ながら、金足農業を応援していました。

5.jpg

さらに。

6.jpg

駐車中の車内でも、仕事の休憩中に、テレビで応援する人も。

 

秋田と福島。

県は違えど、同じ東北という連帯感を持って、金足農業を応援した福島県の皆さん。

その心、とってもイイカンジでした。

 

 

投稿者:川崎 寛司 | 投稿時間:16:21 | 固定リンク


2018年08月20日 (月)福島ここがイイカンジ④早くも収穫!@川崎寛司


アナウンサーの川崎寛司です。

180820-1.jpg

この日、おじゃましたのは、二本松市の田んぼ。早くもこんなに色づいていました。

180820-2.jpg

農家、渡辺年雄さんの約80アールの田んぼでは、極早稲の「五百川(ごひゃくがわ)」が、この日から収穫開始。コンバインで次々に刈り取っていましたよ。

180820-3.jpg

収穫の様子は、福島局の佐野カメラマン(後姿)が、ばっちり撮影。この日の夕方のニュースで放送しました。

180820-4.jpg

農家の渡辺さんも、今年は猛暑や少雨だったが、味は心配ないと話していました。

180820-5.jpg

その新米、早速おにぎりにしてくださったので、インタビューの中でいただきました。

香りがよく、モチモチしていて、甘みがありました!美味しかったです!

 

福島県内で収穫される米は、すべて出荷前に放射性物質検査を受けることになっていて、きょうのお米も検査を行った後に、今月25日から県内のスーパーマーケットに並ぶとのことです。

 

福島の極早稲「五百川」、そして農家の皆さん、とってもイイカンジでした。

ごちそうさまでした。

投稿者:川崎 寛司 | 投稿時間:22:06 | 固定リンク


2018年06月15日 (金)福島、ここがイイカンジ②浪江町、日本一の花の町に @川崎寛司


アナウンサーの川崎寛司です。

こちらは、我が家の玄関に飾っている「トルコギキョウ」。

浪江町で栽培されたものです。

2018061501.jpg

原発事故の影響で、一時、町の全域に避難指示が出された浪江町。

地元の農家が、事故の風評を受けにくい花の栽培に取り組んでいて、

平成26年から、トルコギキョウの栽培を始め、全国に出荷しているんです。

美しいですよね。しかも、長もち!

 

そして、こちらは、先月17日(木)のニュース映像。

私が現場に行き、取材して原稿を書き、放送しました。

 2018061502.jpg

浪江町は、花の生産を盛んにしようと、

補助金などの支援策を活用し、民間企業や農家と協力して、

新たに「カキツバタ」の本格的な生産を目指す実証栽培を、先月、始めたんです。

 

この日は、生産者の方が、水を張ったハウスや畑で、苗を植える作業を行いました。

 201806153.jpg

カキツバタは、生け花用として人気がありますが、

全国的に生産者が減少しているということで、

今後、品質やコストなどを検証し、9月ごろに、最初の出荷を予定しているとのこと。

 

こちらは、農家の松本伸一さん。カキツバタの栽培を初めて行うそうです。

201806154.jpg 

「浪江町で、花の栽培に取り組んでいる現状を全国に知ってもらうことで、

町のPRにつなげたい」と話していました。

 

さらに、浪江町農林水産課の大浦龍爾(りゅうじ)課長補佐。

201806155.jpg

「町に戻った住民は、まだ少ない状況だが、

花作りに興味を持ってもらい、にぎわいを取り戻したい」と語ってました。

 

今回のニュースを取材し、浪江町の皆さんの「花」にかける期待を感じました。

日本一の花の町を目指す浪江町の取り組み、とってもイイカンジでした!

これからも応援しています!!

投稿者:川崎 寛司 | 投稿時間:18:24 | 固定リンク


ページの一番上へ▲